分散的動画サイト「BitChute」 :日本語のユーザーガイド

分散的動画サイト「BitChute」

追記:このガイドは初めて作られた時に、サイトは再構築戦略の結果として名前を数回変更していました。サイト管理者は結局「Bitchute」という名前を決めましたので、変更内容に合わせてこのページの情報は編集されました。やむを得ない事情で編集できない情報があるかもしれないので、混乱させて申し訳ない。

皆さん、YouTubeを使いますか?様々なビデオがあって、面白いよね。自分のチャンネルもあって、自分のビデオをアップロードしている人もいるでしょう。それは素晴らしいですね!YouTubeはすごいプラットフォームで、世界中のみんなさんが自分のコンテンツを共有できます。

でも最近、YouTubeには問題があります。実は多くのSNSやプラットフォームには同じ問題がありますが、YouTubeも例外ではない。その問題は集中的管理と検閲です。

一般のユーザーならば今まで気づいてないと思う。有名なユーチューバーあるいはお笑いビデオのみを見るなら、この問題に何の影響も受けない。でもYouTube(つまりグーグル社)は最近、あるビデオを弾圧しています。政治的な圧力によるものか、大企業によるものかにかかわらず、それは問題だろう。1つのプラットフォームが独占権を持って世界が見るものを管理している状態なので、代替プラットフォームが必要です。

もちろん、日本では代替がありますよね。いろんな人がニコニコ動画を使います。でもニコ動はYouTubeとは大差ない。原因はグーグル社ではなく日本の大企業ですが、結局同じ問題です。集中的管理と検閲という問題を除きたいなら、唯一の解決策は分散化です。幸いなことに、それに役に立つ新しいプラットフォームがあります。BitChuteを紹介したいと思います。

YouTubeと違って、BitChuteは集中型サーバーに頼らず、ブラウザー内で動くビットトレント・クライアント「WebTorrent」を利用します。サイトのユーザーは直接ブラウザーから見てるビデオをシードやピアできます。

BitChuteはYouTubeアップロードのバックアップを自動的に取れることもできます。非常に便利だからこそ、使うよう日本人のクリエイターにアピールしたいと思います。BitChuteの公式が日本語にローカライズされる予定はまだありませんが、その間のために我々は日本語の使い方ガイドを作りました。

BitChuteのUIは英語のみだから、日本のユーザーはあまり見ないと思います。でもそれでもOKです。グーグル社あるいは他の大企業からの検閲を恐れている日本のクリエイターに関して、BitChuteはバックアップツールとしてすごく役に立ちます。そしてBitChuteのビデオはYouTubeと同じく簡単にサイトに埋め込みができます。

さぁ、論議を呼びそうな話題を扱う日本のユーチューバーのみんなさん!検閲を恐れているならば、この簡単なユーザーガイドを見て下さい。BitChuteのアカウントを作って、ビデオコンテンツを安全にバックアップしましょう!

日本語のユーザーガイド

注意:BitChuteは英語をベースに設計されているので、日本語の文字を入力欄に入れるとエラーになる可能性あり。従ってエラー回避のため、BitChuteのアカウントやチャンネル作成時はローマ字のみ使用推奨。YouTubeからインポートされる日本語のデータは問題なく表示されるので、これは作成時だけの問題。将来、BitChuteが日本語に完全に対応するまでの暫定的な方法に過ぎない。

アカウント作成:
1)www.bitchute.com へ行く。


2)フロントページの右上にある「Register」リンクをクリック。


3)好きなユーザー名、メール、そしてパスワードを入力する。
パスワードを再入力。

パスワード複雑化の要件:
・他のユーザー情報と酷似させない。
・少なくとも8文字以上を使用。
・辞書で引けばすぐに出てくるような、ごく一般的な言葉は避ける。
・数字のみでの利用はしない。
「Submit」をクリック。

チャンネル作成:


4)次の画面の右上にあるテレビアイコンをクリック。


5)「Verify E-mail」をクリック。


6)BitChuteからのメールにある確認リンクをクリック。


YouTubeアカウントとつなぐ:
7)メール確認が完了したら、BitChuteページに戻る。


8)右上のアカウントアイコンをクリックして、ドロップメニューのテレビアイコンをクリック。


9)次の画面の「Settings」タブをクリック。


10)チャンネルの詳細を入力する:
・「Friendly URL」:ヒューマン・リーダブル(human readable)なURL,つまり、コンピュータではなく『人間』が容易に判読可能なチャンネルURL。(例)http://bitchute.com/adJEx&5lpUskVoX ではなく、http://bitchute.com/AnonyTutorial のようなURL
・「Channel Name」:チャンネル名
・「Description」:チャンネルテーマと内容の詳細な説明(省略してもOK)


11)ページを読み進めば、右の方に様々なボタンあり:
・「Upload channel image」:チャンネルのプロフィールイメージをアップロード
・「Show Channel」:チャンネルを表示させる
・「Hide Channel」:チャンネルを隠す
・「Raise Appeal」:処分に対して不服申立てをする(アカウントが禁止された場合)


12)ページの一番下にある入力フィールドでYouTubeアカウントを接続できます:
・「YouTube Channel ID」:YouTubeチャンネルIDをここに入力する。


  ・ YouTube アカウントにログイン。
  ・ 右上のアカウント アイコン > 設定アイコン をクリック。
  ・プロフィール写真の横にある [詳細設定] をクリック。
  ・[アカウント情報] の下でチャンネルのユーザー ID とチャンネル ID を
   確認できる。

上記の手順を経て、アカウントに接続すればYouTubeのアップロードは自動的にBitChuteにバックアップされる。YouTubeチャンネルが禁止され、あるいは削除されても、BitChuteにあるバックアップは残る。

動画埋め込みとWebTorrent共有

BitChute動画埋め込み方法:

他サイトへBitChuteの動画を埋め込む際は、このHTMLコードを使いましょう:

< iframe src="https://www.bitchute.com/embed/〇〇〇/" width="100%" height="360" style="...">< /iframe >

「〇〇〇」はビデオのURLからのID。例えば「https://www.bitchute.com/video/BFiixSuZV6Y/」の場合、「〇〇〇」に「BFiixSuZV6Y」を入れます。自分の必要に沿うように高さと幅を設定できます。

BitChute動画をWebTorrentで共有する方法:

検閲を除けるため、ユーザーはBitChuteの動画をWebTorrentで共有できます。今までのトレントと違って、特定ソフトだけがWebTorrentのマグネットリンクを認識できます。その特定ソフトの1つはWebTorrent Desktopです。使い方とダウンロードリンクはこちら:https://gigazine.net/news/20160416-webtorrent-desktop/ (バックアップ

WebTorrent Desktopがインストールされたら、BitChute動画の右下にあるマグネットアイコンを右クリックして、リンクのURLをコピーします。


最後に、WebTorrent Desktopのウィンドウに貼り付けます。

動画は自動的にダウンロード開始されます。ダウンロードした後、動画はシードになり広範囲で共有されます。動画のオリジナルが削除されても、トレントのコピーは残ります。