アノニマスの見解 Ep.3: 共謀罪、監視、そして執行費用

Hello internet. Welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
インターネットのみなさん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

And I hope you enjoyed all the politics in the last episode, because there’s yet more politics in this one.
前回のビデオは政治だらけだったけど、今回も政治だらけだから。

Okay, seriously, I know politics are boring. But don’t worry, we’re going to get to some practical stuff really soon. But first, we need to talk about the Conspiracy Law. I actually want to talk about what we should do in the face of the Law more than the Law itself, but a very brief primer may be necessary, so let’s get that out of the way.
いや、冗談だけど。政治はみんなの好みに合わないと知っていますが、今回のビデオでもうすぐプライバシーに関する実践的なアドバイスをするので、心配しないで。でも先ずは「共謀罪」法案の話をしなければならない。実際に法案よりも、仮定上の共謀罪法に対してどう反応すべきかについて話したいが、知らない方のために摘要ガイドを説明しましょう。

In 2000 the Japanese government signed the UN Convention Against Transnational Organized Crime, which has a pretty self-explanatory name. But even though they signed it, they haven’t ratified it yet because Japan is missing one important thing to be fully compliant with it: laws against criminal conspiracy.
2000年に、日本政府は「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を署名しました。名前を見ればすぐ分かると思う。条約を署名したけれども、今なお批准していません。その理由は、条約に完全に準拠する必要あるものの刑法に犯罪的陰謀処罰法はないからです。

I’m not a lawyer, so my understanding of this will be fuzzy at best, but to the best of my understanding, it’s always been illegal for individuals to plan a crime. But Japan has no laws that allow members of an organization to be collectively charged if the organization plans to commit a crime. The new Conspiracy Law would allow the police to treat members of a designated “criminal group” as suspects even if they haven’t committed any crime individually.
弁護士じゃないから、これについてはまだ完全に理解していないけど、知っている限りでは個人レベルで事前に犯罪を計画するのはすでに違反だったと思います。ただし、犯人グループがたとえ集団的に犯罪を計画するとしても、グループの一員を集団的に正式に告発することが出来ない。だからこそ共謀罪法で、グループの一員が個人レベルで犯罪に参加しなかったにもかかわらず、一員だからこそ容疑者扱いすることができます。

Naturally, this Conspiracy Law worries a lot of people, not least of all the Japan Federation of Bar Associations, the nation’s top group of lawyers. The fear is that the police will not limit the scope of these powers to “organized crime groups”, but to political groups as well. And if ordinary citizens know that simply being a member of a political group under police investigation can get them in trouble, it might have a chilling effect on their political activity.
「共謀罪」法案への不安が最近高まってる。特に、日本弁護士連合会が反対を表明しています。一番の心配事は、警察庁が捜査活動範囲を犯罪グループだけではなく政治団体にも視野を広げる恐れです。そして政治団体の一員であるだけによって調査を受ける可能性があると一般市民が知ったら、政治活動への関与は不当に還元されてしまうだろう。

This might sound like an extreme case, but it’s far more reasonable a concern than you may think. The National Police Agency in Japan has a very shady record regarding abuse of power. In 2016, police in Oita Prefecture were caught installing cameras to monitor opposition party and labor union members without a warrant or reasonable suspicion. In the same year, Tokyo police illegally used warrantless GPS tracking on suspects in an investigation. Even worse, the police were given specific instructions to hide the use of GPS tracking devices, even going so far as to hide it from official police documents.
極端な例のように聞こえるかもしれないが、考えられているよりも起こる可能性が高い。日本警察庁は権力の悪用に関する経歴が悪い。2016年に、大分県の警察が正当な理由もなく、労働組合と野党を監視するための隠しカメラを設置するで捕まれた。同年に東京の警察は不法に強盗容疑者の車にGPSトラッカーを仕掛けました。さらに悪いことに、警察庁はそういうGPS利用を隠すようにと明確な指示を出しました。捜査報告にGPS利用への言及を避けさえしました。

A quick search brings up many more examples. From the arrest of protestors to the infiltration of campus activist groups, the NPA’s selective law enforcement frequently has an ulterior political motive. The idea that any new powers under the Conspiracy Law will be abused isn’t a possibility, it’s an inevitability. If you doubt that, consider that Shigeru Ishiba, once the Secretary General of the LDP, publicly opined that “noisy protestors” should be considered equal to terrorists. That anybody in government feels comfortable voicing that opinion aloud should worry anybody when they’re seeking to give themselves this kind of power.
検索してみれば、多くの例が明らかになります。抗議者の逮捕から、学生運動家への潜入まで、警察庁による法律執行の選択的使用には政治的な傾向がありように見える。「共謀罪」法案からの新権力を警察に付与すれば、その権力の乱用は時間の問題だけだ。それにまだ疑問を感じる場合は、2013年に元の自民党幹事長石破茂は秘密保護法の抗議者をテロリストとして扱うべきと示唆したことをよく覚えて下さい。平気にそんな恐ろしいことを言える政治家が自分の権力を増したら、市民が恐るべきだ。

