アップロードのスケジュールについて

コミケの準備によって、「アノニマスの見解」ビデオは8月下旬あるいは9月まで延期されます。
チャノロジー・アノニマスは夏コミに参加しますので、ぜひ会いに来て下さい。8月13日(3日目)、東イ37aです。
コミケが終わったら、いつも通りに新刊のPDF版は無料で我々のサイトからダウンロードできます: www.anonymous-japan.org/download/

我々を待ち受けなさい。

Due to preparations for Summer Comic Market, future “Anonymous no Kenkai” videos will be postponed until late August or early September.
Chanology Anonymous will be participating in this year’s Summer Comic Market, so please come down and visit us! We’ll be there Aug.13th (Day 3), East Hall イ37a.

Disconnectの作者によるあとがき / A Word from the Author of Disconnect

Angie

Angie

みんなさん、こんにちは。
Greetings!

信じられないことに、Disconnectを作り始めて6年目を迎えました。ようやく、サラの物語は最終章を迎えることができました。
It’s hard to believe we”ve been working on “Disconnect” for at least 6 years. But finally, we’re nearing the end, and reaching the long awaited conclusion of Sara”s story.

この6年間、Disconnectはずいぶん話が広がり、予定より話が長くなりました。元々は、サイエントロジーの洗脳法やサラの経験にもっと焦点を合わせたストーリーでしたが、あまりにも憂鬱な話になってしまいましたので、アンジェラとチャノロジーの活動を中心とした話に変更しました。アンジェラたちのロマンスや冒険の部分でサラの辛い話とのバランスをとったつもりです。
Over that time, “Disconnect” evolved quite a bit, and became longer than we originally anticipated. It was originally supposed to focus a lot more on Sara, and explore the insidious ways the cult of Scientology lures victims and disconnects them from their families and friends. However, we quickly realized that the story would be too tragic and depressing. This is why Angela received more attention, and her efforts to find and rescue her friend, her adventures with the Chanology group, and her re-igniting romantic interest with her highschool crush all became such significant parts of the story. Angela’s happier adventures helped balance out the tragic and sad developments Sara faced.

この第4章で、サラとアンジェラの物語はおしまいです。楽しんでいただけたでしょうか。
With the upcoming 4th book, we bring the stories of both girls to a conclusion, and we hope you will find the ending satisfying.

Disconnectを書くのは、本当に大変な作業でした。空き時間を全てこの同人誌に捧げたのではないかというくらいです。お金にはなりませんが、この本で誰かをサイエントロジーの魔の手から救うことができるかもしれないと信じながら、夜遅くまで一生懸命に取り組みました。それに、もしサイエントロジーに巻き込まれてしまった犠牲者がDisconnectを読んだら、その人が勇気を出して、カルトから逃避できるようになるかもしれないじゃないですか。
It’s been a lot of hard work, drawing this manga in almost every bit of free time I had, while trying to keep up with my job, professional obligations, social obligations, housekeeping, family… Drawing late into the night, for no pay whatsoever, but persevering with the hope that this story might help someone, educate someone, and hopefully prevent them from making the horrible mistake that Sara and John did in the first chapter… Who knows, maybe there’s also a chance this book might help someone already ensnared by Scientology to find strength and courage to escape the cult?

作家として、Disconnectの最終章を仕上げることに葛藤も感じます。もちろん、ようやく完成したことはうれしいのですが、同時にこのプロジェクトが終わることが悲しい。今後は、しばらく休憩した後で、またDisconnectに戻りたいと思います。アンジェラとサラの出会いや仲良くなるまでの過去について、もう少し掘り下げた話も作りたいと思っています。
As the author, I have conflicting feelings about finishing this story. There’s a part of me that”s very happy and relieved. But another part of me feels sad, and will miss drawing it, and telling more and more of Sara’s and Angela’s stories. As a matter of fact, I think I will return to Disconnect once more, after a break. There”s a short flashback story I would like to tell, the story of how Sara and Angie met and became friends, a story that would explain their background a bit better, and explain why their friendship is so important to them. Friendship strong enough to break the cult’s chains.

残念ながら、第4章にこの話を含む時間がないけど、いつかDisconnectの完全版をまとめる時には、前編も含みたいと思います。
I don’t think I have enough time to add this flashback to book 4, with so little time left until Comiket, but I will certainly add it when we re-compile the four chapters of Disconnect into a single, definitive story.

でも、それはあくまで先の話。まずは、このC92でDisconnect第4章をお楽しみ下さい!それではまたお会いしましょう!
But, that’s a plan for later. For now, we hope you will enjoy the final chapter of Disconnect, at Summer Comiket 2017! Hope to see you there!

(*「チャノロジー」はC92の3日目(8月13日、日曜日)に、東イ37aです。我々を待ち受けなさい!)

オペレーション・KASRAC

ネットのみんなさん、こんにちは。
我々はアノニマス。

音楽と文化は自由であるべきと信じています。でも残念ながら、文化の思想への理解が得られないかたが世の中に居ます。音楽学校から免許料を徴収するジャスラックの計画は音楽文化のためではない。教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

JASRACの最近の行動はこれまでになく音楽文化に損害を与えている。彼らは時代遅れだからこそ実態を把握していない。代替著作権システムを検討しないといけません。

「オペレーションKASRAC」は日本音楽家間にクリエイティブコモンズに対する意識を高めるプロジェクトです。クリエイティブコモンズとは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための著作権ライセンスシステムです。
https://creativecommons.jp/

クリエイティブコモンズを利用して、著作権は音楽家とファンの間の契約となる、そしてJASRACみたいな団体は今のようにたかりを働けない。

我々は日本と世界中の音楽家がJASRACの行為に抗議する歌を作ってクリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースすることを募集します。こういう作品へのリンクを我々のサイトに発行して、様々なSNSアカウントで推奨します。

他の音楽家がオーペレーションKASRACそしてクリエイティブコモンズについて聞くにつれて、彼らは参加する気になるということを願っております。その際に、できるだけ多くな人々がJASRAC的な著作権に対する代替案を発見すると願います。

我々と共に参加するように招待したいと思います。
参加するのに、以下のステップに従って下さい:
1) JASRACを批判する曲や音楽著作物を作る
2) クリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースする [指示]
3) [任意] 我々にリンクを送って下さい。我々はサイトにまとめます

もちろん、我々と関係せず自発的に参加もできますが、我々との活動を調整したいなら、あるいは何か質問があれば、どうぞメールを送って下さい。

https://www.anonymous-japan.org/opkasrac/ ‎
https://eggs.mu/home?en=Op_KASRAC
https://music.pawoo.net/@OpKASRAC

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

チャノロジー@C92

アノニマスの反サイエントロジー作戦「オペレーション・チャノロジー」は再びコミックマーケットに上陸します!
チャノロジーのサークルは夏コミに参加します。3日目(8月13日)、東京ビッグサイトの東ホールに、スペースは「イ37a」。
サイエントロジー批判コミック「Disconnect」のバックナンバーを販売する、そしてやっと最終章「Disconnect 4」をリリースする。
時間があれば、ぜひ会いに来て下さい。

アノニマスの見解 Ep.6: 大マルウェア強盗

ネットのみんなさん、こんにちは。
Hello again Internet.

