アノニマスの見解 Ep.12: 公開ブロックチェーンの落とし穴

Hello everyone, and welcome back to アノニマスの見解. It’s been a while since the last episode. My apologies for the long delay.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」へおかえりなさい。前回の動画からご無沙汰でしたね。遅れて申し訳ありません。

Unfortunately, the forces of censorship and surveillance didn’t take a break during this period, and there’s a lot to catch up on.
残念ながら、監視そして検閲勢力はその間に休息を取っていませんでした。今まで伝えきれなかったニュースがたくさんあります。

As you might already know, Site Blocking has taken a turn for the worse, with DoS attacks against alleged pirate sites being proposed in government run study groups. CIRO and the Directorate for Signals Intelligence haven’t gone anywhere, and there’s no shortage of new hardware AND software vulnerabilities that threaten your privacy.
すでにご存知かもしれませんが、政府の勉強会は著作権侵害と疑われるサイトへのDoS攻撃を提案していました。サイトブロッキングの状況が悪い方向に向かってしまいますよね。監視機関である「CIRO」と「DFS」は近いうちに消えそうな気配はありません。そしてプライバシーを脅かすソフトウェアとハードウェアの新しい脆弱性は次々と現れています。

But today, we’re going to talk about something different; cryptocurrencies, and how they related to the idea of financial privacy. But first, some background.
ただし今回は違うトピックに集中したいと思います…仮想通貨、そして金銭面のプライバシーとの関係について。まずは背景を説明しましょう。

In June of this year, Coincheck, one of Japan’s largest cryptocurrency exchanges, announced that it was suspending all trading in Monero, Zcash, Dash, and Auger… all currencies that are designed around the idea of user privacy. This was after the Financial Services Agency threatened stricter regulation of cryptocurrencies in Japan, strongly implying this was a response to government pressure.
今年の6月に、日本最大の仮想通貨取引所の一つ「コインチェック」がMonero、ZCash、Dash、そしてAugurという仮想通貨の取引を一時停止することを発表していました。これらの仮想通貨は全てプライバシー保護の考えに基づいて設計されました。これは金融庁がもっと厳しい規制を仮想通貨市場に課すと脅した後でしたから、政府からの圧力を受けてしまったことを強く暗示しています。

Later that same month, the National Police Agency arrested multiple website operators for putting “Coinhive” into their websites. Coinhive is a distributed program that uses the computing power of website visitors to mine for Monero. But the NPA arrested them for violating a law banning computer viruses, implying they believed Coinhive to be a virus, even though there is no official judgement that this is accurate.
同月の後半、警察庁は様々なウェブサイト運営者を「コインハイブ」の利用で逮捕しました。「コインハイブ」はMoneroを稼ぐ分散的な仮想通貨マイニングプログラムです。ただし、警察庁によればウェブサイト運営者はウイルス規制法に違反したとのことです。つまり、その判断の適法性は不透明にもかかわらず、警察庁がコインハイブそのものはウイルスだと判断しました。

Finally, just last month, the National Police Agency announced their budget for 2019, including 2.7 billion yen to fight cyber threats. In that budget was a plan to purchase a blockchain surveillance system from overseas which would allow the NPA to gain a “bird’s eye view” of all transactions on the blockchains of major cryptocurrencies, including Bitcoin and Ethereum, and possibly others. While no information on this system has been announced, there is a high possibility that this surveillance system will be “Elliptic”, one of the most well-known and popular blockchain surveillance tools.
最後に、ちょうど先月に警察庁が2019年の概算要求を公表しました。その中にはサイバー空間の脅威に対処するため計27億円が含まれていました。概算要求の中に、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムが盛り込まれました。このシステムはビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨の取引履歴の全体が見渡せます。システムの詳細は発表されていませんが、海外からの最も有名な仮想通貨監視ソフトウェア「Elliptic」だとの可能性が高いでしょう。

Based on all of this news, it’s easy to understand that the Japanese government is struggling to assert control over the world of cryptocurrency in Japan. Privacy-focused cryptocurrencies like Monero are attacked, while surveillance tools to watch open blockchains are installed. The media talks about these measures as necessary to fight criminal money laundering. But as we’ve said in previous videos, empowering an authority to protect you doesn’t protect you from the authority itself. And government surveillance over individual finance can create many negative and unintended side effects.
このニュースに基づいて、日本政府が日本における”仮想通貨の世界”に対する支配を確立しようとしていることは明らかです。Moneroのようなプライバシー保護の仮想通貨を攻撃しながら、公開ブロックチェーンを監視するインフラを整備しています。マスコミによれば、このような対策は犯罪やマネーロンダリングを防ぐためですが、前の動画で言った通り…当局は犯罪からあなたを守れるかもしれませんが、誰も当局からあなたを守りはしません。そして政府があなたの財務を監視する力を手にすれば、それは意図せぬマイナスの結果をもたらします。

Firstly, it’s important to remember that historically, total surveillance and central control over individual finance was not the norm. Whether through cash or barter, individuals have been able to privately exchange value for centuries. Regulations evolved over time as a means to counter abuse, but total surveillance and control over finance is a relatively recent development. However, many developed nations now favour credit or electronic payment systems over cash. Some countries, like India, have even tried to eliminate cash entirely, though often with disastrous results.
先ずは、歴史的に見れば、個人の財務に対する監視と集中管理は基準ではなかったと理解すべきです。現金にせよ、もしくはバーター取引(現金を使用しない取引)にせよ、個人間の価値交換の歴史は何世紀も昔に遡ります。乱用を防ぐために規制は時代が進むと共に進化しましたが、現在のような監視やコントロールは最近の動向です。ただし、様々な先進国は現在、現金よりクレジットや電子マネーを優遇しています。インドなどの国は貨幣の通用を完全に廃止しようとしていました。とはいえ、悲惨な結果を招いてしまいましたが・・・

While a cashless society seems convenient, it comes with one very big problem; it takes power away from individuals and gives it to large, centralized institutions. With cash, two individuals can exchange value freely. I can invite my friend over for dinner, give him cash in exchange for something, and nobody can really interfere in our transaction. But with cashless electronic payment, the company running the system can monitor every transaction, and even deny transactions it doesn’t approve of. In a worst case scenario, it could even cut a user off from the system entirely. We saw a vivid example of this in 2010, when multiple banks and credit card companies arbitrarily and simultaneously cut Wikileaks off from donations. The power of centralized financial institutions to crush dissent is very real.
キャッシュレス社会は一見便利に見えますが、重大な欠陥が含まれています。個人から力を奪って、中央管理的制度に力を与えてしまいます。現金を利用すれば、個人間で自由に価値交換ができます。我々は友達を自宅へ夕食に招き入れ、現金を支払ってとある品物を私的に交換することができます。自宅という密閉されて私的な空間では、その取引に対し第三者は誰も干渉することができません。しかし、中央管理的なタイプの電子マネーの場合、システムを管理する企業が全ての取引を監視でき、何らかの理由で取引を拒絶することもできます。最悪の場合、ユーザーをシステムから完全に切り離すこともできます。2010年にウィキリークスへの寄付金はVisaとMastercardに恣意的に封鎖された時、この力の生々しい実例を見せてくれました。反対者を潰せる中心的な金融機関の力は極めて現実的な脅威です。

The threat of this power is two-fold; on the one hand, government pressure can have critics arbitrarily cut off from all finance. But on the other hand, the threat of being cut off also discourages dissent, and encourages self-censorship.
この脅威には2つの側面があります。一方では、政府からの圧力は批判者への金銭の流れを断つことができ、他方では、資金が絶たれてしまう恐れが反対意見を萎縮させ、自己検閲を助長してしまいます。

This is where cryptocurrencies like Bitcoin enter the picture. Being a peer-to-peer system, cryptocurrencies have no central control. Much like cash, they allow individuals to trade freely with each other. But unlike cash, cryptocurrencies allow these trades to happen at any distance. Two users in different countries can freely exchange value, as long as both are connected to the internet. Certainly there is the possibility of criminal abuse, just as with cash. But it also creates a check against the abuse of centralized power.
この状況に、ビットコインなどの仮想通貨はビジョンを持っています。P2Pシステムだからこそ、中央管理とは無縁です。現金のように、個人間に自由な価値交換を可能にします。でも現金と違って、距離に影響されていません。2つの仮想通貨ユーザーは別々の国にいても、インターネットと接続できれば、価値交換できます。確かに、犯罪に用いられる可能性はありますが、権力乱用に対する施策としても役立ちます。

However, there is one massive Achille’s Heel to many cryptocurrencies; the public blockchain. The blockchain is a completely public ledger of every transaction on the network. Every detail of every transaction is recorded and shared publicly. This means your wallet address, your IP address, account balance, and every transaction are public knowledge. Not even bank accounts or credit card companies share this much information about their users.
でも仮想通貨にはアキレス腱もあります。それは公開ブロックチェーンです。ブロックチェーンは仮想通貨ネットワークの全取引の公開された台帳です。ブロックチェーンは全取引のあらゆる詳細を記録し、公表されます。つまり、ウォレットのアドレス、IPアドレス、勘定残高、そして全取引の詳細が世間一般に知れ渡ります。銀行でもクレジットカード会社でもそこまでユーザーのプライバシーを侵害していません。

