アノニマスの見解 Ep.13: 「グローバルの基準」という嘘

Hello again everyone. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」へおかえりなさい。

I apologize for another long delay. Our “OFFLINE” game needed a lot of time to organize, so there was less time to focus on this series. Congratulations to the winner in Tokyo, by the way. Osaka and Nagoya are still unfinished, so if you’re in the area and want to participate, please do. I’ve also been working on the “No One Cares” series over on Bitchute, which is unfortunately English-only. I wish I could translate those into Japanese, but they’re more casual videos so it’s difficult to transcribe and translate on my own. But recently, a new topic appeared that I thought needed to be addressed, so we created this video. This is a topic related to the foreign world, but it affects Japan so Japanese people need to hear about it. But first we need to start with some background.
投稿が遅れて、また頻度が低すぎて申し訳ございません。「OFFLINE」のゲーム管理に時間がかかってしまいまして、ここ最近、動画制作に集中できませんでした。そして東京の勝者の方、おめでとうございます。大阪と名古屋はまだ解決されていないので、該当地域の方は是非ご参加下さい。Bitchute独占シリーズ「No One Cares」も時間がかかるけど、残念ながらそれは英語のみです。訳すことができれば良かったのですが、台本なしの動画なので自分で翻音して訳す時間がありませんでした。しかし最近、何としてでも取り扱うべきトピックがあらわれたので、この動画を作りました。このトピックは海外に関するものですが、日本にも影響を与えるので、日本の皆さんがこれについて知っておくべきことだと判断しました。というわけで、まずはこのトピックの背から説明することにしましょう。

Starting in mid-October 2018, a number of Japanese adult game makers publishing through Sony on the Playstation 4 announced that some of their content would either be censorsed, or outright removed. On October 13th, Developer XSeed Games announced that the “Intimacy Mode” from Senran Kagura Burst Re:Newal needed to be removed from the PS4 version of the game, leading to delays. Later on Octorber 15th, website “OneAngryGamer” reported that this was due a new policy by Sony Interactive Entertainment that restricted fanservice content.
始まりは10月中旬、ソニーを通してPlaystation 4向けに発売している多くの日本のアダルトゲームメーカー各社が、自社コンテンツの検閲、または徹底的な削除を発表しました。10月13日に、パブリッシャーのXSEED Gamesは「スキンシップモード」をゲームから削除するため、PS4版『閃乱カグラ Burst Re:Newal』の発売日を延期すると発表しました。10月15日に、ゲームニュースサイト「OneAngryGamer」がその削除はソニーのアダルトコンテンツに対する新しい政策によるものだと報告しました。

From there, the news got worse. In late October, it was reported that all PS4 versions of “Nora to Oujo to Noraneko Heart” had their fanservice scenes lazily and obviously censored not only in the Western release, but the Japanese release as well. Furyu’s “Yuragi-sou no Yuuna-san” had its fanservice scenes similarly censored across all releases. In early November, it was reported that adult-oriented features in the PS4 version of “NekoPara” were being removed while Switch and PC versions remained unchanged.
それから、状況がさらに悪化しました。10月下旬に、「ノラと皇女と野良猫ハート」のPS4版に、成人向けシーンがずさんなやり方で検閲されたとの報がありました。海外版だけでなく、日本版にもです。また、フリューの「ゆらぎ荘の幽奈さん」も同じく日本版まで成人向けシーンを検閲されてしまいました。さらに、11月上旬に、PC版とSwitch版では全く同じ内容であるもかかわらず、「ネコぱら」のPS4版から成人向けコンテンツも削除されたとの報もありました。

It wasn’t until early December that SIE Japan president, Atsushi Morita, commented on the policy, stating that “it’s simply a matter of matching global standards. As for the freedom of expression… we have to think about what might be unpleasant for children and shield them from those things while also thinking and assessing ways to find a balance”. A particularly confusing comment, given that none of the above listed games were targeted at children, nor likely be to be bought or played by them, barring highly irresponsible parents.
12月上旬になった初めて、ソニー取締役盛田氏はその成人向けコンテンツの政策についてコメントしました:「表現規制に関してはグローバルの基準に合わせただけ。表現の自由と子供への安全とのバランスを考えると難しい問題であるとは考えている」 意味不明なコメントですね …以上のゲームは子供向けの作品ではありません。その上、子供がこのゲームを買って遊ぶ可能性は低いと思われます(無責任な両親でなければ)。

Compouding this issue is the fact that developers of Japanese games now need to submit their games for inspection and approval through SIE’s headquarters in America. In English. And not just for Western releases; all games, even Japanese language games for the Japanese market. This is a punishing move for many smaller studios, some of which will have little or no English ability. Combined with the censorship policy, this will have the effect of discouraging ecchi and ero games on the PS4 globally, creating financial stress for a lot of companies, and for no real reason.
問題を悪化させる原因は、ゲームを発売する前に日本の開発会社はSIEアメリカ本部の最終承認を得らなければならないことです。英語でね。海外版のゲームだけでなく、日本版も。ビジネスを目的とした英語を使えない弱小メーカーには手厳しい政策でありましょう。検閲政策と結合して、これはPS4版の成人向けゲームの開発を妨げる効果をもたらすでしょう。理由もなく、様々な開発会社に財政的圧迫がかかります。

Needless to say, most Japanese fans reacted with anger and disappointment, many asking themselves why this was happening. Some might blame the 2020 Olympics, and it’s certainly true that many Japanese businesses and politicians want to sterilize Japan’s image ahead of the event. But the reality is, Sony and Japan may have found themselves caught up in a culture war they don’t fully understand.
言うまでもなく、日本のファンは失望と反感で反応しました。多くの人は検閲が起きている理由を不思議に思うでしょう。2020五輪のせいにする人もいます、そして確かに五輪に先立って企業と政治家は日本のイメージを無理やり綺麗にしたいのだと思っていることでしょう。しかし実を言うと、ソニーと日本が知らないうちに海外の文化戦争に引き込まれてしまったのではないかというのが本当のところでしょう。

What many Japanese people might not know is that the Western world, particularly the English speaking internet, is in the middle of a culture war right now. There’s far too much to talk about on this topic than can be accurately summarized. Any number of good videos, blogs, and articles have been written on the subject, nearly all of them English, and there just isn’t enough time to translate them all…even though I wish I could. So for now, a very brief and incomplete summary will have to do.
多くの日本の方々はおそらく知らないのかもしれませんが、西洋世界(特に英語圏のインターネット社会)が文化的内戦の真っただ中にあります。残念ながら、この内戦の歴史は一つの動画だけで説明するにはあまりに複雑多様です。このトピックに関する様々な良い動画、ブログ、そして記事がありますが、残念ながら全て英語です。そして全部を訳す時間がありません(できればどんなに良い事でしょう)。今回のところは、不十分ではありますが簡潔に要約しましょう。

One side of this war is the so-called “Social Justice Warriors” or “SJWs”, though for my purposes I’ll just call them the Censors. These are people who obsess over race, gender, sexuality, hate speech, and political correctness in all things at all times. These people have always existed, but in recent years they’ve become more aggressive and authoritarian, trying to force their vision of a better world on everybody around them whether they like it or not. Many of these people are activists or NGO workers, but a good portion also work in big tech firms and media, whether mainstream or digital.
内戦の片側に、いわゆる「SJW」すなわち「ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー(Social Justice Warrior)」と呼ばれる「活動家」が存在します、でも今回のトピックのために以下「検閲屋」と呼びます。この人たちは常に人種、性差、性的、ヘイトスピーチ、そして社会正義が気になって仕方ない。こういう人たちが常に存在していましたけれど、最近はいつもより攻撃的、そして権威主義的になってしまっており、よく自分の意見を他人に押し付けてしまっています。多くの「検閲屋」は活動家またはNGO関係者ですが、アメリカの大手テック企業またはマスコミ(主流もデジタルも)に対して影響力を持つ人々もいます。

The other side lacks a catchy name I like, so we can either call them the Shitposters or the Free Speech Axis. These are people who like the idea of free speech, and want the freedom to speak openly and post content online, even offensive or controversial content. Most people associate this with imageboard culture, which is at least partly accurate. To the Shitposters, hurt feelings or political correctness are not a good enough reason to censor or restrict free expression, and they’ll be happy to oppose that censorship wherever it appears.
「検閲屋」から通路を隔てて向かいの人々には心を引く名前がないですが、「クソカキコ野郎(Shitposters)」あるいは「言論自由連合(Free Speech Axis)」と呼んでもいいでしょうか、この人たちは言論の自由に賛成です。そしてネット上で自由に話し、情報を共有したい方です(攻撃的および論争の的な言論も含めて)。「ネット掲示板文化」と同じように考えられ、それは部分的に正しい。「クソカキコ野郎」によれば、傷ついた感情やポリコレは検閲や言論の統制を正当化できない。検閲システムがどこに現れても、彼らはそのシステムを転覆させようとします。

Between these two sides there is an ocean of largely indifferent, politically neutral people who don’t care about free speech or political correctness. They usually have few strong opinions, and just go with the flow, giving them very little influence in this struggle.
両側に挟まれる形で、政治に無関心な人々がたくさんいます。こういう人々がポリコレでも言論の自由でも気にせず、いつもどおりに生活したい。特に強固な意見を持っていおらず、流れに身を任せてしまうタイプです。つまり、この文化的内戦にほとんど影響しない人達です。

Unfortunately, as mentioned before, the Censors have influence in tech and media, which they use to push narratives that suit their ideology. Whether it’s pressuring YouTube and Twitter to ban certain types of content or using smear tactics to misrepresent people in the media, the Censors try to silence and marginalize people who criticize them or their ideology. Recent tactics include “Deplatforming”, where angry mobs pressure platforms into kicking a person off, whether online or off. Even worse, there’s Financial Deplatforming, where the same mobs try to cut their target off from any income. This can include getting people unjustly fired from their jobs, or getting their online ad revenue cut off. It’s also very common for them to associate their critics with the so-called “alt-right”, calling everybody a racist and a Nazi, no matter how nonsensical the accusation is in some cases.
残念ながら、前に述べた通り「検閲屋」は大手テック企業またはマスコミに対して影響力を有しています。そういう影響力が世論を方向づけを容易にします。YouTubeやTwitterに圧力をかけて相手のアカウントをBANさせることができ、あるいはマスコミで中傷戦術と扇情的ジャーナリズムを利用してその名誉を傷つけることが可能です。正当な手段であれ不正な手段であれ、「検閲屋」が批判の声を抑えこもうとしています。最近の手段にはいわゆる「deplatforming」が含まれます。魔女狩りのように、プラットフォームに圧力をかけて相手を追い出すという手段です。この圧力はインターネット上のオンラインの世界だけではなく、オフラインすなわちリアル生活上でも行われています。さらに悪いことに、「金融のdeplatforming」もあります。同じような手段ですが、圧力で相手への資金の流れを断つ。相手を不当な理由で解雇させたり、オンラインの広告収入を断つなど。いかにばかげた事になろうとも、批判者を「オルタナ右翼」に分類することも多く、そして誰もが「レイシスト」や「ナチス」とレッテルを貼られてしまいます。

What does this have to do with Japan? The Censors HATE Japanese games and anime, particularly fanservice games with ecchi or ero content. This isn’t just a matter of taste and different opinions to these people, either. To them, games and anime are misogynistic or sexist, and thus nobody can be allowed to enjoy them. The Free Speech Axis, on the other hand, usually likes games and anime. Even the ones who don’t, they believe in free speech enough that they wouldn’t want to censor them anyway.
でも日本と何の関係が?実はそういう「検閲屋」は日本のゲームとアニメ(特に成人向け作品)が好きではない。これは単なる好みの問題ではありません。彼らにとって、成人向けゲームやアニメは女性嫌悪または性差別と同等だから。つまり、誰にも楽しむ権利がありません。逆に、ほとんどの「言論自由連合」の人々は成人向け作品が好きです。好きではない人だとしても、言論の自由に賛同しているので検閲に加担したくないでしょう。