現代はなんとすばらしい時代だね。テクノロジーの信じ難い進歩のおかげで、見知らぬ人がユーザーをパソコンから閉め出して、データと引き換えに身代金を要求することができます。思ったようなSF未来では全くないよな。
And what an exciting time to be alive. Thanks to the magic of technology, complete strangers can now remotely lock down your computer and extort you for money from the comfort of their own homes. Not quite the science fiction future we all imagined, certainly.

みんなはすでに「WannaCry」というウイルスについて聞いたことあると思います。「WannaCrypt」または「WanaCrypt0r」の別名でも知られます。日立とJR東日本を含む世界の150カ国以上に20万以上の官民のネットワークやPCが感染させられました。
Many of you will have already heard of the WannaCry ransomware worm, also known as WannaCrypt or WanaCrypt0r. Over 200,000 private computers and corporate networks alike in over 150 countries have been infected so far, including Hitachi and JR East in Japan, and it’s not over yet.

どこに何を感染させられたかによって、WannaCryはささいないら立ちから深刻なセキュリティー問題に及びます。少なくとも、もっとしっかり守るべきはずの重要インフラに弱点があることを明らかにしてくれました。
Depending on who and what it’s infected, the WannaCry worm can either be a minor annoyance or a major security problem. At the very least, it’s highlighted some critical weaknesses in computer systems that should probably have been better secured.

だがいつものように、この事件には当局の説明以上のことがある。問題の本質を明らかにしたいなら、もっと深く探らないといけない。本件では、2016年の夏を振り返り、そして2つの集団について語ります:「Shadow Brokers」というハッキングチーム、そして我々の旧友、米NSA。
But as always, there’s more to the story than what gets reported in the news, and if we want to understand the root of the problem, we need to dig a little deeper. In this case, we need to go back to the summer of 2016 and talk about two groups of people; a group called “The Shadow Brokers”, and our old friends at the NSA.

NSAはもちろんアメリカ国家安全保障局です、つまり国家的ハッカーである。スノーデン先輩の告発活動のおかげで、彼らの様々なスキャンダルの関与は示されましたので、すでに有名だと思います。ここ何年もNSAは非常に多くの怪しげなことに関われてるが、本件ではただ一つの問題に焦点を合わせたいと思います。その問題はゼロデイ脆弱性の蓄積です。
The NSA, of course, is the National Security Agency, America’s top hackers. They’ve been implicated in a number of scandals over the last few years, brought to light thanks to Snowden-senpai, so they should be pretty famous. They’ve done a lot of shady things over the years, but for our story we’ll focus on just one: the stockpiling of security vulnerabilities.

どんなハッカーチームもそうするように、NSAはいろんなソフトウェアに弱点を探す。見つかったら、その弱点を利用するウイルスを作ってハッキングツールとして使う。もちろん、弱点が広く知れ渡れば修正されますので、NSAはできるだけ長くウイルスの備蓄を秘密にします。
Like any hacker group, the NSA spends its time studying software to find vulnerabilities. They then write programs to exploit those vulnerabilities, which can be used to hack targets. Of course, if the vulnerability is widely known, it’ll eventually be patched making the exploit useless. So the NSA usually keeps its exploit library a secret as long as possible.

NSAの批評家がウイルス備蓄の習慣を極めて無責任だとして強く非難します。批評家によれば、ソフトに弱点があれば、NSA以外のハッカーによって利用される可能性があります。NSAは本当にセキュリティーの味方だったら、ソフトメーカーと協力して修正するべきだと言っています。
Critics of the NSA say this is an irresponsible practice. If a vulnerability exists, they say, it can be exploited by other hackers besides the NSA. If the NSA was really interested in security, they’d share the exploit with software makers and help make patches to protect critical computer systems.

NSAの擁護者によれば、ウイルス備蓄の習慣は問題ではない。サイバー武器として使えるなら、それは重要な資産です。一般のハッカーはNSAのスキルと予算を持ってないので、同じレベルにウイルスを作れるわけではない。ウイルス備蓄の安全はきちんと確保される限り、問題にならないと言っています。
Defenders of the NSA say that it’s not a problem to stockpile exploits. If they can be used to hack targets, that’s a valuable weapon. Besides, the NSA has a huge budget and many skilled programmers. It’s unlikely that your average hacker could develop exploits as sophisticated as them. As long as the NSA keeps the exploit code secret and doesn’t let it leak to the public, there shouldn’t be a problem, right?

それから「Shadow Brokers」が姿を見せました。今でも謎に包まれたままなので、彼らを紹介しづらいけど、2016年の8月に現れました。NSAの秘密ウイルスを持つと主張しながら、ネット上にソースコードを競売に出しました。
This brings us to The Shadow Brokers. We can’t give them much of an introduction, because nobody knows exactly who they are, but they appeared in August of 2016 when they claimed to have secret exploit code written by the NSA, and put it up for auction to the highest bidder.

最初は専門家はリークの信憑性を疑ったが、Shadow Brokersは10月に、そしてその翌年4月にNSAのソースコードをリークしつづきました後にウイルスコードは本物だと確認されました。Shadow Brokersがどうやってコードを手に入れたか、どうやって密輸出したか、そしてなぜ彼らは逮捕されなかったかは今まだ不明な興味深い質問である。
Many were skeptical, but as more leaks happened in October 2016, then again in April 2017, it became apparent that the exploits being leaked were real. How were the Shadow Brokers getting these exploits? How were they releasing them? Why weren’t they getting caught? All good questions, none of which have any answers yet.

