オペレーション・KASRAC

ネットのみんなさん、こんにちは。
我々はアノニマス。

音楽と文化は自由であるべきと信じています。でも残念ながら、文化の思想への理解が得られないかたが世の中に居ます。音楽学校から免許料を徴収するジャスラックの計画は音楽文化のためではない。教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

JASRACの最近の行動はこれまでになく音楽文化に損害を与えている。彼らは時代遅れだからこそ実態を把握していない。代替著作権システムを検討しないといけません。

「オペレーションKASRAC」は日本音楽家間にクリエイティブコモンズに対する意識を高めるプロジェクトです。クリエイティブコモンズとは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための著作権ライセンスシステムです。
https://creativecommons.jp/

クリエイティブコモンズを利用して、著作権は音楽家とファンの間の契約となる、そしてJASRACみたいな団体は今のようにたかりを働けない。

我々は日本と世界中の音楽家がJASRACの行為に抗議する歌を作ってクリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースすることを募集します。こういう作品へのリンクを我々のサイトに発行して、様々なSNSアカウントで推奨します。

他の音楽家がオーペレーションKASRACそしてクリエイティブコモンズについて聞くにつれて、彼らは参加する気になるということを願っております。その際に、できるだけ多くな人々がJASRAC的な著作権に対する代替案を発見すると願います。

我々と共に参加するように招待したいと思います。
参加するのに、以下のステップに従って下さい:
1) JASRACを批判する曲や音楽著作物を作る
2) クリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースする [指示]
3) [任意] 我々にリンクを送って下さい。我々はサイトにまとめます

もちろん、我々と関係せず自発的に参加もできますが、我々との活動を調整したいなら、あるいは何か質問があれば、どうぞメールを送って下さい。

https://www.anonymous-japan.org/opkasrac/ ‎
https://eggs.mu/home?en=Op_KASRAC
https://music.pawoo.net/@OpKASRAC

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です