アノニマスの見解 Ep.8: 快楽の牢獄

Hello internet,
ネットのみんなさん、こんにちは。

In our last video we talked about decentralization, alongside anonymity and encryption, the three pieces of the Triforce of Internet Freedom. We’ve used several videos, in fact, to talk about how you can protect yourself online. But I think it’s time we spent a little more time talking about exactly why you should be protecting yourself, and what from.
最後のビデオに、分散化、匿名性、そして暗号化について語りました。「インターネット自由のトライフォース」の3ピースでした。実は、様々なビデオでオンラインプライバシー保護方法について語りました。でも何故保護すべきか、そして何から保護すべきかについて語るときがついに来ました。

The obvious answer is government surveillance, which certainly is a threat to your freedom. Political freedoms can’t exist when every action and every word is watched by government spies. But surveillance is only the most obvious threat, and the one most people at least try to avoid. The bigger threat is one that almost nobody recognizes, even as they actively seek it out and enjoy it. What you should be protecting yourself against isn’t just what you fear. It’s what you love.
当然ですが、第一の答えは「政府による監視」ですね。確かにそれは自由を脅かすものです。一挙手一投足が政府によって監視されるとなれば、そこに政治的自由は存在しない。でもそういう監視は最も明らかな危険性であり、ほとんどの人は避けたいと思っているでしょう。その一方で、さらに大きな脅威には皆気づかない。その脅威は娯楽として採用されます。怖がるものだけではなく、楽しむものからも保護しなければならない。

With that said, let’s step back and introduce a few ideas we need to understand, starting with the concept of the “Filter Bubble”.
まずちょっと足を止めて、理解すべき様々な概念を紹介したいと思います。先ずは「フィルターバブル」から始めましょう。

The Filter Bubble is a term coined by internet activist Eli Pariser around 2010, describing a phenomenon of online isolation caused by personalized search algorithms. These algorithms gather data like user location, past click-behavior, and search history, and then feeds back information it thinks users would like based on their past behavior. Over time, the algorithm filters out information it thinks the user won’t like and promotes what it thinks they will. Soon the user is surrounded only by information they agree with, while information they disagree with simply disappears.
「フィルターバブル 」はインターネット活動家であるイーライ・パリサーが2010年ごろに作った新語です。フィルターバブルとは、インターネット検索サイトやSNSのパーソナライズされたアルゴリズムによって生じるユーザー孤立化の現象です。そういうアルゴリズムが、ユーザーの情報(所在地、過去のクリック履歴、検索履歴など)に基づいてユーザーが見たい情報だろうと推定した検索結果を出す。時間と共に、ユーザーは嗜好に合わない情報から隔離され、実質的に彼ら自身の文化的、思想的な皮膜(バブル)の中に孤立するようになっていく。ついに、ユーザーに見える情報はすべて観点に合うものだけです。観点に合わない情報が消えます。

It’s important to remember that the user never sees this system. Usually they don’t even know it exists. From their perspective, their timeline and search results are simply always things they want or agree with. When this information is funny cat videos or food photos, it may not seem like such a big deal. But increasingly, social media platforms like Facebook, Twitter, and YouTube are becoming places where people engage with politics and get their news. And when black box algorithms are deciding for you what news and political opinions you should see, the threat of information control and manipulation becomes much more serious.
こういうアルゴリズムがユーザーには見えないという事実も重要です。そもそも、アルゴリズムの存在そのものに気づかない人が多い。ほとんどのユーザーの目には、SNSタイムラインや検索結果はいつも嗜好に合う情報のみを見せるだけです。猫の動画や料理画像の場合、その情報は大したことないかもしれない。でもFacebook、Twitter、そしてYouTubeは、他のウェブサイトよりも人がニュースや政治に関わる度合いが大きい。不透明なアルゴリズムによってユーザーが見る政治思想やニュースを管理されている現状には、情報操作の重大な危険があります。

Beyond the Filter Bubble, there’s one more idea we need to understand; the Skinner Box. The idea of the Skinner Box comes from the work of American psychologist B.F. Skinner in the 1930s. Although I won’t go into his work in detail here, I recommend reading up on both him and his work on “Operant Conditioning” if you have the time. It’s interesting stuff.
フィルターバブル以外にも、もう一つの概念を知ってもらいたいと思います。「スキナー箱」という概念です。スキナー箱は1930年代にかけて、B.F.スキナーという心理学者の業績から発展しました。ここで彼の業績を詳しく説明できないですが、時間があればどうぞスキナーと「オペラント条件づけ」の作業について読んで下さい。とても興味深い話題です。

The Skinner Box is a literal box used by psychologists to experiment on animal behavior. The box usually has a lever for the animal to push, and a food dispenser to feed the animal as a reward for correct behavior. For more details on how this works, let’s turn to とらますく先生:

One of the most important lessons learned from the Skinner Box is that simply rewarding a behavior every time it’s performed isn’t an efficient way to reproduce it. Instead, rewarding behavior after a random time period has much better results, as Skinner himself pointed out:
スキナー箱から学んだ極めて重要な教訓の一つはあります。行動に毎回報酬を与えるのは条件付けに有効ではない。代わりに、不定期に報酬を与えることはより有効です。スキナーさんが言った通りに:

Skinner: The main thing is what we call “schedules of reinforcement”, what the layman calls “reward”, and you can schedule it so that a reward occurs every now and them when a pigeon does something. We usually use a response where the pigeon pecks a disc on the wall, and you can reinforce with food. But you don’t reinforce every time, you do it every tenth time, or once per minute, or something like that … and there is a good example of how you can move from the pigeon to the human case, because one of the schedules that’s very effective is what we call the “variable ratio schedule” and that is at the heart of all gambling devices and has the same effect.”
スキナー:一番重要な事は「強化スケジュール」です。平たく言えば「ご褒美」ということ。例えば鳩が正しい行動をしたら、時々褒美は与えられます。私たちの場合、正しい行動は壁にあるディスクをつつくことです。そしてエサを与えることでその行動を促進させることができます。でも毎回はご褒美を与えない。1分に1回、10回に1回、といった感じ。これは鳩の場合から人間の場合へ移行できる好例です。なぜなら非常に効果的なスケジュールは「変率強化スケジュール」だからです。そしてこれは全ての賭博の本質的核心です。

Skinner’s example of gambling is appropriate, because unfortunately the Skinner Box technique has been applied heavily in the areas of video games and social media. Gacha-style mobile games are the perfect example of this in Japan, but even overseas, more and more AAA gaming companies are putting in “loot boxes”, which employ the same technique of anticipation and random rewards.
スキナーさんが言った「賭博」の例えは残念ながらとても適切です。現代において、スキナー箱のテクニックはネットゲーとSNSにかなり適用されます。日本ではガチャのソーシャルゲームは絶好の例です。海外でも、ゲーム会社のAAAは期待感とランダム報酬を利用する「ルートボックス」を日本以上にゲームに組み込んでいる。

But it isn’t just video games. Accoring to author Adam Alter, Facebook, Twitter, and more use exactly the same techniques to keep users addicted to their platforms. Refreshing your timeline to check for Likes or Comments is mechanically the same as gambling, or playing a Gacha game. You do an action and get a variable reward, the reward in this case being social attention. And it all keeps your attention on the app, where the advertisements are.
これは、ゲームの世界だけではない。作家のアダム・アルタさんによれば、FacebookとTwitterそして他のSNS企業が同じテクニックでユーザを病みつきにしようとしている。SNSの投稿に「いいね」やコメントが来たかチェックするのはギャンブルとガチャと大して違わない。正しい行動したら、ランダム報酬が来る(この場合では、注目されることは報酬です)。その間ずっと、広告があるところにじっと見るよう条件付けされる。