今年4月のリークは最重要です、なぜならリークの中に様々な機能的なウイルスが入ってました。特に興味深いなのはマイクロソフトWindowsOSに合った2つのウイルス、コードネームETERNALBLUEとDOUBLEPULSAR。こういうNSAの一流プログラマーに作られた極めて精巧な兵器化したウイルスはインターネット上で自由に入手できることになりました。なんてこったい。
The April 2017 leak was the most significant, as it included a number of different exploit programs. Of particular interest were two programs, codenamed ETERNALBLUE and DOUBLEPULSAR, which target the Microsoft Windows operating system. These highly sophisticated, weaponized exploits created by the NSA’s skilled programmers with their huge budget were now freely available to anybody on the public internet. Oops.

マイクロソフトは結局Windowsのパッチを公開しましたけど、パッチを作ってから展開するまでの期間に誰かがチャンスを見つけてつかみ取りました。2017年5月12日金曜日に、WannaCryというウイルスはネットに放出しました。ETERNALBLUEとDOUBLEPULSARの両方とも利用して、WannaCryは未パッチの旧バージョンシステムに感染して、そしてすばやくネットワーク内に拡散しました。この話がどういう結末になるかすでに知ってますよね。
Microsoft worked on and eventually rolled out a patch, but between the time it took to make and for users to get around to installing it, somebody saw an opportunity and took it. On Friday, May 12th 2017, the WannaCry ransomware worm hit the internet. Using both the ETERNALBLUE and DOUBLEPULSAR exploits, it infected old, unpatched Windows PCs, quickly spreading through networks it infected. And the rest of the story, you probably already know.

心に留めておきたいことがありますけど、このビデオを作る一番の動機はウィキペディアのWannaCryについてのページでした。英語版のページにウイルスの出所に関する広範な情報があったのに、日本語版のページに初歩的な情報しかなかった。
I’d like to note, my primary motivation for covering this topic was after visiting Wikipedia to read about WannaCry. I noticed the English page had extensive information about the NSA’s connection to the case, but the Japanese page lacked any background whatsoever.

日本人のウィキペディアエディターがこのビデオを見てるなら、WannaCryページにこの詳細を加えてください。よろしくお願いします。海外と日本の間のこのような情報ギャップは私のチャンネルが存在する理由です。NSAの関係そして責任はWannaCry事件の重要な部分です。日本の人々は自分の意見を立てるために、全体像を理解しなければならない。
If any Japanese wiki editors view this video, I urge you to go in and add these details. This kind of gap in the information the Japanese public receives about the world is exactly the reason why this channel exists. The NSA’s involvement and responsibility is an important part of the WannaCry ransomeware case, and people need the full story so they can better form their own views and opinions.

WannaCryサイバー攻撃は興味深い事件でした。攻撃対象は全員ネット上のセキュリティーを真面目に考えなかった人々だった。更新版をきちんとインストールした人々(あるいはWindowsを完全にあきらめた人々)は無傷のままいられました。セキュリティーについて無知である人々、あるいはセキュリティーをなおざりにした人々だけは結果に苦しんだ。セキュリティーについて知らない個人ユーザは許せるけど、大企業そして特に病院が弁解の余地はない。重要なインフラが未パッチの旧バージョンOS上で動いたなんて信じられない。つらい経験を通してセキュリティーについて学んだ。
WannaCry has been an interesting attack to watch, mostly because its victims are those who didn’t take online security seriously. People who kept up with security patches (or even better, stopped using Windows entirely) came out unscathed while the lazy or technically ignorant suffered. While individuals lacking tech skills can be somewhat forgiven for not keeping up with patches, large corporations and especially hospitals deserve any public anger they get. Keeping important systems on unpatched versions of an old OS while connected to the internet is dangerously irresponsible, and I can only hope this serves as a valuable lesson for them.

でも怒りを表すなら、NSAのことを忘れないで下さい。擁護者は一つの点において正しかったと思う。一般のハッカーはETERNALBLUEとDOUBLEPULSARを作るスキルと予算を持ってない。でもこういうウイルスを備蓄したり兵器化したりすれば、問題なのは支配し続ける困難さです。政府は秘密ウイルス備蓄や暗号のバックドアを安全に利用できると主張しても、明らかなウソです。必然的にコントロールを失う、そして悲劇を招く。日本政府はすでにNSAのような諜報機関を設立したいことを公言しました。恐らくNSAと同じような活動を行うと思います。だがNSAと同じレベルのスキルと予算を持ってないと思っても差し支えないだろう。NSAがウイルス備蓄を守れないなら、不可能に近い任務だと思う。
But while the public is being angry, let’s not forget about the NSA. Its defenders were right about one thing… few people lack the skill or the budget to write exploits like ETERNALBLUE or DOUBLEPULSAR. But the problem with weaponizing and stockpiling these exploits is that it becomes impossibly difficult to control them. Government agencies claim that it’s safe for them to have backdoors or secret exploits, but as we’re seeing right now, that’s obviously a lie. They will lose control of them eventually, and when they do, the results can be unpredictable and damaging. The Japanese government already wants to make their own version of the NSA, to do many of the same things their American counterparts do. It’s safe to assume they won’t have nearly the same budget or level of skill, though. And if the NSA can’t keep control of this shit, what hope does any smaller outfit have?

ソフトウェアの弱点を発見したら、するべき唯一のことは公開すること、そしてできるだけ早く穴を塞ぐことだ。確かに武器になり得る物を失う。最初は受け入れ難いかもしれない。でもこういう武器に関連する最大の問題は、どれだけ強力にもかかわらず、両刃の剣だという事実です。
The only responsible thing to do with exploits like these is to disclose them and patch them as quickly as possible. Maybe this means giving up a powerful tool, which is difficult to accept. But the biggest problem with tools like these is that as powerful as they are, they can also just as easily be turned against you.

これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。
This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.