When we think about all this, the changes in Sony’s policies become easier to understand. Sony Interactive Entertainment recently moved their headquarters to California, a state home to the same Silicon Valley tech giants that support Deplatforming and censorship. While Censors within SIE try to force their ideology on the business, outrage mobs, activists, and NGOs apply pressure from without. As a business, SIE will try to avoid controversy, and thus they’ll try to appease the Censors. The result? Exactly the sort of censorship we see now. Japanese developers being forced to censor their Japanese games, made for Japanese fans, according to the standards of self-appointed moral guardians in a foreign country. These are the “global standards” Atsushi Morita referred to…except they aren’t really “global” at all.
こういう情報を考えると、成人向けコンテンツに対するソニーの新しい政策に対する理解が容易くなることでしょう。SIE(Sony Interactive Entertainment)は最近、本社機能をカリフォルニア州に移転しました。検閲とdeplatformingに賛成なシリコンバレー大手テック企業と同じ州ですね。企業内の検閲屋が会社に意見を課しながら、企業外の激高した群衆、活動家、そしてNGOは圧力をかけます。企業としては、当然SIEは論争を避けようとします、つまり検閲家を鎮めようとするでしょう。その結果は?面前にある検閲政策です。日本のファンのために日本のゲームを作っている日本のゲームメーカーは海外の道徳的基準に従って自社のゲームを検閲しなければなりません。これが盛田氏が述べた「グローバルの基準」です。しかしながら、全く本当の意味での「グローバル」ではありません。

As we stated before, the majority of people are indifferent to this topic, and have no strong feelings about Japanese games, positive or negative. The Censors represent a fringe minority of opinion. But because they’re a very loud minority, with influence in tech and media, they can coerce the majority to follow their ideology. And Japanese media tends to echo the media overseas, so the same lies get copy-pasted into Japan without any critical assessment or alternative view.
先に述べたように、大部分の人はポリティカル・コレクトネスに無関心です。日本のゲームには強固な意見を持っていない、肯定的も否定的も。検閲屋は非主流派ですが、テック企業やマスコミに対して影響力を持つ口うるさい少数派であるので声なき大衆に自分の意見を強要できます。そして日本のマスコミは代替的見解を無視しながら海外ニュースを無批判に放送するので、真っ赤な嘘でも日本の世論にコピペされてしまうことになります。

The tragedy is, Japanese fanservice games and anime have a huge audience overseas. These fans don’t want anything censored, or changed from the Japanese version. They want Japanese developers to make Japanese games for Japanese audiences, then translate those games and share them with the rest of the world. Only Sony, and the Censors influencing them, are forcing these rules on everybody against their will.
真に残念なことに、海外では日本のアダルトゲームファンは大勢います。彼らは日本版のゲームに検閲や変更は欲しくありません。日本の開発会社が日本のファンのために日本のゲームを作って、そしてそのままに翻訳して海外にも販売して欲しいのです。しかしながらソニーと彼らを操れる検閲屋だけが邪魔になって自分のルールを押し付けているのが現状です。

So what can we do about it? First, this whole situation illustrates what we’ve said time and time again; centralization is bad. Large companies like Sony are vulnerable to pressure, and their monopoly control of their platforms mean a small group of people can enforce unpopular rules on everybody. If you are a Japanese game maker, big or small, avoid platform exclusives, ESPECIALLY on the Playstation. Some people might point out that Nintendo is being more reasonable than Sony, and this is true…for now. But Nintendo can change their policies in the future, just like Sony did.
では、私達に何ができるでしょうか? まずは、この状況は我々が繰り返し唱えたことを示します。集中制御化(centralization)は良くない。ソニーみたいな大企業は圧力に対して脆弱です。そしてプラットフォームに対する独占力のおかげで一握りの人々が恣意的なルールを施行できるようにします。大手であれ、中小であれ日本のゲームメーカーなら、特定プラットフォーム専用のゲームを作らないことをおすすめします、特にPlaystationは。任天堂はソニーよりマシだと言う人がいます、そしてそれは確かに事実です…今のところは。しかしソニーと同じく、任天堂も何時か将来ある時点で政策を転換することもないとは言い切れないでしょう。

If possible, you want to release on any many platforms as you can. But if you do have to focus on one platform, consider focusing on the PC. While Sony and Nintendo have total control over their platforms, PC games are much harder to block or censor. Supporting different operating systems is also helpful…a Japanese game maker that includes Linux support will win a lot of goodwill.
可能であれば、できるだけ多くのプラットフォームで発売する方が良いでしょう。とはいえ、1つのプラットフォームに集中しなければならない場合、PCで発売することも検討しましょう。ソニーや任天堂は自分のプラットフォームに対する独占力を持ってますが、PCゲームを検閲するのはより難しい。できるだけ多くのOSをサポートすることもおすすめします。Linuxをサポートする日本のゲームメーカーは海外ファンとかなり友好関係を築くことでしょう。

Even with PC, beware of centralized distribution platforms like Steam. Valve’s policy on adult content is notoriously inconsistent, and they’re currently in the process of banning games with high school settings and even demanding that games cut out characters that appear too young. Alternatives like GOG or Hat Rack are good, but it’s still unwise to trust any one platform. Distributing the game from your own website is the best way to avoid platform censorship, but ideally you want to put your games on as many different platforms as possible, including your own website to ensure your customers always have options.
PCで販売しても、Steamみたいな集中型配信プラットフォームには気を付けた方が良いでしょう。Valveの成人向けコンテンツ政策は一貫性のなさで有名です。現在、Valveは学校内の環境でのゲームを拒絶しているし、ゲームから若過ぎるように見えるキャラクターの削除を要求しています。GOGHat Rackみたいな代わりのプラットフォームはいいですが、実を言うと1つのプラットフォームを信用しない方が良いでしょう。自分のサイトで発売することは検閲を避けるための一番の方法ではありますが、できるだけ多くのプラットフォームで発売することをおすすめします(自分のサイトも含めて)。それによって顧客は豊富な選択肢を得ることができるでしょう。

Beware of Financial Deplatforming. The Censors have not been shy about attacking people who resist them, and if you trust payment platforms like PayPal, Patreon, or others they will come under pressure from activists. This is a more difficult problem to deal with, but the best answer is to use as many methods as possible. Use PayPal or Patreon if you must, but always have alternatives ready. While cryptocurrency isn’t a silver bullet for all your problems, it is a useful backup plan that’s difficult to censor. Accounts on BitFlyer or other exchanges are easy to make, and platforms like Bitbacker.io make it easier to crowdfund without having to worry about the Censors.
金融のdeplatformingも気を付けましょう。検閲屋は平気で非賛同者を追い詰めます。そして単独の支払処理会社(PayPal、Patreon等)にあまりにも頼り過ぎたら狙われるでしょう。これは扱いにくい問題ですが、再度できるだけ多くのプラットフォームを使うことが最も効果的です。PaypalもPatreonも使ってもいいけど、前もって良い代替案を用意しておく方が良い。仮想通貨は技術上の特効薬ではないですが、良い代替手段として役立ちます。しかも検閲し辛いです。BitFlyerなどの取引場にアカウントを作るのがそれほど難しくなく、そしてBitbacker.ioみたいなクラウドファンディング・プラットフォームを利用して検閲屋を心配せず資金供給を確保できます。

Avoid DRM and strict copyright policies. This is difficult for many Japanese studios to accept or understand, but while you might think that strictly controlling the flow of your work will protect your income, it will always have the opposite effect. It may seem counterintuitive, but if you build goodwill with your audience, they will reward you with success. Piracy is a market problem, not a criminal problem. If you make your work easy to find, easy to get, and reasonably priced, the majority will choose to support you.
DRM(すなわちデジタル著作権管理)や厳しい著作権保護を回避しましょう。日本のゲームメーカーには理解し難いかもしれませんが、作品を厳密に管理して収益を守れると思っても、ほぼ必ず逆の効果をもたらすことでしょう。直観と相いれない考えと思われるが、ファンと友好関係を築いたら報酬として金銭的な成功が与えられる。海賊版及び著作権侵害は刑事問題よりマーケティングの問題と思えば良い。作品を見つけやすくして、入手しやすくし、そして手頃な価格にしたら、ほとんどの人は財政支援します。

Finally, and most importantly, don’t believe media or companies that badmouth your games. There are thousands of fans of your work across the globe who want to buy what you make, and it’s only a fringe minority trying to censor you. They have a loud voice because of their influence in media and tech, but they won’t support you even if you censor your games. There’s a saying in English…”Get Woke, Go Broke”…which is going to be very difficult to translate into Japanese. But basically, even if you pander to the Censors they will not buy your games. They don’t want to support you, they just want to put you out of business. So ignore them. Focus on your real fans, in all parts of the world, and remember that the Free Speech Axis always has your back.
最後、最も重要なことに、成人向けゲームの悪口を言う企業やマスコミを無視しましょう。世界中にあなたのゲームを買いたい多くのファンがいます、そしてそれを検閲しようとするのが非主流派だけです。その非主流派がテック企業やマスコミに対して不釣り合いな影響力を及ぼすけど、ゲームは検閲されても彼らは支援しません。英語ではことわざがあります…「Get Woke, Go Broke」…はっきり言ってこのフレーズは直接日本語に翻訳するのが難しいです。しかし一言で言えば、検閲屋に迎合してもユーザー達がゲームを購入してくれることはないでしょう。検閲屋は日本のゲームメーカーを支援する気はさらさらなく、倒産させたいだけなのです。だから彼らを無視すればいい。世界中にある本当のファンに集中することにしましょう。そして「言論自由連合」が最後まで応援するということを忘れないで下さい。

I’d like to give a shout out to YouTuber appabend, whose videos on this subject formed the bulk of my sources. He’s a good source of information, and you should subscribe to him if you want to hear more. His videos are in English, but any bilingual Japanese who can help subtitle his works, you’d be helping Japanese audiences a lot. Check him out.
これを機に「appabend」というYouTuberに敬意を表したいと思います。彼の動画は今回の研究発表の出典の根幹を成しました。ゲーム業界に関する信頼できる情報源ですし、もっと知りたいなら彼のチャンネルに登録して下さい。動画は全て英語ですが、字幕を作れるバイリンガルの方がいれば、日本のゲームファンに役立ちます。ぜひappabendのチャンネルをチェックして下さい。

Moving into the new year, the future of the internet is looking pretty rough. It’s going to take all of our efforts to carve out islands of free speech that can survive this wave of censorship, but if we keep our eyes open and plan ahead, together we can weather this storm.
新年が近づくにつれて、インターネットの将来は厳しくなると思われます。検閲の攻撃を生き延びる自由の島を切り開くことに皆が全力を傾けないといけません。でも目を見開いておいて前もって計画しておけば、この嵐を乗り切れることができるでしょう。

This was アノニマスの見解, and until next time… 待ち受けなさい。
以上、アノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

プロジェクト Wild Release

[ このポストは「けものフレンズ」の「たつき監督の件」について。この件が知らない方は先ずこの記事を読んで下さい:
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/26/kemono-kadokawa_a_23223959/

This post is related to the “Director Tatsuki” incident from the Kemono Friends anime. Those not familiar with the events should read this first:
http://sgcafe.com/2017/09/kadokawa-faces-internetbacklash-kemono-friends-director-gets-apparently-fired/ ]

以下の声明はTwitterユーザー @Ryo_koumei_m から。 我々はこの声明に賛成しますので、広範囲に広めるために英語に訳して、ここにポストしました。オリジナルはここに読めます:

The following statement is from Twitter user @Ryo_koumei_m. Because we agree with this statement, we have translated it into English and posted it here to help spread it as widely as possible. The original can be found here:
https://twitter.com/Ryo_koumei_m/status/912906386215972869

* * *

昨晩は絶句してしまったが一夜明けて落ち着いた今、疑問点を整理したい。
Last night I was outraged, but now that I’ve had a night to calm down, there are a some questions I’d like to make clear.