So, while cryptocurrencies allow free exchange of value between individuals, the total panopticon of the public blockchain means the association between individuals can still be policed. Cryptocurrencies still need to be exchanged for cash via exchanges, and if the government can monitor every transaction on the blockchain, they can still order exchanges to cut off users they don’t like. If you donate Bitcoin or Ethereum to an opposition party, or a government critic, your account can be flagged by the authorities. If you use Bitcoin or Ethereum to pay for anything personal or embarassing, this can be used to blackmail you. Knowledge of perfectly legal but private activities can easily become a tool of control.
では、仮想通貨は個人の自由な価値交換を可能にしながら、公開ブロックチェーンがユーザー間の結社を監視することを可能にします。仮想通貨はまだまだ取引場で現金への換金が必要であり、そして政府が全取引を監視できれば、取引場へ圧力をかけることができます。もし仮想通貨を野党や批判者へ寄付したら、政府が当該アカウントをマークすることもできます。そして仮想通貨を使って個人的にあるいは羞恥心を伴う種類のものを購入すれば、脅迫のターゲットになる可能性すらあります。法的に何ら問題ないにもかかわらず、誰にも知られたくないプライベートな行動についての知識は結局社会統制の道具になってしまいます。

It’s worth noting, this isn’t only a problem from the government. A total public blockchain means anybody can find all of this information easily. But, with specialized surveillance tools like Elliptic, the speed and scope of government surveillance is a much bigger threat.
注目すべき問題点は、政府の監視だけではありません。公開ブロックチェーンのせいで、誰もが同じ情報を収集できます。ただし、「Elliptic」みたいな専門的な監視ツールを利用して、政府による監視の範囲と速度はより脅威となるのです。

So what can we do about it? First, we need to understand that totally public blockchains are bad for individual users. Unfortunately, this means that using Bitcoin or Ethereum will always be a risk. We need to start using, promoting, and fighting to normalize cryptocurrencies that embed privacy into their infrastructure, like Monero, ZCash, Dash, or Augur. If you have cryptocurrency in public blockchains, consider moving some of it to more private cryptocurrencies. And finally, reject centralized corporate control and build markets and businesses that respect the privacy of their users. No one person can change the world alone, but each individual can change the way they do business. And if we all change together, then maybe the world can change with us.
では、我々はどうすれば良いのでしょうか?先ず、完全な公開ブロックチェーンというものは、個人ユーザーにとって良いものではないという事実を認めなければなりません。残念ながら、これではビットコインやイーサリアムの利用はプライバシー的に危険だという意味です。Monero、ZCash、Dash、またはAugurみたいなプライバシー保護という考えで設計される仮想通貨を利用、奨励し、正常化するために闘わなければなりません。もし、あなたが公開ブロックチェーンの仮想通貨を保有している際は、プライベートな通貨に替えることを検討して下さい。そして最後に、中央集権的な企業のシステムを拒否して、ユーザーのプライバシーを尊重するビジネスや市場を築いて下さい。一人の人間だけではこの世界を変えることができませんが、ビジネスのやり方を変えることができます。そして私たち皆が共に変えるとしたら、世界も我々と共に変わるかもしれません。

This was アノニマスの見解, and until next time… 待ち受けなさい。
以上、アノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アノニマス:サイトブロッキングに対抗する措置の第2段階、「Signal」

SignalのAndroid版: https://play.google.com/store/apps/details?id=org.thoughtcrime.securesms

SignalのiOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/signal-private-messenger/id874139669

SignalのPC版: https://signal.org/download/

親愛なる日本国政府へ、こんにちは。
我々はアノニマス日本です。

我々はあなたたちが、いかに無知で無謀であるかを過小評価していたようです。あなたたちがNTTコミュニケーションズと協力してサイトブロッキングに着手した時から、憲法に対する尊重の欠如がみられました。あなたたちは、時代遅れな企業の利益を庇うために、第21条を無視して通信の秘密を侵害する権限をプロバイダーに付与しました。それに応えて、我々はサイトブロッキングをすり抜けるソフトの翻訳及び拡散を開始しました。そのプロジェクトの第一歩がiOSのオニオンブラウザです。

でも、あなたたちはサイトブロッキングだけでは立ち止まらないでしょう。その上さらに、一方的にネットのインフラをサイバー攻撃しようとしています。巻き添え被害に目を向けようともせずに・・・

8月15日に、政府の知的財産戦略本部が権利者から海賊版サイトに直接DoS攻撃を仕掛ける提案を検討することが報道されていました。

この提案は無謀であり、無責任です。いわゆる「DoS攻撃」は様々な国の法律の下(もと)で犯罪であり、かつ、大部分の海賊版サイトは日本国外のサーバーにあります。日本政府が企業によるDoS攻撃を許すならば、それはまさに国家的サイバー犯罪に他なりません。

さらに、DoS攻撃は巻き添え被害をもたらす無差別攻撃です。海賊版サイトと同じレンタルサーバーを利用している無関係なサイトは同じように閉鎖されてしまいます。

企業による政府公認のDoS攻撃が許されるなら、誤認による攻撃の可能性、あるいは権限の過剰な行使に繋がるリスクがあります。海賊版と誤認される小規模のサイトは大企業の力を前に立ち向かうことができません。そしてサイバー攻撃が誤爆してしまった場合、罰則があるかどうかはまだ不明です。

最終的に、このような政府公認のサイバー攻撃は乱用の可能性という深刻な問題をもたらします。企業や政府が「合法的なDoS攻撃」の使用事例を広げれば、「犯罪を防止する」と見せ掛けて、競合あるいは批判者のサイトを攻撃してしまうかもしれません。

誤解のなきよう。世界中に存在するアノニマス共同体は、過去にDoS攻撃を行ったことがあり、そして今でも行い続けている場合があるとの明白な事実を我々は認識しています。しかし、我々「アノニマス日本」はこのような行為を利用したことがありません。DoS攻撃は自由な情報の流れを妨げてしまう独裁的な行為です。我々はこの行為を全面的に非難します。

我々は検閲および権力の乱用に対する建設的な解決を見いだしたいと願っています。そして、プライバシー保護ソフトの翻訳と拡散に打ち込みつづけています。そこで、我々はサイトブロッキングへの対抗措置の第2段階を発表したいと思います。

我々はLocalization Labに参加する世界中のボランティアと再び協力し、「Signal」というメッセンジャーアプリのAndroid版、iOS版、PC版において日本語の翻訳を完了しました。

SignalはLINEと同じようなメッセンジャーアプリですがLINEとは異なります。Signalは端末相互間の暗号化を利用して、通信のプライバシーを保護しています。インターネットのプロバイダーはもちろんSignalの開発者すら通信の内容を覗くことはできません。

暗号化されたブラウザだけでは完全なプライバシー保護ができません。メッセンジャーアプリでの会話はオンラインコミュニケーションにおいて比較的大きな割合を占めているので、こうした通信も暗号化しなければなりません。プライバシーを大切にする皆さんへ、LINEからSignalに切り替えることを強く推奨します。

サイトブロッキングへの対抗措置はここで終了するわけではありません。いずれ近いうちに第3段階を発表したいと思います。その時まで、日本政府へお願いがあります…

…こういうくだらない計画をやめなさい。

我々はアノニマス日本です。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

BGM: CO.AG, “Cicada 3301”, https://www.youtube.com/watch?v=b73t9SLss8k

===
我々のサイトをサポートするには:
https://www.anonymous-japan.org/support

BitChuteでビデオを見ましょう:
http://bitchute.com/channel/anonkenkai/

我々のSNSをフォローしましょう:
Twitter: https://twitter.com/JapanAnon
マストドン: https://pawoo.net/@JapanAnon

アノニマスに問い合わせを送りたい方:
https://www.anonymous-japan.org/contact/
アノニマスに参加したい方:
https://www.anonymous-japan.org/join/

アノニマス発表:C94、アノニマスポスト、コインハイブ、BitChute

皆さん、こんにちは。チャノさんです。

このチャンネルの動画はほとんど英語ですね。日本語の字幕付き。でも今回は日本向けの発表がいっぱいあるので、久しぶりに日本語を使ってみたいと思います。完璧じゃないから、変な日本語を許してね。

先ずは、コミケット。我々は再び夏コミに参加します。「チャノロジー」サークルは3日目、日曜日に参加します、東ピ01a。いつも通りにサイエントロジーに関する本を販売しますが、最近のサイトブロッキング問題についての本も作りたいと思います。楽しみにして、そしてぜひ会いに来て下さい。

次は、はっきりさせておきたいことがありますけど、いろんな問い合わせが最近来てますね。「アノニマスポスト」というサイトについて。まぁ、名前に「アノニマス」があるから、仲間だと思われてしまったみたい。だからはっきりさせておきます:我々は「アノニマスポスト」とは関係ありません。全く。そういう問い合わせを止めてくれ。