JASRACへのメッセージ

音楽教育を守る会:
嘆願書 – https://tinyurl.com/fuckjasrac
ツイッター – https://twitter.com/musicgrowthorg
ホームページ – https://music-growth.org/

アノニマスに参加のに: https://anonymous-japan.org/join/
===============================================
JASRAC様、

残念ながらあなたたちの言う「著作権の思想」とやらはとんでもない誤解だけだ。
教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。
あなたたちの最近の見苦しい行為は音楽文化のためではない。
教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

音楽文化にとって不利益ながら、利益を得るのはJASRACだけだ。
今まで、あなたたちの失礼な振る舞いを我慢しましたが、これはさすがに忍耐の限界です。
こうした行動を許せない。

我々は企業と組むのは珍しいけど、この場合は例外とします。
アノニマスは「音楽教育を守る会」への全面的支援を宣言します。
我々は音楽教育を守る会の嘆願書に署名するよう人々に強く呼び掛けます。
記録的な数で支援を示しましょう。

でも問題は嘆願書で決着するわけではない。
我々はJASRACに対抗するさらなる行動を計画したいと思います。支持するなら、次の指示を待って下さい。あるいは我々のオンライン会議に加わって、一緒に行動を計画しましょう。

そしてもちろん、アノニマスへの参加には許可が必要ないので、自らの決断でJASRACに対抗する行動を計画することを強く働き掛けます。 日本のアーティストや音楽ファンが彼らのことをどう思っているか、JASRAC側に経験させましょう。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

新宿、2017年4月29日:アノニマスOpACSの要約ビデオ

非常に長期間、詐欺師は宗教という外観を通して弱者を食い物にしてしまっています。「サイエントロジー」はこういう詐欺に過ぎません。サイエントロジー内で、財政貢献を基準にランキングを計算されています。そして恐喝または恐怖で忠誠心は買われます。

調査すれば、サイエントロジーの中心に汚職と犯罪を発見します。 批判の声を抑えこむため彼らは私立探偵を雇って、サイエントロジーを非難する人々の個人情報を収集する。

我々は2008年から、平和的にそして法的にサイエントロジーに抗議してつづきました。 でも、マスコミによって悪いハッカーとして汚名を着せられたことにもかかわらず、我々アノニマスは反社会集団ではありません。このことを示すため、そして公共の福祉のために、4月29日に我々は新宿でサイエントロジーとの全く関係ない街路掃除活動を行いました。

我々はゴミを拾って、ささやかに街の浄化に役立ちました。でも拾えないゴミがまだまだ新宿に残ってしまいます。 カルトの被害者を助けるため、我々はオンラインでサイエントロジーについての真実を広めつづきます。その情報を読んで、自分の目で検証して下さい。我々と同じ結論に達するだろう。サイエントロジーは危険なカルト団体である。メンバーを脅して金を巻き上げるためだけに存在します。

我々に加わってサイエントロジーへメッセージを送りましょう: もううんざりだ。
オンラインでサイエントロジーのことをどう考えているかはっきり伝えて下さい。
そしてもちろん、匿名で批判して下さい。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.5: マストドンとGNUソーシャル、衝撃な事実!

Hey, everybody! Let’s talk about Mastodon! Actually, let’s not. Or at least, not yet. Mastodon has become a hot topic on the Japanese internet right now. Everybody’s making a Mastadon instance, or an account on one. But before we can talk about it, we need to talk about another piece of software, GNU Social.
やあ、みんな!マストドンについて話しましょう!いや、やはりやめよう。というより、まだ早い。最近はマストドンは日本のネットユーザでの注目の話題になっている。猫も杓子もマストドンアカウントあるいはインスタンスを作成してる。でもマストドンについて話せる前に、もう1つのソフト「GNU Social」について話さないといけない。

GNU Social is part of the GNU Project, which is part of the Free Software Movement. There’s more history here than I can meaningfully condense, but the short version is that in the 1980s a man called Richard Stallman wanted to ensure software users had the right to use, study, change, and share software freely online. Without those rights, users wouldn’t have control over their own computers, and thus wouldn’t have any meaningful power in the digital age.
GNU SocialはGNUプロジェクトの一環であり、そしてGNUプロジェクトはフリーソフトウェア財団の一環です。長い歴史があるけど、手短に言えば1980年代にリチャード・ストールマンという男はユーザのためにソフトウェアを自由に使ったり、調べたり、変更したり、そして共有する権利を手に入れたかった。その権利がなければ、ユーザは自分のパソコンのコントロールを保つことができない、そしてデジタル時代に事実上無力になってしまう。

To promote these rights, the GNU Project helped create various types of free software. One of them was GNU Social, a free and open-source social network. GNU Social is actually a continuation of a number of other projects, including Laconica, Free Social, and StatusNet, and including all of them, the project dates all the way back to 2007. Unlike Twitter or Facebook, GNU Social isn’t a central service run by one company. Rather, anybody can download and run the software, create their own server, and run it by whatever rules they want. There are instances for nearly any topic or way of thinking, from imageboard trolls, to communists, to weaboos. Some are famous, while some are totally obscure.
そういう権利を促進するために、GNUプロジェクトが様々なフリーソフト作りを手伝いました。そのソフトの一つがオープンソースソーシャルネットワークであるGNU Socialだった。GNU Socialは実際にLaconica、Free Social、そしてStatusNetを含む他のソフトの続編です。この来歴を考慮すれば、コンセプトは2007年まで遡る。TwitterやFacebookなどと違って、GNU Socialは企業体にコントロールされてる集中型サービスではない。むしろ、誰でもソフトをダウンロードして、サーバを管理して、自分なりのルールで設けることができます。どのようなトピックや意見であっても、それに向いたGNU Socialインスタンスがあります。ネット荒らし、共産主義、ロリコン、そして他にもたくさんあります。有名なインスタンスもあれば、無名のインスタンスも存在します。

Even better, different GNU Social servers can connect to each other, letting users share information and communicate thanks to a protocol called OStatus. This is called “federation”. These terms’ll be important later, so try to remember them.
更にいい点として、「OStatus」というプロトコルを利用して全てのGNU Socialサーバがお互いに結合することができます。違うサーバーのユーザがお互いに情報を共有して連絡できます。これは「federation(連合化)」と呼ばれます。この単語は後で話に上るから、覚えておいて下さい。

Now, you may be thinking to yourself, this sounds familiar. Isn’t this what Mastodon is? Well, yes, actually. Mastodon is also a free open-source social network that anybody can run, and thanks to OStatus, it can federate with any other instance using the same protocol (although we’ll talk more about that in a bit). So in that sense, Mastodon isn’t exactly unique. It’s just the latest in a long line of programs offering free, open source social networking that anybody can run.
恐らく、あなたは「これを聞いたことがある」と考えているだろう。「これはGNU Socialではなくマストドンの説明じゃないですか?」と。実はその通りです。マストドンはGNU Socialと同じくオープンソースSNSであり、そしてOStatusのおかげで、マストドンとGNU Socialはお互いに連絡できます(だがそれについて後で詳しく述べなきゃ)。ある意味では、マストドンはそこまでユニークではない。連合化されるオープンソースSNSのたかだか最新バージョンにすぎない。