疑問点1 けものフレンズプロジェクトAは(株)ヤオヨロズによる作品の私物化があったと指摘しているがそれは具体的に何を指しているのか。
Question 1. “Kemono Friends Project A” pointed out that some of their work had been appropriated by Studio Yaoyorozu, but what specifically are they referring to?

疑問点2 (株)ヤオヨロズによるガイドライン違反があったのか。仮にあれば具体的に何を指すのか。
Question 2. Did Studio Yaoyorozu violate any guidelines? If so, what specific violations can you point to?

疑問点3 吉崎観音氏による「終わった後も自由に作っていいですよ」という発言。ここで言う“自由”の範疇。
Question 3. Regarding Mr. Mine Yoshizaki’s words, “After’s it’s finished, you’re free to keep making [Kemono Friends]”. What manner of “freedom” did he grant?*
*(on Apr.4 2017, Concept Designer Mine Yoshizaki made a Twitter post referring to him giving Director Tatsuki permission to keep working on Kemono Friends material)
*(see https://twitter.com/i/web/status/912715440324874240 and https://imgur.com/Mmb76of )

疑問点4 情報共有や連絡がないままでの作品利用というのが仮に「ばすてき」だった場合、何故KFPAは動画の公開を差し止めていないのか。
Question 4. If we assume the “use of work without information sharing or contact” is referring to “Basuteki” (Ep 12.1), why isn’t Kemono Friends Project A (KFPA) blocking the posting or promotion of the video?

疑問点5 情報共有の申し入れとは具体的にどのようなものであったか。それはいつの話なのか。
Question 5. What exactly was the “request for information sharing”? When was that in reference to?

疑問点6 それが情報共有のみの申し入れであったのか。
Question 6. Was that request only for information sharing?

疑問点7 (株)ヤオヨロズが「その条件では受けられない」と主張したとされる「その条件」とはどのような条件を指すのか。
Question 7. When it was claimed Studio Yaoyorozu said “we cannot accept under those conditions”, exactly what conditions did that refer to?

疑問点8 KFPAの「(ヤオヨロズによる)辞退」とたつき氏の「カドカワさん方面よりのお達し」という主張の食い違いが起きているのは何故か。
Question 8. Why is there such a discrepancy between KFPA’s claim of Studio Yaoyorozu “declining” and Director Tatsuki’s claim of “being ordered by Kadokawa”?*
*(with regards to Director Tatsuki and Studio Yaoyorozu no longer working on Kemono Friends Season 2)

もちろん「動物ファースト」というPGの趣旨には今までずっと好感を持ってきた。しかし現時点、あの報告ではその大義名分を盾にアニメーション制作担当の(株)ヤオヨロズを弾圧したようにも見えてしまう。人の気持ちを蔑ろにする者に動物ファーストなぞ不可能だと思ってしまいたくもなる。
Of coure I’ve always had a good feeling from the idea of “Animals First” put forward by the project. Put in the present situation, that report [from Kadokawa] appears more like a cover for the oppression of Studio Yaoyorozu, who were in charge of the animation production. I’d think “Animals First” would be impossible from people who would disdain the feelings of others.

なにより運営側がこんなわだかまりを残したままでは私を含め多くの人がいくらPGそのものを好きでいてもそれを応援する「心」がついてこないのは現実問題だろう。というのもヒトは比較的記憶力の良い動物だからだ。
It is simply a matter of fact that many people, including myself, don’t have the heart to cheer for the project, no matter how much we like it, under the bad atmosphere created by the management side of things. Humans are animals with a relatively good memory, after all.

今後の展開、様々な場面で今回の事を思わず想起してしまうのがヒトという生き物だろう。表面的には楽しくとも今までの様に心の底から楽しくなれるだろうか。「たーのしー」気持ちは作り手の情熱と、それを支える Pや企業による盤石の安心感の中にこそあったはずだ。
It’s only human for people to think back to this affair at various points in future developments of this project. It may be fun on the surface, but will it truly be fun from the bottom of our hearts? It feels as though the feeling of “tanoshii” came from the passion of the creators, built on a foundation of security that came from the support of the producers and the companies involved.

上記の疑問点の解消を求め、関係各所に質疑を行うべきだと私は考える。
In order to resolve the questions listed above, I think we should ask those questions to the various stakeholders of the project.

メールができる者はメールで、電話ができる者は電話で、手紙やファクスでも良い。それ自体が未来を呼び寄せる力になりうるはずだ。一人一人は微力でも集まれば絶望を退けるほどの大きな力となる事を私たちは学んだはずだ。誰に学ばせてもらったのかみんな知っているはずだ。
Those who can send e-mails should send e-mails. Those who can phone in should phone in. Even letter mail or fax is okay. This should be our path to creating a better future. We’ve learned by now that by coming together as individuals, we can be stronger than despair. And we know who to thank for teaching us that.

最後に、私が個人的に最も懸念している負の未来について1つだけ記しておきたい。それは、けものフレンズによって結びついた吉崎観音氏とたつき氏、どうビス×PPPのメンバー、そして我々自身の「奇跡のような縁」の崩壊である。
Finally, I’d like to note the one negative outcome that I personally feel most concerned about. That’s the collapse of this miracle-like bond between Mine Yoshizaki, Director Tatsuki, Doubutsu Biscuits and PPP’s members, and all of us fans, created thanks to Kemono Friends.

私はそれを何としても阻止したい。もし同じ思いであるならばみんなの力を貸してほしい。
I want to stop that at all costs. If you feel the same way that I do, then I hope you’ll join your strength together with mine.

KFPA 問い合わせ:
Kemono Friends Project A CONTACT LIST:

ファミマドットコム
Famima Dot Com

https://www.famima.com/shop/contact/contact.aspx
Free Dial: 0120-172-890

テレ東
TV Tokyo

https://www3.tv-tokyo.co.jp/enq/subscribe.do?id=00000b5
Tel: 03-6632-7777

Age Global Networks
http://age-global.net/contact/

AT-X
https://www.at-x.com/sp/contact/privacy_agreement?key=Pi9UmUDbrj49co6jR3XUb9-O5_yN-mGW-orNpWmx0T6zgd6C21YFicn-7-EWikSv

エス・ワイ・エス
S-Y-S

http://www.sys-inc.jp/contents/inquiry.html

クランチロールSCアニメファンド(メール)
Cruchyroll (e-mail contact)

bd-japan@crunchyroll.com

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
JVC Kenwood Victor Entertainment

https://www.jvcmusic.co.jp/cs/

クロックワークス
Klockworx

http://klockworx.com/contact/
Mail: 東京都目黒区目黒3-9-1、目黒須田ビル701
Tel: 03-5725-3444
Fax: 03-5725-3445

新宿、2017年4月29日:アノニマスOpACSの要約ビデオ

非常に長期間、詐欺師は宗教という外観を通して弱者を食い物にしてしまっています。「サイエントロジー」はこういう詐欺に過ぎません。サイエントロジー内で、財政貢献を基準にランキングを計算されています。そして恐喝または恐怖で忠誠心は買われます。

調査すれば、サイエントロジーの中心に汚職と犯罪を発見します。 批判の声を抑えこむため彼らは私立探偵を雇って、サイエントロジーを非難する人々の個人情報を収集する。

我々は2008年から、平和的にそして法的にサイエントロジーに抗議してつづきました。 でも、マスコミによって悪いハッカーとして汚名を着せられたことにもかかわらず、我々アノニマスは反社会集団ではありません。このことを示すため、そして公共の福祉のために、4月29日に我々は新宿でサイエントロジーとの全く関係ない街路掃除活動を行いました。

我々はゴミを拾って、ささやかに街の浄化に役立ちました。でも拾えないゴミがまだまだ新宿に残ってしまいます。 カルトの被害者を助けるため、我々はオンラインでサイエントロジーについての真実を広めつづきます。その情報を読んで、自分の目で検証して下さい。我々と同じ結論に達するだろう。サイエントロジーは危険なカルト団体である。メンバーを脅して金を巻き上げるためだけに存在します。

我々に加わってサイエントロジーへメッセージを送りましょう: もううんざりだ。
オンラインでサイエントロジーのことをどう考えているかはっきり伝えて下さい。
そしてもちろん、匿名で批判して下さい。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.5: マストドンとGNUソーシャル、衝撃な事実!

Hey, everybody! Let’s talk about Mastodon! Actually, let’s not. Or at least, not yet. Mastodon has become a hot topic on the Japanese internet right now. Everybody’s making a Mastadon instance, or an account on one. But before we can talk about it, we need to talk about another piece of software, GNU Social.
やあ、みんな!マストドンについて話しましょう!いや、やはりやめよう。というより、まだ早い。最近はマストドンは日本のネットユーザでの注目の話題になっている。猫も杓子もマストドンアカウントあるいはインスタンスを作成してる。でもマストドンについて話せる前に、もう1つのソフト「GNU Social」について話さないといけない。

GNU Social is part of the GNU Project, which is part of the Free Software Movement. There’s more history here than I can meaningfully condense, but the short version is that in the 1980s a man called Richard Stallman wanted to ensure software users had the right to use, study, change, and share software freely online. Without those rights, users wouldn’t have control over their own computers, and thus wouldn’t have any meaningful power in the digital age.
GNU SocialはGNUプロジェクトの一環であり、そしてGNUプロジェクトはフリーソフトウェア財団の一環です。長い歴史があるけど、手短に言えば1980年代にリチャード・ストールマンという男はユーザのためにソフトウェアを自由に使ったり、調べたり、変更したり、そして共有する権利を手に入れたかった。その権利がなければ、ユーザは自分のパソコンのコントロールを保つことができない、そしてデジタル時代に事実上無力になってしまう。

To promote these rights, the GNU Project helped create various types of free software. One of them was GNU Social, a free and open-source social network. GNU Social is actually a continuation of a number of other projects, including Laconica, Free Social, and StatusNet, and including all of them, the project dates all the way back to 2007. Unlike Twitter or Facebook, GNU Social isn’t a central service run by one company. Rather, anybody can download and run the software, create their own server, and run it by whatever rules they want. There are instances for nearly any topic or way of thinking, from imageboard trolls, to communists, to weaboos. Some are famous, while some are totally obscure.
そういう権利を促進するために、GNUプロジェクトが様々なフリーソフト作りを手伝いました。そのソフトの一つがオープンソースソーシャルネットワークであるGNU Socialだった。GNU Socialは実際にLaconica、Free Social、そしてStatusNetを含む他のソフトの続編です。この来歴を考慮すれば、コンセプトは2007年まで遡る。TwitterやFacebookなどと違って、GNU Socialは企業体にコントロールされてる集中型サービスではない。むしろ、誰でもソフトをダウンロードして、サーバを管理して、自分なりのルールで設けることができます。どのようなトピックや意見であっても、それに向いたGNU Socialインスタンスがあります。ネット荒らし、共産主義、ロリコン、そして他にもたくさんあります。有名なインスタンスもあれば、無名のインスタンスも存在します。