その次はね、Coinhiveの件。最近はニュースになってるんですけど。Coinhiveというプログラムをウェブサイトに組み入れた運営者は逮捕されたという話。「Coinhiveは何だ」って聞かれたら、「分散的な仮想通貨マイニングソフト」ですよね。いろんな人々がPCの力を合わせて仮想通貨をマイニングする。まぁ、サイトの金融支援の1つですね。寄付金と同じだ。

ただし、警察庁によれば、Coinhiveはウイルスだと思われます。さすがに時代遅れな警察庁ね…

確かに、サイトのユーザーから許可なしにするのは良くないが、許可ありの場合はOKだと思います。Coinhiveそのものはウイルスではないよね。許可があれば、運営者とユーザーの間の取引だと私は思います。

実は、警察庁の実際の目的は分かりやすいと思う。Coinhiveでもらえる仮想通貨は「Monero」ですね。つまり、プライバシー向けな仮想通貨。Moneroの取引元帳が公開されていないので、財務プライバシーは守られている。もちろん警察庁みたいな権威主義的な団体がMoneroを好きではないね。最近は日本の仮想通貨取引所は政府からの圧力を受けてMoneroのサポートを止めましたね。本当の目的は分かりやすいね。

まぁ…口先だけではなく行動で証明したいので、「誰か」がアノニマス日本のCoinhiveページを作りました。誰だろうね。これはCoinhiveの「AuthedMine」版だから、マイニングする前にはっきりと許可を求めますね。ウイルスじゃないよね。ページをサポートしたいならどうぞ!
https://www.anonymous-japan.org/support

最後の発表!Bitchuteね。けっこう前に発表したんだけど、Bitchuteのチャンネルの別の動画シリーズを始めました。残念ながら、それは英語のみ!ごめんね。意識の流れ的なシリーズだから、翻訳して字幕を付くのはめんどくさい。許してください!日本および世界のニュース、または政治的なトピックスなどについて話します。英語が分かる方、あるいは英語を勉強したい方、ぜひ見て下さい。
https://www.bitchute.com/channel/anonkenkai

それでは、これはチャノさんでした。夏コミで会おうね!バイバイ!

アノニマスの見解 Ep.11: 著作権への理解

Hello Internet. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットの皆さん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

It’s been an eventful few months in Japan. Since April, the Japanese government and NTT Communications have started blocking pirate sites for manga and anime. The industry in Japan has been complaining that these sites are costing them sales, pointing to declining revenue and blaming pirate sites (although they have yet to prove a causal connection between the two).
この数カ月間、日本では大きな出来事がたくさんありましたね。4月以来、日本政府とNTTコミュニケーションズはいわゆる「漫画及びアニメ海賊版サイト」のブロッキングを開始しました。日本のコンテンツ産業は利益の損失について、責任をこういうサイトに押し付け、不満をあらわにしていました(その因果関係をまだ証明していないにもかかわらず)。

Japan is already notoriously tight-fisted about intellectual property. Last year, JASRAC expressed a desire to extort money from music schools on the suspicion that they might be playing copyrighted music. YouTube’s troubled ContentID system is largely the result of lobbying from Japanese corporations. And it isn’t just large corporations either. Smaller creators have been at the center of IP conflicts, including the creator of Teaching Feeling and more recently, the situation with Asgar Kishidan.
日本は、知的財産に関してはギュッと拳を握りしめ、厳しすぎるほど強硬な姿勢をとることで有名です。ちょうど去年、「違法音楽再生」を防止するためにJASRACは音楽教室からまるで金を巻き上げるかのような要望を表明しました。YouTubeの物議を醸すContentIDシステムは、主に日本企業のロビー活動から生まれました。しかし、企業だけではありません。『奴隷との生活』あるいは、『アスガル騎士団』の件を含め、独立系クリエイターも度々知的財産に関する紛争に巻き込まれています。

But Japan is hardly the only country to have this mindset. Just recently, the EU has introduce something called “Article 13”, which could require European ISPs to demand all online platforms screen user uploaded content for copyright violations, and prevent the availability of content deemed infringing. Sound familiar? Unlike ContentID, though, Article 13 would demand all online platforms in the EU adopt these measures or face penalties.
でもこのような考え方を持つのは日本だけではありません。最近、EUが「13条」という法案を提出していました。この法案によれば、ヨーロッパのプロバイダーはユーザーがアップロードするコンテンツをスクリーニング(選別)しなければならない。そして著作権侵害を発見される場合にコンテンツへのアクセスを禁じられなければならないとのことです。これは、皆さんに聞き覚えのあるシステムですよね。しかしYouTubeのContentIDと違って、13条は動画投稿だけでなく、全てのプラットフォームに当てはまります。さらに、この13条に違反する場合、厳しい刑罰が下ってしまうのです。

There are a variety of reasons to oppose laws like these. Whether its site blocking, YouTube’s ContentID or the EU’s Article 13, monitoring user activity for copyright protection necessarily entails creating a surveillance infrastructure, which will inevitably be abused. Automated copyright systems also fail to understand nuance, and issue false positives that violate Fair Use and other public interest exceptions to copyright.
このような法律に反対するには様々な理由があります。ContentIDであろうがEUの13条であろうが、著作権保護のためにユーザー活動を追跡すればネットユーザーへの監視インフラにつながってしまい、必然的にそのインフラは悪用されてしまうでしょう。自動的な著作権保護アルゴリズムはニュアンスを理解できず、公正使用を侵害してしまう誤検出が非常に多いからです。

But as so-called “pirate sites” and “illegal file sharing” continue to spur more and more draconian laws, perhaps we need to examine the issue more deeply. Because the root of this problem might not be content piracy at all, but a lack of understanding about the purpose of copyright and the idea of “digital goods”.
しかしながら、いわゆる「海賊版サイト」と「違法ファイル共有」の成長が、段階的に厳しい法律が成立するにつれて、この問題を徹底的に再考査する必要があると我々は考えています。真の問題は著作権侵害に対してではなく、著作権それ自体、そして「デジタルグッズ」についての誤解ではないでしょうか。

The idea of copyright emerged in the 18th century, following the creation of the printing press. The ability to easily print books threatened the income of writers, and so the government created laws to protect their right to benefit financially from their work. This began with laws like the British “Statute of Anne” and the Copyright Clause in Article 1 of the US Constitution.
著作権(コピーライト・複製権)という概念は18世紀に、印刷機の発明後で生まれました。簡単に本を印刷できる能力は作者の事業にとっての脅威だったので、政府は利益を得る権利の保護法を作りました。例としてはイギリスの「アン法」とアメリカ憲法第1条の「著作権条文」が挙げられます。

At the time, copyright was a temporary and limited monopoly right. This encouraged the investment of time in the creation of new works. However, after a period of time for the creator to profit, the work would enter the public domain, allowing society as a whole to benefit from it. The needs of the creator were balanced with the public good.
その当時、まだ著作権には限りがあり、その上一時的な独占でした。著作権は新作の創造に時間と努力の投資を奨励しました。ただし、作家が利益を得るための限られた期間の後、その作品は公有財産(パブリック・ドメイン)となりました。このように、作家の利益と公共の利益は折り合いがつけられていました。

As time went on, however, things changed. The length of copyright was extended. Intellectual property rights came to be owned not by individual creators, but corporations. And copyright was seen less as a temporary right to publish, and more as a permanent property right. In the US in particular, the length of copyright was extended every time Mickey Mouse was about to enter the public domain. The Walt Disney Corporation wouldn’t want to lose its most valuable property, now, would it?
にもかかわらず、時間が経つにつれて状況が変わりました。著作権保護期間は徐々に延長されました。知的財産は人間ではなく企業によって所有されました。そして著作権は限られた一時的な独占ではなく、財産権と考えられるようになってしまいました。特にアメリカでは、ミッキーマウスが著作権切れで公有財産(パブリック・ドメイン)となる期限に近づくたびに、ディズニーが著作権保護期間を延長するように政府に働き掛けています。ディズニーにとってミッキーは最も重要な「資産」であり、それを失うわけにはいかないわけですからね。

But as the rights of copyright holders were expanded, the public good suffered. When the right to profit from a created work is virtually infinite, there’s less incentive to create new works. Even worse, copyright has had a profoundly negative impact on the preservation of older works. Anybody who attempts to restore, remaster, or archive an old movie or song could potentially be sued for copyright infringement by a rights holder, even when the work is no longer available. This has led to books and songs literally disappearing from the world, as making archives of them is literally a crime. There’s also the “orphaned works” problem, where the original copyright owner is unknown, so their work can’t be used for fear of potential future lawsuits.
次第に、著作権者の権利が拡大されるにつれて、そのような延長が結局、公共の利益を犠牲にしてしまいます。利益を得る権利が制限されていない場合、新作を創造する動機は減衰してしまうでしょう。さらに悪いことに、無制限の著作権が歴史および文化の保存の取り組みに悪影響を与えます。絶版となったにもかかわらず、古い映画や曲を修復及び保存することは著作権侵害となってしまいます。この問題で、古い作品がこの世から消えてしまったことがあります。アーカイブに保管するということはまさしく文字どおりに犯罪行為であります。そして「権利の所在が不明な著作物」という問題もあります。いつか著作権侵害で訴えられる恐れがあるので、利用でも保管でもできません。

