アノニマスの見解 Ep.5: マストドンとGNUソーシャル、衝撃な事実!

Hey, everybody! Let’s talk about Mastodon! Actually, let’s not. Or at least, not yet. Mastodon has become a hot topic on the Japanese internet right now. Everybody’s making a Mastadon instance, or an account on one. But before we can talk about it, we need to talk about another piece of software, GNU Social.
やあ、みんな!マストドンについて話しましょう!いや、やはりやめよう。というより、まだ早い。最近はマストドンは日本のネットユーザでの注目の話題になっている。猫も杓子もマストドンアカウントあるいはインスタンスを作成してる。でもマストドンについて話せる前に、もう1つのソフト「GNU Social」について話さないといけない。

GNU Social is part of the GNU Project, which is part of the Free Software Movement. There’s more history here than I can meaningfully condense, but the short version is that in the 1980s a man called Richard Stallman wanted to ensure software users had the right to use, study, change, and share software freely online. Without those rights, users wouldn’t have control over their own computers, and thus wouldn’t have any meaningful power in the digital age.
GNU SocialはGNUプロジェクトの一環であり、そしてGNUプロジェクトはフリーソフトウェア財団の一環です。長い歴史があるけど、手短に言えば1980年代にリチャード・ストールマンという男はユーザのためにソフトウェアを自由に使ったり、調べたり、変更したり、そして共有する権利を手に入れたかった。その権利がなければ、ユーザは自分のパソコンのコントロールを保つことができない、そしてデジタル時代に事実上無力になってしまう。

To promote these rights, the GNU Project helped create various types of free software. One of them was GNU Social, a free and open-source social network. GNU Social is actually a continuation of a number of other projects, including Laconica, Free Social, and StatusNet, and including all of them, the project dates all the way back to 2007. Unlike Twitter or Facebook, GNU Social isn’t a central service run by one company. Rather, anybody can download and run the software, create their own server, and run it by whatever rules they want. There are instances for nearly any topic or way of thinking, from imageboard trolls, to communists, to weaboos. Some are famous, while some are totally obscure.
そういう権利を促進するために、GNUプロジェクトが様々なフリーソフト作りを手伝いました。そのソフトの一つがオープンソースソーシャルネットワークであるGNU Socialだった。GNU Socialは実際にLaconica、Free Social、そしてStatusNetを含む他のソフトの続編です。この来歴を考慮すれば、コンセプトは2007年まで遡る。TwitterやFacebookなどと違って、GNU Socialは企業体にコントロールされてる集中型サービスではない。むしろ、誰でもソフトをダウンロードして、サーバを管理して、自分なりのルールで設けることができます。どのようなトピックや意見であっても、それに向いたGNU Socialインスタンスがあります。ネット荒らし、共産主義、ロリコン、そして他にもたくさんあります。有名なインスタンスもあれば、無名のインスタンスも存在します。

Even better, different GNU Social servers can connect to each other, letting users share information and communicate thanks to a protocol called OStatus. This is called “federation”. These terms’ll be important later, so try to remember them.
更にいい点として、「OStatus」というプロトコルを利用して全てのGNU Socialサーバがお互いに結合することができます。違うサーバーのユーザがお互いに情報を共有して連絡できます。これは「federation(連合化)」と呼ばれます。この単語は後で話に上るから、覚えておいて下さい。

Now, you may be thinking to yourself, this sounds familiar. Isn’t this what Mastodon is? Well, yes, actually. Mastodon is also a free open-source social network that anybody can run, and thanks to OStatus, it can federate with any other instance using the same protocol (although we’ll talk more about that in a bit). So in that sense, Mastodon isn’t exactly unique. It’s just the latest in a long line of programs offering free, open source social networking that anybody can run.
恐らく、あなたは「これを聞いたことがある」と考えているだろう。「これはGNU Socialではなくマストドンの説明じゃないですか?」と。実はその通りです。マストドンはGNU Socialと同じくオープンソースSNSであり、そしてOStatusのおかげで、マストドンとGNU Socialはお互いに連絡できます(だがそれについて後で詳しく述べなきゃ)。ある意味では、マストドンはそこまでユニークではない。連合化されるオープンソースSNSのたかだか最新バージョンにすぎない。