Now, of course you should be worried about the Conspiracy Law, and of course you should do everything you can to prevent it from coming into law. It’s been stopped multiple times between 2000 and now, so it is possible. But only protesting and waiting for politicians to fix this isn’t enough. Instead, I want to talk about what you can do right now to protect yourself from the Conspiracy Law and any other similar laws that might come after it. And all of my advice hinges on one principle. When the government uses the law unjustly, the best way to deal with it is to make enforcement impossible.
もちろん「共謀罪」法案に心配すべきです、そして出来る限り立法化も防ぐべきだ。2000年から複数回防げられたことあるからこそ、不可能だと思わないで下さい。でも抗議して政治家に任せるほどではない。その代わりに、「共謀罪法」あるいは同様の自由への脅威から保護するために今すぐにできることについて話したいと思います。重要な点は、いわゆる「偉い人」が不当な法律を作るのを防ぐ最善の方法はその法から執行可能性を奪うことです。

If you’re a member of a political activist group, an opposition political party, or a labor union of any type, the danger of the Conspiracy Law is that your organization may be arbitrarily deemed “criminal” by the police and put under surveillance. Even if you’ve done nothing wrong or illegal, your phone might be tapped, your e-mails and social media accounts monitored in the hopes that something can be taken out of context and used to shut down the entire group. In the face of that threat, your best defense is to make any such surveillance difficult or impossible. How do you do that? Simple. ENCRYPT EVERYTHING.
政治活動家、野党の支持者、あるいは労働組合員には、「謀罪」法案の危険性は監視の上昇です。何一つ悪いことをしなかったにもかかわらず、グループは任意に治安に対する脅威と見なされ、そしてメンバーの電話、メール、またはSNSアカウントは盗聴される可能性はある。盗聴されたやりとりは文脈を無視して解釈されたら、都合の悪い証拠は無視して支持する証拠だけを選び出したらグループを共謀罪で告訴できる。その脅威に直面すると、最大の防衛はその監視の達成を難しくあるいはできなくすることです。どうすれば可能ですか?簡単だ。何から何まで暗号化しろ。

Yes, everything. Every e-mail, every chat, every online conversation between your members should be encrypted. It’s eaiser than you think, and perfectly legal. Are you planning a hanami party by e-mail? ENCRYPT IT. Are you sharing a joke or a funny cat picture? ENCRYPT IT. Are you organizing a street cleaning activity? ENCRYPT IT. Mass surveillance thrives when it’s cheap and easy. Conversely, if every single communication… from the very important to the very mundane… is encrypted by default, surveillance becomes very difficult, very time-consuming, and extremely expensive. It will be limited by necessity, no matter what the Conspiracy Law says. So where to start? Here are a few simple things you can start doing today.
ありとあらゆるもの。全てのメール、全てのチャット、ネット上にメンバーのやりとり全部を暗号化すべきだ。考えているよりも簡単です、そして法的に何ら問題ない。メールで花見パーティーを計画しますか?暗号化しろ!可愛い猫画像や冗談を共有しますか?暗号化しろ!街路掃除活動の計画をしますか?暗号化しろ!集団的監視は格安であり簡単であれば増えます。逆に、重要であろうとなかろうと、全てのオンライン会話は暗号化されたら、監視は費用と時間のかかる努力になります。法的権限を問わず必要に迫られて制限されます。どこから始めてよいか?幾つかの実践的な提案言わせて下さい。

First, stop using big-name Social Media services for internal communication. Facebook, Twitter, LINE, and other major services are great for open communication to the public. For private internal use, though, they are terrible. They offer little to no encryption, and will usually give copies of everything you say to the police on request. Avoid at all costs.
先ずは、メンバーの内部連絡には有名なSNSを使うのをやめましょう。確かにFacebook、Twitter、あるいはLINEはPR活動に関して役に立つものです。しかしながら、プライベートな内部連絡に関して最悪です。暗号化するとしても非常に少ない、そして当局の要請に基づき無抵抗で会話の内容の写しを送ります。いかなる代償を払ってでも回避しましょう。