So if federated social media has existed for almost a decade, why is it only Mastodon suddenly getting so popular? Well, to answer that question, we need to talk about the flagship instance, Mastodon Social, and its creator, Eugen Rochko aka “Gargron.”
でも連合化されたSNSには10年ほどの歴史があるのに、どうして今、マストドンが有名になったのか?質問に答えるために、マストドンの主力のインスタンス「mastodon.social」そしてマストドンの開発者「Eugen Rochko、別名Gargron」について調べなければならない。

Gargron arrived on the scene late in the game. Mastodon was released in late 2016, but it gained popularity in early 2017 when it got a lot of attention on certain blogs and websites. The media being the media, they immediately missed the point and researched the topic about as far as looking it up on Wikipedia, if that. Mastodon was either lauded as “the next Twitter” or written off as a dead-end because corporations and celebrities couldn’t use it to make money or satisfy their egos. But some of the most amusing articles reported on Mastodon as “Twitter without Nazis”, which unfortunately set the frame for how many new users would think about it.
GargronはGNU Socialの世界への相対的な新参者でした。マストドンは2016年にリリースされたが、様々なブログやテクノロジーニュース記事のおかげで2017年の初めに人気が増した。相変わらずマスゴミがよく調査せずに、肝心な部分を理解していなかった。「次のTwitter」と称賛され、あるいは「利益がないから前途がない」と見下されていた。一番突拍子もない記事では「マストドンはナチスのないTwitterである」と伝えました。残念ながら、この意見はmastodon.socialユーザの見方を形作してしまいました。

You see, up until Mastodon’s arrival, the federated instances of GNU Social more or less followed a principle of open communication and free speech. Even among people who radically disagreed with each other, people could still talk to each other, and work together to keep each others’ instances running as smoothly as possible. Interoperability and collaboration were always important. But for Gargamel and his legion of oppressed peoples fleeing Twitter Nazis, federation with other instances wasn’t a priority. Free Speech was less important to them than Safe Speech, and Safe Speech meant blocking out anything remotely controversial or interesting.
マストドンができる前、連合化されたGNU Socialインスタンスたちは表現の自由の原則の下で動作していました。根本的に違った見方があっても、ユーザは話し合って、お互いのサーバを円滑に運営し続けるために協力することができました。相互運用性と協力は何よりも大切なことだった。でもmastodon.socialの「ナチスのないTwitter」を目指してたユーザとGargronにとっては、表現の自由は優先度の高くはなかった。彼らが「フリースピーチ」ではなく「セーフスピーチ」を高く評価しました、そして「セーフスピーチ」というと、論争を引き起こすあるいは際どいトピックは全面的に禁止されました。

This wouldn’t necessarily have been a problem, of course. Gargron was free to run his instance by his own rules, and if he wanted to create the perfect hugbox for his users to cry in nobody could really stop him. The problem was that, while Mastodon was technically part of the federation and connected to other instances, GaiGar didn’t seem very enthusiastic about cooperating with non-Mastodon instances. His implementation of OStatus didn’t interface smoothly with others. New features he added caused problems for other admins, but Gargle-Balls showed very little interest in helping to fix them. Naturally, this didn’t make Gerudo very popular, and his decision to interpret the backlash as “oppressive shitposting” didn’t help. It was into this landscape that Japanese instances emerged.
これは必ずしも問題ではなかったけど。もちろん、Gargronには自分のサーバを自分なりのルールで設ける自由がある。彼がユーザを現実からかばうために重苦しいスペースを作りたいなら、どうしようもない。問題なのは、mastodon.socialは技術的に他のGNU Socialインスタンスと連合化されるのに、マストドンでないソフトを使ってるサーバと円滑に運営し続けるのにほとんど関心を示さないことです。GargronのOStatus実行仕方は他のサーバと上手くと相互運用しなかった。彼が相互運用性を気にせずに新機能を追加してしまったのに、他のサーバーとデバッグを手伝うのに興味を示さなかった。批判を嫌がらせとして解釈するGargronの決心は状況を悪くしてしまった。そしてこの状況の真っ只中に、日本のユーザがマストドンに参加しました。

As news of “Mastodon, the new Twitter” reached Japan, Japanese users began to jump on the bandwagon, and several new instances were created. mstdn.jp was one of the first, but it would soon be eclipsed by pawoo.net. Pawoo was created by Pixiv, a site devoted to Japanese doujinshi artists, and this is where problems started to emerge.
「次のTwitterマストドン」のニュースが日本に広まったにつれて、日本のユーザが時流に乗りに来て、様々な日本向けのマストドンインスタンスが作られました。最初はmstdn.jpだったが、pawoo.netによって影が薄くなりました。パウーは日本の同人アートサイトPixivによって立ち上げられたマスタドンインスタンスです、そしてそこから問題となりました。

Like GNU Social, the doujinshi scene in Japan is a radically free space where a wide variety of ideas can be expressed. While erotic art does make up the bulk of it, it isn’t the only type of work. Not everybody likes everything by everybody else, but there’s an understanding that the opennness and freedom to create benefits everybody universally, so those freedoms are preserved as a matter of principle.
GNU Socialと同じく、同人誌の世界はあらゆる意見やアイデアを表せる自由な言論の場である。大部分のコンテンツはエロかもしれないが、それだけではない。人によって好き嫌いがあるにもかかわらず、でも自由に意見交換ができる文化は全当事者のためになるという理解があるからこそ、原則として言論の自由は守られています。

Unfortunately, this was not compatible with the Safe Space culture of Mastodon Social, and so when Pawoo users started posting erotic art all over the place, Girugamesh responded. The following exchanges are provided more or less verbatim:
残念ながら、この原則はmastodon.socialの「セーフスペース文化」と不適合だから、パウーのユーザがエロ絵を投稿し始めた時に、Gargronが介入しました。以下のやりとりは逐語的に引用されます。

“Hey! I hope you realize this is not personal. In the west, loli content is not acceptable in most places. Do you intend to moderate it in the future, or will you keep allowing it on your instance?”
「やあ。個人的には何の反感も持っていない。でも西洋では、ロリのコンテンツは許されない。それに対処しますか?それともそういうコンテンツを許すつもりですか?」