This loop of Action, Anticipation, Variable Reward is the essence of the Skinner Box, and this exploitation of human psychology is what keeps you coming back long after the action itself has lost its novelty.
「行動→期待感→ランダム報酬」というループはスキナー箱の本質です。実際に興味を失ってもユーザが何度もゲームやSNSに戻ってくる理由は、こういう心理による搾取は利用されたからです。

So why is all this important? What does social media advertising or pay-to-win games have to do with surveillance and privacy? Well, the Filter Bubble and the Skinner Box are creepy and manipulative enough on their own. But their real danger lies not in how they’re used, but how they can be abused.
では、何故これを理解するべきか?SNS広告やガチャソーシャルゲームはどのように監視やプライバシーと関係あるのか?フィルターバブルとスキナー箱そのものは不気味で怪しいが、その用途は最悪の場合ではない。だが、乱用されたら、恐ろしいことになる。

The Filter Bubble is designed to study your behavior and give you what it thinks you want. But the algorithm behind this is a black box controlled by the company. With a few minor changes, it can just as easily be programmed to give you what somebody else wants you to see. You can be isolated from all opinions except those held by those in control of the algorithm.
フィルターバブルの目的は、ユーザの行動への観察に基づいて見たい情報を推定することです。でも情報を推定するアルゴリズムはSNS企業に管理され、完全に不透明です。わずかな調整を行ったら、ユーザーが見たい情報は第三者が見せたい情報になってしまう。それでユーザが他の情報から隔離され、第三者の思考に合う観点のみに囲まれる。

Once your environment is controlled, the Skinner Box takes over. The system encourages you to say, think, and do the right things, and rewards you when you do. The more you’re rewarded, the more you repeat the action. From here, the Filter Bubble and the Skinner Box form a perfect loop. You’re shown content that is designed to make you react, and provide the system with more information about what makes you react. The system learns more about how to control you with every click you make. Nowhere are you provided a choice in what you see. This can be used to make you buy anything, from instant ramen to political parties.
このように環境が支配されたら、スキナー箱がそこから続けます。第三者に望ましい行動するよう勧められて、正しい行動したら報酬は与えられる。報酬が与えられるたびに、望ましい行動を取るよう促されているのだ。その後フィルターバブルとスキナー箱は閉じたループになる。システムは反応を引き出すように作られたコンテンツを見せて、その反応を観察する。ユーザが反応するたびに、システムは少しずつユーザを方向づける方法を会得して行く。ユーザはこれに対して発言権がない。こう意思決定に影響を与えて、ユーザに何でも選ばせることができます。カップラーメンから政治家まで。

And the worst part about it is that you never think you’re being controlled. You think you’re making your own choices, but the options given to you and the information about them can be carefully controlled to guide you to the decision somebody else wants you to make.
さらに悪いのは、ユーザが意思決定は方向づけられると気づかないだろうということです。自らの意思決定だと思っていても、実は可能なオプションと入手可能な情報は最初から第三者に支配されてしまいました。

If you doubt that governments and intelligence agencies are eyeing these technologies, you need look no further than the example of Pokemon GO. Niantic, the company behind Pokemon GO, shares staff and technology with a company called “Keyhole”, which in turn received funding from In-Q-Tel, a CIA-run venture capital firm.
政府と諜報機関がこの技術には興味あるとは思えないなら、ポケモンGOを見てみればいい。ポケモンGOアプリを作った会社「ナイアンティック」は他の会社、「Keyhole Inc.」、からスタッフや技術を獲得しました。そしてKeyholeは米CIAに設立された「In-Q-Tel」というベンチャー投資会社から投資を受けました。

Even if we ignore these shady connections, what Pokemon GO can do is scary enough by itself. It’s already been proven that a rare Pokemon appearance in Central Park can draw hordes of people. And Niantic has worked together with several prefectural governments in Japan, including Fukushima, to make valuable Pokemon appear to draw in more tourists. Niantic has the power to push a button and change peoples’ decisions about whether or not they want to go somewhere. The game is now controlling the player. Stop and think about that.
こういう怪しいつながりを無視しても、ポケモンGOの機能そのものは十分怖い。NYのセントラルパークにレアポケモンが現れたから大観衆が集めたケースはすでに知られています。ナイアンティックはさらに福島県と様々な県庁と合意して、その県に観光を推進するためにレアポケモンが現れるようにしました。ナイアンティックはボタンを押すだけで、ユーザがどこかに行きたいかどうかを影響できます。ゲームはプレイヤーの動きをコントロールする。よく考えてみて下さい。

This is what we need to defend ourselves against. This is why we should guard against what we love as much as what we fear. Decentralization counters the rise of the Filter Bubble. Anonymity prevents systems from connecting your actions to your identity. And Encryption interferes with the ability of the system to study the content of your conversations and activities. Together, the Triforce of Internet Freedom breaks the loop between Filter Bubble and Skinner Box, and helps put you back in control of yourself.
これは前に言った通りの大きな脅威です。これは怖がるものだけではなく楽しむものからも保護しなければならない理由です。分散化はフィルターバブルの台頭を抑える。匿名性は行動からユーザを特定する能力を妨げる。そして暗号化は会話と活動の内容の観察を防ぐ。「インターネット自由のトライフォース」で、フィルターバブルとスキナー箱の閉じたループから抜け出せて、自らの人生をコントロールできます。

Am I telling you to quit social media? Or to stop playing Gacha or Loot Box games? Not exactly, though you can if you want, and I’d certainly encourage it. All I want you to do is be aware of these systems, and how others are trying to manipulate you. If you want to keep using them, you can choose to do so. As long as it was really you who made that choice.
SNSやガチャをやめるべきだと言う事ですか?そうではない。もちろん、やめたいと思うならそれに異存はない。私の目的はこういうシステムとその問題を意識させることだけです。自分で物事を決める自由がある。ただし、本当に自分で決めたか確認して下さいね。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHI UKE NASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

プロジェクト Wild Release

[ このポストは「けものフレンズ」の「たつき監督の件」について。この件が知らない方は先ずこの記事を読んで下さい:
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/26/kemono-kadokawa_a_23223959/

This post is related to the “Director Tatsuki” incident from the Kemono Friends anime. Those not familiar with the events should read this first:
http://sgcafe.com/2017/09/kadokawa-faces-internetbacklash-kemono-friends-director-gets-apparently-fired/ ]

以下の声明はTwitterユーザー @Ryo_koumei_m から。 我々はこの声明に賛成しますので、広範囲に広めるために英語に訳して、ここにポストしました。オリジナルはここに読めます:

The following statement is from Twitter user @Ryo_koumei_m. Because we agree with this statement, we have translated it into English and posted it here to help spread it as widely as possible. The original can be found here:
https://twitter.com/Ryo_koumei_m/status/912906386215972869

* * *

昨晩は絶句してしまったが一夜明けて落ち着いた今、疑問点を整理したい。
Last night I was outraged, but now that I’ve had a night to calm down, there are a some questions I’d like to make clear.

疑問点1 けものフレンズプロジェクトAは(株)ヤオヨロズによる作品の私物化があったと指摘しているがそれは具体的に何を指しているのか。
Question 1. “Kemono Friends Project A” pointed out that some of their work had been appropriated by Studio Yaoyorozu, but what specifically are they referring to?

疑問点2 (株)ヤオヨロズによるガイドライン違反があったのか。仮にあれば具体的に何を指すのか。
Question 2. Did Studio Yaoyorozu violate any guidelines? If so, what specific violations can you point to?

