アノニマスの見解 Ep.1: JASRACクソ食らえ

Hello internet. Welcome back.
インターネットのみなさん、こんにちは。

And holy shit, I was not expecting to have so very many things to talk about. I was actually planning to use this first video to talk about Thailand and OpSingleGateway, and a little bit about Japan’s Conspiracy Law. But then JASRAC decided to go full retard.
話のネタがこんなに現れると思わなかった。実は初のトピックビデオでタイのネット検閲の問題と日本の共謀罪の立法について話そうと思ったが、
突然JASRACの頭がおかしくなってしまいました。

For those not familiar, JASRAC is the “Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers”. It’s a “copyright collection society”, which describes its purpose as “protecting the copyrights of musical works, and facilitating the utilization of musical works, thereby contributing to the dissemination and development of music culture.”
知らない人のために言うが、JASRACは「社団法人日本音楽著作権協会」。著作権料取立代行業者です。
JASRACは自らの目的を「音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に寄与すること」と記述する。

How well they accomplish the development of music culture is pretty fucking questionable, but they “protect the copyright of musical works” with great enthusiasm. Back in 2006, YouTube had to fly to Japan to have a special meeting with JASRAC after being forced to delete nearly 30,000 videos due to copyright claims. In the meeting, JASRAC apparently asked YouTube to set up screening and other measures to block posting of copyrighted works, laying the groundwork for the modern ContendID system that everybody hates.
JASRACはどれほど音楽文化に寄与するかのは極めて疑わしいが、あいつらは著作権の保護に関して特に熱狂的になっている。
2006年に、JASRACがYouTubeへ3万近くの削除要請を申請した後に、YouTubeの幹部が日本に来てJASRACとの会議に出席しました。
その会議で、JASRACはYouTubeからコンテンツ特定システムを要求しましたと言われます。ある程度、現在のContendIDに影響をもたらしたと考えられます。

In spite of their supposed love of law and order when it comes to copyright, JASRAC has a lot less respect for a free and open market in their own industry. JASRAC was raided by the Fair Trade Comission on suspicion of violating Japan’s Anti-Monopoly Law in 2008. In 2009, a cease-and-desist order was issued against JASRAC for its blanket fee system where radio and TV stations paid 1.5% of their yearly revenue to not get sued if they accidentally played copyrighted music. The order was withdrawn in 2012, but in 2013 the Tokyo High Court declared, again, that JASRAC’s fee system prevented fair competition in the industry and made it difficult for other organizations to enter the market.
JASRACは著作権に関する法の支配を支持するにもかかわらず、独占禁止法をあんまり支持しない様子だ。2008年に、JASRACへの
公正取引委員会の手入れは起こりました。2009年に、JASRACの年間固定費システムに停止命令を課しました。2012年にその命令
は撤回されたが、また2013年に東京高裁がその料金徴収システムは反競争的行為だと判断しました。

For most people on the internet in Japan, this has nothing to do with why they hate JASRAC though. The group is despised for their heavy-handed approach to copyright enforcement, shutting down music remixes and fan videos everywhere from YouTube to NicoDouga. Unlike the US, Japan doesn’t have any Fair Use doctrine in copyright law, and any infringing use is enough for the lawyers to attack.
でもほとんどの日本ネットユーザーにとって、あれはJASRACを憎む理由とは関係ない。著作権保護に対する強引なやり方のせいで嫌悪されている。
ファンが悪意なく楽しむだけなのに、JASRACはリミックス動画などをYouTubeやニコ動から削除しています。
米国と違って、日本の著作権法に従って公正使用の理論がないので、無邪気な利用でも著作権侵害として見られます。

But this time, JASRAC has taken their enforcement efforts to a ridiculous new extreme. On February 2nd, 2017, JASRAC announced that they were expanding the scope of copyright fee collection to include music classrooms. Under existing rules, any venue for public performance of music had to pay a licence fee to JASRAC. This includes live houses, concert halls, even bars and restaurants that play music. Any venue caught playing JASRAC protected music without a license is subject to stiff penalties, so most just pay the licence fee to be safe.
でも今回はひどいよ。ひどすぎる。2017年2月2日に、JASRACが音楽教室での演奏について、著作権料を徴収する方針を明らかにした。
現行規則に基づき、ライブハウスや音楽堂などの公演会場はJASRACにライセンス料を払うべき。
ライセンス無しで音楽を演奏すると重い罰金を科される可能性があるので、ほとんどの公演会場は念のためにライセンス料を払います。

But with this new scope of collection, practicing JASRAC protected music in a classroom setting is considered a “public performance”, and subject to the same penalties. Given that JASRAC protects a lot of pop music, this means any school band that practices anything popular could be sued for copyright infringement if they aren’t paying JASRAC a fee.
でもこの新しい方針に基づき、音楽教室での演奏は「公衆の興行」だと考えられます。そして同じようにライセンス料あるいは懲罰金を支払うことを条件とされます。
例えば、学校がライセンス料を払わない場合、楽団は単なる練習のための流行歌を演奏したら重い罰金を科される恐れがあります。

Now I’d like to take a moment here and just speak to JASRAC directly, if you don’t mind.
さぁ、よろしければ、少し時間を取ってJASRACに直接話し掛けましょうか。