So if federated social media has existed for almost a decade, why is it only Mastodon suddenly getting so popular? Well, to answer that question, we need to talk about the flagship instance, Mastodon Social, and its creator, Eugen Rochko aka “Gargron.”
でも連合化されたSNSには10年ほどの歴史があるのに、どうして今、マストドンが有名になったのか?質問に答えるために、マストドンの主力のインスタンス「mastodon.social」そしてマストドンの開発者「Eugen Rochko、別名Gargron」について調べなければならない。

Gargron arrived on the scene late in the game. Mastodon was released in late 2016, but it gained popularity in early 2017 when it got a lot of attention on certain blogs and websites. The media being the media, they immediately missed the point and researched the topic about as far as looking it up on Wikipedia, if that. Mastodon was either lauded as “the next Twitter” or written off as a dead-end because corporations and celebrities couldn’t use it to make money or satisfy their egos. But some of the most amusing articles reported on Mastodon as “Twitter without Nazis”, which unfortunately set the frame for how many new users would think about it.
GargronはGNU Socialの世界への相対的な新参者でした。マストドンは2016年にリリースされたが、様々なブログやテクノロジーニュース記事のおかげで2017年の初めに人気が増した。相変わらずマスゴミがよく調査せずに、肝心な部分を理解していなかった。「次のTwitter」と称賛され、あるいは「利益がないから前途がない」と見下されていた。一番突拍子もない記事では「マストドンはナチスのないTwitterである」と伝えました。残念ながら、この意見はmastodon.socialユーザの見方を形作してしまいました。

You see, up until Mastodon’s arrival, the federated instances of GNU Social more or less followed a principle of open communication and free speech. Even among people who radically disagreed with each other, people could still talk to each other, and work together to keep each others’ instances running as smoothly as possible. Interoperability and collaboration were always important. But for Gargamel and his legion of oppressed peoples fleeing Twitter Nazis, federation with other instances wasn’t a priority. Free Speech was less important to them than Safe Speech, and Safe Speech meant blocking out anything remotely controversial or interesting.
マストドンができる前、連合化されたGNU Socialインスタンスたちは表現の自由の原則の下で動作していました。根本的に違った見方があっても、ユーザは話し合って、お互いのサーバを円滑に運営し続けるために協力することができました。相互運用性と協力は何よりも大切なことだった。でもmastodon.socialの「ナチスのないTwitter」を目指してたユーザとGargronにとっては、表現の自由は優先度の高くはなかった。彼らが「フリースピーチ」ではなく「セーフスピーチ」を高く評価しました、そして「セーフスピーチ」というと、論争を引き起こすあるいは際どいトピックは全面的に禁止されました。

This wouldn’t necessarily have been a problem, of course. Gargron was free to run his instance by his own rules, and if he wanted to create the perfect hugbox for his users to cry in nobody could really stop him. The problem was that, while Mastodon was technically part of the federation and connected to other instances, GaiGar didn’t seem very enthusiastic about cooperating with non-Mastodon instances. His implementation of OStatus didn’t interface smoothly with others. New features he added caused problems for other admins, but Gargle-Balls showed very little interest in helping to fix them. Naturally, this didn’t make Gerudo very popular, and his decision to interpret the backlash as “oppressive shitposting” didn’t help. It was into this landscape that Japanese instances emerged.
これは必ずしも問題ではなかったけど。もちろん、Gargronには自分のサーバを自分なりのルールで設ける自由がある。彼がユーザを現実からかばうために重苦しいスペースを作りたいなら、どうしようもない。問題なのは、mastodon.socialは技術的に他のGNU Socialインスタンスと連合化されるのに、マストドンでないソフトを使ってるサーバと円滑に運営し続けるのにほとんど関心を示さないことです。GargronのOStatus実行仕方は他のサーバと上手くと相互運用しなかった。彼が相互運用性を気にせずに新機能を追加してしまったのに、他のサーバーとデバッグを手伝うのに興味を示さなかった。批判を嫌がらせとして解釈するGargronの決心は状況を悪くしてしまった。そしてこの状況の真っ只中に、日本のユーザがマストドンに参加しました。