“I’d ask they be called what they are…CHILD SEX ABUSE IMAGES. They should not only be moderated but REPORTED! Silence causes REAL HARM to REAL PEOPLE.”
「ありのままに呼びましょう。あれは児童虐待画像です!報告しないといけない!沈黙すれば現実の人間に害を及ぼすよ!」

“The images in question were 2D drawings. The problem is that they are legal in Japan…but they are CULTURALLY UNACCEPTABLE and borderline illegal in many other countries”.
「問題になっている画像は2次元です。問題なのは、日本ではあれは違法ではないが、他の国に文化的に受け入れられない、そしてある国では犯罪かもしれない。」

“I’m not trying to demand anything of Pixiv. Just suggesting that if they don’t want to be BLOCKED by MANY western instances, it would make sense for them to share some of our basic rules”.
「Pixivから何も要求しないけど、彼らは多くの西洋インスタンスにブロックされたくないなら、基本的ルールを共有すると良い。」

Me personally, I was a little pissed off at this whole exchange. For one, Greedo’s assumption that his views of loli content represent all of “the west”, and that Mastodon Social’s “basic rules” represent the norm in the federation is rather arrogant and presumptuous. As a matter of fact, there are lots of people in the west who like Japanese art, loli content, and especially 2hu. There are even entire communities that revolve around it.
個人的に、このやりとりを読んだ時に非常に腹が立ちました。先ず、ロリやエロに関する自分の意見はGNU Social連合の大多数の意見だという、そしてmastodon.socialの「基本的ルール」はGNU Socialの文化の反映だというGargronの想定は不快なほど横柄だ。実際のところ、西洋では日本のエロやロリ絵が好きの人々がかなり居ます。特に東方。そういう趣味にこだわるGNU Socialインスタンスもあります。

Second, it’s a gross contradiction of the ethos and culture of federated instances to imply that any one instance needs to follow any other instance’s rules or standards. Garfield uses a lot of weasel words to try to sound reasonable, but to my eyes at least, he was strongly implying Mastodon Social’s rules are a norm that Pawoo needed to follow.
それ以上に、あるサーバが違うサーバのルールを守るべきだと示唆するのはGNU Socialの精神に対する裏切りだ。Gargronはわざと曖昧にした言葉を言ってるが、私自身の見解では彼がmasotodon.socialのルールは標準モデルだと示唆しようとした。

Thankfully, Pawoo refused to capitulate, and is now blocked by Gargoyle. But that’s okay, because there are plenty of other instances that are happy to have them around. REALLY FUCKING HAPPY.
幸いなことに、パウーは要求を受け入れなかった、そしてmastodon.socialにブロックされた。でもそれは全然問題ない。他のインスタンスたちはパウーのユーザが居ることをうれしく思っている。とてもうれしく思っています。

Now, I think it’s important to note, I’m very much a newcomer to GNU Social. As such, I don’t have much personal experience with what I’m talking about here. What I’ve learned, I learned from talking to people and doing research. In particular, I’d like to thank LambadaLambda and RobekWorld for providing so much information on the topic. If I make any mistakes or gross misrepresentations, hopefully somebody will straighten me out.
私はGNU Socialへの最近参入者たということに注意しなくてはいけない。だからこそ、今の話は個人的な体験ではない。関係者と話し合って、そして調査をしてからこの話を知った。特に、情報を提供してくれたLambadaLambdaとRobekWorldというユーザに感謝したいと思います。私の発言や放送した内容が間違っている場合には、どうぞ訂正して下さい。

So what’s the lesson here? Well, for all the new Japanese users of the federation, just understand that Gargantua’s attitude is not representative of the federation in general. Your freedom to create your own art, your own instance, and your own rules is sacred. And remember that federated social media doesn’t begin or end with Mastodon. There’s been lots of different software in the decade or so GNU Social has existed, with more to come in the future. If you really like Mastodon but want to change it, you can fork it. If you want to examine different options, have a look at Qvitter, postActiv, or Plemora. If you want to know more, feel free to reach out and talk to LambadaLambda, he speaks Japanese.
さぁ、この事件からの教訓を要約しましょう。日本の連合ユーザに、Gargronの意見は大多数の意見ではないと伝いたいと思います。自分の絵、自分のインスタンス、そして自分のルールを作る自由は不可侵の権利である。そしてマストドンは連合の究極の事柄ではない。GNU Socialにはいろんなソフトがあり、これからも増えていく。マストドンにいい点があると思いつつも変更したいと思うなら、フォークして自分のバージョンを作れます。代わりものが欲しいなら、Qvitter、postActiv、あるいはPlemoraがあります。もっと詳しく知りたいなら、ぜひGNU SocialでLambadaLambdaさんに連絡して下さい。彼も日本語を話せます!

Otherwise just be yourselves, have fun, and welcome aboard. And if these ideals of radical free speech appeal to you, we’ve got a little group going on that you might want to be a part of.
最後に、寛いで、楽しんで、そして連合へようこそ。そしてその表現の自由の原則があなたの心に響くなら、そのための面白い集団があります。ぜひ参加して下さい。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

もっと詳しく知りたい人々、ぜひLambadaLambdaまで連絡下さい:
https://social.heldscal.la/lambadalambda

GNUソーシャル・アクシスに加わって下さい!
https://gs.smuglo.li/group/axis

GNUソーシャル/マストドンでフォローして下さい!
https://gs.smuglo.li/japananon

アノニマスの見解 Ep. 4: 芸能界の闇

インターネットのみなさん、こんにちは。
Hello internet.

アノニマスの見解にようこそ。
Welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI

いつものパターンとちょっと違って、今回のトピックはアノニマスの中の一員からの要求です。そして今回のテーマは「芸能界による性接待強要」なんです。なぜこのテーマにしたかというと、芸能界が一般人には理解できない異常な性質であることを知っておくべきだからです。実際に少女達が語った事実だけではなく、私たちが持つべき意識のあり方についても語っていきましょう。
Things are going to be a little different from usual this time, as this episode’s theme comes by request from another member of our collective. And the theme today is “sextortion in the entertainment industry”. Why you ask? Because it’s an aspect of the entertainment world in Japan that few ordinary people know or hear about. So, let’s go over not just what’s been said around the issue, but also about the sort of mindset we need to properly deal with it.