But the biggest problem with modern copyright law is the emergence of the digital age, and the ability to render creative works in digital form. Modern copyright law is still rooted in an old concept of discrete physical copies. Books are printed on paper, CDs stamped out of plastic, etc. Making illegal copies used to be difficult and costly, and was usually only done to sell the copies for profit.
つまるところ、近代の著作権に関する最大の問題はデジタル時代の到来、そして作品をデジタル方式で記録する能力です。近代の著作権は本やCD等の物理メディアの古い仮定に基づきます。本は紙に、音楽はプラスチックというふうに物理的に記録されていました。違法コピーは手間と費用がかかったので、海賊版はほとんど営利目的のみでした。

But now, digital reproduction is as easy as hitting Control C and then Control V on your keyboard. Data can be sent halfway around the world in seconds, at near zero cost. Many internet users violate copyright laws in small ways every day, without realizing it. Have you ever copied a photograph from a website and messaged it to someone? Or posted it on an imageboard? Congratulations, you could be guilty of copyright infringement. If that seems unreasonable, then maybe we need to rethink how copyright law should work in the modern world.
一方、デジタル情報の場合、コピーするのはキーボードに「Ctrl+C」と「Ctrl+V」を押すのと同じくらい容易なことです。即座にデータは地球の反対側に送ることができ、そしてコストは事実上ゼロです。実は、ネットユーザーは無意識のうちにほぼ毎日著作権を侵害しています。もしかして、皆さんはウェブサイトからの画像をコピーして、SNSで友達に送ったことがおありですか?まことにお気の毒です!送ったことがおありのそこのあなた!著作権侵害を犯してしまった可能性が非常に高いです!!もしそれが理不尽だとお思いなら、尚更著作権を近代化すべきだと思いませんか?

Of course, creators should still be able to profit from their works. The reasons given 300 years ago still make sense today. But protecting intellectual property rights at the cost of other more important rights (such as communications privacy and free speech) is an insane solution. If you create a surveillance panopticon just to protect the financial interests of companies, you create a net loss to society.
もちろん、クリエイターが作品から利益を得る権利は依然としてあるべきでしょう。300年前から存在する著作権法の根拠は現代においても未だ意味を成します。ただし、より大事な権利(通信の秘密、言論の自由)を犠牲にしてまで知的財産を保護するのは、さすがにどうかしています。企業の利益を守るためだけに監視インフラを作ってしまったならば、社会に純損失をもたらしてしまうでしょう。

If companies and creators want to thrive in the digital age, they need to accept the new reality and try to serve this new market. First, they need to accept that they can’t treat digital contents as “goods”. Information cannot be treated as a commodity because it has no scarcity; it can be reproduced and distributed at near zero cost. Additionally, digital distribution means the logistics costs are drastically lower. Considering this, the price of most digital contents are unneccesarily high. And companies that refuse to embrace digital distribution are just putting unneccesary barriers between themselves and their customers, which does nothing but reduce their sales.
企業やクリエイターがデジタル時代で繁栄し続けたいなら、新時代の現実を受け入れて新市場のニーズに応えるべきです。先ず、「デジタル作品」を「グッズ」として扱うことはできません。情報には希少性がないから、商品として売ることができません。コピーを作るコストは事実上ゼロです。そしてデジタル配信もあるからこそ、物流コストは非常に低くなります。そう考えると、現在の値段はひどく高すぎです。デジタル配信を受け入れない企業は市場への障壁を築き、そして売り上げにマイナスの影響を及ぼすだけでしょう。

In addition, they need to accept that “remix culture” is a part of the internet. From MAD videos to photoshop competitions, non-profit remixing is a natural part of how people enjoy media online. This is far from harmful to copyright holders. On the contrary, this is how many people learn about new works, and some of them go on to be paying customers.
さらに、いわゆる「リミックス・カルチャー」をデジタル時代の一部として受け入れる必要があります。「MADムービー」から「クソコラグランプリ」まで、非営利のリミックスはデジタル時代にメディアの楽しみにとって、あって当然のものです。著作権者にとってマイナスの効果などあるはずがないでしょう。むしろ、リミックスを見てから多くの人々が作品に興味を持ち、そして将来の顧客になるというプラスの効果を生む可能性もあります。

Finally, contrary to what most companies think, users want to support creators that they like. If a creator builds goodwill with his audience, they’ll support him out of appreciation more often than not, even if they could easily copy his work for free. But if the creator is hostile to his audience, don’t be surprised if they’re hostile in return.
最後に、企業が考えているのとは逆に、ファンは好きなクリエイターをサポートしたい。クリエイターがファンと友好関係を築いたら、大部分のファンが作品を無料でコピーできるにもかかわらず、それに感謝してサポートします。しかし、クリエイターがファンと敵対関係を作れば、返礼として同じものを受け取ることになるでしょう。

While many people want to treat piracy and copyright infringement as a legal problem, the fact is, it makes more sense to treat it as a marketing problem. If the price and the market model don’t reflect the demands of the market, piracy will emerge as a consequence. But if creators adjust their model to meet the demands of the market, they might find that the problem solves itself without the need for any laws at all.
多くの人々は海賊版及び著作権侵害を刑事問題として扱いたいのでしょうが、実際にマーケティングの問題として扱う方がよっぽど賢明だと思います。値段と市場モデルが市場の需要を反映しない場合、海賊版は結果として出現します。値段と市場を調整すれば、問題は法律を必要とせずに自然に解決すると思います。

Of course some companies, especially the very large and very old ones, will refuse to change. But the scribe and the buggy whip maker tried to resist the rise of the printing press and automobile respectively. And the only place either of them belong now, is in the history books.
もちろん、ある(特に超大手のしかし時代遅れの)企業は変化や進歩を拒むでしょう。とはいうものの、かつて写字生も印刷機の出現に、そしてまた馬車用ムチの製造業者も自動車の出現に抵抗しました。結局、両者とも歴史の彼方へ消えていきました。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time…MACHIUKENASAI.
以上、アノニマスの見解でした。次回まで…待ち受けなさい。

アノニマス:サイトブロッキングに対抗する措置の第1段階、「Onion Browser」

Onion Browserのダウンロード:
https://itunes.apple.com/jp/app/onion-browser/id519296448?mt=8

Hello people of Japan. We are Anonymous.
日本の皆さん、こんにちは。我々はアノニマスです。

In April, we announced our campaign against Site Blocking by the Japanese government. Since then, the situation in Japan has continued to deteriorate. On April 23rd, NTT Communications agreed to cooperate in blocking websites, in violation of the Right to Communications Privacy outlined in Article 21 of the Japanese Constitution.
4月に、我々は日本政府のサイトブロッキング計画に反対する活動を発表しました。それ以来、状況がさらに悪化してしまいました。4月23日に、憲法第21条に保護されている通信の秘密の権利に関する懸念を無視し、NTTコミュニケーションズが政府の要請に応じサイトブロッキングを協力する旨を発表してしまいました。

More interestingly, NHK and The Intercept revealed the existence of several SIGINT organizations in the Japanese government, including the Directorate for Signals Intelligence (DFS) and the Cabinet Intelligence and Research Organization (CIRO). These groups routinely collect the private communications of Japanese citizens, in deep cooperation with the American National Security Agency, proving that the Japanese government has no respect for Communications Privacy.
さらに興味深いことに、5月にNHKと「ジ・インターセプト」は日本政府の情報収集機関の存在を明らかにしました。特に「防衛省情報本部電波部」(いわゆるDFS)と「内閣情報調査室」(いわゆるCIRO)、このような情報収集機関は米NSAと協力して、絶え間なく日本の民間人の通信を傍受、収集しています。このことから間違いなく、日本政府が通信の秘密を尊重などしていないという事実を確認できるでしょう。

NTT Communications and the Japanese government say they can be trusted not to abuse power, but their actions tell another story. In order to protect the Right to Privacy enshrined in the Japanese Constitution, it is necessary for every citizen to take matters into their own hands.
政府とNTTコミュニケーションズは権力を乱用しないと約束しましたが、彼らの行動は言っている事と全く違いますよね。ですから、我々民間人は自身の通信の秘密を守りたいのであれば、自らの手で問題に対処し自己防衛しなくてはなりません。

Which is why we are proud to announce that the first stage in our plan to provide secure communications to the Japanese people is finally complete. In cooperation with the Localization Lab, we and other volunteers around the world have fully translated “The Onion Browser” into Japanese.
というわけで、今回の動画では、日本の人々に安全な通信を提供する我々の計画の第1段階の完了、及びその内容を発表したいと思います。ネット上に「Translation Lab」という翻訳を主にたずさわるローカライゼーション団体があります。そしてこの団体に参加する世界中のボランティアと協力し、我々は「Onion Browser」の日本語への翻訳を完了しました。