Even better, different GNU Social servers can connect to each other, letting users share information and communicate thanks to a protocol called OStatus. This is called “federation”. These terms’ll be important later, so try to remember them.
更にいい点として、「OStatus」というプロトコルを利用して全てのGNU Socialサーバがお互いに結合することができます。違うサーバーのユーザがお互いに情報を共有して連絡できます。これは「federation(連合化)」と呼ばれます。この単語は後で話に上るから、覚えておいて下さい。

Now, you may be thinking to yourself, this sounds familiar. Isn’t this what Mastodon is? Well, yes, actually. Mastodon is also a free open-source social network that anybody can run, and thanks to OStatus, it can federate with any other instance using the same protocol (although we’ll talk more about that in a bit). So in that sense, Mastodon isn’t exactly unique. It’s just the latest in a long line of programs offering free, open source social networking that anybody can run.
恐らく、あなたは「これを聞いたことがある」と考えているだろう。「これはGNU Socialではなくマストドンの説明じゃないですか?」と。実はその通りです。マストドンはGNU Socialと同じくオープンソースSNSであり、そしてOStatusのおかげで、マストドンとGNU Socialはお互いに連絡できます(だがそれについて後で詳しく述べなきゃ)。ある意味では、マストドンはそこまでユニークではない。連合化されるオープンソースSNSのたかだか最新バージョンにすぎない。

So if federated social media has existed for almost a decade, why is it only Mastodon suddenly getting so popular? Well, to answer that question, we need to talk about the flagship instance, Mastodon Social, and its creator, Eugen Rochko aka “Gargron.”
でも連合化されたSNSには10年ほどの歴史があるのに、どうして今、マストドンが有名になったのか?質問に答えるために、マストドンの主力のインスタンス「mastodon.social」そしてマストドンの開発者「Eugen Rochko、別名Gargron」について調べなければならない。

Gargron arrived on the scene late in the game. Mastodon was released in late 2016, but it gained popularity in early 2017 when it got a lot of attention on certain blogs and websites. The media being the media, they immediately missed the point and researched the topic about as far as looking it up on Wikipedia, if that. Mastodon was either lauded as “the next Twitter” or written off as a dead-end because corporations and celebrities couldn’t use it to make money or satisfy their egos. But some of the most amusing articles reported on Mastodon as “Twitter without Nazis”, which unfortunately set the frame for how many new users would think about it.
GargronはGNU Socialの世界への相対的な新参者でした。マストドンは2016年にリリースされたが、様々なブログやテクノロジーニュース記事のおかげで2017年の初めに人気が増した。相変わらずマスゴミがよく調査せずに、肝心な部分を理解していなかった。「次のTwitter」と称賛され、あるいは「利益がないから前途がない」と見下されていた。一番突拍子もない記事では「マストドンはナチスのないTwitterである」と伝えました。残念ながら、この意見はmastodon.socialユーザの見方を形作してしまいました。

You see, up until Mastodon’s arrival, the federated instances of GNU Social more or less followed a principle of open communication and free speech. Even among people who radically disagreed with each other, people could still talk to each other, and work together to keep each others’ instances running as smoothly as possible. Interoperability and collaboration were always important. But for Gargamel and his legion of oppressed peoples fleeing Twitter Nazis, federation with other instances wasn’t a priority. Free Speech was less important to them than Safe Speech, and Safe Speech meant blocking out anything remotely controversial or interesting.
マストドンができる前、連合化されたGNU Socialインスタンスたちは表現の自由の原則の下で動作していました。根本的に違った見方があっても、ユーザは話し合って、お互いのサーバを円滑に運営し続けるために協力することができました。相互運用性と協力は何よりも大切なことだった。でもmastodon.socialの「ナチスのないTwitter」を目指してたユーザとGargronにとっては、表現の自由は優先度の高くはなかった。彼らが「フリースピーチ」ではなく「セーフスピーチ」を高く評価しました、そして「セーフスピーチ」というと、論争を引き起こすあるいは際どいトピックは全面的に禁止されました。

This wouldn’t necessarily have been a problem, of course. Gargron was free to run his instance by his own rules, and if he wanted to create the perfect hugbox for his users to cry in nobody could really stop him. The problem was that, while Mastodon was technically part of the federation and connected to other instances, GaiGar didn’t seem very enthusiastic about cooperating with non-Mastodon instances. His implementation of OStatus didn’t interface smoothly with others. New features he added caused problems for other admins, but Gargle-Balls showed very little interest in helping to fix them. Naturally, this didn’t make Gerudo very popular, and his decision to interpret the backlash as “oppressive shitposting” didn’t help. It was into this landscape that Japanese instances emerged.
これは必ずしも問題ではなかったけど。もちろん、Gargronには自分のサーバを自分なりのルールで設ける自由がある。彼がユーザを現実からかばうために重苦しいスペースを作りたいなら、どうしようもない。問題なのは、mastodon.socialは技術的に他のGNU Socialインスタンスと連合化されるのに、マストドンでないソフトを使ってるサーバと円滑に運営し続けるのにほとんど関心を示さないことです。GargronのOStatus実行仕方は他のサーバと上手くと相互運用しなかった。彼が相互運用性を気にせずに新機能を追加してしまったのに、他のサーバーとデバッグを手伝うのに興味を示さなかった。批判を嫌がらせとして解釈するGargronの決心は状況を悪くしてしまった。そしてこの状況の真っ只中に、日本のユーザがマストドンに参加しました。

As news of “Mastodon, the new Twitter” reached Japan, Japanese users began to jump on the bandwagon, and several new instances were created. mstdn.jp was one of the first, but it would soon be eclipsed by pawoo.net. Pawoo was created by Pixiv, a site devoted to Japanese doujinshi artists, and this is where problems started to emerge.
「次のTwitterマストドン」のニュースが日本に広まったにつれて、日本のユーザが時流に乗りに来て、様々な日本向けのマストドンインスタンスが作られました。最初はmstdn.jpだったが、pawoo.netによって影が薄くなりました。パウーは日本の同人アートサイトPixivによって立ち上げられたマスタドンインスタンスです、そしてそこから問題となりました。

Like GNU Social, the doujinshi scene in Japan is a radically free space where a wide variety of ideas can be expressed. While erotic art does make up the bulk of it, it isn’t the only type of work. Not everybody likes everything by everybody else, but there’s an understanding that the opennness and freedom to create benefits everybody universally, so those freedoms are preserved as a matter of principle.
GNU Socialと同じく、同人誌の世界はあらゆる意見やアイデアを表せる自由な言論の場である。大部分のコンテンツはエロかもしれないが、それだけではない。人によって好き嫌いがあるにもかかわらず、でも自由に意見交換ができる文化は全当事者のためになるという理解があるからこそ、原則として言論の自由は守られています。

Unfortunately, this was not compatible with the Safe Space culture of Mastodon Social, and so when Pawoo users started posting erotic art all over the place, Girugamesh responded. The following exchanges are provided more or less verbatim:
残念ながら、この原則はmastodon.socialの「セーフスペース文化」と不適合だから、パウーのユーザがエロ絵を投稿し始めた時に、Gargronが介入しました。以下のやりとりは逐語的に引用されます。

“Hey! I hope you realize this is not personal. In the west, loli content is not acceptable in most places. Do you intend to moderate it in the future, or will you keep allowing it on your instance?”
「やあ。個人的には何の反感も持っていない。でも西洋では、ロリのコンテンツは許されない。それに対処しますか?それともそういうコンテンツを許すつもりですか?」

“I’d ask they be called what they are…CHILD SEX ABUSE IMAGES. They should not only be moderated but REPORTED! Silence causes REAL HARM to REAL PEOPLE.”
「ありのままに呼びましょう。あれは児童虐待画像です!報告しないといけない!沈黙すれば現実の人間に害を及ぼすよ!」

“The images in question were 2D drawings. The problem is that they are legal in Japan…but they are CULTURALLY UNACCEPTABLE and borderline illegal in many other countries”.
「問題になっている画像は2次元です。問題なのは、日本ではあれは違法ではないが、他の国に文化的に受け入れられない、そしてある国では犯罪かもしれない。」

“I’m not trying to demand anything of Pixiv. Just suggesting that if they don’t want to be BLOCKED by MANY western instances, it would make sense for them to share some of our basic rules”.
「Pixivから何も要求しないけど、彼らは多くの西洋インスタンスにブロックされたくないなら、基本的ルールを共有すると良い。」

Me personally, I was a little pissed off at this whole exchange. For one, Greedo’s assumption that his views of loli content represent all of “the west”, and that Mastodon Social’s “basic rules” represent the norm in the federation is rather arrogant and presumptuous. As a matter of fact, there are lots of people in the west who like Japanese art, loli content, and especially 2hu. There are even entire communities that revolve around it.
個人的に、このやりとりを読んだ時に非常に腹が立ちました。先ず、ロリやエロに関する自分の意見はGNU Social連合の大多数の意見だという、そしてmastodon.socialの「基本的ルール」はGNU Socialの文化の反映だというGargronの想定は不快なほど横柄だ。実際のところ、西洋では日本のエロやロリ絵が好きの人々がかなり居ます。特に東方。そういう趣味にこだわるGNU Socialインスタンスもあります。

Second, it’s a gross contradiction of the ethos and culture of federated instances to imply that any one instance needs to follow any other instance’s rules or standards. Garfield uses a lot of weasel words to try to sound reasonable, but to my eyes at least, he was strongly implying Mastodon Social’s rules are a norm that Pawoo needed to follow.
それ以上に、あるサーバが違うサーバのルールを守るべきだと示唆するのはGNU Socialの精神に対する裏切りだ。Gargronはわざと曖昧にした言葉を言ってるが、私自身の見解では彼がmasotodon.socialのルールは標準モデルだと示唆しようとした。

Thankfully, Pawoo refused to capitulate, and is now blocked by Gargoyle. But that’s okay, because there are plenty of other instances that are happy to have them around. REALLY FUCKING HAPPY.
幸いなことに、パウーは要求を受け入れなかった、そしてmastodon.socialにブロックされた。でもそれは全然問題ない。他のインスタンスたちはパウーのユーザが居ることをうれしく思っている。とてもうれしく思っています。

Now, I think it’s important to note, I’m very much a newcomer to GNU Social. As such, I don’t have much personal experience with what I’m talking about here. What I’ve learned, I learned from talking to people and doing research. In particular, I’d like to thank LambadaLambda and RobekWorld for providing so much information on the topic. If I make any mistakes or gross misrepresentations, hopefully somebody will straighten me out.
私はGNU Socialへの最近参入者たということに注意しなくてはいけない。だからこそ、今の話は個人的な体験ではない。関係者と話し合って、そして調査をしてからこの話を知った。特に、情報を提供してくれたLambadaLambdaとRobekWorldというユーザに感謝したいと思います。私の発言や放送した内容が間違っている場合には、どうぞ訂正して下さい。

So what’s the lesson here? Well, for all the new Japanese users of the federation, just understand that Gargantua’s attitude is not representative of the federation in general. Your freedom to create your own art, your own instance, and your own rules is sacred. And remember that federated social media doesn’t begin or end with Mastodon. There’s been lots of different software in the decade or so GNU Social has existed, with more to come in the future. If you really like Mastodon but want to change it, you can fork it. If you want to examine different options, have a look at Qvitter, postActiv, or Plemora. If you want to know more, feel free to reach out and talk to LambadaLambda, he speaks Japanese.
さぁ、この事件からの教訓を要約しましょう。日本の連合ユーザに、Gargronの意見は大多数の意見ではないと伝いたいと思います。自分の絵、自分のインスタンス、そして自分のルールを作る自由は不可侵の権利である。そしてマストドンは連合の究極の事柄ではない。GNU Socialにはいろんなソフトがあり、これからも増えていく。マストドンにいい点があると思いつつも変更したいと思うなら、フォークして自分のバージョンを作れます。代わりものが欲しいなら、Qvitter、postActiv、あるいはPlemoraがあります。もっと詳しく知りたいなら、ぜひGNU SocialでLambadaLambdaさんに連絡して下さい。彼も日本語を話せます!