For internal communication, use services with a good reputation that offer end-to-end encryption. While you can and should do your own research, we have a short list of services we use and recommend. For e-mail, Switzerland based “ProtonMail” is a good choice. Communication between ProtonMail accounts is encrypted end-to-end by default, so even the company running the service can’t read them. Unfortunately, e-mails between ProtonMail accounts and other service accounts are not encrypted, so if you choose ProtonMail, it’s probably best if your entire team agrees to use it together.
内部連絡には終端間の暗号化を利用する評判の良いアプリを使いましょう。自分で研究をすべきだけど、我々が使用を薦めるアプリはあります。電子メールにはスイスに本拠を置く「Protonmail」は良い選択です。Protonmailアカウント同士のメールはデフォルトで終端間の暗号化されますので、メールサービスを提供する会社でもユーザーのメールをアクセスできない。残念ながら、Protonmailと他のメールアカウントの間のやりとりは暗号化せれてないので、この選択肢を選ぶならメンバーの全員がProtonmailだけの使用を推奨します。

Protonmail
サイト:https://www.protonmail.com
使い方:http://iseedbox.org/wp/2017/02/04/tutorials4protonmail/

For online chat and messenging, we prefer two services. CryptoCat offers secure, private one-to-one online chat. The content of your conversation is inaccessible to anyone but you and your friend, and even if the keys are stolen, they can’t be used to read future messages. Unfortunately, while an older version of CryptoCat had group conversations, the latest version hasn’t included this feature yet. The developer says he plans to add it in future, but another program, “Riot”, is a good choice for group chats. Riot can be accessed via browser, but also has a client for Windows, Mac, and Linux. Mobile apps exist for both iOS and Android, so it’s extremely flexible.
チャットと通信アプリには、2つの薦めあります。「CryptoCat」は安全安心マンツーマンチャットを提供します。チャット会話の内容はユーザーとその相手の間に暗号化される、そしてあるメッセージの暗号キーが盗まれても、過去と将来のメッセージに利かない。残念ながら、旧バージョンにグループチャット機能があったのに、最新バージョンにはまだ追加されてない。今後のリリースで追加される予定と言われますが、今使える「Riot」と名前のアプリはグループチャットには良い選択です。Riotをブラウザーで開くことができ、そしてWindows/Mac/Linuxクライアントもあります。iPhoneとAndroidのアプリ版もありますので、高度に柔軟なシステムです。

CryptoCat
サイト:https://crypto.cat
使い方:https://takata-sanshiro.com/?p=1573

Riot
サイト:https://riot.im
使い方:近日公開

For local file storage, VeraCrypt is a powerful program that allows you to encrypt files on your computer’s hard disk with a password. Without the password, the data is unreadable. While using Veracrypt for your important files is a good idea, we suggest using it for all of your files. As I said above, encrypting everything helps against unjust surveillance, and VeraCrypt isn’t too hard to use, so why not?
非共用ファイル記憶には、「VeraCrypt」というソフトはHDDに保存されたデータをパスワードで暗号化する効果的なプログラムです。パスワードがない場合、そのデータが読められない。もちろん大事あるいは秘密のデータにVeraCryptを利用するのはよい考えだが、重要であろうとなかろうと全てのデータにも利用する方が最善だと思う。前にも言った通りに、ありとあらゆるものを暗号化することは不当な監視に抵抗します。VeraCryptはかなり使いやすいので、使ってもおいて損はない。

VeraCrypt
サイト:https://veracrypt.codeplex.com/
使い方:http://www.gigafree.net/security/encrypt/VeraCrypt.html

Finally, you should protect your internet connection. Even with all these tools and software, your internet connection is still open to surveillance, whether by the police or by your ISP. The best solution? Use a VPN. A VPN encrypts all the traffic between you and the public internet, so not only is it harder to identify you online, but your ISP can’t monitor your activity either. There are many VPNs to choose from, and you should do your own research, but we use and recommend a service called Cryptostorm. For Windows users, setup and installation isn’t too difficult. For Mac and other users, it’ll take a little more work. But for the security you get, it’s worth the effort.
最後に、ネット接続を保護しなければならない。今まで紹介されたアプリやソフトを使っても、接続はネットサービス業者または当局に監視される可能性はあります。最善の解決策とは?それも簡単。VPNを使うことだ。VPNはPCまたはデバイスと公衆ネットの間の通信を暗号化するサービスです。ネット上にユーザーを同定されにくくするだけでなく、サービス業者はユーザーの通信も監視できなくなる。様々なVPNがある、そしてもちろん自分で研究をすべきだけど、我々は薦めるVPNは「Cryptostorm」です。Windowsへのインストールと設定はかなり簡単です。Macと他のOSの場合はいささか難しくなるが、高まった安全性を考えれば安い値段だと思う。