“Onion Browser” is an iOS version of the Tor browser, allowing iPhone and iPad users to easily bypass site blocking techniques used by Japanese ISPs. It also provides a layer of protection against surveillance, restoring privacy to internet users.
「Onion Browser」はiOS版のTorブラウザアプリです。このアプリで、iPhoneまたはiPadのユーザーは容易にプロバイダーのサイトブロッキングを擦り抜けることができます。そしてこのアプリを介した通信はTorネットワークを介するので、監視に対する防衛にもなります。

While Apple devices are far from anonymous, the fact remains that iPhones and iPads are quite popular in Japan. Rather than make the perfect the enemy of the good, we will provide solutions that work for the present reality, and hope that Japanese users will embrace more privacy-respecting technology in the future.
確かに匿名性にたいしてAppleのデバイスは理想には程遠いです。しかしながら、iPhoneやiPadが日本では人気だということもまた事実です。最善を善の敵にしたくはない。日本の人々が将来、よりプライバシーを尊重するデバイスを選ぶことを願いながら、我々が現実に対処しましょう。

The Japanese version of Onion Browser can be download for free from the iTunes App Store right now, and if you are an iOS user we encourage you to download it as soon as possible.
日本語版のOnion Browserは今すぐにでもiTunesのアプリストアから無料ダウンロードできます。iOSユーザーにダウンロードを強くお勧めします。

But this is not the end of our efforts. This is only the beginning. We will continue to translate software, and spread knowledge to the Japanese people so that neither government agency nor company can easily violate their Constitutional rights.
しかし、サイトブロッキングに対する我々の取り組みはこれだけでは終わりません。それどころか今始まったばかりなのです。政府あるいは企業によってどちらも、憲法上守られた権利を容易に侵害する事ができないように、我々は日本の人々にソフトウェア、また知識と情報の共有を続けるつもりです。

We are Anonymous
我々はアノニマス。
We are Legion
我々は大群。
We do not Forgive
許しはしない。
We do not Forget
忘れはしない。
Expect us.
我々を待ち受けなさい。

How to Buy アスガル騎士団’s “ROBF”

・What is it?
ROBF is an Ero Doujin battle game created by アスガル騎士団 (Asgar Kishidan).

・Where can I buy it?
On DMM (Membership Required).
on DLSite (No Membership Required).

The creator of ROBF is working to make his games available on more English platforms. He’s also looking to set up a Bitcoin tip jar for those who prefer cryptocurrency. This information will be added when available.

・I already downloaded this for free. Why the hell should I pay this guy?
The Long Version:

TL;DR: Recently, copies of ROBF started getting passed around on 8chan, causing the creator to go on a fruitless DMCA takedown spree. Attitudes towards software and the internet being very different between Japan and the West (for various reasons) this lead to misunderstanding, and hostility.

After we reached out and explained the benefits of treating foreign users as potential customers instead of pirates, he agreed to take steps to make his work easier to access for overseas fans. If the positive steps made by Asgar Kishidan are met with increased sales, it would set a positive precedent that would encourage more Doujin artists to open up to their overseas fandoms. Also, if you enjoyed the game, wouldn’t you rather he felt motivated to make more, and to cater more towards you as an audience?

・The DLSite download page is all in Japanese, how the fuck am I supposed to figure this shit out?
The creator of ROBF is working on registering his game with DLSite’s English portal. In the meantime, however, the Japanese sales page is the only one that works.

Follow this step-by-step guide:

1: Go to the DLSite link and click on カートに入れる (Add to Cart)

2: Click on the Cart Icon on the top.

3: Click on クレジットカード (Credit Card). Other payment options such as Conbini Pay and Webmoney are Japan-only.

4: Enter an e-mail address (and again to confirm). Temporary e-mail services like GuerillaMail should work fine. This was successfully tested with GuerillaMail. Then click on 取扱いに同意して確認ページへ (Agree and go to confirmation page).

5: Click on テストメール通信 (transmit test mail) to confirm your e-mail address, and check your inbox to make sure it worked.

6: You should see テストメール通信完了しました (test mail transmission complete). Now click 外部決済へ (to external payment).

7: You will be redirected to an external payment portal (www5.econ.ne.jp). Online prepaid credit cards should work, as well as regular credit cards. This has been tested with a Japanese VPreca prepaid credit card.

Enter your card number, expiry date, cardholder name, and CVV, then click 次へ (next).

8: Confirm the information and click 注文確定 (settle order).

9: You’re done. If you feel so inclined, click ダウンロード to download the official Japanese version.

Thanks for supporting improved relations between Japanese Doujin creators and overseas fans.

アノニマス:日本政府へ、サイトブロッキングを許さない

Hello People of Japan.
日本の皆さん、こんにちは。

We are Anonymous.
我々はアノニマスです。

In March 2018, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga announced that, to combat the rise in manga piracy, the government was “considering all measures including site blocking”.
2018年3月に、内閣官房長官の菅義偉が、日本政府は漫画の著作権侵害に対処するために、あらゆる可能な手段を検討することを発表していました。

In early April, the Japanese government announced, in spite of the clear violation of Article 21 of the Japanese Constitution, that it would seek the cooperation of Japanese ISPs to block suspected pirate sites,
さらに4月初旬、日本政府は明らかに憲法第21条に違反するにもかかわらず、いわゆる「海賊版の漫画共有サイト」をブロックするためにインターネットプロバイダーからの協力を求めると発表しました。

The government’s justification for this is to regard content piracy as a “present danger” under Article 37 of the Penal Code, which states “An act unavoidably performed to avert a present danger to the life, body, liberty or property of oneself or any other person is not punishable”.
政府は正当化の根拠として、刑法の第37条の規定により漫画の著作権侵害を「現在の危難」にあてはまると見なしていることが明らかになりました。刑法を引用すると、「…財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は罰しない」とのことです。

Indeed, we can recognize a “present danger” here, but not in the form of manga piracy.
我々は確かに「現在の危難」を認識しています。しかし、その危難は漫画の著作権侵害などではありません。

Government censorship, violation of Constitutional law, breach of communications privacy…these “present dangers” are right before us.
政府による通信の秘密の侵害及び検閲すなわちこれらは憲法違反にあたり、このような危難は明らかに目の前にあります。

We do not speak in favor of piracy sites, nor do we defend them. That is not the reason we are speaking out on this issue.
我々は著作権侵害サイトの味方をしません。もちろんかばうこともしません。これらのサイトを擁護するために、この問題について述べるわけではありません。

But justifying government-ordered site blocking under Article 37 of the Penal Code is not only ludicrous, it’s also dangerous.
しかし、刑法の第37条の規定によるサイトブロッキング正当化には無理があります。また、危険な前例となるでしょう。

No matter what impact pirate sites may or may not have on the manga industry, the loss of profits can never be a considered a “present danger” in any way. Widening the definition of Penal Code Article 37 to such a ridiculous degree only invites further abuse, as other information and activities can easily be judged as more harmful than mere copyright infringement, and worth blocking.
海賊版の漫画共有サイトは漫画産業の利益に影響があるかどうかにもかかわらず、利益の損失を「現在の危難」と見なすことは全くできません。刑法の第37条の定義をそこまで広げてしまうと、さらなる濫用を招くでしょう。単なる著作権侵害と比べたら、多くの行為や情報はもっと危険であると判断され、ブロックすることを正当化できます。

The use of Penal Code Article 37 that allowed the blocking of child pornography sites raised concerns about a slippery slope of widening censorship. We were told that this was only a limited exception to Article 21, and there was no need for such fears. And yet now we are witnessing the slippery slope in action.
刑法の第37条の規定により、児童ポルノサイトのブロックが「危険な先行き」の懸念を引き起こしました。「憲法第21条に対する限られた例外であるからその心配はいらない」と言われていましたが、結局その「危険な先行き」が始まってしまいました。

Even without a binding law, requests for voluntary cooperation to ISPs by the police or government are a form of pressure. The position of power government holds effectively coerces cooperation, making any such requests de-facto demands.
拘束力を持った法律が存在しないとしても、警察あるいは政府からの「協力依頼」は明らかに圧力です。権力の座から「お願い」が来るということで、結局プロバイダーは萎縮してしまい、実質的には政府からの強要による協力ということになってしまうでしょう。「協力依頼」は事実上の「命令」に過ぎません。

Further, asking ISPs to block access to certain sites encourages them to track the browsing habits of Japanese internet users more generally, which violates privacy of communications and expands the surveillance state.
さらに、政府からブロッキングを求められることで、インターネットプロバイダーにユーザーの閲覧履歴を一般的に監視するよう奨励されることになります。その際、憲法が保障する通信の秘密に抵触します。その結果、監視社会を拡大させてしまいます。

We strongly condemn any site blocking requests from the government, and urge Japanese ISPs to refuse these requests and defend users’ Article 21 rights to privacy, and against censorship. These are actions we would expect from authoritarian countries like China and North Korea, not a Constitutional Democracy like Japan.
我々は、政府によるサイトブロッキング協力依頼を強く非難します。日本のインターネットプロバイダーにそういう依頼を拒否するよう強く求めます。憲法第21条が保障する通信の秘密の権利を守って下さい。中国あるいは北朝鮮のような独裁国家においてはこうした行動が予期されますが、日本のような立憲民主主義国がするようなことではありません。