Hey, JASRAC. I don’t like you. I’ve never liked you, in fact. You say that your goal is to “promote music culture”, but as far as I can tell you’re just a bunch of lawyers and suits. You don’t give a fuck about music. And you obviously don’t give a fuck about music culture, because collecting fees from music classrooms, or levying fines on them for “copyright violation” for practicing copyrighted music is fucking ridiculous. YOU are fucking ridiculous.
やぁ、JASRAC。お前らあんまり好きじゃない。実は気に入ったことは一度もない。
目的は「音楽文化の普及発展に寄与すること」だと言ってるけど、分かる範囲では、JASRACは音楽ファンではなく事務職員に過ぎない。
お前たちは音楽文化なんて少しも気にならないことは完全に明らかだ。
もし音楽文化を大切にしたら、音楽教室での演奏から著作権料を徴収するのは全くばかげた見解だということを理解できる。

If you cared about music culture, you’d want people to be able to enjoy music. You’d want people to be able to practice music freely. If you gave a shit about music culture, you wouldn’t create an atmosphere of fear and legal red tape in a place where people are supposed to be learning and feeling passionate about music. Instead, you’re using fear and your monopoly power to squeeze music classrooms to make a few extra pennies. You are actively damaging music culture to make money for yourselves, what the FUCK is wrong with you?
もし音楽文化を大切にしたら、多くの人に音楽を楽しんでもらいたいはず。自由に音楽を練習してもらいたいはず。
もし音楽文化に関心があったら、学習の場で不愉快な雰囲気を生みたくないはず。
でも実際にお前たちは独占力を行使して音楽ファンからもう少しお金を搾り取ろうとしてるだけです。
儲かるために音楽文化に故意に害を及ぼしてる。何かがおかしいと思わないかい?

Nobody likes you JASRAC. Nobody needs you. You’re not a valuable part of society, you’re the music mafia. You sit on other peoples’ work and use your power and position to extort money out of them. You treat music fans like criminals. You think people in Japan don’t like musicians? Of course they like musicians. They share their music online BECAUSE they like musicians.
実はJASRAC,お前らは大衆から嫌われてるぞ。その上、お前らは不必要です。JASRACは社会にとって価値がありません。むしろ、ミュージック・マフィアみたい。
権力と地位を利用して金をゆすり取るだけ。音楽ファンを犯人のように扱うんだ。日本の人々は音楽家を好きじゃないと思ってる?
音楽家を好きって決まってる。好きだからこそその音楽を共有したい。

Are you worried about file sharing, JASRAC? Here’s some advice. Stop treating file sharing as a criminal problem and start treating it as a market problem. Make music easy to download and pay for online. Make it legal to copy music from your CD to your MP3 player. Stop treating fans like criminals because they want to enjoy and share their passion for music. The more difficult you make it to use music legally, the more people will use it illegally.
ファイル共有に心配してる、JASRAC?アドバイスが一つあるよ。ファイル共有を犯罪の問題ではなくマーケティングの問題のように扱って下さい。
音楽をオンラインで法的にダウンロードしやすくして下さい。CDからMP3プレイヤーにファイルを転送するため、個人用のリッピングを合法化して下さい。
音楽に対する情熱を犯罪のように扱うのを止めなさい。法的に音楽を楽しむのを難しくするたびに、不法に楽しむ人々が増える。

You see, people in Japan like music, JASRAC. They like musicians. What they don’t like, JASRAC, is you. Fuck you JASRAC, you greedy, tone-deaf fucks. One day your monopoly will collapse, and you’ll be replaced by an organization that understands free culture, and the value of a free internet.
日本の人々は音楽が好きだよ、JASRAC。音楽家を好きです。好きじゃないのはJASRACだ。クソくらえ、JASRAC。欲深いクソ野郎。
いつの日かあんたらの独占が終わる。そして代わりにフリーカルチャーと自由なネットを尊敬する団体が立ち上がります。

Until then, people like us are going to oppose you every step of the way.
If you’re a musician, or a music fan, or just a fucking decent human being… don’t let JASRAC get away with this. Contact any musicians you know, big or small. If you’re a fan of a band, ask them to speak out about this. And don’t just wait for them, speak out about it yourself. E-mail them, phone them, talk about it online. If you don’t push back against this now, it won’t stop here. Make some noise. Fight back. In any way you can.
その日まで、我々はお前らにあらゆる面において反対します。
もしあなたは音楽家、音楽ファン、あるいはまともな人間なら、JASRACを許さないで下さい。
音楽家の知り合いにこの件について話して下さい。音楽家のファンなら、彼らにこの方針の排除を呼び掛けて下さい。そして自らJASRACを非難して下さい。メールして、電話して、ネット上にコメントするだけでも良い。
今すぐ反対しなければ、終わりを見るわけではない。騒ぎ立て下さい。可能な限りのあらゆる手段を使って抵抗して下さい。

As for us, well…we have a few ideas of our own.
我々はどうかと言えば、まぁ…自分なりの考えがあります。

This is Anonymous no Kenkai, and until next time, 待ち受けなさい.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です