Otherwise just be yourselves, have fun, and welcome aboard. And if these ideals of radical free speech appeal to you, we’ve got a little group going on that you might want to be a part of.
最後に、寛いで、楽しんで、そして連合へようこそ。そしてその表現の自由の原則があなたの心に響くなら、そのための面白い集団があります。ぜひ参加して下さい。

This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

もっと詳しく知りたい人々、ぜひLambadaLambdaまで連絡下さい:
https://social.heldscal.la/lambadalambda

GNUソーシャル・アクシスに加わって下さい!
https://gs.smuglo.li/group/axis

GNUソーシャル/マストドンでフォローして下さい!
https://gs.smuglo.li/japananon

アノニマスの見解 Ep. 4: 芸能界の闇

インターネットのみなさん、こんにちは。
Hello internet.

アノニマスの見解にようこそ。
Welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI

いつものパターンとちょっと違って、今回のトピックはアノニマスの中の一員からの要求です。そして今回のテーマは「芸能界による性接待強要」なんです。なぜこのテーマにしたかというと、芸能界が一般人には理解できない異常な性質であることを知っておくべきだからです。実際に少女達が語った事実だけではなく、私たちが持つべき意識のあり方についても語っていきましょう。
Things are going to be a little different from usual this time, as this episode’s theme comes by request from another member of our collective. And the theme today is “sextortion in the entertainment industry”. Why you ask? Because it’s an aspect of the entertainment world in Japan that few ordinary people know or hear about. So, let’s go over not just what’s been said around the issue, but also about the sort of mindset we need to properly deal with it.

2017年2月12日、人気上昇中のタレント清水富美加が「幸福の科学(HAPPY SCIENCE)」に出家するというニュースが世間の注目を集めた。この「幸福の科学」という宗教はいったい何なのか、気になるかもしれないが今本筋には関係無い。肝心なのは彼女がなぜ事務所を辞め出家したのかということだ。
On February 12th 2017, Fumika Shimizu, actress and rising star, announced that she was quitting showbiz and joining the infamous religious cult “Happy Science”. There’s a lot that can be said about Happy Science, little of it good, but that’s not the main issue here, so we’ll have to leave that for another time. What is important is the reason she decided to walk away from her career and her contract in the industry.

彼女は自身に弁護人をつけ、事務所との交渉を行った。2017年2月1日、幸福側の代理人弁護士から内容証明が届く。〈契約を2月20日で終わらせたい。月5万、連続で31日も働かせるような劣悪な労働環境に置いたこと、本人が嫌がる水着の仕事や教義に反する映画出演をさせたのは問題がある〉幸福側はさらにこう指摘した。「解約後も本名の使用すら許さない契約内容や、病気でも医師の診断書すら疑って仕事を強要するかのような事務所側の奴隷的支配体制を指す」すなわち、幸福側は事務所が彼女に課した劣悪な労働契約をいわゆる”奴隷契約”と批判したのだ。
Naturally, in order to quit, Ms. Shimizu had to lawyer up and negotiate with her employer to get out of her contract. On February 1st, the Happy Science legal team made formal contact, stating that Ms. Shimizu wanted to quit as of February 20th, citing unreasonable working conditions, including a 31-day work month for a salary of 50,000 yen, and being forced to participate in swimsuit shots and movie appearances that went against her personal values. Above that, certain terms in the contract stipulated that Ms. Shimizu was forbidden the professional use of her own name even after cancellation, and even demanded the right to ignore medical orders if they interfered with her ability to work. The terms seemed more suited to a slavery agreement, not an employment contract. In other words, a notorious cult group was expressing shock at the labor practices of an entertainment industry company. Let that sink in.

そしてついに事務所が清水富美加本人に枕営業をさせていたのではないかという証拠まで発覚した。これは漫画家西原理恵子の描く漫画「ダーリンは70歳 LOVE007」の一節だ。西原理恵子の彼氏高須克弥氏が事務所からの枕営業を断る様子が描かれている。この漫画の登場人物の見た目、当時の年齢、すべてが問題の人物とぴたりと一致するのだ。この本の内容がすべて事実であれば、清水富美加は望まない性接待の強要を苦にして事務所を引退したと考えるのが妥当だろう。
As the case wore on, information surfaced that suggested Ms. Shimizu may have been pressured into sex for the sake of her career. These pages are from the “My Darling is 70 Years Old, LOVE 007”, a manga by cartoonist Rieko Saibara. In it, Rieko Saibara’s boyfriend Katsuya Takasu is depicted objecting to demands for sexual favors from an entertainment industry office. The appearance of the characters in the manga, the ages, everything matches exactly with Ms. Shimizu’s situation. Assuming that the manga is in any way based on facts, it wouldn’t be unreasonable to assume that Fumika Shimizu decided to walk away from her contract because of similar demands by her employer.

我々は、不当な権力で彼女たちの人権を踏みにじる卑劣な芸能界を許さない。今回明らかになった問題は氷山の一角でしかない。ほかにも芸能界では、タレントに対する性接待強要のような卑劣な行為が腐るほど行われているのだ。
None of us are happy with, or willing to tolerate, sleazy entertainment executives abusing their power to trample the rights of their employees. But the situation with Fumika Shimizu, unfortunately, is just the tip of a very large, very ugly iceberg. And sexual exploitation is an endemic problem in the entertainment industry.

2017年2月8日にはアイドルグループ私立恵比寿中学のメンバー松野莉奈さんが18歳の若さで急死。病死と発表されたが、同月の清水富美加さんの件も相まって、こちらもまたボロボロになるまで無理な仕事を強要されていたのではないかという疑念がぬぐえない。
On February 8th 2017, Rina Matsuno, a member of the idol group “Ebichu”, died tragically and suddenly at the age of 18. Although her death was reported as due to illness, considering the terms of employment brought to light in Ms. Shimizu’s case, the thought that it might be due to extreme pressure from unreasonably working conditions is hardly out of the question.

2015年にオリコン週間シングルランキング1位を獲得したアイドル「仮面女子」。このグループに対する、運営会社社長からの性接待強要疑惑が、同年1月8日発売の「週刊文春」に報じられた。元メンバー4人が同紙にメールや写真、音声などの証拠を提示し、このうち2人が運営元社長の池田せいじ氏から性行為を強要されていた事実を生々しく語っている。告発は性関係にとどまらず、NHK民放各局での事務所によるヤラセ演出、グループ脱退時に違約金として実際に100万円を払わされたメンバーの存在も明かした。また、同年7月9日にはメンバーだった月宮かれんさんが自殺している。
This is the idol group “Kamen Joshi”, first place winners of the Oricon Weekly Single Ranking in 2015. On January 8th of the same year, “Shuukan Bunshun” reported allegations of sexual misconduct by the president of Kamen Joshi’s management company towards members of the group. Four former members provided evidence to the paper in the form of e-mails, photos, and audio recordings, and two members gave vivid accounts of Seiji Ikeda, former president of the company, coercing members into sexual relationships against their will. Beyond just sexual coersion, further allegations surfaced of manipulative editing by NHK commercial broadcast stations, and absurd financial penalties levied on members trying to leave the group. On July 9th of that year, Karen Tsukimiya, a member of the group, committed suicide.

また、そのような芸能界の卑劣な実態の中でも、見過ごすことのできない最も大きな”闇”がある。AKB48グループだ。すでに同グループを卒業した元メンバーの何人かが、関係者による性接待強要の事実を語っている。
And finally, among all the despicable practices of the entertainment industry, we come to a group no less tainted by controversy for its size and popularity. I am referring, of course, to AKB48 group. Some former members who have already “graduated” from the group tell of forced sexual exploitation by stakeholders in the AKB franchise.

1.2008 年にAKB48を卒業した中西里菜は、「週刊大衆」に自身の性接待強要の経験を語っている。アイドルデビューから間もない17歳の頃に30-40歳くらいの業界人に無理矢理ホテルに連れ込まれ関係を持たされたそうだ…しかもこれが初体験だったというから非常に気の毒だ…
2.16歳でAKBに加入した高松理恵も、AKB加入後間もない17歳の時に年上の知 らない人に強引にホテルに連れ込まれ初体験を奪われたと、雑誌のインタビューで語っている。「私の初めてを返し て~!」という彼女の言葉が悲痛さを物語っている…明記はされていないがこれも業界人による性接待強要だろう。ほぼすべての枕営業が強姦まがいなのかもしれな い…
3.同グループ元SKE48の佐藤聖羅も業界人に枕営業に誘われホテルの部屋まで連れ込まれた経験を暴露。そのときは「今日は気分じゃありません」と断りどうにかその場を逃げ出せたという。
1. Nakanishi Rina who graduated of the idol group in 2008 told weekly newspaper “Shuukan Taisyuu” about her experience with such exploitation. Reportedly, almost immediately after her idol debut at the age of 17, she was forced to have sex…her first experiences, no less… in random hotel rooms with men as old as 30 or 40.
2. Rie Takamatsu, who joined AKB at the age of 16, told a very similar story in a magazine interview, stating that she was forcibly taken to a hotel room by a stranger against her will at age 17, shortly after joining the group. Her own words, “give me back my first time”, are painfully telling.…Although not explicitly stated, there’s ample reason to believe this is sexual coersion by members of the entertainment industry, and nothing less than rape…
3. Sato Seira, former member of a related idol group “SKE48”, related similar experiences of being brought to a hotel room by entertainment industry executives. Though thankfully, she was able to refuse by claiming to feel unwell and escape abuse at the time.

これらの話がすべて本当だとすれば、暴露された性接待強要の事実は氷山の一角に過ぎず、AKB48グループ運営は全ての若いメンバーに性接待を強要していると考えてまず間違いない。純粋に夢を追って芸能界に飛び込んだ少女が、家族にも友達にも相談できずに気持ちを自分の内にとじこめ、泣き寝入りさせられている。そんな卑劣なことは絶対にあってはならない。AKB48グループの少女達は、悪い大人に屈し耐え続けることを「努力」とはき違えてはいないだろうか。
If these stories are true, there’s little doubt that these are only the tip of the iceberg, and that the AKB48 group’s management is forcing its young members into sex not as an exception, but as a rule. Young girls who jump into the entertainment industry in pursuit of their dreams can find themselves trapped within it, unable to seek help from friends and family, forced to suffer in silence. And as vile and depraved as this practice is, the victims may feel they have no choice but to tolerate it.