However, merely asking the government and ISPs to stop is not enough. It is necessary for Japanese users to secure their own privacy and freedom from censorship. To make this possible, we strongly recommend the use of Tor or a VPN. We will escalate our work to provide Tor and other VPN software in Japanese, as well as information on how to use this software to bypass site blocking.
ただし、サイトブロッキングを止めるよう政府とプロバイダーに求めるだけで十分ではありません。日本のネットユーザーは自ら通信の秘密を保護しなければなりません。これを可能にするために、TorやVPNソフトを用いることを強く提案します。我々は日本の皆さんにTorまたはVPNソフトをより一層広める努力をしたいと思います。そしてそのようなソフトを利用してサイトブロッキングを擦り抜ける方法に関する知識を広め共有していきたいと思います。

We urge all Japanese internet users to begin using Tor and VPNs now. The more people can easily bypass site blocking, the more ineffective government censorship becomes. And as for the politicians who desire to violate their own Constitution in the name of censorship powers….
日本のネットユーザーの皆さんへ、今からTorやVPNの使用を強く推奨します。簡単にサイトブロッキングを擦り抜ける人が多くなる場合、行政による検閲はますます非効果的になります。そして検閲する権限を強化するために日本国憲法を踏みにじる政治家への伝言があります。

Please learn how to feel shame.
恥を知りなさい。

We are Anonymous.
我々はアノニマス。
We are Legion.
我々は大群です。
We do not forgive.
許しはしない。
We do not forget.
忘れはしない。
Expect Us.
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.10: フィッシング・バカ日記

Hello again, Internet. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットのみなさん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

Almost exactly one year ago, in March of 2017, we talked about surveillance and the cost of enforcement in Episode 3. At the time, the Japanese government was steamrolling through the Conspiracy Law and giving the Police worrying new powers to spy on the population.
2017年の3月、ほぼ一年前に、第3話で監視社会と執行費用について語りました。その当時は、日本政府は国会で共謀罪法案を強引に押し通していました。その結果として、警察庁と公安部の監視能力は憂慮すべきほど拡大されました。

Since then, we’ve heard very little about the Conspiracy Law, or government surveillance in Japan. But no news is not necessarily good news. Covert surveillance being what it is, we often only hear about it when it’s already too late, and rarely through mainstream channels. In fact, there’s reason to believe that the Japanese government is actively involved in monitoring its citizens right now. But as usual, to understand how, we need to look at some other news.
それ以後、共謀罪や監視についてのニュースはほぼありません。でも便りのないということが必ずしもよい便りであるとは言えません。ひそかな監視の世界にあって、手遅れになってからようやく真実を見いだすことは余りにも多いのです。実は、今この瞬間に日本政府が一般市民のオンライン活動を監視しているということを信じるだけの十分な理由がありますが、もちろん理解するには先ず背景を知っておく必要があります。

In October of 2017, Kaspersky Labs discovered a new breed of Android malware, which it named “SkyGoFree”. When news about SkyGoFree started appearing in early 2018, it was obvious this was a cut above your common Android trojan. Rather than serving up spam or installing crypto miners, SkyGoFree gave the attacker full control of the device. It could track location, record audio and keystrokes, and exfiltrate all data, including from the clipboard. It even had the ability to use “geofencing”; If GPS data showed the device was inside a target location, the microphone could automatically start recording and send the data to a remote server.
「SkyGoFree」と名前を付けられた新アンドロイドマルウェアが2017年10月にカスペルスキーによって発見されました。2018年初頭にSkyGoFreeのニュースが広まるにつれて、それは他のマルウェアよりも一段優れたものだったということが明らかになりました。SkyGoFreeはアフィリエイトスパムや仮想通貨のマイニングのためではなく、むしろ標的アンドロイドデバイスを完全にコントロールするために使うことができます。デバイスの場所を追跡して、ひそかにマイクを起動でき、キーボードで入力される内容もコピーできます。すべてのデータ(クリップボードも含まれる)をデバイスからこっそり抽出できます。さらに「ジオフェンシング」の機能もあります。GPSデータからデバイスは指定地域に入ったことが検出されたら、マイクを自動的に起動して、録音されるデータをリモート・サーバーまで送信できます。

SkyGoFree also had custom payloads that targeted specific Social Media applications, including Facebook, WhatsApp, Viber, and (of particular interest to Japanese users) LINE. It could also secretly connect to malicious wifi hotspots, even if the user had wifi deactivated, making it easier to monitor targets.
人気SNSアプリを監視する機能もSkyGoFreeに含まれています。その機能はFacebook、WhatsApp、Viber、そして(日本のユーザーにとって特に興味深い)LINEを含みます。設定にもかかわらず、通信を盗聴するためにデバイスをひそかに悪質な無線LANに接続できます。

Fortunately, SkyGoFree can’t very easily install itself on a target device. The usual method for infection is to direct a target to a fake website that imitates their mobile carrier, then trick them into downloading and installing an infected APK. SkyGoFree victims were almost exclusively found in Italy, so this isn’t a worldwide phenomenon. But the capabilities of this malware suggested it wasn’t some low level criminal operation. SkyGoFree was very likely developed as a Lawful Intercept tool for government and corporate use.
幸いなことに、SkyGoFreeは勝手にデバイスにインストールされることはありません。典型的な感染方法は携帯プロバイダーに見せかけた偽サイトからの感染したアプリです。SkyGoFreeの被害者は全てイタリア在住者なので、世界的な現象ではありません。でもこのマルウェアの機能を考えると単なる犯罪グループの仕業ではなさそうです。SkyGoFreeはおそらく政府あるいは企業向けのスパイウェアとして作られました。

Who made SkyGoFree? That remains unknown, but Kasperky’s analysis of the source code found two things. First, comments were written in Italian. Second, certificates and control servers repeatedly used the word “negg”. Most media outlets talking about SkyGoFree have been careful to avoid making any accusations…it’s good way to get in legal trouble, so that’s understandable. But the fact is, there is an Italian IT company called “Negg International”, which offers cyber-security and mobile app services.
誰がSkyGoFreeを作ったかまだ不明です。でもカスペルスキーによるソースコードの分析に基づいた2つの手掛かりがあります。まず第一に、ソースコードのコメントはイタリア語で書かれました。第二に、「negg」という名前は認証と指令管制サーバーで用いられます。法的責任を恐れ、ほとんどのニュースサイトは非常に用心してSkyGoFreeについて報告していましたが、実は「Negg International」というイタリアのITセキュリティーとモバイルアプリ企業が存在します。

Attribution in cyber-security is notoriously difficult, and while the evidence pointing at Negg is compelling, it could just as easily be a red herring to throw off investigation. However, Italy is no stranger to spyware manufacturers. The now-infamous “Hacking Team” was an Italian company, after all. And after their fall from grace, it’s hardly impossible to imagine others would try to fill the gap.
サイバーセキュリティの世界にあって、責任帰属は非常に難しい問題です。Negg Internationalを示す証拠は有力ですが、真犯人は発覚を避けるための煙幕を作ったという可能性もあります。しかしそうは言っても、イタリアはマルウェア開発企業になじみがあります。評判の悪い「Hacking Team」はイタリアの企業でした。Hacking Teamが信用を失墜した後で、他の企業が市場の隙間を埋めると思ってもおかしくはないでしょう。

Now on to our second story. In March of 2018, The Citizen Lab reported that Egyptian and Turkish ISPs were redirecting non-HTTPS traffic to phishing sites that infected them with FinFisher brand government spyware, as well as cryptomining malware. This redirection was made possible by a piece of equipment called a “middlebox”, which transforms, inspects, filters, or otherwise manipulates traffic that passes through it.
次の話に進みましょう。2018年3月に、Citizen Labという人権団体の報告によると、エジプトとトルコのプロバイダーはユーザの暗号化されていないウェブトラフィックを偽サイトまでリダイレクトし、FinFisherという政府向けスパイウェアまたは仮想通貨マイニングマルウェアを感染させたという新事実が明らかにされました。これは「ミドルボックス」というネットワーク装置によって可能となりました。プロバイダーはミドルボックスを使って通信を傍受し、リクエストに応じて変更を加えることができます。

The middleboxes in question were PacketLogic brand devices, manufactured by a Canadian company, Sandvine (which was merged with an American company, Procera Networks, in 2017). Among other things, PacketLogic middleboxes are capable of something called “deep packet inspection” or “DPI”. This lets them study the contents of user web traffic, and change, redirect, or block it as desired.
問題になっているミドルボックスは「PacketLogic」というブランド名の装置でした。メーカーは「Sandvine」というカナダの企業です(そして2017年にProcera Networksというアメリカの企業と合併されました)。他にも多数の機能がありますが、Packet Logicのミドルボックスにはディープ・パケット・インスペクション(DPI)の機能があります。DPIを利用すれば、プロバイダーが通信の内容を傍受、変更、リダイレクトが可能で、思うがままにブロックすることができます。

Using Sandvine equipment, ISPs in Turkey and Egypt would detect unencrypted web traffic and redirect it to phishing sites, most likely at the request of the government, who could use spyware infected phones to spy on their citizens, and use cryptominers to fund their own black budgets.
Sandvineの装置を利用して、エジプトとトルコのプロバイダーは暗号化されていない通信を発見して、スパイウェアに感染させるために偽サイトまでリダイレクトしました、おそらく政府の要請によって。そうやって市民に監視する能力を広げて、仮想通貨マイニングで闇予算に資金を提供できます。

So why is this important? What do Italian Android spyware and Turkish ISP middleboxes have to do with surveillance in Japan?
では、なぜこのニュースが重要なのでしょうか?イタリアのスパイウェアやトルコのミドルボックスは日本における監視と、どのような関係があるのでしょうか?