疑問点3 吉崎観音氏による「終わった後も自由に作っていいですよ」という発言。ここで言う“自由”の範疇。
Question 3. Regarding Mr. Mine Yoshizaki’s words, “After’s it’s finished, you’re free to keep making [Kemono Friends]”. What manner of “freedom” did he grant?*
*(on Apr.4 2017, Concept Designer Mine Yoshizaki made a Twitter post referring to him giving Director Tatsuki permission to keep working on Kemono Friends material)
*(see https://twitter.com/i/web/status/912715440324874240 and https://imgur.com/Mmb76of )

疑問点4 情報共有や連絡がないままでの作品利用というのが仮に「ばすてき」だった場合、何故KFPAは動画の公開を差し止めていないのか。
Question 4. If we assume the “use of work without information sharing or contact” is referring to “Basuteki” (Ep 12.1), why isn’t Kemono Friends Project A (KFPA) blocking the posting or promotion of the video?

疑問点5 情報共有の申し入れとは具体的にどのようなものであったか。それはいつの話なのか。
Question 5. What exactly was the “request for information sharing”? When was that in reference to?

疑問点6 それが情報共有のみの申し入れであったのか。
Question 6. Was that request only for information sharing?

疑問点7 (株)ヤオヨロズが「その条件では受けられない」と主張したとされる「その条件」とはどのような条件を指すのか。
Question 7. When it was claimed Studio Yaoyorozu said “we cannot accept under those conditions”, exactly what conditions did that refer to?

疑問点8 KFPAの「(ヤオヨロズによる)辞退」とたつき氏の「カドカワさん方面よりのお達し」という主張の食い違いが起きているのは何故か。
Question 8. Why is there such a discrepancy between KFPA’s claim of Studio Yaoyorozu “declining” and Director Tatsuki’s claim of “being ordered by Kadokawa”?*
*(with regards to Director Tatsuki and Studio Yaoyorozu no longer working on Kemono Friends Season 2)

もちろん「動物ファースト」というPGの趣旨には今までずっと好感を持ってきた。しかし現時点、あの報告ではその大義名分を盾にアニメーション制作担当の(株)ヤオヨロズを弾圧したようにも見えてしまう。人の気持ちを蔑ろにする者に動物ファーストなぞ不可能だと思ってしまいたくもなる。
Of coure I’ve always had a good feeling from the idea of “Animals First” put forward by the project. Put in the present situation, that report [from Kadokawa] appears more like a cover for the oppression of Studio Yaoyorozu, who were in charge of the animation production. I’d think “Animals First” would be impossible from people who would disdain the feelings of others.

なにより運営側がこんなわだかまりを残したままでは私を含め多くの人がいくらPGそのものを好きでいてもそれを応援する「心」がついてこないのは現実問題だろう。というのもヒトは比較的記憶力の良い動物だからだ。
It is simply a matter of fact that many people, including myself, don’t have the heart to cheer for the project, no matter how much we like it, under the bad atmosphere created by the management side of things. Humans are animals with a relatively good memory, after all.

今後の展開、様々な場面で今回の事を思わず想起してしまうのがヒトという生き物だろう。表面的には楽しくとも今までの様に心の底から楽しくなれるだろうか。「たーのしー」気持ちは作り手の情熱と、それを支える Pや企業による盤石の安心感の中にこそあったはずだ。
It’s only human for people to think back to this affair at various points in future developments of this project. It may be fun on the surface, but will it truly be fun from the bottom of our hearts? It feels as though the feeling of “tanoshii” came from the passion of the creators, built on a foundation of security that came from the support of the producers and the companies involved.

上記の疑問点の解消を求め、関係各所に質疑を行うべきだと私は考える。
In order to resolve the questions listed above, I think we should ask those questions to the various stakeholders of the project.

メールができる者はメールで、電話ができる者は電話で、手紙やファクスでも良い。それ自体が未来を呼び寄せる力になりうるはずだ。一人一人は微力でも集まれば絶望を退けるほどの大きな力となる事を私たちは学んだはずだ。誰に学ばせてもらったのかみんな知っているはずだ。
Those who can send e-mails should send e-mails. Those who can phone in should phone in. Even letter mail or fax is okay. This should be our path to creating a better future. We’ve learned by now that by coming together as individuals, we can be stronger than despair. And we know who to thank for teaching us that.

最後に、私が個人的に最も懸念している負の未来について1つだけ記しておきたい。それは、けものフレンズによって結びついた吉崎観音氏とたつき氏、どうビス×PPPのメンバー、そして我々自身の「奇跡のような縁」の崩壊である。
Finally, I’d like to note the one negative outcome that I personally feel most concerned about. That’s the collapse of this miracle-like bond between Mine Yoshizaki, Director Tatsuki, Doubutsu Biscuits and PPP’s members, and all of us fans, created thanks to Kemono Friends.

私はそれを何としても阻止したい。もし同じ思いであるならばみんなの力を貸してほしい。
I want to stop that at all costs. If you feel the same way that I do, then I hope you’ll join your strength together with mine.

KFPA 問い合わせ:
Kemono Friends Project A CONTACT LIST:

ファミマドットコム
Famima Dot Com

https://www.famima.com/shop/contact/contact.aspx
Free Dial: 0120-172-890

テレ東
TV Tokyo

https://www3.tv-tokyo.co.jp/enq/subscribe.do?id=00000b5
Tel: 03-6632-7777

Age Global Networks
http://age-global.net/contact/

AT-X
https://www.at-x.com/sp/contact/privacy_agreement?key=Pi9UmUDbrj49co6jR3XUb9-O5_yN-mGW-orNpWmx0T6zgd6C21YFicn-7-EWikSv

エス・ワイ・エス
S-Y-S

http://www.sys-inc.jp/contents/inquiry.html

クランチロールSCアニメファンド(メール)
Cruchyroll (e-mail contact)

bd-japan@crunchyroll.com

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
JVC Kenwood Victor Entertainment

https://www.jvcmusic.co.jp/cs/

クロックワークス
Klockworx

http://klockworx.com/contact/
Mail: 東京都目黒区目黒3-9-1、目黒須田ビル701
Tel: 03-5725-3444
Fax: 03-5725-3445

アノニマスの見解 Ep.7: 分散型、非集中系

Hello again everybody
みんなさん、こんにちは。

It’s been a while since the last ANONYMOUS NO KENKAI, and I apologize for the delay. Comiket kept us busy, but that’s behind us now, so we’re back to business as usual. Thank you to everybody who came out to our booth to visit us and pick up a book. Disconnect Volume 4 is now available as a free PDF download on our site, in English and Japanese, so go check it out.
前の「アノニマスの見解」からずいぶん時間が立って申し訳ない。コミケで手いっぱいだったが、もう終わったからいつものパターンに戻ります。チャノロジーのサークルに来てくれたみなさん、ありがとうございます。Disconnect Vol.4のPDF版、英語版も日本語版も、私たちのサイトから無料ダウンロードできますので、ぜひ見て下さい。

So what’s the topic going to be this time? Well, today we’re going to talk about “decentralization” and what it means for a free internet. We’ve already talked about the value of anonymity and the necessity of encryption, but decentralization is another very important pillar of internet freedom. But why? And what exactly does it mean?
さて、今回トピックは何か?実は、今回「分散」、そして自由なネットの中でその果たす役割について語りたいと思います。今まで、匿名性の価値そして暗号化の必要について語りました。でも「分散」もネットの自由にとって重要な柱である。でも何故そんなに重要か?そして「分散」とはいったい何なのか?