あなた方一般人は、AKBグループ運営による少女達に対する卑劣な性接待強要の実態を知って、それを見過ごすことができるだろうか。一般的な感覚を持っている人には、そんなことは絶対にできないだろう。また、我が子をAKBに加入させようとしている親は、最初から我が子が枕営業を強要されることをわかっていて我が子をAKBに加入させられるだろうか。そんなことができる外道な親はいないだろう。今すぐその愚かな考えを辞めるべきだ。また、AKBグループのメンバーを応援するファンは、運営による少女への性接待の強要は見て見ぬふりをして、アイドル活動を頑張れと言い続ける。そしてほぼすべてのファンは自分の推しメンの自由な恋愛を認めないのだ。それはあなた方のエゴと変わらないと思わないだろうか。
Knowing the depths and the nature of the sexual depravity at work within the bowels of AKB48’s management, and that of other idol groups, if you have a shred of human decency in you, can you stand to overlook this? If you’re a parent with children who dream of one day becoming idols themselves, and you know the kind of sexual coersion at work in the industry, can you truly allow your children to fall into the hands of men like these? We would hope nobody would be foolish enough to say Yes. If you’re a fan of AKB48 or any idol group, knowing the nature of the abuse in the industry, can you really ignore it and simply ask your precious idols to soldier on for the sake of your entertainment? Or for the sake of your own one-sided egotistical love affairs with them?

こんな事例もある。東京地裁(野山宏裁判長)は2005年12月21日、元アイドルグループ「フォーラッシュ」のメンバー3人が、所属事務所に売春を強要されたとして損害賠償を求めた訴訟で、事務所側に320万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決によると、所属レコード会社社長らは、CD制作費の一部を個人負担させ、1999年11月ごろ1回3万円で売春させようとした。社長らは「芸能界では当たり前」と開き直ったが、野山裁判長は「一般社会では通用しない感覚で売春を強要しており、不法行為だ」と戒めた。
Then there are cases like this. On December 21st 2005, the Tokyo District Court (presiding Judge Hiroshi Noyama) awarded damages of 3.2 million yen to three former members of the idol group “Four Rush” related to charges of forced prostitution by their management company. According to the ruling, the president of the affiliated record company made the members bear a part of CD production costs, and tried to sell sexual services by the members for 30,000 yen in November of 1999. Executives in the entertainment industry tried to claim that this was “normal in the entertainment world”, but Judge Nooyama rebuked this argument, stating that “in our society, forced prostitution isn’t just offensive to public morals, it’s illegal”.

自殺者まで出している芸能界による卑劣な性接待強要の実態。この問題は当事者の少女一人ではどうすることもできない。だが、少女たち一人ひとりが今置かれている環境が異常だと気付き、私たち一般人が彼女たちに同調し告発する勇気を持てば、芸能界の”闇”の暴走を止められるだろう。我々のように仮面で完全に自分を隠して構わない。今こそ芸能界、アイドルグループ運営による卑劣な枕営業強要の事実を批判し、抗議行動を起こすことから始めるべきだ。
Sexual coersion in the entertainment industry is very real, and very harmful, resulting in broken lives and even driving some to suicide. This is not an issue to be dealt with on a case-by-case basis, with each new tragedy existing in a vacuum. If we understand that the very environment created by the entertainment industry is abnormal, if we have the courage to join our voices together and accuse the industry as a whole, we…all of us…can begin to put a stop to this. Join us. If you feel scared for your safety, then use anonymity as a shield like we do. But either way, it’s time to start criticizing the entertainment industry and the idol business for what it is, and to start moving against it.

ここまで聞き遂げてくれた方々へ、この大義を支援するなら、このチャンネルに「芸能界の闇」という別シリーズを分社化します。そこにもっと詳しい情報が放送されます。
If you’ve made it this far and want to support this cause, we’re starting a side series on this channel, “GEINOUKAI NO YAMI”. There’ll be more information on the issue coming from there.

これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。
This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time… MACHIUKENASAI.

アノニマスの見解 Ep.3: 共謀罪、監視、そして執行費用

Hello internet. Welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
インターネットのみなさん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

And I hope you enjoyed all the politics in the last episode, because there’s yet more politics in this one.
前回のビデオは政治だらけだったけど、今回も政治だらけだから。

Okay, seriously, I know politics are boring. But don’t worry, we’re going to get to some practical stuff really soon. But first, we need to talk about the Conspiracy Law. I actually want to talk about what we should do in the face of the Law more than the Law itself, but a very brief primer may be necessary, so let’s get that out of the way.
いや、冗談だけど。政治はみんなの好みに合わないと知っていますが、今回のビデオでもうすぐプライバシーに関する実践的なアドバイスをするので、心配しないで。でも先ずは「共謀罪」法案の話をしなければならない。実際に法案よりも、仮定上の共謀罪法に対してどう反応すべきかについて話したいが、知らない方のために摘要ガイドを説明しましょう。

In 2000 the Japanese government signed the UN Convention Against Transnational Organized Crime, which has a pretty self-explanatory name. But even though they signed it, they haven’t ratified it yet because Japan is missing one important thing to be fully compliant with it: laws against criminal conspiracy.
2000年に、日本政府は「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を署名しました。名前を見ればすぐ分かると思う。条約を署名したけれども、今なお批准していません。その理由は、条約に完全に準拠する必要あるものの刑法に犯罪的陰謀処罰法はないからです。

I’m not a lawyer, so my understanding of this will be fuzzy at best, but to the best of my understanding, it’s always been illegal for individuals to plan a crime. But Japan has no laws that allow members of an organization to be collectively charged if the organization plans to commit a crime. The new Conspiracy Law would allow the police to treat members of a designated “criminal group” as suspects even if they haven’t committed any crime individually.
弁護士じゃないから、これについてはまだ完全に理解していないけど、知っている限りでは個人レベルで事前に犯罪を計画するのはすでに違反だったと思います。ただし、犯人グループがたとえ集団的に犯罪を計画するとしても、グループの一員を集団的に正式に告発することが出来ない。だからこそ共謀罪法で、グループの一員が個人レベルで犯罪に参加しなかったにもかかわらず、一員だからこそ容疑者扱いすることができます。

Naturally, this Conspiracy Law worries a lot of people, not least of all the Japan Federation of Bar Associations, the nation’s top group of lawyers. The fear is that the police will not limit the scope of these powers to “organized crime groups”, but to political groups as well. And if ordinary citizens know that simply being a member of a political group under police investigation can get them in trouble, it might have a chilling effect on their political activity.
「共謀罪」法案への不安が最近高まってる。特に、日本弁護士連合会が反対を表明しています。一番の心配事は、警察庁が捜査活動範囲を犯罪グループだけではなく政治団体にも視野を広げる恐れです。そして政治団体の一員であるだけによって調査を受ける可能性があると一般市民が知ったら、政治活動への関与は不当に還元されてしまうだろう。

This might sound like an extreme case, but it’s far more reasonable a concern than you may think. The National Police Agency in Japan has a very shady record regarding abuse of power. In 2016, police in Oita Prefecture were caught installing cameras to monitor opposition party and labor union members without a warrant or reasonable suspicion. In the same year, Tokyo police illegally used warrantless GPS tracking on suspects in an investigation. Even worse, the police were given specific instructions to hide the use of GPS tracking devices, even going so far as to hide it from official police documents.
極端な例のように聞こえるかもしれないが、考えられているよりも起こる可能性が高い。日本警察庁は権力の悪用に関する経歴が悪い。2016年に、大分県の警察が正当な理由もなく、労働組合と野党を監視するための隠しカメラを設置するで捕まれた。同年に東京の警察は不法に強盗容疑者の車にGPSトラッカーを仕掛けました。さらに悪いことに、警察庁はそういうGPS利用を隠すようにと明確な指示を出しました。捜査報告にGPS利用への言及を避けさえしました。

A quick search brings up many more examples. From the arrest of protestors to the infiltration of campus activist groups, the NPA’s selective law enforcement frequently has an ulterior political motive. The idea that any new powers under the Conspiracy Law will be abused isn’t a possibility, it’s an inevitability. If you doubt that, consider that Shigeru Ishiba, once the Secretary General of the LDP, publicly opined that “noisy protestors” should be considered equal to terrorists. That anybody in government feels comfortable voicing that opinion aloud should worry anybody when they’re seeking to give themselves this kind of power.
検索してみれば、多くの例が明らかになります。抗議者の逮捕から、学生運動家への潜入まで、警察庁による法律執行の選択的使用には政治的な傾向がありように見える。「共謀罪」法案からの新権力を警察に付与すれば、その権力の乱用は時間の問題だけだ。それにまだ疑問を感じる場合は、2013年に元の自民党幹事長石破茂は秘密保護法の抗議者をテロリストとして扱うべきと示唆したことをよく覚えて下さい。平気にそんな恐ろしいことを言える政治家が自分の権力を増したら、市民が恐るべきだ。

Now, of course you should be worried about the Conspiracy Law, and of course you should do everything you can to prevent it from coming into law. It’s been stopped multiple times between 2000 and now, so it is possible. But only protesting and waiting for politicians to fix this isn’t enough. Instead, I want to talk about what you can do right now to protect yourself from the Conspiracy Law and any other similar laws that might come after it. And all of my advice hinges on one principle. When the government uses the law unjustly, the best way to deal with it is to make enforcement impossible.
もちろん「共謀罪」法案に心配すべきです、そして出来る限り立法化も防ぐべきだ。2000年から複数回防げられたことあるからこそ、不可能だと思わないで下さい。でも抗議して政治家に任せるほどではない。その代わりに、「共謀罪法」あるいは同様の自由への脅威から保護するために今すぐにできることについて話したいと思います。重要な点は、いわゆる「偉い人」が不当な法律を作るのを防ぐ最善の方法はその法から執行可能性を奪うことです。

If you’re a member of a political activist group, an opposition political party, or a labor union of any type, the danger of the Conspiracy Law is that your organization may be arbitrarily deemed “criminal” by the police and put under surveillance. Even if you’ve done nothing wrong or illegal, your phone might be tapped, your e-mails and social media accounts monitored in the hopes that something can be taken out of context and used to shut down the entire group. In the face of that threat, your best defense is to make any such surveillance difficult or impossible. How do you do that? Simple. ENCRYPT EVERYTHING.
政治活動家、野党の支持者、あるいは労働組合員には、「謀罪」法案の危険性は監視の上昇です。何一つ悪いことをしなかったにもかかわらず、グループは任意に治安に対する脅威と見なされ、そしてメンバーの電話、メール、またはSNSアカウントは盗聴される可能性はある。盗聴されたやりとりは文脈を無視して解釈されたら、都合の悪い証拠は無視して支持する証拠だけを選び出したらグループを共謀罪で告訴できる。その脅威に直面すると、最大の防衛はその監視の達成を難しくあるいはできなくすることです。どうすれば可能ですか?簡単だ。何から何まで暗号化しろ。

Yes, everything. Every e-mail, every chat, every online conversation between your members should be encrypted. It’s eaiser than you think, and perfectly legal. Are you planning a hanami party by e-mail? ENCRYPT IT. Are you sharing a joke or a funny cat picture? ENCRYPT IT. Are you organizing a street cleaning activity? ENCRYPT IT. Mass surveillance thrives when it’s cheap and easy. Conversely, if every single communication… from the very important to the very mundane… is encrypted by default, surveillance becomes very difficult, very time-consuming, and extremely expensive. It will be limited by necessity, no matter what the Conspiracy Law says. So where to start? Here are a few simple things you can start doing today.
ありとあらゆるもの。全てのメール、全てのチャット、ネット上にメンバーのやりとり全部を暗号化すべきだ。考えているよりも簡単です、そして法的に何ら問題ない。メールで花見パーティーを計画しますか?暗号化しろ!可愛い猫画像や冗談を共有しますか?暗号化しろ!街路掃除活動の計画をしますか?暗号化しろ!集団的監視は格安であり簡単であれば増えます。逆に、重要であろうとなかろうと、全てのオンライン会話は暗号化されたら、監視は費用と時間のかかる努力になります。法的権限を問わず必要に迫られて制限されます。どこから始めてよいか?幾つかの実践的な提案言わせて下さい。