2017年2月12日、人気上昇中のタレント清水富美加が「幸福の科学(HAPPY SCIENCE)」に出家するというニュースが世間の注目を集めた。この「幸福の科学」という宗教はいったい何なのか、気になるかもしれないが今本筋には関係無い。肝心なのは彼女がなぜ事務所を辞め出家したのかということだ。
On February 12th 2017, Fumika Shimizu, actress and rising star, announced that she was quitting showbiz and joining the infamous religious cult “Happy Science”. There’s a lot that can be said about Happy Science, little of it good, but that’s not the main issue here, so we’ll have to leave that for another time. What is important is the reason she decided to walk away from her career and her contract in the industry.

彼女は自身に弁護人をつけ、事務所との交渉を行った。2017年2月1日、幸福側の代理人弁護士から内容証明が届く。〈契約を2月20日で終わらせたい。月5万、連続で31日も働かせるような劣悪な労働環境に置いたこと、本人が嫌がる水着の仕事や教義に反する映画出演をさせたのは問題がある〉幸福側はさらにこう指摘した。「解約後も本名の使用すら許さない契約内容や、病気でも医師の診断書すら疑って仕事を強要するかのような事務所側の奴隷的支配体制を指す」すなわち、幸福側は事務所が彼女に課した劣悪な労働契約をいわゆる”奴隷契約”と批判したのだ。
Naturally, in order to quit, Ms. Shimizu had to lawyer up and negotiate with her employer to get out of her contract. On February 1st, the Happy Science legal team made formal contact, stating that Ms. Shimizu wanted to quit as of February 20th, citing unreasonable working conditions, including a 31-day work month for a salary of 50,000 yen, and being forced to participate in swimsuit shots and movie appearances that went against her personal values. Above that, certain terms in the contract stipulated that Ms. Shimizu was forbidden the professional use of her own name even after cancellation, and even demanded the right to ignore medical orders if they interfered with her ability to work. The terms seemed more suited to a slavery agreement, not an employment contract. In other words, a notorious cult group was expressing shock at the labor practices of an entertainment industry company. Let that sink in.

そしてついに事務所が清水富美加本人に枕営業をさせていたのではないかという証拠まで発覚した。これは漫画家西原理恵子の描く漫画「ダーリンは70歳 LOVE007」の一節だ。西原理恵子の彼氏高須克弥氏が事務所からの枕営業を断る様子が描かれている。この漫画の登場人物の見た目、当時の年齢、すべてが問題の人物とぴたりと一致するのだ。この本の内容がすべて事実であれば、清水富美加は望まない性接待の強要を苦にして事務所を引退したと考えるのが妥当だろう。
As the case wore on, information surfaced that suggested Ms. Shimizu may have been pressured into sex for the sake of her career. These pages are from the “My Darling is 70 Years Old, LOVE 007”, a manga by cartoonist Rieko Saibara. In it, Rieko Saibara’s boyfriend Katsuya Takasu is depicted objecting to demands for sexual favors from an entertainment industry office. The appearance of the characters in the manga, the ages, everything matches exactly with Ms. Shimizu’s situation. Assuming that the manga is in any way based on facts, it wouldn’t be unreasonable to assume that Fumika Shimizu decided to walk away from her contract because of similar demands by her employer.

我々は、不当な権力で彼女たちの人権を踏みにじる卑劣な芸能界を許さない。今回明らかになった問題は氷山の一角でしかない。ほかにも芸能界では、タレントに対する性接待強要のような卑劣な行為が腐るほど行われているのだ。
None of us are happy with, or willing to tolerate, sleazy entertainment executives abusing their power to trample the rights of their employees. But the situation with Fumika Shimizu, unfortunately, is just the tip of a very large, very ugly iceberg. And sexual exploitation is an endemic problem in the entertainment industry.

2017年2月8日にはアイドルグループ私立恵比寿中学のメンバー松野莉奈さんが18歳の若さで急死。病死と発表されたが、同月の清水富美加さんの件も相まって、こちらもまたボロボロになるまで無理な仕事を強要されていたのではないかという疑念がぬぐえない。
On February 8th 2017, Rina Matsuno, a member of the idol group “Ebichu”, died tragically and suddenly at the age of 18. Although her death was reported as due to illness, considering the terms of employment brought to light in Ms. Shimizu’s case, the thought that it might be due to extreme pressure from unreasonably working conditions is hardly out of the question.

2015年にオリコン週間シングルランキング1位を獲得したアイドル「仮面女子」。このグループに対する、運営会社社長からの性接待強要疑惑が、同年1月8日発売の「週刊文春」に報じられた。元メンバー4人が同紙にメールや写真、音声などの証拠を提示し、このうち2人が運営元社長の池田せいじ氏から性行為を強要されていた事実を生々しく語っている。告発は性関係にとどまらず、NHK民放各局での事務所によるヤラセ演出、グループ脱退時に違約金として実際に100万円を払わされたメンバーの存在も明かした。また、同年7月9日にはメンバーだった月宮かれんさんが自殺している。
This is the idol group “Kamen Joshi”, first place winners of the Oricon Weekly Single Ranking in 2015. On January 8th of the same year, “Shuukan Bunshun” reported allegations of sexual misconduct by the president of Kamen Joshi’s management company towards members of the group. Four former members provided evidence to the paper in the form of e-mails, photos, and audio recordings, and two members gave vivid accounts of Seiji Ikeda, former president of the company, coercing members into sexual relationships against their will. Beyond just sexual coersion, further allegations surfaced of manipulative editing by NHK commercial broadcast stations, and absurd financial penalties levied on members trying to leave the group. On July 9th of that year, Karen Tsukimiya, a member of the group, committed suicide.

また、そのような芸能界の卑劣な実態の中でも、見過ごすことのできない最も大きな”闇”がある。AKB48グループだ。すでに同グループを卒業した元メンバーの何人かが、関係者による性接待強要の事実を語っている。
And finally, among all the despicable practices of the entertainment industry, we come to a group no less tainted by controversy for its size and popularity. I am referring, of course, to AKB48 group. Some former members who have already “graduated” from the group tell of forced sexual exploitation by stakeholders in the AKB franchise.