As news of “Mastodon, the new Twitter” reached Japan, Japanese users began to jump on the bandwagon, and several new instances were created. mstdn.jp was one of the first, but it would soon be eclipsed by pawoo.net. Pawoo was created by Pixiv, a site devoted to Japanese doujinshi artists, and this is where problems started to emerge.
「次のTwitterマストドン」のニュースが日本に広まったにつれて、日本のユーザが時流に乗りに来て、様々な日本向けのマストドンインスタンスが作られました。最初はmstdn.jpだったが、pawoo.netによって影が薄くなりました。パウーは日本の同人アートサイトPixivによって立ち上げられたマスタドンインスタンスです、そしてそこから問題となりました。

Like GNU Social, the doujinshi scene in Japan is a radically free space where a wide variety of ideas can be expressed. While erotic art does make up the bulk of it, it isn’t the only type of work. Not everybody likes everything by everybody else, but there’s an understanding that the opennness and freedom to create benefits everybody universally, so those freedoms are preserved as a matter of principle.
GNU Socialと同じく、同人誌の世界はあらゆる意見やアイデアを表せる自由な言論の場である。大部分のコンテンツはエロかもしれないが、それだけではない。人によって好き嫌いがあるにもかかわらず、でも自由に意見交換ができる文化は全当事者のためになるという理解があるからこそ、原則として言論の自由は守られています。

Unfortunately, this was not compatible with the Safe Space culture of Mastodon Social, and so when Pawoo users started posting erotic art all over the place, Girugamesh responded. The following exchanges are provided more or less verbatim:
残念ながら、この原則はmastodon.socialの「セーフスペース文化」と不適合だから、パウーのユーザがエロ絵を投稿し始めた時に、Gargronが介入しました。以下のやりとりは逐語的に引用されます。

“Hey! I hope you realize this is not personal. In the west, loli content is not acceptable in most places. Do you intend to moderate it in the future, or will you keep allowing it on your instance?”
「やあ。個人的には何の反感も持っていない。でも西洋では、ロリのコンテンツは許されない。それに対処しますか?それともそういうコンテンツを許すつもりですか?」

“I’d ask they be called what they are…CHILD SEX ABUSE IMAGES. They should not only be moderated but REPORTED! Silence causes REAL HARM to REAL PEOPLE.”
「ありのままに呼びましょう。あれは児童虐待画像です!報告しないといけない!沈黙すれば現実の人間に害を及ぼすよ!」

“The images in question were 2D drawings. The problem is that they are legal in Japan…but they are CULTURALLY UNACCEPTABLE and borderline illegal in many other countries”.
「問題になっている画像は2次元です。問題なのは、日本ではあれは違法ではないが、他の国に文化的に受け入れられない、そしてある国では犯罪かもしれない。」

“I’m not trying to demand anything of Pixiv. Just suggesting that if they don’t want to be BLOCKED by MANY western instances, it would make sense for them to share some of our basic rules”.
「Pixivから何も要求しないけど、彼らは多くの西洋インスタンスにブロックされたくないなら、基本的ルールを共有すると良い。」

Me personally, I was a little pissed off at this whole exchange. For one, Greedo’s assumption that his views of loli content represent all of “the west”, and that Mastodon Social’s “basic rules” represent the norm in the federation is rather arrogant and presumptuous. As a matter of fact, there are lots of people in the west who like Japanese art, loli content, and especially 2hu. There are even entire communities that revolve around it.
個人的に、このやりとりを読んだ時に非常に腹が立ちました。先ず、ロリやエロに関する自分の意見はGNU Social連合の大多数の意見だという、そしてmastodon.socialの「基本的ルール」はGNU Socialの文化の反映だというGargronの想定は不快なほど横柄だ。実際のところ、西洋では日本のエロやロリ絵が好きの人々がかなり居ます。特に東方。そういう趣味にこだわるGNU Socialインスタンスもあります。