Perhaps the best way to describe decentralization is to describe what it isn’t. And to talk about that, we need to look at few news stories.
たぶん「分散」が何かを説明するのに最善の方法は分散でないものの例を示すことです。それでは、ニュースに目を向けましょう。

1) nemuismywife: Near the end of August, a Japanese Twitter user (@nemuismywife) had his account suspended after he posted a “death threat” against a mosquito in his living room. As of the posting of this video, the account has not been restored and Twitter Japan has made no comment, in spite of the story being picked up by both the BBC and Yahoo News.
1) nemuismywife: 8月末に、「nemuismywife」という日本人のツイッターユーザーが冗談で「蚊へ死の脅迫」を投稿しました。すると、すぐに、アカウントは凍結されました。いまだに、彼のアカウントは凍結されたままです。このことは、BBCとヤフーニュースに取り上げられてるにもかかわらず、Twitterから声明が全くない。

2) Haruka Yume no Ato: In early September, it was announced that the pirate manga link index site “Haruka Yume no Ato” was shut down after a coordinated police raid in 8 prefectures. The owners and operators of the site are being investigated for violation of the Copyright Law, in spite of the fact their site hosts no content itself. Haruka Yume no Ato creates lists of links to sites outside Japan where pirate manga can be found, but apparently just hosting links to other peoples’ content is enough to get the police involved these days.
2) はるか夢の址: 9月初めに、海賊版マンガのリンク情報収集サイト「はるか夢の址」は警察に急襲され、閉鎖されました。サイトの内容には海賊版マンガが全くないにもかかわらず、所有者はダウンロード法違反の疑いで取り調べられてる。「はるか夢の址」は国外の海賊版マンガダウンロードリンクのリストを作るだけですが、それだけでも警察の目を引くのに十分ですね。

3) YouTube’s Sandbox: In the wake of America’s recent moral panic over Nazis, YouTube (owned by Google) created a system where selected users could flag “offensive” videos. These flagged videos would then have their comments and sharing features disabled, effectively isolating them without technically banning or censoring them.
3) YouTubeのサンドボックス: アメリカでの「ナチス復活」という茶番を受けて、YouTube(親会社Google社)は特定ユーザーがビデオに「不適切」というフラグを付けることができるシステムを作りました。フラグ付けてるビデオのコメントと共有機能は無効にされるので、厳密に言えば検閲されてないが、実際上は隔離されます。

Perhaps Google and their army of amateur volunteer moderators have nothing but good intentions. But mob justice isn’t known for being fair or accurate. Case in point, I present to you the video “Paint Colors in Reenacting”, a video by “Reenactor Guy”. The video is about how to paint props for World War 2 reenactment. In spite of it having nothing to do with neo-Nazis or racism, the video was flagged as “offensive” and isolated for several days.
Googleとそのボランティアモデレーターは善意にあふれているかもしれないが、暴徒による正義は公明正大とは言えない。例として、「Reenactor Guy」と名前のユーザーから「Paint Colors in Reenacting」のビデオを紹介したいと思います。WW2の戦闘を再現するために小道具の塗装する方法のビデオです。ネオナチまたはレイシズムと全く関係ないなのに、ビデオは「不適切」とフラグ付けられて、数日間隔離されてしまった。

It was eventually returned to normal, but only after Reenactor Guy appealed, and even then he was given no explanation or apology. But this isn’t Google’s first dance when it comes to content censorship.
後に元に戻されたが、Reenactor Guyが抗議した後だった。しかも、YouTubeから説明も謝罪もなかった。しかも、Google社の検閲はこれに始まったことではありません。

4) The Controversial Case of the Daily Stormer: Around the middle of August, a protest in Charlottesville, Virginia turned violent resulting in the death of one Heather Heyer. In the media storm that followed, a website called the Daily Stormer posted an article about the deceased that…upset some people.
4) 「Daily Stormer」の物議を醸す事件: 8月半ばに、アメリカのシャーロッツビル市の抗議デモが暴徒化して、Heather Heyerと名前の女性の死につながりました。マスコミの興奮のただ中で、「Daily Stormer」というサイトが死亡者に関する物議を醸す記事を載せました。

Now, the Daily Stormer is billed as a right wing neo-Nazi website. I’m not one to take labels at face value anymore, but having visited the Daily Stormer to investigate, I can say I’m not a fan of their content.
「Daily Stormer」は右派ネオナチサイトといわれます。私はレッテルを額面通りに受け取るのを好まない人ですが、Daily Stormerのコンテンツを直接経験して、嫌だと感じました。とにかく、特に好きというわけではない。

Neither, apparently, was their domain registrar. The Daily Stormer was given 24 hours to move or be delisted. They moved to Google’s domain management service, but just hours after they did, Google not only refused to serve them, but placed their domain on “client hold”. This meant that the Daily Stormer couldn’t activate or use their domain name, nor could they move it to another service. It’s been several weeks, and the Client Hold has not been released, with no sign that it will be.
ドメインネームの登録機関だってDaily Stormerを好まないみたい。Daily Stormerは、彼らに「24時間以内に他の登録機関に切り替えないとサイトをサービスから除く」と言われました。Daily StormerはGoogle社のドメイン管理サービスに変更したが、数時間後Googleはサービスを断っただけではなく、ドメインを凍結した。つまり、Daily Stormerはそのドメインを利用できず、そしてサービスを切り替えるもできなかった。それから数週間後、ドメインはまだ凍結してある、そしてGoogleが所有者に返還しようとしないみたい。

For many, this was great news. Neo-Nazi hate speech had been shut down on the internet. And that was a good thing…right?
大勢の人々にとってこれは吉報です。ネオナチスのヘイトスピーチは止められた。それはいいことですね?

Well, it’s a little more complicated than that. See, there are no apparent rules or limits on Google’s ability to use these “client holds”. If the Daily Stormer was breaking the law, it should have already been a police matter long before this. Does this mean Google just seized their domain because they didn’t like their content? Are there any limits to this power, or rules governing its use? If Google can do this to the Daily Stormer, who else can they do it to?
実は、事態はもう少し複雑です。まずはGoogle社がドメインを凍結する権力には規則や限界がありません。もしDaily Stormerが犯罪行為をしたら、警察はすでに関与するはず。つまり、GoogleはDaily Stormerのコンテンツを好まないというだけでドメインを凍結したということでしょうか?凍結権力には規則や限界は何ですか?GoogleはDaily Stormerにこんなことができるなら、他のサイトにも同じことできるのではないでしょうか?

5) China Bans Anonymous Posting: On Friday, August 25th, the Chinese government announced a new set of regulations that would force internet services to register all their users under their real names starting October 1st of this year. In justifying these regulations, the Cyberspace Administration of China cited a law from 2000 that specified what kind of content was forbidden on the Chinese internet, including “inciting hatred, spreading rumors, and insulting or slandering others”. Sounds familiar. The rules are broad and vague enough to cover nearly anything, which I’m sure is the point.
5) 中国での匿名禁止: 8月25日金曜日に中国政府は、ISPが今年の10月から実名でユーザーを登録する義務を負うという新しい法律を発表しました。この法律を正当化するのに、「中国サイバー管理部」は「ネット上の禁止事項」を指定する2000年からの法律を挙げました。禁止事項の中に、「ヘイトを引き起こすこと、デマを飛ばすこと、そして人を侮辱するまたは中傷すること」が入っています。聞き覚えがあるよね。もちろん、この法律は過度に広範そして曖昧だからこそ、全ての政府決定を正当化します。計画通りにね。

Now, it’s worth noting, the Chinese government has been attempting to ban anonymous speech and force real-name registration for years, with limited success. It’s also worth noting that the Daily Stormer is already back up, proving that internet censorship isn’t as easy as some would like. Yet.
注目されるのは中国政府は何年間もネット上の匿名性を禁じようとしてきたが、ほとんど成果がないことだ。さらにDaily Stormerもすでに戻ったことから、ネット検閲はそう簡単ではないと証明されます。今のところだけだが。

