アノニマスの見解 Ep.2: 匿名が肝心

Hello again Internet.
インターネットのみんなさん、こんいちは。

Welcome back to another installment of ANONYMOUS NO KENKAI. After getting sidetracked by JASRAC earlier in February, I wanted to get back to some topics I’d originally planned to cover, especially a topic that I’ve wanted to talk about for a while now; anonymity.
最新の「アノニマスの見解」にようこそ。2月に入ってJASRACの件で脱線しましたが、話したかったトピックの一つに戻りたいと思います。以前からずっと議論したかったトピック、匿名性についてです。

It shouldn’t surprise anyone that anonymity is important to us. Most people know by now that the name “Anonymous” comes from the English word for “without a name”, and arose from forced anon posting on imageboard sites like 4chan (before Hiroyuki bought it and turned it into shit).
もちろん匿名性が我々にとって重要なものだということは言うまでもない。すでにご存じのことと思いますが、「アノニマス」という名前は「匿名」を意味する英単語に由来します、そして4chanのような画像掲示板の匿名投稿政策から生じました(博之が4chanをめちゃくちゃにした前の時代でした)。

What a lot of people in Japan might not appreciate, however, is the reason why anonymity is important. Now, this is just my impression, but I think most people in Japan associate anonymity with cowardice. That honest people wouldn’t be afraid to show their face or name, so anybody hiding their face or name must be dishonest and cowardly.
でも残念ながら、ほとんどの日本人は匿名性がどうしてそれほど重要なのかを理解していないように思える。私の印象だけだかもしれないが、ほとんどの日本人は匿名性を臆病さと結び付けていると思います。正直な人は顔を隠さないと信じるから、顔を隠す人は不正直な人であるに違いないと思ってしまう。

Other people might think that anonymity exists for self-protection. After all, if you say an unpopular opinion, you can get attacked rather viciously online by… certain people. I’d agree with this second point, but I feel it isn’t the most important reason for staying anonymous. I would argue there’s an even more important reason to keep your identity hidden when you speak online… that has nothing to do at all with the safety of the speaker. But before we can talk about that, we need to have a recent history lesson.
匿名性は自衛目的のためだと思う人々もいる。やはりネット上で、俗受けされない意見を述べると「ある人々」にひどくいじめられる可能性があります。これに大筋同意しますが、匿名性の最も重要な理由ではないと思います。もっと重要な理由があります。個人を守ることに関係ない理由です。でもその理由を明らかにするため、先ずは2014年末の出来事を回想しなければならない。

Does anybody remember the “WhyKaisan” website that appeared around 2014? Actually, let’s talk about that in a bit more detail, since some viewers won’t be familiar with Japanese politics. In 2014, Prime Minister Shinzo Abe had a problem. His popularity ratings were dropping below 50% for the first time since his election two years earlier. There were a lot of reasons for this, mostly due to his failing Abenomics plan, and the negative effects of an unpopular tax hike earlier in the year.
みんなさん、「WhyKaisan」というウェブサイトを覚えますか?いや、日本の政治について詳しくない人々もこのビデオを見てるかもしれないから、簡単に要約しましょう。2014年に、総理大臣安倍晋三は問題がありました。2年ぶりに内閣の支持率は50%より下がってしまいました。いろいろな理由がありましたが、低迷したアベノミックスそして税率引き上げ案が特に原因と思われました。

His frightening ultra-nationalist plans and policies involving collective self-defense and rewriting the Constitution only made the situation worse for him. The problem was, his government still had at least two years left before the next mandatory election. With another unpopular tax hike scheduled in the near future, he ran the real risk of eventually losing government if he became too unpopular.
もちろん、超国家主義的な改革提言(集団的自衛や憲法改正など)が悪い状況をさらに悪化させてしまいました。問題なのは、残りの任期は2年間だった。しかも翌年のうちに再び税率引き上げ案があったから、自民党が選挙に負ける危険を冒しました。

And so, in spite of it being unusually early and unusually sudden, he announced his intention to dissolve the Diet in November and call for a snap election in the following December. There was a lot of criticism about this decision, not least of all because it gave opposition parties almost no time to prepare, and that it was cynically timed to give himself a longer term before steamrolling more unpopular changes through the Diet without debate.
そこで、異常に早いそして突然なのに、11月で議会を解散して選挙を行いました。これに対して多くの批判を受けました、とりわけ野党が準備をする時間が全くなかったのため、そして与党が当選すれば、ひねくれたタイミングが任期を延ばします。そして与党が安全に国民の怒りを無視して強引な策略を取ることができます。

In the middle of this controversy, a certain website went viral in Japan. Called “Why Kaisan”, it was stylistically made out to look like questions from a ten-year old child, asking the Prime Minister why he was calling for this sudden election, and lampooning his policies. When I first saw it, I instantly assumed it was satirical. The idea that a ten year old child would make a website like this was so ridiculous, I figured only an idiot would assume it was meant to be taken at face value.
こういう論争の真ん中で、あるウェブサイトが急速に広まりました。「WhyKaisan」と呼ばれて、文体的に小学生から総理大臣への質問として書かれました。「なぜ解散する」などの質問をして、サイトは安倍の政策を激しく風刺しました。始めて見た時に、すぐに風刺作品だと分かりました。小学生がこのサイトを作ったと考えるのはばかげている。この風刺を額面通りに受け取る人間は救いようのない馬鹿だと私は思いました。