First of all, it’s already known that the Bureau of Public Security was in the market for Italian spyware in 2014. At the time they were buying Hacking Team’s “GALILEO” software, but it’s unknown whether they actually purchased it, or whether they used any other suppliers.
先ずは、2014年に日本の警視庁公安部がイタリアのスパイウェアの購入を希望していたことは既に知られています。あの時に彼らはHacking TeamのGALILEOスパイウェアを買おうとしましたが、結局Hacking Teamまたは他の供給者のスパイウェアを買ったかどうかは知られていません。

Regardless, the fact that they want spyware makes it safe to assume they intend to use it, and that they’ll seek to keep their spyware arsenal up to date. It is well within the mandate of Public Security to monitor anti-war, anti-globalism, and other social movements. The Conspiracy Law only makes it easier for them to do so.
それにもかかわらず、彼ら警視庁公安部がスパイウェアを購入しようとしたことから、彼らがスパイウェアを利用したかったこと、そしてまたスパイウェア技術の進歩に追随していきたいことが推測できます。公安部の目的の中には、市民活動、反グローバリズム運動、そして反戦の活動を監視することも含まれています。共謀罪法案につれて、監視するのはこれまでになく容易になってしまいました。

Secondly, the same PacketLogic devices used in Turkey and Egypt also exist in Japan. In July 2015, Procera announced that Softbank would use PacketLogic middleboxes for their LTE network. It’s unknown whether these devices are deployed on other telecom carrier networks, but it’s likely they have similar equipment.
次は、エジプトやトルコに利用されたPacket Logicミドルボックスは日本にも利用されています。2015年7月に、Procera Networksは、ソフトバンクがPacket LogicをLTEネットワークに使用すると発表しました。他のテレコム会社が使うかどうかは知られていませんが、類似の装置は利用されている可能性は少なくないでしょう。

So, to recap: Public Security is responsible for monitoring social movements. Public Security almost certainly uses spyware. At least one Japanese telecom giant uses equipment that can infect smartphone users with spyware. And the Conspiracy Law makes it legal to use spyware on civic groups. Is the Japanese government actually doing this? Maybe. But doo they have the ability to do it? Absolutely.
それでは、要点をまとめましょう。公安部が日本における市民活動を監視しています。公安部はスパイウェアを利用していると考えるのは至極当然であります。少なくとも一つの日本モバイルプロバイダーはスパイウェアを感染させるネットワーク装置を使っています。そして共謀罪法案につれて、市民団体を監視するためのスパイウェアの利用は合法化されてしまいました。さて、それらは実際に使われているのでしょうか?可能性もなくはありません。では、使う能力は存在するのでしょうか?はい!もちろんそれは疑いもなく存在します。

We said this one year ago, but it bears repeating: if you are part of any social movement in Japan, you cannot afford to assume you are not a target. Even one lapse of judgement with your smartphone can turn you into a walking wiretap. Cyber-security is everyone’s problem, and it only takes one person to compromise the security of an entire group. So if you don’t want to be the weakest link, here’s some advice for you to follow:
この件については一年前に伝えましたが、どれだけ誇張してもし過ぎることはありません。日本における市民活動に参加する方々へ。あなた方はスパイウェアから標的にされていることを当然だと思って下さい。セキュリティでたった一度でもミスをすれば、スマホは盗聴装置になってしまいます。サイバーセキュリティはみんなの問題です。1人のメンバーだけのミスが、全員のセキュリティを低下させてしまいます。あなたがセキュリティの輪の最弱点にならないように、以下のアドバイスに従いましょう。

Always check the URL of a site you visit, especially if you need to enter passwords or other sensitive data. Phishing sites often use similar-looking URLs, so if you feel something is suspicious, check carefully. Also, make sure the site is using HTTPS. You can usually see a green lock icon next to the URL. If a site that looks like your mobile provider or internet company is pressuring you into downloading an “update” or “virus cleaner”, consider that it might be a trick and do some research first.
ウェブサイトに行く時に(特にパスワードなどの個人情報を入力する場合)必ずURLをチェックして下さい。偽サイトは誤解を招くようなURLをよく使いますので、不審に思ったらじっくりチェックして下さい。それに加えて、サイトがHTTPSを使うかどうかもチェックして下さい。通常はブラウザに、URLの隣に緑色のロックアイコンがあります。モバイルプロバイダーのように見えるサイトから「アップデート」などを無理やりにダウンロードさせられたら、それはペテンかどうかを考えてから検索してみて下さい。

If possible, use different devices for your activism and your daily life. If you have a smartphone you use for casual web surfing and social media, do not use it to communicate with your activist group. You’re more likely to visit infected sites or click on links during personal web surfing, so using the same device for both increases your risk considerably. It’s easy to go to a used electronics shop and buy a seperate laptop, phone, or tablet cash and carry. For bonus points, install a non-commercial OS like Qubes, Copperhead, or at least Lineage.
可能なら、活動と日常の利用に別のデバイスを使いましょう。普通のネット・サーフィンやSNSのために使うスマホやタブレットがあれば、活動グループのために使用は避けて下さい。日常のウェブサーフィンでは偽サイトあるいは怪しいURLにアクセスする可能性が非常に高いので、両方のために同じデバイスを利用するとスパイウェアのリスクが高まります。中古電化製品店から現金でノートPCやスマホを買うのは簡単なことです。さらにセキュリティを高めるため、Qubes、Copperhead、あるいはLineageのような別OSをそのデバイスにインストールするといいでしょう。

Don’t use the same accounts either. Even if you have to use the same device, using personal e-mail or social media accounts for activism is dangerous for the same reasons. Ideally, you should be using non-commercial open-source services hosted outside the country for things like e-mail and cloud storage.
活動と日常の利用に別のアカウントも使いましょう。同じデバイスを使うしかなくても、さっきと同じ理由で、活動のために同じアカウントを使うのは危険です。理想を言えば、活動のためのメールやクラウドサービスに国外のオープンソースものを使う方が好ましいでしょう。

Using a pocket wifi device is better than using an internal SIM card, or public wifi. Personal pocket wifi gives you more control over when your device is connected or not, as well as how many people are using the connection.
SIMカードや公衆無線LANよりポケット無線LANの方が良いでしょう。自分のポケットワイファイの場合、ネットに接続するかどうか、そして誰が使ってるかどうか両方をコントロールできます。

Use Tor or a out-of-country VPN for all online activism. When connecting your devices to the internet, you need to remember that your ISP is probably helping to spy on you. An encrypted tunnel to an out-of-state VPN makes it harder to monitor or tamper with your traffic.
全ての活動には、Torや国外VPNを必ず利用して下さい。デバイスをネットに接続するたびに、プロバイダーも監視に協力する可能性があることを忘れないで下さい。国外のVPNサーバーまでの暗号化トンネルは通信の監視と不正使用を難しくします。

Don’t use Apple products for activism. iCloud may be safe against most criminal hacking attempts (usually), but Apple has been happy to cooperate with government spying requests in China and elsewhere. iPads and iPhones are also harder to modify and change OS on. Android is far from perfect, but at least it gives you more options.
活動には、Apple社の製品を使わない方が良いでしょう。iCloudアカウントは第三者からの不正アクセスから守られているかもしれませんが、Apple社は喜んで中国やその他の国の政府の監視に協力しています。しかもiPadやiPhoneのOSは設定を変更しづらいです。Androidは完璧ではないが、より柔軟性があります。

Similarly, don’t use big name social media for activism. Find and use an open source platform that does not rely on the central control of a commercial entity. Like Apple, Facebook, Twitter, and LINE will share your information with the police if ordered to.
それに関して言えば、活動には大企業のSNSを使わないで下さい。企業による集中型システムに頼らず、オープンソースプラットフォームを使う方が良いです。Facebook、Twitter、LINE、これらもApple社と同じく政府の監視に協力するでしょう。

Encrypt. Everything. Always. Never ask yourself if it’s necessary. It’s always necessary. It costs you nothing but time, and a little effort in the short term can save you a lot of trouble later on.
何から何まで暗号化しなさい!そして必要があるかどうかを悩まないで。必要性は常にあります。かかるコストは時間のみ。そしてトラブルは未然に回避することができます。

And finally, encourage all your members to share the same security practices. You can have the best security in your group, but if everybody else is infected with spyware, it doesn’t matter.
最後に、他のメンバーを同じレベルのセキュリティを採用するよう奨励して下さい。活動のメンバーがスパイウェアに感染されたら、自分のセキュリティは高くしても役に立ちません。

As the world spins deeper and deeper into dystopia, cyber self-defense becomes more and more a crucial life skill. If you get lazy about your security now, you might find it’s far too late when you come to regret it.
世の中がだんだん完全なディストピアに陥って行くにつれて、サイバー自己防衛はますます不可欠な能力になります。もし、短期的な視野でセキュリティの手を抜いたら、おそらくあなたは後になって後悔することになることでしょう。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time… MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.9: 「私の安全に対して誰が責任を持っているのか?」

Hello internet. And happy birthday to ANONYMOUS NO KENKAI, which is now one year old.
ネットのみなさん、こんにちは。そして「アノニマスの見解」の1周年に対しておめでとう!