But it does point out the problem of centralization. Whether it’s corporations acting on their own, or following the orders of the State, internet services are vulnerable to control and censorship when they have a single, central point of failure. When one person, or a small group of people, have the power to control what you can or can’t see, that power will be abused. Maybe not today, but the mere fact that such power exists will eventually attract those who want to abuse it.
でもこうした例は集中型システムの問題点を指摘します。脅威が企業の独立した行動であろうと政府の命令であろうと、ネット上のサービスにひとつの弱点があるだけで、そのサービスは支配や検閲に弱くなる。情報へのアクセスを支配できるようの権限を少数の人々には託すると、必ず権力乱用につながります。今すぐ悪用されないかもしれないが、その権限が存在するからこそ悪用したい人々を引き込むだろう。

“But Anon, we need these powers to shut down Hate Speech and stop racists!”
「でもアノニマスさん、ヘイトスピーチとレイシズムを止めるためにその権限が必要なんだ!」

Even if I agreed with that idea, there’s one problem with this. Any tools or laws that can be used to silence so-called “hate speech” can also be used to silence any other kind of speech. Once the power is created, there are no limits on how it can be used, or who it can be used against. History has shown us that Hate Speech Laws are often turned against their creators, and used to suppress criticism and free speech. Every time you support these laws, all you’re doing is tying a noose around your own neck.
その考えには同意するとしても、一つの問題があります。いわゆる「ヘイトスピーチ」を止めるために作られるツールや法律は他の人々の声を抑えこむ役目も果たせる。作られたら、そのツールや法律の標的には限界がない。歴史が示すように、このような「反ヘイト」法律はよく当初の目的を裏切って、批判者そして言論の自由を黙らせるために悪用されてしまう。こういう法律を応援すると自分で自分の首を締めるんだ。

So what’s the answer? Well, as I’ve said before, the best way to respond to an unjust law is to make it impossible to enforce. And the best way to respond to the threat of centralized services is to decentralize as much of the internet as possible.
では、どうすれば良いか?前言ったとおりに、不当な法律を作るのを防ぐ最善の方法はその法から執行可能性を奪うことです。そして集中型システムによる脅威を防ぐ最善の方法はできるだけインターネットのサービスを分散化することです。

Twitter, Facebook, YouTube, and other centralized services rely on a central hub to function. If that central hub is compromised or disabled, there goes the entire service. By contrast, a decentralized system has no hub. Instead, it’s made of many individual nodes that can freely and voluntarily connect to each other. Even if one or more nodes are compromised, the rest of the network can route around them. And data shared by one node can be spread to all other nodes, making it difficult if not impossible to censor.
Twitter、Facebook、YouTubeそして他の集中型サービスは機能するために中心のハブに頼る。そのハブが障害されると、サービスは全体的に故障してしまう。でもそれに反して、分散型サービスにはハブがありません。代わりに、独立したノードが自由意志に基づいてお互いにネットワークを作りします。あるノードが障害されても、他のノードは問題をバイパスできます。そしてデータはノードの間に共有されますので、分散型ネットワークから削除あるいは検閲するのはかなり難しい。

In fact, there are several examples of decentralized or partially decentralized services that already exist. One of the most famous examples of this is BitTorrent and its various clients, which have enabled file sharing for over a decade now. Mastodon and GNU Social, while not completely decentralized, are still federated, and provide some measure against total censorship that users like nemuismywife might appreciate. Similarly, Matrix and XMPP are chat protocols that can be run by anybody, and interoperate with other instances of the same software.
実は、今既に様々な分散型(あるいは部分的に分散した形をとる)サービスが存在していますです。世界でも最も有名なサービスのひとつがBitTorrentプロトコルとそのクライアントです。BTのおかげで私たちは10年以上前からファイル共有をすることができるのです。マストドンとGNUソーシャルは部分的に分散化されるが、連合システムだからある程度に検閲に対する防壁があります。nemuismywifeさんの状況に役に立ったであろう機能ですね。同様に、MatrixとXMPPは誰にでも自分のサーバーにインストールして管理できるチャットプロトコルです。そして他のインスタンスと相互運用もできます。

Many YouTubers are fleeing to alternative platforms, and one that’s caught my attention is BitChute. Instead of central servers like YouTube, BitChute uses WebTorrent, a browser-based torrent client that allows users to peer, seed, and share the content they watch straight from the browser. BitChute is still in its early stages, and not everything seems to be working quite as advertised yet, but it’s a promising start.
最近、海外のユーチューバーは代替プラットフォームへ逃亡しようとしています。私の注意を引いた一つのプラットフォームは「BitChute」。YouTubeと違って、BitChuteは集中型サーバーに頼らず、ブラウザー内で動くBTクライアント「WebTorrent」を利用します。サイトのユーザーは直接ブラウザーから見てるビデオをシードやピアできます。BitChuteは初期段階にあるから、まだ完全に宣伝通りに作動してないが、良いスタートを切ったようです。

Finally, the most interesting. Of course everybody knows 2ch, Futaba, 4chan, and 8chan. Imageboards have been around for years, and while they were once seen as bastions of unfettered free speech, lately that illusion is starting to fade. Everybody probably knows about Hiroyuki secretly datamining 2ch for years, and that he’s doing the same thing to 4chan after buying it. Even 8chan isn’t immune to this, if the “8leaks” posted to endchan are anything to go by. Once again, centralization provides a single point of failure. And once again, the solution is decentralization. Enter NNTPChan. An open source imageboard that repurposes the News Network Transfer Protocol to share posts across multiple nodes. While each individual node is hosted on its own server, any post made on NNTPChan is quickly duplicated on all other nodes, making it nearly impossible to censor. NNTPChan can be accessed via Tor, the Invisible Internet Project, I2P, and the regular clearnet, but all posts are shared between all nodes regardless of source.
そして一番いいものを最後の楽しみにとっておきました。みんなは2ちゃんねる、ふたば、4chan、または8chanを知ってると思う。掲示板は長い歴史を持つ、そして言論の自由の保護領域と見られた時があったが、最近そのイメージは消えてなくなる。ひろゆきが2chにデータ・マイニングをしたことはよく知られてる、そして4chanを買ってからそこで同じことをやり始めました。endchanに掲示された「8leaks」によれば、8chanもユーザーを監視するという衝動を抑えられないみたい。再び、集中型サービスには単一障害点を生じさせる。そして再びに、解決法は分散化である。皆さんに、NNTPChanを紹介したいと思います。ネットワーク ニュース トランスファー プロトコル(NNTP)を利用して提出されたデータを様々なノードの間に共有するオープンソースな掲示板です。個々のノードはそれ自身のサーバー上にありますが、全ての投稿は全ノードに重複されますので、投稿を検閲することは不可能に近い。Tor、不可視インターネットプロジェクト(I2P)、あるいは表層ウェブからアクセスできます、でも投稿の源泉にもかかわらずすべてのユーザーはお互いに読めます。

All of these recommendations are just a starting point, and I encourage all of you to start looking into decentralized, open-source alternatives to as many online services as you can. Facebook, Google, Microsoft, and all the other centralized corporate platforms may be powerful, but they’re only as powerful as we collectively allow them to be. You don’t have abandon everything immediately, but if you start diversifying now, you make it easier for yourself in the future.
ここの推薦は出発点に過ぎないので、集中型サービスの代わりものになる分散的オープンソースな選択肢を自力で調べるよう奨励したいと思います。Facebook、Google、マイクロソフト、そして他の企業の集中型サービスは確かに勢力がある、でもその力はユーザーの承諾から生じる。今すぐYouTubeとFacebookを完全に見捨てる必要はない。ただこれから多角化し始めたら、後は楽になる。