First, stop using big-name Social Media services for internal communication. Facebook, Twitter, LINE, and other major services are great for open communication to the public. For private internal use, though, they are terrible. They offer little to no encryption, and will usually give copies of everything you say to the police on request. Avoid at all costs.
先ずは、メンバーの内部連絡には有名なSNSを使うのをやめましょう。確かにFacebook、Twitter、あるいはLINEはPR活動に関して役に立つものです。しかしながら、プライベートな内部連絡に関して最悪です。暗号化するとしても非常に少ない、そして当局の要請に基づき無抵抗で会話の内容の写しを送ります。いかなる代償を払ってでも回避しましょう。

For internal communication, use services with a good reputation that offer end-to-end encryption. While you can and should do your own research, we have a short list of services we use and recommend. For e-mail, Switzerland based “ProtonMail” is a good choice. Communication between ProtonMail accounts is encrypted end-to-end by default, so even the company running the service can’t read them. Unfortunately, e-mails between ProtonMail accounts and other service accounts are not encrypted, so if you choose ProtonMail, it’s probably best if your entire team agrees to use it together.
内部連絡には終端間の暗号化を利用する評判の良いアプリを使いましょう。自分で研究をすべきだけど、我々が使用を薦めるアプリはあります。電子メールにはスイスに本拠を置く「Protonmail」は良い選択です。Protonmailアカウント同士のメールはデフォルトで終端間の暗号化されますので、メールサービスを提供する会社でもユーザーのメールをアクセスできない。残念ながら、Protonmailと他のメールアカウントの間のやりとりは暗号化せれてないので、この選択肢を選ぶならメンバーの全員がProtonmailだけの使用を推奨します。

Protonmail
サイト:https://www.protonmail.com
使い方:http://iseedbox.org/wp/2017/02/04/tutorials4protonmail/

For online chat and messenging, we prefer two services. CryptoCat offers secure, private one-to-one online chat. The content of your conversation is inaccessible to anyone but you and your friend, and even if the keys are stolen, they can’t be used to read future messages. Unfortunately, while an older version of CryptoCat had group conversations, the latest version hasn’t included this feature yet. The developer says he plans to add it in future, but another program, “Riot”, is a good choice for group chats. Riot can be accessed via browser, but also has a client for Windows, Mac, and Linux. Mobile apps exist for both iOS and Android, so it’s extremely flexible.
チャットと通信アプリには、2つの薦めあります。「CryptoCat」は安全安心マンツーマンチャットを提供します。チャット会話の内容はユーザーとその相手の間に暗号化される、そしてあるメッセージの暗号キーが盗まれても、過去と将来のメッセージに利かない。残念ながら、旧バージョンにグループチャット機能があったのに、最新バージョンにはまだ追加されてない。今後のリリースで追加される予定と言われますが、今使える「Riot」と名前のアプリはグループチャットには良い選択です。Riotをブラウザーで開くことができ、そしてWindows/Mac/Linuxクライアントもあります。iPhoneとAndroidのアプリ版もありますので、高度に柔軟なシステムです。

CryptoCat
サイト:https://crypto.cat
使い方:https://takata-sanshiro.com/?p=1573

Riot
サイト:https://riot.im
使い方:近日公開

For local file storage, VeraCrypt is a powerful program that allows you to encrypt files on your computer’s hard disk with a password. Without the password, the data is unreadable. While using Veracrypt for your important files is a good idea, we suggest using it for all of your files. As I said above, encrypting everything helps against unjust surveillance, and VeraCrypt isn’t too hard to use, so why not?
非共用ファイル記憶には、「VeraCrypt」というソフトはHDDに保存されたデータをパスワードで暗号化する効果的なプログラムです。パスワードがない場合、そのデータが読められない。もちろん大事あるいは秘密のデータにVeraCryptを利用するのはよい考えだが、重要であろうとなかろうと全てのデータにも利用する方が最善だと思う。前にも言った通りに、ありとあらゆるものを暗号化することは不当な監視に抵抗します。VeraCryptはかなり使いやすいので、使ってもおいて損はない。

VeraCrypt
サイト:https://veracrypt.codeplex.com/
使い方:http://www.gigafree.net/security/encrypt/VeraCrypt.html

Finally, you should protect your internet connection. Even with all these tools and software, your internet connection is still open to surveillance, whether by the police or by your ISP. The best solution? Use a VPN. A VPN encrypts all the traffic between you and the public internet, so not only is it harder to identify you online, but your ISP can’t monitor your activity either. There are many VPNs to choose from, and you should do your own research, but we use and recommend a service called Cryptostorm. For Windows users, setup and installation isn’t too difficult. For Mac and other users, it’ll take a little more work. But for the security you get, it’s worth the effort.
最後に、ネット接続を保護しなければならない。今まで紹介されたアプリやソフトを使っても、接続はネットサービス業者または当局に監視される可能性はあります。最善の解決策とは?それも簡単。VPNを使うことだ。VPNはPCまたはデバイスと公衆ネットの間の通信を暗号化するサービスです。ネット上にユーザーを同定されにくくするだけでなく、サービス業者はユーザーの通信も監視できなくなる。様々なVPNがある、そしてもちろん自分で研究をすべきだけど、我々は薦めるVPNは「Cryptostorm」です。Windowsへのインストールと設定はかなり簡単です。Macと他のOSの場合はいささか難しくなるが、高まった安全性を考えれば安い値段だと思う。

Cryptostorm
サイト:https://cryptostorm.is/
使い方:http://iseedbox.org/wp/2017/01/26/strongest-vpn-cryptostorm/ , http://iseedbox.org/wp/2017/01/28/howtouse-cryptofree/

Now, all this advice is good for communication online, but what about offline? Most groups want to have at least some face to face meetings with their members. Even here, there are a few things you can do to protect yourself. First, remember that almost all mobile phones, tablets, and computers have microphones in them. There’s a lot of malware and viruses that can be used to remotely activate those microphones and listen to your conversations. If you don’t think this is a real threat, just remember that in 2015, The Bureau of Public Safety had a meeting with the now-disgraced Italian company “Hacking Team” to talk about their program “Galileo”, also known as “Remote Control System” or “RCS”. And one of RCS’s many functions is remotely activating network microphones. Also, the recently leaked CIA information from Wikileaks, “Vault 7”, has more worrying information about the dangers of spying malware. The threat, unfortunately, is very real.
こういうアドバイスはオンラインやりとりに役立ちますが、オフラインで会うならどうすれば良い?たまにはメンバーが直接会いたいと思う。そのオフライン状況にも、プライバシー保護する方法があります。先ず、全ての携帯電話、スマホ、タブレット、そしてノートPCにはマイクロホンが内蔵されることを忘れないで下さい。既存ウイルスやマルウェアは盗聴のためにリモートからマイクを起動することができる。現実の脅威ではないと思えば、2015年に日本の公安警察は今や信用を失ったイタリアの企業「ハッキングチーム」と会議をしたことを覚えて下さい。その会議の目的は「Galileo」(別名:Remote Control System, またはRCS)と呼ぶソフトについて話す。そしてGalileoの機能の中には、リモートからネットワークマイクの起動は含まれている。さらに、最近Wikileaksによる広まった「Vault 7」というCIAに関するリークの中にもっと恐るべきスパイウェアと監視ウイルスについての情報があります。こういう脅威は残念ながら極めて現実的である。

If possible, the best thing you can do is simply not bring your mobile phones to your face-to-face meetings. Is there a coin locker in the building, or in the station near the building? Leave your phones in there for a few hours and pick them up after you leave. Use pen-and-paper, or offline IC recorders if you absolutely need to keep notes. If leaving your phone behind isn’t an option, consider using a makeshift Faraday Cage to block the signal. Put them in a fully enclosed metal container and wrap them in a few layers of aluminium foil to boot. It may not completely block the signal, but it should interfere with it considerably. If you’re serious about privacy, you could even consider buying a good Faraday Pouch for permanent use. Just make sure you do your research before putting down any money.
可能であれば、最善の解決策はただオフライン会議に携帯などを持ち込まないことだ。ビルあるいは近くの駅にコインロッカーがありますか?マイク付きの電化製品をそこ置いてきて、会議の後に引き取る。メモを取る必要あるなら、ペンと紙あるいはネットワークされないICレコーダーを使いましょう。スマホを置いてくることができない場合、簡易ファラデー箱の利用を検討しましょう。アルミホイルをスマホなどに何周か巻き付けて、さらに完全に囲まれた金属容器に入れましょう。電波が完全に止められるか保障できないけど、かなり妨げられる。プライバシーについて本気で考えれば、繰り返し利用するため電波遮断ケースを検討しましょう。もちろん買う前に、ネットで調査してね。

This might feel strange and maybe even crazy to go this far, but again… the malware exists. It is being sold to police around the world right now, and it has been used before. Ask yourself which you prefer: doing something a little crazy to protect yourself, or acting normal and making yourself vulnerable? You decide.
この程度まで保護するのは狂気に見えるかもしれないが、覚えといて下さい…既存マルウェアの存在はすでに確かめられた。今や売られて世界中の当局に利用されています。自問してください、どっちが好む?変なことをしてプライバシーを保護するか、あるいは普通に振る舞って無防備なままである?この決断は自分一人で下すしかない。

Whether we like it or not, we are living in a terrifying new age of total surveillance. It might make us feel uncomfortable, but if we want to protect our liberty and our privacy, we need to learn to change the way we communicate. Will you do all of these things? Maybe not. Will you do some of them? I certainly hope so. My only goal is to give you information. What you do with that information… is up to you.
好むと好まざるとにかかわらず、私たち全員が恐ろしいほどの完全な監視社会に住んでしまいます。この現実を直視するのはひどく不愉快だると分かりますが、自由とプライバシーを保護したいなら、コミュニケーションを取る手段を変える必要があります。我々の全てのアドバイスを守りますか?そうとは思わない。少なくとも部分的に従いますか?それなら満足できます。我々の目標は情報を提供することです。その情報で自分がやることは自分一人の判断次第です。

This is ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time… MACHI UKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.0

日本に関係する時事問題とネットプライバシー/自由のニュースをカバーするバイリンガルビデオシリーズ、「アノニマスの見解」です。
日本人と海外の人々両方が楽しめるように、英語の録音と日本語の字幕があります。
Ep.0はただ序ビデオだから、シリーズのフォーマットとトピック内容を説明します。最初のトピックビデオを来月に作る予定ですので、楽しみにして下さい。

====
記録
====
Hello internet. And Happy 2017. Here’s hoping this year’s less shitty than the last, but I haven’t exactly got my hopes up.
インターネットのみなさん、あけましておめでとう。新しいより良い一年になると願いたい…が、期待外れの結果になるだろう。

Fans of this channel (fans? really?) might remember the “Anonymous Japan News Update” video from a few years ago that nobody watched, largely because the audio quality was terrible. I’d originally planned to do monthly-or-so updates, but for various reasons that never happened and I ended up ditching the idea.
このチャンネルのファンは数年前の「アノニマス・ジャパン・ニュース」というビデオを思い出せるかもしれない。
音質は悪かったのであまり見られなかったと思うが。もともと月一回新しいニュースビデオを作る予定だったが、いろいろあって結局断念した。

But, recently, I’ve decided to revive it. In part because damn near everybody has a YouTube opinion show these days and I naturally want to jump on that bandwagon several years too late, but also because the things I wanted to accomplish with back then are still things I want to accomplish now.
でも最近、そのアイデアを再開することにした。一つには、最近意見欄的なYouTubeビデオがはやってるので時流に乗りたい。
そして成し遂げたいことは未完のままだ。

