JASRACに対するantkajikiの見解

みなさんこんにちは。
JASRACの件について、少し話したいと思い短いですが書かせて頂きました。
みなさんご存知のようにJASRACが音楽教室から著作権料を徴収する方針を明らかにしました。
JASRACは音楽文化振興事業を行っている。しかし、そんなことしたら音楽教室の料金が上がり、お金がない人は受講が難しくなってしまうかもしれない。振興どころか音楽離れが進んでしまう。
JASRACの方法は機械的だ。確かに、機械的な方法は統一性がある。しかし、音楽の振興を掲げているJASRACには全くふさわしく無い。
もし、機械的な方法で活動したいなら一切音楽振興など掲げなければ良い。その方がまだ納得できる。
あなた達は音楽文化なんてどうでも良いと思っているのだろう。それより、徴収が重要なのだろう。そうじゃなかったら、そんなことしません。あなた達には感情がありません。
音楽振興を掲げるのをやめるか、音楽教室からの徴収をやめなさい。
徐々にJASRAC以外の著作権管理会社が出てきましたね。いずれJASRACの独占は終わります。いや、終われ。
音楽家の知り合いにこの件について話して下さい。音楽家のファンなら、彼らにこの方針の排除を呼び掛けて下さい。そしてJASRACを非難して下さい。メールしたり、電話したり、ネット上にコメントするだけでも良いです。
今すぐ反対しなければ、終わりを見る日が来ません。騒ぎ立てて下さい。可能な限りのあらゆる手段を使って抵抗して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です