I’m a big believer in practicing what I preach, which is my I’ve already moved the entire ANONYMOUS NO KENKAI series to two new video platforms: Vid.me and Bitchute. I’ll continue to use YouTube for now, but I’ll also be uploading all videos to these platforms simultaneously. That way, the day Google goes too far and cracks down too hard, walking away from YouTube won’t be so difficult. When that day comes, I hope you’ll be joining me. But, as always, the choice is yours. Just remember…if you choose to keep the slave collar of big centralized services around your neck, don’t be surprised if it’s too late by the time you come to regret it.
私は説いていることを実行することに信じていますので、すでに「アノニマスの見解」ビデオを2つの代替プラットフォームへ移行しています:Vid.meとBitChute。とりあえずYouTubeを使い続けますが、同時にその代替へアップロードします。これで、Google社が行き過ぎすことがあっても、YouTubeから撤回するのは楽になる。でももちろん、自分自身で選択するしかない。ただ覚えておいて下さい…集中型サービスの首輪を付けられたままにしたら、いつか後悔することになるかもしれない。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アップロードのスケジュールについて

コミケの準備によって、「アノニマスの見解」ビデオは8月下旬あるいは9月まで延期されます。
チャノロジー・アノニマスは夏コミに参加しますので、ぜひ会いに来て下さい。8月13日(3日目)、東イ37aです。
コミケが終わったら、いつも通りに新刊のPDF版は無料で我々のサイトからダウンロードできます: www.anonymous-japan.org/download/

我々を待ち受けなさい。

Due to preparations for Summer Comic Market, future “Anonymous no Kenkai” videos will be postponed until late August or early September.
Chanology Anonymous will be participating in this year’s Summer Comic Market, so please come down and visit us! We’ll be there Aug.13th (Day 3), East Hall イ37a.

Disconnectの作者によるあとがき / A Word from the Author of Disconnect

Angie

Angie

みんなさん、こんにちは。
Greetings!

信じられないことに、Disconnectを作り始めて6年目を迎えました。ようやく、サラの物語は最終章を迎えることができました。
It’s hard to believe we”ve been working on “Disconnect” for at least 6 years. But finally, we’re nearing the end, and reaching the long awaited conclusion of Sara”s story.

この6年間、Disconnectはずいぶん話が広がり、予定より話が長くなりました。元々は、サイエントロジーの洗脳法やサラの経験にもっと焦点を合わせたストーリーでしたが、あまりにも憂鬱な話になってしまいましたので、アンジェラとチャノロジーの活動を中心とした話に変更しました。アンジェラたちのロマンスや冒険の部分でサラの辛い話とのバランスをとったつもりです。
Over that time, “Disconnect” evolved quite a bit, and became longer than we originally anticipated. It was originally supposed to focus a lot more on Sara, and explore the insidious ways the cult of Scientology lures victims and disconnects them from their families and friends. However, we quickly realized that the story would be too tragic and depressing. This is why Angela received more attention, and her efforts to find and rescue her friend, her adventures with the Chanology group, and her re-igniting romantic interest with her highschool crush all became such significant parts of the story. Angela’s happier adventures helped balance out the tragic and sad developments Sara faced.

この第4章で、サラとアンジェラの物語はおしまいです。楽しんでいただけたでしょうか。
With the upcoming 4th book, we bring the stories of both girls to a conclusion, and we hope you will find the ending satisfying.

Disconnectを書くのは、本当に大変な作業でした。空き時間を全てこの同人誌に捧げたのではないかというくらいです。お金にはなりませんが、この本で誰かをサイエントロジーの魔の手から救うことができるかもしれないと信じながら、夜遅くまで一生懸命に取り組みました。それに、もしサイエントロジーに巻き込まれてしまった犠牲者がDisconnectを読んだら、その人が勇気を出して、カルトから逃避できるようになるかもしれないじゃないですか。
It’s been a lot of hard work, drawing this manga in almost every bit of free time I had, while trying to keep up with my job, professional obligations, social obligations, housekeeping, family… Drawing late into the night, for no pay whatsoever, but persevering with the hope that this story might help someone, educate someone, and hopefully prevent them from making the horrible mistake that Sara and John did in the first chapter… Who knows, maybe there’s also a chance this book might help someone already ensnared by Scientology to find strength and courage to escape the cult?

作家として、Disconnectの最終章を仕上げることに葛藤も感じます。もちろん、ようやく完成したことはうれしいのですが、同時にこのプロジェクトが終わることが悲しい。今後は、しばらく休憩した後で、またDisconnectに戻りたいと思います。アンジェラとサラの出会いや仲良くなるまでの過去について、もう少し掘り下げた話も作りたいと思っています。
As the author, I have conflicting feelings about finishing this story. There’s a part of me that”s very happy and relieved. But another part of me feels sad, and will miss drawing it, and telling more and more of Sara’s and Angela’s stories. As a matter of fact, I think I will return to Disconnect once more, after a break. There”s a short flashback story I would like to tell, the story of how Sara and Angie met and became friends, a story that would explain their background a bit better, and explain why their friendship is so important to them. Friendship strong enough to break the cult’s chains.

残念ながら、第4章にこの話を含む時間がないけど、いつかDisconnectの完全版をまとめる時には、前編も含みたいと思います。
I don’t think I have enough time to add this flashback to book 4, with so little time left until Comiket, but I will certainly add it when we re-compile the four chapters of Disconnect into a single, definitive story.

でも、それはあくまで先の話。まずは、このC92でDisconnect第4章をお楽しみ下さい!それではまたお会いしましょう!
But, that’s a plan for later. For now, we hope you will enjoy the final chapter of Disconnect, at Summer Comiket 2017! Hope to see you there!

(*「チャノロジー」はC92の3日目(8月13日、日曜日)に、東イ37aです。我々を待ち受けなさい!)

オペレーション・KASRAC

ネットのみんなさん、こんにちは。
我々はアノニマス。

音楽と文化は自由であるべきと信じています。でも残念ながら、文化の思想への理解が得られないかたが世の中に居ます。音楽学校から免許料を徴収するジャスラックの計画は音楽文化のためではない。教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

JASRACの最近の行動はこれまでになく音楽文化に損害を与えている。彼らは時代遅れだからこそ実態を把握していない。代替著作権システムを検討しないといけません。

「オペレーションKASRAC」は日本音楽家間にクリエイティブコモンズに対する意識を高めるプロジェクトです。クリエイティブコモンズとは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための著作権ライセンスシステムです。
https://creativecommons.jp/

クリエイティブコモンズを利用して、著作権は音楽家とファンの間の契約となる、そしてJASRACみたいな団体は今のようにたかりを働けない。

我々は日本と世界中の音楽家がJASRACの行為に抗議する歌を作ってクリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースすることを募集します。こういう作品へのリンクを我々のサイトに発行して、様々なSNSアカウントで推奨します。

他の音楽家がオーペレーションKASRACそしてクリエイティブコモンズについて聞くにつれて、彼らは参加する気になるということを願っております。その際に、できるだけ多くな人々がJASRAC的な著作権に対する代替案を発見すると願います。

我々と共に参加するように招待したいと思います。
参加するのに、以下のステップに従って下さい:
1) JASRACを批判する曲や音楽著作物を作る
2) クリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースする [指示]
3) [任意] 我々にリンクを送って下さい。我々はサイトにまとめます

もちろん、我々と関係せず自発的に参加もできますが、我々との活動を調整したいなら、あるいは何か質問があれば、どうぞメールを送って下さい。

https://www.anonymous-japan.org/opkasrac/ ‎
https://eggs.mu/home?en=Op_KASRAC
https://music.pawoo.net/@OpKASRAC

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

チャノロジー@C92

アノニマスの反サイエントロジー作戦「オペレーション・チャノロジー」は再びコミックマーケットに上陸します!
チャノロジーのサークルは夏コミに参加します。3日目(8月13日)、東京ビッグサイトの東ホールに、スペースは「イ37a」。
サイエントロジー批判コミック「Disconnect」のバックナンバーを販売する、そしてやっと最終章「Disconnect 4」をリリースする。
時間があれば、ぜひ会いに来て下さい。

アノニマスの見解 Ep.6: 大マルウェア強盗

ネットのみんなさん、こんにちは。
Hello again Internet.