Second, it’s a gross contradiction of the ethos and culture of federated instances to imply that any one instance needs to follow any other instance’s rules or standards. Garfield uses a lot of weasel words to try to sound reasonable, but to my eyes at least, he was strongly implying Mastodon Social’s rules are a norm that Pawoo needed to follow.
それ以上に、あるサーバが違うサーバのルールを守るべきだと示唆するのはGNU Socialの精神に対する裏切りだ。Gargronはわざと曖昧にした言葉を言ってるが、私自身の見解では彼がmasotodon.socialのルールは標準モデルだと示唆しようとした。

Thankfully, Pawoo refused to capitulate, and is now blocked by Gargoyle. But that’s okay, because there are plenty of other instances that are happy to have them around. REALLY FUCKING HAPPY.
幸いなことに、パウーは要求を受け入れなかった、そしてmastodon.socialにブロックされた。でもそれは全然問題ない。他のインスタンスたちはパウーのユーザが居ることをうれしく思っている。とてもうれしく思っています。

Now, I think it’s important to note, I’m very much a newcomer to GNU Social. As such, I don’t have much personal experience with what I’m talking about here. What I’ve learned, I learned from talking to people and doing research. In particular, I’d like to thank LambadaLambda and RobekWorld for providing so much information on the topic. If I make any mistakes or gross misrepresentations, hopefully somebody will straighten me out.
私はGNU Socialへの最近参入者たということに注意しなくてはいけない。だからこそ、今の話は個人的な体験ではない。関係者と話し合って、そして調査をしてからこの話を知った。特に、情報を提供してくれたLambadaLambdaとRobekWorldというユーザに感謝したいと思います。私の発言や放送した内容が間違っている場合には、どうぞ訂正して下さい。

So what’s the lesson here? Well, for all the new Japanese users of the federation, just understand that Gargantua’s attitude is not representative of the federation in general. Your freedom to create your own art, your own instance, and your own rules is sacred. And remember that federated social media doesn’t begin or end with Mastodon. There’s been lots of different software in the decade or so GNU Social has existed, with more to come in the future. If you really like Mastodon but want to change it, you can fork it. If you want to examine different options, have a look at Qvitter, postActiv, or Plemora. If you want to know more, feel free to reach out and talk to LambadaLambda, he speaks Japanese.
さぁ、この事件からの教訓を要約しましょう。日本の連合ユーザに、Gargronの意見は大多数の意見ではないと伝いたいと思います。自分の絵、自分のインスタンス、そして自分のルールを作る自由は不可侵の権利である。そしてマストドンは連合の究極の事柄ではない。GNU Socialにはいろんなソフトがあり、これからも増えていく。マストドンにいい点があると思いつつも変更したいと思うなら、フォークして自分のバージョンを作れます。代わりものが欲しいなら、Qvitter、postActiv、あるいはPlemoraがあります。もっと詳しく知りたいなら、ぜひGNU SocialでLambadaLambdaさんに連絡して下さい。彼も日本語を話せます!

Otherwise just be yourselves, have fun, and welcome aboard. And if these ideals of radical free speech appeal to you, we’ve got a little group going on that you might want to be a part of.
最後に、寛いで、楽しんで、そして連合へようこそ。そしてその表現の自由の原則があなたの心に響くなら、そのための面白い集団があります。ぜひ参加して下さい。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

もっと詳しく知りたい人々、ぜひLambadaLambdaまで連絡下さい:
https://social.heldscal.la/lambadalambda

GNUソーシャル・アクシスに加わって下さい!
https://gs.smuglo.li/group/axis

GNUソーシャル/マストドンでフォローして下さい!
https://gs.smuglo.li/japananon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です