Sadly the series has lagged behind “once a month” like I had originally planned, but I’d rather focus on quality over quantity, so every two months might be more realistic. My apologies.
残念ながら月に1回のビデオ制作スケジュールについていけなかったが、やはり私は量より質を好む。多分、2カ月に1回のスケジュールはもっと現実的かもしれない。申し訳ない。

We spent a lot of time over 2017 talking about the Why and How of personal privacy and anti-surveillance. We talked about the dangers of the filter bubble and the skinner box, we talked about the dangers of government surveillance power, and we also talked about the tools you can use to protect yourself from both. But there is one more issue that needs addressing. What if these anonymity and privacy tools are abused?
2017年にわたって、監視に対する防衛そしてプライバシー保護について語りました。いわゆる「フィルターバブル」と「スキナー箱」について、当局による監視の危険性について、そしてサイバー自己防衛について話しました。でももう一つ付け加えたいトピックがあります。こういうプライバシーや匿名性保護ツールの悪用をどう処理するのか?

As much as some try to paint the question as concern trolling, it is a valid one and it needs to be addressed. Encryption tools like Tor and PGP are free and available to all, which means they’re available to criminal groups as well. Crimes can be planned in encrypted chat. Harassment and abuse can hide behind Tor or a VPN. Private information can be anonymously leaked to the internet. The so-called Dark Web is home to a lot of morally questionable, even outright criminal onion sites.
この懸念は「そっちこそどうなんだ主義」として見下されることが多いが、実はもっともな心配なのでそれに対処する必要はあります。TorやPGPなどの暗号化ツールは広く利用できるだからこそ、犯罪者にも利用できますね。暗号化されたチャットで犯罪をたくらめる。いじめやハラスメントはVPNの仮面の下に隠れることができます。個人情報は匿名でネット上に掲示されることもある。いわゆる「ダークウェブ」の深いところに、全く不法なオニオンサイトが間違いなく存在します。

To be clear, these are all terrible things. And they need to be opposed, and victims protected. But every time a bad actor earns the spotlight by doing these things, people point to their abuse and claim this is the reason why privacy tools should be kept out of common hands. But is this really fair?
はっきりさせておきたいけど、これら全部は深刻な問題です。こういうことには反対すべきですし、その被害者を助けるべきです。でも悪人がプライバシーツールを悪用して注目を集めるたびに、別の人間がその例を都合の良い言い訳に使って暗号化ツールの禁止を求めます。でもそれは公正な議論なのでしょうか?

It would be cliche to talk about how any tool can be abused; knives can cook dinner or slit throats, trucks can delivery goods or ram into crowds, etc. It would also be cliche to talk about how everybody has curtains on their windows and locks on their doors. These arguments, while valid, don’t really get to the heart of the matter. To understand this issue, the question we need to ask ourselves is, “Who is responsible for my safety?”
「あらゆるツールは悪用できるから仕方がない」と言っても、それはただの陳腐なきまり文句です。包丁を持って、調理も殺人もできる。トラックが品物を配達できる、あるいは人混みに衝突できる。その他もろもろ。「みんなが窓にカーテンを付ける、そしてドアをロックする」というセリフも使われ過ぎます。一理あるが、問題の核心を突きません。問題を深く掘り下げて理解するのに、自問すべきことがあります。「私の安全に対して誰が責任を持っているのか?」。

Safety is important, of course. It ranks second in Maslow’s hierarchy after physiological needs. But not everybody will see eye to eye on best way to maintain it, especially on the societal level. In our modern world, the standard is to entrust the government and police with our safety. And to a certain degree, that works. But it comes with a price.
もちろん安全は大事です。マズローの欲求段階説の中で、生理的欲求直下の第二位です。でも社会的レベルで、安全を維持する最良の方法について全ての人が同じ価値観を持っているわけではない。現代では、政府や警察に安全を信託することは標準モデルとされています。そしてある程度うまくいきます。でも犠牲も伴う。

When you outsource your security, you’re taking power out of your own hands and giving it to someone else. This opens you up to considerable risk. Sure, the police can protect you from criminals. Maybe. But if the police become corrupt, who’s going to protect you from them? If you give up the ability to defend yourself, or make self-defense illegal in the name of “public safety”, all you’re doing is exposing yourself to more danger in the long run. There are more than a few countries who put all of their trust in the State and ended up regretting it. Power does corrupt, after all. Even if you like and trust the police now, things can easily change in the future.
安全保護の責任を誰か他の人に転嫁すると、その「誰か他の人」があなたに対しての力を持つようになります。それはかなりのリスクを伴います。警察は確かに市民を犯罪者から守ります。多分。だが警察が堕落したら、誰が警察から守るのでしょうか?自己防衛の権利を手放したら、あるいは”公共の安全のために”自己防衛を非合法化したら、結局さらなるリスクにさらされるだけである。少なからぬ国々はお上をあまりに信用しすぎたために、一生後悔することになりました。やはり絶対的権力は絶対に腐敗することになるでしょう。警察は今は信用できるかもしれないが、将来何が起こるかは予測できません。

Ask yourself this: which would you prefer, having multiple weaker enemies and the ability to defend yourself, or being completely helpless against one powerful enemy?
どちらの方が良いかを自問して下さい。自衛能力を持って幾つかの弱い敵に立ち向かうか、あるいは1つの強い敵に対して無防備であるか。

Chinese people gave their government total control of the internet. Now the Communist Party of China monitors every citizen, and controls every word. North Korea is even worse. The Americans gave in to fear, and now look at the surveillance police state they live in.
中国人が政府にネットの全権を譲り渡した結果として中国市民は毎日のように監視されています、そして中国政府はネット上の情報を完全に統制しています。北朝鮮はさらにひどい状態です。米国人が恐怖に屈したから、その国は完全な警察国家になってしまいました。

Modern Japan is largely a safe country. The police do their job reasonably well… though when they make mistakes or go too far, the consequences can still be terrible. But in the online world, things are a bit different. As we’ve already talked about before, police and governments around the world seem to think that a Total Surveillance Panopticon is a good solution to policing the Internet. We, of course, disagree.
幸いなことに、現代の日本はおおむね安全です。日本警察はほどほどに良い仕事をしています(行過ぎて誤りをしたら、ひどい結果に終わるけど)。でもオンラインの世界での状況は違います。様々な前ビデオで詳説したように、世界中の政府や警察は完全な監視システムによるネット空間の治安維持を目論んでいる。我々はそれに賛成できません。

We feel that individuals on the Net are best served by having access to the tools and the knowledge to defend themselves. Yes, bad actors will take and use these tools too. But there are bad actors everywhere in life, and the only way to be completely safe at all times is to live in prison. The police will still investigate and arrest criminals, as they should, but everybody should also have the right…and the responsibility…to learn the basics of online security, and make their own choices about what risks they want to take. Anyone who tries to take that right away from you could potentially end up a bigger threat than any criminal.
個々のネットユーザーが自己防衛に必要な知識へとアクセスできることが一番有利だと我々は考えています。確かに悪人もその知識にアクセスできます。でもそれはやむを得ない。100%安全な生活は刑務所と区別できません。警察はもちろん犯罪者たちを捜査し続けますが、個人もサイバー自己防衛の権利(そして責任)を持つべきです。そうするとリスクのレベルについて自ら決定できます。個人から自己防衛の権利を奪いたい人々は犯罪者より恐ろしい敵になる可能性があります。

And as for these bad actors themselves, the ones using privacy and anonymity tools for harmful ends, there’s really only one thing to say to them…
そしてプライバシー保護ツールを悪用してしまう人々に関しては、これだけを言っておきたい。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

分散的動画サイト「SPKOUT」 :日本語のユーザーガイド

YouTubeはすごいプラットフォームで、世界中のみんなさんが自分のコンテンツを共有できます。でも最近、YouTubeには問題があります。幸いなことに、その問題に役に立つ新しいプラットフォームがあります。言論の自由と分散化に焦点を合わせるプラットフォーム、「SPKOUT」を紹介したいと思います!日本のユーチューバーやクリエイターの皆さん、ぜひ見て下さい!

https://www.anonymous-japan.org/spkoutjp/