現代はなんとすばらしい時代だね。テクノロジーの信じ難い進歩のおかげで、見知らぬ人がユーザーをパソコンから閉め出して、データと引き換えに身代金を要求することができます。思ったようなSF未来では全くないよな。
And what an exciting time to be alive. Thanks to the magic of technology, complete strangers can now remotely lock down your computer and extort you for money from the comfort of their own homes. Not quite the science fiction future we all imagined, certainly.

みんなはすでに「WannaCry」というウイルスについて聞いたことあると思います。「WannaCrypt」または「WanaCrypt0r」の別名でも知られます。日立とJR東日本を含む世界の150カ国以上に20万以上の官民のネットワークやPCが感染させられました。
Many of you will have already heard of the WannaCry ransomware worm, also known as WannaCrypt or WanaCrypt0r. Over 200,000 private computers and corporate networks alike in over 150 countries have been infected so far, including Hitachi and JR East in Japan, and it’s not over yet.

どこに何を感染させられたかによって、WannaCryはささいないら立ちから深刻なセキュリティー問題に及びます。少なくとも、もっとしっかり守るべきはずの重要インフラに弱点があることを明らかにしてくれました。
Depending on who and what it’s infected, the WannaCry worm can either be a minor annoyance or a major security problem. At the very least, it’s highlighted some critical weaknesses in computer systems that should probably have been better secured.

だがいつものように、この事件には当局の説明以上のことがある。問題の本質を明らかにしたいなら、もっと深く探らないといけない。本件では、2016年の夏を振り返り、そして2つの集団について語ります:「Shadow Brokers」というハッキングチーム、そして我々の旧友、米NSA。
But as always, there’s more to the story than what gets reported in the news, and if we want to understand the root of the problem, we need to dig a little deeper. In this case, we need to go back to the summer of 2016 and talk about two groups of people; a group called “The Shadow Brokers”, and our old friends at the NSA.

NSAはもちろんアメリカ国家安全保障局です、つまり国家的ハッカーである。スノーデン先輩の告発活動のおかげで、彼らの様々なスキャンダルの関与は示されましたので、すでに有名だと思います。ここ何年もNSAは非常に多くの怪しげなことに関われてるが、本件ではただ一つの問題に焦点を合わせたいと思います。その問題はゼロデイ脆弱性の蓄積です。
The NSA, of course, is the National Security Agency, America’s top hackers. They’ve been implicated in a number of scandals over the last few years, brought to light thanks to Snowden-senpai, so they should be pretty famous. They’ve done a lot of shady things over the years, but for our story we’ll focus on just one: the stockpiling of security vulnerabilities.

どんなハッカーチームもそうするように、NSAはいろんなソフトウェアに弱点を探す。見つかったら、その弱点を利用するウイルスを作ってハッキングツールとして使う。もちろん、弱点が広く知れ渡れば修正されますので、NSAはできるだけ長くウイルスの備蓄を秘密にします。
Like any hacker group, the NSA spends its time studying software to find vulnerabilities. They then write programs to exploit those vulnerabilities, which can be used to hack targets. Of course, if the vulnerability is widely known, it’ll eventually be patched making the exploit useless. So the NSA usually keeps its exploit library a secret as long as possible.

NSAの批評家がウイルス備蓄の習慣を極めて無責任だとして強く非難します。批評家によれば、ソフトに弱点があれば、NSA以外のハッカーによって利用される可能性があります。NSAは本当にセキュリティーの味方だったら、ソフトメーカーと協力して修正するべきだと言っています。
Critics of the NSA say this is an irresponsible practice. If a vulnerability exists, they say, it can be exploited by other hackers besides the NSA. If the NSA was really interested in security, they’d share the exploit with software makers and help make patches to protect critical computer systems.

NSAの擁護者によれば、ウイルス備蓄の習慣は問題ではない。サイバー武器として使えるなら、それは重要な資産です。一般のハッカーはNSAのスキルと予算を持ってないので、同じレベルにウイルスを作れるわけではない。ウイルス備蓄の安全はきちんと確保される限り、問題にならないと言っています。
Defenders of the NSA say that it’s not a problem to stockpile exploits. If they can be used to hack targets, that’s a valuable weapon. Besides, the NSA has a huge budget and many skilled programmers. It’s unlikely that your average hacker could develop exploits as sophisticated as them. As long as the NSA keeps the exploit code secret and doesn’t let it leak to the public, there shouldn’t be a problem, right?

それから「Shadow Brokers」が姿を見せました。今でも謎に包まれたままなので、彼らを紹介しづらいけど、2016年の8月に現れました。NSAの秘密ウイルスを持つと主張しながら、ネット上にソースコードを競売に出しました。
This brings us to The Shadow Brokers. We can’t give them much of an introduction, because nobody knows exactly who they are, but they appeared in August of 2016 when they claimed to have secret exploit code written by the NSA, and put it up for auction to the highest bidder.

最初は専門家はリークの信憑性を疑ったが、Shadow Brokersは10月に、そしてその翌年4月にNSAのソースコードをリークしつづきました後にウイルスコードは本物だと確認されました。Shadow Brokersがどうやってコードを手に入れたか、どうやって密輸出したか、そしてなぜ彼らは逮捕されなかったかは今まだ不明な興味深い質問である。
Many were skeptical, but as more leaks happened in October 2016, then again in April 2017, it became apparent that the exploits being leaked were real. How were the Shadow Brokers getting these exploits? How were they releasing them? Why weren’t they getting caught? All good questions, none of which have any answers yet.

今年4月のリークは最重要です、なぜならリークの中に様々な機能的なウイルスが入ってました。特に興味深いなのはマイクロソフトWindowsOSに合った2つのウイルス、コードネームETERNALBLUEとDOUBLEPULSAR。こういうNSAの一流プログラマーに作られた極めて精巧な兵器化したウイルスはインターネット上で自由に入手できることになりました。なんてこったい。
The April 2017 leak was the most significant, as it included a number of different exploit programs. Of particular interest were two programs, codenamed ETERNALBLUE and DOUBLEPULSAR, which target the Microsoft Windows operating system. These highly sophisticated, weaponized exploits created by the NSA’s skilled programmers with their huge budget were now freely available to anybody on the public internet. Oops.

マイクロソフトは結局Windowsのパッチを公開しましたけど、パッチを作ってから展開するまでの期間に誰かがチャンスを見つけてつかみ取りました。2017年5月12日金曜日に、WannaCryというウイルスはネットに放出しました。ETERNALBLUEとDOUBLEPULSARの両方とも利用して、WannaCryは未パッチの旧バージョンシステムに感染して、そしてすばやくネットワーク内に拡散しました。この話がどういう結末になるかすでに知ってますよね。
Microsoft worked on and eventually rolled out a patch, but between the time it took to make and for users to get around to installing it, somebody saw an opportunity and took it. On Friday, May 12th 2017, the WannaCry ransomware worm hit the internet. Using both the ETERNALBLUE and DOUBLEPULSAR exploits, it infected old, unpatched Windows PCs, quickly spreading through networks it infected. And the rest of the story, you probably already know.