1.2008 年にAKB48を卒業した中西里菜は、「週刊大衆」に自身の性接待強要の経験を語っている。アイドルデビューから間もない17歳の頃に30-40歳くらいの業界人に無理矢理ホテルに連れ込まれ関係を持たされたそうだ…しかもこれが初体験だったというから非常に気の毒だ…
2.16歳でAKBに加入した高松理恵も、AKB加入後間もない17歳の時に年上の知 らない人に強引にホテルに連れ込まれ初体験を奪われたと、雑誌のインタビューで語っている。「私の初めてを返し て~!」という彼女の言葉が悲痛さを物語っている…明記はされていないがこれも業界人による性接待強要だろう。ほぼすべての枕営業が強姦まがいなのかもしれな い…
3.同グループ元SKE48の佐藤聖羅も業界人に枕営業に誘われホテルの部屋まで連れ込まれた経験を暴露。そのときは「今日は気分じゃありません」と断りどうにかその場を逃げ出せたという。
1. Nakanishi Rina who graduated of the idol group in 2008 told weekly newspaper “Shuukan Taisyuu” about her experience with such exploitation. Reportedly, almost immediately after her idol debut at the age of 17, she was forced to have sex…her first experiences, no less… in random hotel rooms with men as old as 30 or 40.
2. Rie Takamatsu, who joined AKB at the age of 16, told a very similar story in a magazine interview, stating that she was forcibly taken to a hotel room by a stranger against her will at age 17, shortly after joining the group. Her own words, “give me back my first time”, are painfully telling.…Although not explicitly stated, there’s ample reason to believe this is sexual coersion by members of the entertainment industry, and nothing less than rape…
3. Sato Seira, former member of a related idol group “SKE48”, related similar experiences of being brought to a hotel room by entertainment industry executives. Though thankfully, she was able to refuse by claiming to feel unwell and escape abuse at the time.

これらの話がすべて本当だとすれば、暴露された性接待強要の事実は氷山の一角に過ぎず、AKB48グループ運営は全ての若いメンバーに性接待を強要していると考えてまず間違いない。純粋に夢を追って芸能界に飛び込んだ少女が、家族にも友達にも相談できずに気持ちを自分の内にとじこめ、泣き寝入りさせられている。そんな卑劣なことは絶対にあってはならない。AKB48グループの少女達は、悪い大人に屈し耐え続けることを「努力」とはき違えてはいないだろうか。
If these stories are true, there’s little doubt that these are only the tip of the iceberg, and that the AKB48 group’s management is forcing its young members into sex not as an exception, but as a rule. Young girls who jump into the entertainment industry in pursuit of their dreams can find themselves trapped within it, unable to seek help from friends and family, forced to suffer in silence. And as vile and depraved as this practice is, the victims may feel they have no choice but to tolerate it.

あなた方一般人は、AKBグループ運営による少女達に対する卑劣な性接待強要の実態を知って、それを見過ごすことができるだろうか。一般的な感覚を持っている人には、そんなことは絶対にできないだろう。また、我が子をAKBに加入させようとしている親は、最初から我が子が枕営業を強要されることをわかっていて我が子をAKBに加入させられるだろうか。そんなことができる外道な親はいないだろう。今すぐその愚かな考えを辞めるべきだ。また、AKBグループのメンバーを応援するファンは、運営による少女への性接待の強要は見て見ぬふりをして、アイドル活動を頑張れと言い続ける。そしてほぼすべてのファンは自分の推しメンの自由な恋愛を認めないのだ。それはあなた方のエゴと変わらないと思わないだろうか。
Knowing the depths and the nature of the sexual depravity at work within the bowels of AKB48’s management, and that of other idol groups, if you have a shred of human decency in you, can you stand to overlook this? If you’re a parent with children who dream of one day becoming idols themselves, and you know the kind of sexual coersion at work in the industry, can you truly allow your children to fall into the hands of men like these? We would hope nobody would be foolish enough to say Yes. If you’re a fan of AKB48 or any idol group, knowing the nature of the abuse in the industry, can you really ignore it and simply ask your precious idols to soldier on for the sake of your entertainment? Or for the sake of your own one-sided egotistical love affairs with them?

こんな事例もある。東京地裁(野山宏裁判長)は2005年12月21日、元アイドルグループ「フォーラッシュ」のメンバー3人が、所属事務所に売春を強要されたとして損害賠償を求めた訴訟で、事務所側に320万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決によると、所属レコード会社社長らは、CD制作費の一部を個人負担させ、1999年11月ごろ1回3万円で売春させようとした。社長らは「芸能界では当たり前」と開き直ったが、野山裁判長は「一般社会では通用しない感覚で売春を強要しており、不法行為だ」と戒めた。
Then there are cases like this. On December 21st 2005, the Tokyo District Court (presiding Judge Hiroshi Noyama) awarded damages of 3.2 million yen to three former members of the idol group “Four Rush” related to charges of forced prostitution by their management company. According to the ruling, the president of the affiliated record company made the members bear a part of CD production costs, and tried to sell sexual services by the members for 30,000 yen in November of 1999. Executives in the entertainment industry tried to claim that this was “normal in the entertainment world”, but Judge Nooyama rebuked this argument, stating that “in our society, forced prostitution isn’t just offensive to public morals, it’s illegal”.

自殺者まで出している芸能界による卑劣な性接待強要の実態。この問題は当事者の少女一人ではどうすることもできない。だが、少女たち一人ひとりが今置かれている環境が異常だと気付き、私たち一般人が彼女たちに同調し告発する勇気を持てば、芸能界の”闇”の暴走を止められるだろう。我々のように仮面で完全に自分を隠して構わない。今こそ芸能界、アイドルグループ運営による卑劣な枕営業強要の事実を批判し、抗議行動を起こすことから始めるべきだ。
Sexual coersion in the entertainment industry is very real, and very harmful, resulting in broken lives and even driving some to suicide. This is not an issue to be dealt with on a case-by-case basis, with each new tragedy existing in a vacuum. If we understand that the very environment created by the entertainment industry is abnormal, if we have the courage to join our voices together and accuse the industry as a whole, we…all of us…can begin to put a stop to this. Join us. If you feel scared for your safety, then use anonymity as a shield like we do. But either way, it’s time to start criticizing the entertainment industry and the idol business for what it is, and to start moving against it.

ここまで聞き遂げてくれた方々へ、この大義を支援するなら、このチャンネルに「芸能界の闇」という別シリーズを分社化します。そこにもっと詳しい情報が放送されます。
If you’ve made it this far and want to support this cause, we’re starting a side series on this channel, “GEINOUKAI NO YAMI”. There’ll be more information on the issue coming from there.

これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。
This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time… MACHIUKENASAI.