Cryptostorm
サイト:https://cryptostorm.is/
使い方:http://iseedbox.org/wp/2017/01/26/strongest-vpn-cryptostorm/ , http://iseedbox.org/wp/2017/01/28/howtouse-cryptofree/

Now, all this advice is good for communication online, but what about offline? Most groups want to have at least some face to face meetings with their members. Even here, there are a few things you can do to protect yourself. First, remember that almost all mobile phones, tablets, and computers have microphones in them. There’s a lot of malware and viruses that can be used to remotely activate those microphones and listen to your conversations. If you don’t think this is a real threat, just remember that in 2015, The Bureau of Public Safety had a meeting with the now-disgraced Italian company “Hacking Team” to talk about their program “Galileo”, also known as “Remote Control System” or “RCS”. And one of RCS’s many functions is remotely activating network microphones. Also, the recently leaked CIA information from Wikileaks, “Vault 7”, has more worrying information about the dangers of spying malware. The threat, unfortunately, is very real.
こういうアドバイスはオンラインやりとりに役立ちますが、オフラインで会うならどうすれば良い?たまにはメンバーが直接会いたいと思う。そのオフライン状況にも、プライバシー保護する方法があります。先ず、全ての携帯電話、スマホ、タブレット、そしてノートPCにはマイクロホンが内蔵されることを忘れないで下さい。既存ウイルスやマルウェアは盗聴のためにリモートからマイクを起動することができる。現実の脅威ではないと思えば、2015年に日本の公安警察は今や信用を失ったイタリアの企業「ハッキングチーム」と会議をしたことを覚えて下さい。その会議の目的は「Galileo」(別名:Remote Control System, またはRCS)と呼ぶソフトについて話す。そしてGalileoの機能の中には、リモートからネットワークマイクの起動は含まれている。さらに、最近Wikileaksによる広まった「Vault 7」というCIAに関するリークの中にもっと恐るべきスパイウェアと監視ウイルスについての情報があります。こういう脅威は残念ながら極めて現実的である。

If possible, the best thing you can do is simply not bring your mobile phones to your face-to-face meetings. Is there a coin locker in the building, or in the station near the building? Leave your phones in there for a few hours and pick them up after you leave. Use pen-and-paper, or offline IC recorders if you absolutely need to keep notes. If leaving your phone behind isn’t an option, consider using a makeshift Faraday Cage to block the signal. Put them in a fully enclosed metal container and wrap them in a few layers of aluminium foil to boot. It may not completely block the signal, but it should interfere with it considerably. If you’re serious about privacy, you could even consider buying a good Faraday Pouch for permanent use. Just make sure you do your research before putting down any money.
可能であれば、最善の解決策はただオフライン会議に携帯などを持ち込まないことだ。ビルあるいは近くの駅にコインロッカーがありますか?マイク付きの電化製品をそこ置いてきて、会議の後に引き取る。メモを取る必要あるなら、ペンと紙あるいはネットワークされないICレコーダーを使いましょう。スマホを置いてくることができない場合、簡易ファラデー箱の利用を検討しましょう。アルミホイルをスマホなどに何周か巻き付けて、さらに完全に囲まれた金属容器に入れましょう。電波が完全に止められるか保障できないけど、かなり妨げられる。プライバシーについて本気で考えれば、繰り返し利用するため電波遮断ケースを検討しましょう。もちろん買う前に、ネットで調査してね。

This might feel strange and maybe even crazy to go this far, but again… the malware exists. It is being sold to police around the world right now, and it has been used before. Ask yourself which you prefer: doing something a little crazy to protect yourself, or acting normal and making yourself vulnerable? You decide.
この程度まで保護するのは狂気に見えるかもしれないが、覚えといて下さい…既存マルウェアの存在はすでに確かめられた。今や売られて世界中の当局に利用されています。自問してください、どっちが好む?変なことをしてプライバシーを保護するか、あるいは普通に振る舞って無防備なままである?この決断は自分一人で下すしかない。

Whether we like it or not, we are living in a terrifying new age of total surveillance. It might make us feel uncomfortable, but if we want to protect our liberty and our privacy, we need to learn to change the way we communicate. Will you do all of these things? Maybe not. Will you do some of them? I certainly hope so. My only goal is to give you information. What you do with that information… is up to you.
好むと好まざるとにかかわらず、私たち全員が恐ろしいほどの完全な監視社会に住んでしまいます。この現実を直視するのはひどく不愉快だると分かりますが、自由とプライバシーを保護したいなら、コミュニケーションを取る手段を変える必要があります。我々の全てのアドバイスを守りますか?そうとは思わない。少なくとも部分的に従いますか?それなら満足できます。我々の目標は情報を提供することです。その情報で自分がやることは自分一人の判断次第です。

This is ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time… MACHI UKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です