心に留めておきたいことがありますけど、このビデオを作る一番の動機はウィキペディアのWannaCryについてのページでした。英語版のページにウイルスの出所に関する広範な情報があったのに、日本語版のページに初歩的な情報しかなかった。
I’d like to note, my primary motivation for covering this topic was after visiting Wikipedia to read about WannaCry. I noticed the English page had extensive information about the NSA’s connection to the case, but the Japanese page lacked any background whatsoever.

日本人のウィキペディアエディターがこのビデオを見てるなら、WannaCryページにこの詳細を加えてください。よろしくお願いします。海外と日本の間のこのような情報ギャップは私のチャンネルが存在する理由です。NSAの関係そして責任はWannaCry事件の重要な部分です。日本の人々は自分の意見を立てるために、全体像を理解しなければならない。
If any Japanese wiki editors view this video, I urge you to go in and add these details. This kind of gap in the information the Japanese public receives about the world is exactly the reason why this channel exists. The NSA’s involvement and responsibility is an important part of the WannaCry ransomeware case, and people need the full story so they can better form their own views and opinions.

WannaCryサイバー攻撃は興味深い事件でした。攻撃対象は全員ネット上のセキュリティーを真面目に考えなかった人々だった。更新版をきちんとインストールした人々(あるいはWindowsを完全にあきらめた人々)は無傷のままいられました。セキュリティーについて無知である人々、あるいはセキュリティーをなおざりにした人々だけは結果に苦しんだ。セキュリティーについて知らない個人ユーザは許せるけど、大企業そして特に病院が弁解の余地はない。重要なインフラが未パッチの旧バージョンOS上で動いたなんて信じられない。つらい経験を通してセキュリティーについて学んだ。
WannaCry has been an interesting attack to watch, mostly because its victims are those who didn’t take online security seriously. People who kept up with security patches (or even better, stopped using Windows entirely) came out unscathed while the lazy or technically ignorant suffered. While individuals lacking tech skills can be somewhat forgiven for not keeping up with patches, large corporations and especially hospitals deserve any public anger they get. Keeping important systems on unpatched versions of an old OS while connected to the internet is dangerously irresponsible, and I can only hope this serves as a valuable lesson for them.

でも怒りを表すなら、NSAのことを忘れないで下さい。擁護者は一つの点において正しかったと思う。一般のハッカーはETERNALBLUEとDOUBLEPULSARを作るスキルと予算を持ってない。でもこういうウイルスを備蓄したり兵器化したりすれば、問題なのは支配し続ける困難さです。政府は秘密ウイルス備蓄や暗号のバックドアを安全に利用できると主張しても、明らかなウソです。必然的にコントロールを失う、そして悲劇を招く。日本政府はすでにNSAのような諜報機関を設立したいことを公言しました。恐らくNSAと同じような活動を行うと思います。だがNSAと同じレベルのスキルと予算を持ってないと思っても差し支えないだろう。NSAがウイルス備蓄を守れないなら、不可能に近い任務だと思う。
But while the public is being angry, let’s not forget about the NSA. Its defenders were right about one thing… few people lack the skill or the budget to write exploits like ETERNALBLUE or DOUBLEPULSAR. But the problem with weaponizing and stockpiling these exploits is that it becomes impossibly difficult to control them. Government agencies claim that it’s safe for them to have backdoors or secret exploits, but as we’re seeing right now, that’s obviously a lie. They will lose control of them eventually, and when they do, the results can be unpredictable and damaging. The Japanese government already wants to make their own version of the NSA, to do many of the same things their American counterparts do. It’s safe to assume they won’t have nearly the same budget or level of skill, though. And if the NSA can’t keep control of this shit, what hope does any smaller outfit have?

ソフトウェアの弱点を発見したら、するべき唯一のことは公開すること、そしてできるだけ早く穴を塞ぐことだ。確かに武器になり得る物を失う。最初は受け入れ難いかもしれない。でもこういう武器に関連する最大の問題は、どれだけ強力にもかかわらず、両刃の剣だという事実です。
The only responsible thing to do with exploits like these is to disclose them and patch them as quickly as possible. Maybe this means giving up a powerful tool, which is difficult to accept. But the biggest problem with tools like these is that as powerful as they are, they can also just as easily be turned against you.

これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。
This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.

JASRACへのメッセージ

音楽教育を守る会:
嘆願書 – https://tinyurl.com/fuckjasrac
ツイッター – https://twitter.com/musicgrowthorg
ホームページ – https://music-growth.org/

アノニマスに参加のに: https://anonymous-japan.org/join/
===============================================
JASRAC様、

残念ながらあなたたちの言う「著作権の思想」とやらはとんでもない誤解だけだ。
教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。
あなたたちの最近の見苦しい行為は音楽文化のためではない。
教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

音楽文化にとって不利益ながら、利益を得るのはJASRACだけだ。
今まで、あなたたちの失礼な振る舞いを我慢しましたが、これはさすがに忍耐の限界です。
こうした行動を許せない。

我々は企業と組むのは珍しいけど、この場合は例外とします。
アノニマスは「音楽教育を守る会」への全面的支援を宣言します。
我々は音楽教育を守る会の嘆願書に署名するよう人々に強く呼び掛けます。
記録的な数で支援を示しましょう。

でも問題は嘆願書で決着するわけではない。
我々はJASRACに対抗するさらなる行動を計画したいと思います。支持するなら、次の指示を待って下さい。あるいは我々のオンライン会議に加わって、一緒に行動を計画しましょう。

そしてもちろん、アノニマスへの参加には許可が必要ないので、自らの決断でJASRACに対抗する行動を計画することを強く働き掛けます。 日本のアーティストや音楽ファンが彼らのことをどう思っているか、JASRAC側に経験させましょう。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

新宿、2017年4月29日:アノニマスOpACSの要約ビデオ

非常に長期間、詐欺師は宗教という外観を通して弱者を食い物にしてしまっています。「サイエントロジー」はこういう詐欺に過ぎません。サイエントロジー内で、財政貢献を基準にランキングを計算されています。そして恐喝または恐怖で忠誠心は買われます。

調査すれば、サイエントロジーの中心に汚職と犯罪を発見します。 批判の声を抑えこむため彼らは私立探偵を雇って、サイエントロジーを非難する人々の個人情報を収集する。

我々は2008年から、平和的にそして法的にサイエントロジーに抗議してつづきました。 でも、マスコミによって悪いハッカーとして汚名を着せられたことにもかかわらず、我々アノニマスは反社会集団ではありません。このことを示すため、そして公共の福祉のために、4月29日に我々は新宿でサイエントロジーとの全く関係ない街路掃除活動を行いました。

我々はゴミを拾って、ささやかに街の浄化に役立ちました。でも拾えないゴミがまだまだ新宿に残ってしまいます。 カルトの被害者を助けるため、我々はオンラインでサイエントロジーについての真実を広めつづきます。その情報を読んで、自分の目で検証して下さい。我々と同じ結論に達するだろう。サイエントロジーは危険なカルト団体である。メンバーを脅して金を巻き上げるためだけに存在します。

我々に加わってサイエントロジーへメッセージを送りましょう: もううんざりだ。
オンラインでサイエントロジーのことをどう考えているかはっきり伝えて下さい。
そしてもちろん、匿名で批判して下さい。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。