The backlash against the site was fierce. As people tracked down the owner, the Prime Minister himself called it “despicable” for “feigning childlike innocence”. (I can only suppose that he assumed it was meant to be taken at face value.)
「WhyKaisan」に対する激しい反発がありました。所有者は追われていた間に、安倍晋三自身がサイトを小学生のふりをする理由で非難しました。(日本の総理大臣がサイトを額面通りに受け取ったと想定するしかないよな)

Eventually 20-year old Yamato Aoki stepped forward as the creator, revealing that a website about parliamentary politics was not, in fact, created by a ten-year-old. How shocking.
最後に、青木大和(20才)は「WhyKaisan」の所有者であることを公言しました。大きな謎はやっと解かれた。議会政治についてのウェブサイトは実際に小学生によって立ち上げれなかったという事実が判明しました。なんと驚きだ。

But when Aoki stepped forward, I remember being baffled. Why would he do this? His message was obviously popular, and resonated with the public. The fact that Abe felt the need to personally respond only proved how effective it was. And yet, when Aoki revealed his face and name, the conversation immediately changed. It wasn’t about the topic anymore, it was about the person. While everybody was busy arguing about Aoki, the issues he wanted to put a spotlight on were drowned out.
でも青木は告白した時、私は困惑したことを覚えている。彼が一体なんで告白したかまだ分からない。「WhyKaisan」は人気だった。しかも大衆の心に深く響きました。安倍は個人的に対応したという事実はそのメッセージの有効性を証明します。それなのに、青木が顔と名前を明かしたと、議論の焦点が完全に変わりました。焦点は安倍の政策ではなく青木になってしまいました。みんなが青木についての話に夢中で解散の本題は不用意に捨てられてしまった。

Now let’s be perfectly honest with ourselves. Abe wasn’t shocked that Aoki was pretending to be a child, he was worried. Worried that organized public opposition might rally against him. Regardless of WhyKaisan’s format, the questions and problems talked about on WhyKaisan were valid and worthy of discussion. But the LDP didn’t want a discussion. They were desperate to distract from the message by focusing on the messenger. And by stepping forward, Aoki gave them exactly what they wanted.
正直に話しましょう。実際に安倍は青木が小学生のふりに腹を立てたんじゃない。本当は心配してた。世論は喚起されるだろうと不安に思いました。「WhyKaisan」の文体にもかかわらず、解散についての引き起こされる質問はもっともな良い質問だった。公益問題だった。少なくとも話し合う価値があった。でも自民党は話し合うなんかしたくなかった。本筋の問題から注意をそらそうと必死であった。そして青木が告白することによって、まさに安倍が必要としているものを提供してしまいました。

So why am I bringing this up? Do I think what Aoki did was right or wrong? I don’t know. That’s for you to decide. It was certainly funny, and I like a good joke, especially at the expense of politics. But what matters here is what we can learn from it. And to me, the lesson is this:
では、なんでこのトピックを持ち出したのか?青木がやったことは正しいだったのか?悪いだったのか?それが分からない。その判断はみんなに任せます。面白かったと思うが。そのようないたずらが好きです、特に政治家をからかうならば。でも大事なのは、この事件から何を学べるか。教訓から学び取る答えはこれだ。

The Messenger Distracts from the Message. Whether it’s motivated by ego or a misplaced sense of honor, putting your name on your message makes your message weaker and less effective. If WhyKaisan had used an anonymous registration service, if Aoki had used proper OpSec to hide his name and organization, people would have had no choice but to engage with his message. They might disagree with his message, but at least they’re still dealing with the message, not the person.
メッセンジャーはメッセージからみんなの気をそらす。称賛されたいという願望だろうと、間違った道義心だろうと、メッセージに名前が付ければ、メッセージが弱められる。もしも「WhyKaisan」が匿名ドメイン・ネーム登録サービスを使ったとしたら、青木が正しい運用上のセキュリティがなったとしたら、みんなは「WhyKaisan」の背景にある考えに向き合うより仕方がない。その考えに反対としても、せめてメッセンジャーではなくメッセージに直面します。

Satire is a powerful tool against authoritarianism of all types, but only if you deny the authoritarian a target to retaliate against. When we do our work, we should abandon our pride and our ego, and allow our message to stand…or fall…on its own merits.
風刺はあらゆる種類の権威主義に立ち向かう有力な道具である。でも報復攻撃の標的を提供しないように注意しないと。我々は活動をすると、プライドや自我を捨てなければならない。そして我々のアイデアはその真価によって判断されるだろう。

This is why we promote tools that protect your anonymity and your privacy online. This is why we believe in using a mask. Because in the modern surveillance state, forcing your face and name to be attached to everything you say is just one more way to pressure you into silent, obedient consent. Don’t play their game. Stay anonymous. Not just for your own safety, but to preserve the power of your words.
だからこそ我々はプライバシー保護のツールやソフトの活用を積極的に促進します。だからこそ我々は仮面をかぶる。現在の監視社会では、無理やり実名を明かさせられると支配下に置かれる。恐怖感による沈黙を助長します。そのやり方に従わないで下さい。匿名のままでいって下さい。自分のためだけではなく、アイデアの真価のため。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHI UKE NASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です