What are those things? Well, as I said in the first video all those years ago, news about Japan is criminally under-reported if it doesn’t fall into an acceptable spectrum of topics that people already know about and want to hear. Similarly, news about the world outside Japan is very regrettably filtered and distorted by local media to fit their own particular narratives.
「成し遂げたいこと」と言うと、どういう意味か?あのビデオの中で述べたように、型にはまった無難なトピックを除いて、
日本についての海外向けニュースは非常に矮小化(わいしょうか)されている。残念なことに、日本人向けの海外ニュース
も同様にマスコミによって完全に曲解されている。

But I’d like to assume there are at least some people outside Japan who’d like to know what’s really going on in here, and also that people inside would like to know what’s going on out there. And since I have a modest following online, and have some ability in both languages, why
not actually do something instead of just bitching about it?
だが日本でも海外でも、本当に起きていることを知りたい人々が居ると信じます。私にはネット上に多少なりともフォロワーが居るから、
そして日本語と英語でなんとなく意見交換できるから、そして日本語と英語でなんとなく意見交換できるから、その問題に対し何か手を打ちたいと考えた。

Before I get into topic matter, I’d like to take a little time to go over the format and pre-empt some of the questions I’m sure people are going to have.
ビデオのトピックとフォーマットについて詳しく述べる前に、ありがちな質問に答えたいと思う。

1) Why are you doing that weird shit with your voice?
1) 「何であの変な声?」

Force of habit, more than anything else. I know this type of voice scrambling can’t really protect against voice pattern searches or whatever, but using my natural voice seems thematically inappropriate. Consider it a stylistic choice. I was considering text-to-speech, but I think everybody would get sick of hearing that pretty quickly.
単なる習慣から音声偽装を使っている。この技術で音声解析に対抗できるとは思わないが、普通の声でアノニマス
として話をするにはなんだか抵抗がある。スタイルの好みと思って欲しい。音声合成を使おうとも考えたが、耳障りであるという点では大差ないだろう。

2) If this is Anonymous Japan News, why are you talking in English?
2) 「アノニマス日本なのに、なぜ英語で話すのか?」

This still comes as a surprise to some people, but it should be fairly obvious to most that my English is much better than my Japanese. In order to talk about the topics I want to, I think everybody is better served if I can articulate myself well. Instead of fumbling through babby’s first Japanese speech contest, I’m just going to speak in English and provide Japanese subtitles and bilingual transcripts in the description or on pastebin. Incidentally, I’d like to thank our volunteer translators for the hard work and cooperation.
意外に感じる人もいるかもしれないが、私の英語は日本語よりも流ちょうだ。だが、フォロワーの興味あるテーマについて話すためには、
フォロワーが見解をはっきり述べられる言語を使う方が良いと考えた。下手な日本語で話すよりも英語で話した方がいいと判断した場合には、
後で訳して、字幕を作って、YouTubeあるいはPastebinにアップロードする。ボランティア通訳者には感謝したい。

Unfortunately, I think a lot of the jokes and sarcasm won’t be able to get through in the Japanese subtitles, so it won’t be an exact word-to-word translation. But the goal here is to get the most important information across, not necessarily all the detailed nuance.
残念ながら、英語のジョークや皮肉が通じないので、完全に正確な翻訳ではない。でも本旨を理解してもらえれば、それで十分だ。

3) Are you going to monetize these videos?
3) 「このビデオを収益化するか?」

No. I want to be clear about that, this isn’t a donation drive or an ad revenue operation. My goal here is to communicate and inform, not make a handful of pennies a month making you watch ten second spots for Schick razors halfway through each video.
収益化は絶対にしない。募金もしないし、広告収益も生み出さない。
このビデオの目的は、情報を伝えることに尽きる。私は、わずかな金のために広告を無理やり見せるなんてくだらないと思っている。

More to the point, I am unable to monetize videos because doing so would force me to provide personal information to Google, and I’m really not interested in that. Of course, it’s possible you may see ads around the video anyway, because a lot of the clips and audio I’ll be using might end up Content ID’d. I’m planning to employ the Copyright Deadlock trick popularized by our boy Jim Sterling (HI JIM) to prevent anybody else from monetizing these videos, so you may see some odd clips or music choices here and there as a result of that. Hopefully it works, but in any case, I will not be receiving any jewgold from these videos.
何よりも、私はどうせ金を受け取ることができない。YouTubeアカウントを収益化するには個人情報をGoogle社に明かす必要がある。
そんなことをするつもりはない。だが、収益化しなくても、使用する映像や音楽の著作権の関係で広告が表示されるかもしれない。
第三者が得をしないように「著作権デッドロック」という技術を使ってみるが、、たまには不適当な画像や音楽があるかもしれない。
うまくいくことを祈っている。いずれにせよ、こういうビデオから利益を得るつもりはない。

4) You criticize Japan a lot. If you hate Japan so much, why don’t you leave?
4) 「よく日本について文句を言う。そんなに嫌なら、なぜ日本から出て行かないのか?」

This is a stupid question, but I’m putting it in here because I can almost guarantee you this’ll be in the comments at least once, if not a dozen times. It’s a stupid question because it assumes you can only criticize something you don’t like, and it also assumes that only natives to a country or culture are allowed to criticize it. People who’ve never lived in Japan long-term might find it strange that this needs to be said, but again, I can guarantee you that at some point during these videos I will be accused of being an anti-Japanese propagandist. For a lot of people, criticism of Japan by foreigners isn’t just a matter of opinion, it’s interpreted as a grave insult towards the country, which I think is an extremely unproductive attitude.
くだらない質問だが、残念ながらよくある質問だからこそリストに入れてある。なぜくだらないかと言うと、誤った前提に基づいているからだ。
先ず、批判は嫌悪と同等ではない。そして非市民は市民と同じく文句を言う権利があります。
日本に住んでいなかった外国人はこれを言う必要性を心得ていないかもしれないが、「反日〇〇人」と言われるのは時間の問題にすぎない。
一部の人は、外国人が日本について文句を言ったらそれは単に意見の表明ではなく、日本の尊厳に対する侮辱だと考えているようだ。
非生産的考え方だと私は思う。

For the Japanese viewers out there, I assure you I actually like Japan a lot. I wouldn’t live here if I didn’t like it. And if I criticize Japan, it’s because I see problems that negatively impact a place I like. Problems that affect not just me individually, but all residents of Japan, native and foreigner alike. There is such a thing as “constructive criticism”, and as a resident of Japan, it’s also in my best interests to keep the place where I live and work in good condition. And you can’t fix a problem if you never talk about it in the first place.
日本人のフォロワーには、私は日本が大好きだということを強調しておきたい。そうでなければ、私はこの日本に住み続けたりはしない。
そして、私が気に入っている所に悪影響を及ぼす問題があるから、文句を言う。日本人であろうが外国人であろうが、その問題は私だけではなく、
全ての人に影響を及ぼすからだ。私は建設的な批判の重要性を認識している。住民として日本の福祉に直接の個人的利害関係を持っている。
そして最初に問題について話さなければ、解決できるわけない。

Of course, not everybody is going to agree with my assessment about Japan. And that’s fine, they’re free to disagree with me. I actually prefer it if they do. If they make a good enough argument, I might even change my mind. But if anybody thinks I need to leave the country because I dislike one aspect of it, then they can fuck off. Especially since my ability to criticize Japan is protected by the Japanese Constitution itself. Free speech, bitches.
もちろん、全ての人がその批判に同意するわけではない。それに全く異存はない。むしろ反対意見を奨励する。
もっともな議論なら、自分の立場を考え直すかもしれない。だが日本のほんの一側面を好きじゃない人は出国するべきと思うなら、うせろ。
とりわけ批判する権利は日本国憲法に謳われた基本的で譲渡不可能な権利だから。言論の自由だ、クソ野郎。

With the preliminaries out of the way, let’s get to the meat of the subject matter. Around late November, early December last year, I did a Twitter poll to find out how much interest there was in these videos, and what kind of topics people wanted to hear about.
予備説明はこれで片付いたので、トピックの要点に進もう。11月末・12月上旬に、このビデオへの興味の程度を測るためのアンケートを行った。
どのようなトピックが関心を引くか知りたかったからだ。

For Japanese-language followers, there were 60 votes. Of those 60, 47% voted for Internet Freedom and Privacy as the most desired topic. 27% voted for Police abuse of power, 13% voted for TPP and unfair trade deals, and 13% voted for global war-on-terror news.
60人が回答した日本語のアンケートに、回答者の47%はネットの自由とプライバシーを選択した。
27%は警察権力の悪用を選択した。13%はTPPと不公正貿易協定を選択した。そして13%は対テロ世界戦争を選択した。

Among English-language followers, there were only 11 votes, but the results were at least partially similar. 46% voted for Net Neutrality and Privacy, 36% voted for Police abuse, and 18% voted for TPP and bad trade deals.
英語のアンケートに11人だけが回答したが、結果はだいたい同じ。回答者の46%はネットの自由とプライバシーを選択した。
36%は警察権力の悪用を選択した。そして18%はTPPと不公正貿易協定を選択した。

Some other comments in the thread suggested other topics such as the Japanese right-wing Uyoku compared to the so-called American “alt right” as well as other Asian right-wing groups, OpISIS, and threats to judicial independence in Japan. All of which are interesting ideas, and might get some time if I feel like there’s something interesting to say about them.
コメントから「その他」の例としては日本のネット右翼、米国のAltRight(オルタナ右翼)、アジアの右翼団体、アノニマスの反IIS作戦「OpISIS」
そして司法の独立性が挙げられた。どれも興味深いトピックなので、時間があればそれらについても話したいと思う。

While I’m potentially interested in all of the topics listed in the poll, I do want to give people what they’re interested in most first, so the main focus will be on Privacy and Net Freedom, with a few other topics mixed in here and there as they interest me.
あらゆるトピックに興味があるが、フォロワーが興味のあるものを優先したい。その点を考慮した上で、主にネットの自由とプライバシー保護に重点を置く。
気が向けば、他のトピックにも時間を取るつもりだ。

Specifically, I plan to provide info on any new privacy software, advice for Japanese Net users, and any underreported news stories on the topic.
具体的には、最新のプライバシー保護ソフト、日本のネットユーザー向けのアドバイスや過小報告されているニュースに関する情報を提供する予定だ。

Finally, a few caveats. Firstly, expect low production value here. As a one-man non-profit operation, there’s only so much time, effort, and hardware that can be put into this project. This isn’t an excuse to pardon shit videos, but just don’t expect too much polish. Secondly, I make no claims to be an expert in the topics I cover. These videos will be more editorial and opinion than anything else, so if you know more than me, don’t hesistate to say so. Maybe I’ll even learn something.
最後に、お願いがある。先ずは、高い質を期待しないで欲しい。一人による民間非営利活動だから限界がある。
質の悪いビデオの言い訳をしないが、あまり期待しすぎないで欲しい。次に、私はこういうトピックの一流の専門家だは思っていない。
こういうビデオは、最終的な分析というよりむしろ個人的見解である。私以上によく知っているというなら、ぜひ口を出してくれ。
私にも新しく学ぶことがあるかも知れないからね。

Speaking of comments, if you have any feedback or suggestions, leave them in the comments section below.
If you have insults or baseless aggression, that’s fine too. In English or in Japanese, both are fine. Expect the first official topic video to come as soon as possible, and until next time, Expect Us.
それと、ぜひ反応やコメントを受け付けたい。きつい言葉や憎まれ口でも歓迎する。英語と日本語のどちらでも大丈夫だ。
最初のトピックビデオを出来るだけ早く作るから、次回まで、待ち受けなさい。