アノニマスの見解 Ep.18:香川県の静止する日

Hello everybody, and welcome back to Anonymous no Kenkai.
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

Sadly, 2020 has turned out to be a more difficult year than anybody expected. We hope all of you are safe and taking care of yourselves out there.
残念ながら、今年はいささか辛い年始めとなってしまいましたね。皆さんのご健康を祈ります。

The Coronavirus has been dominating the headlines for weeks, and while it’s certainly newsworthy, it’s also made it easy for several other stories to get lost in the shuffle, one of which we’d like to address today.
最近、何週間も新型コロナウイルスが主な見出しを占めています。確かに報道価値のある状況ですけれども、おかげで他の注目すべき出来事が影に隠れてしまっています。実は今回、その影の出来事の1つに注目したいと思います。

In late 2019, the Kagawa Prefectural government proposed creating a bylaw which would set legal limits on the amount of time minors could spend playing video games. Under this proposal, children under 18 would be allowed to use their smartphones and play games for only one hour per day on weekdays, and 90 minutes on weekends. Additionally, Junior High School students will be forbidden from using their smartphones or playing games after 9pm, while High School students will have a curfew of 10pm.
昨年末に、香川県議会は未成年に関するゲームやスマホの使用に法的時間制限を提案しているところでした。この条例案によれば、18歳未満の人は平日にスマホやゲームの使用が60分に、そして週末に90分に限られていました。その上、中学生の場合は21時後に、高校生の場合は22時迄にスマホやゲームの使用は禁じられていました。

We mentioned this briefly in our last video, and unfortunately in the time since then, the proposal has become law. On March 18th, the Kagawa Prefectural Assembly approved the proposal with a majority vote, to go into effect starting April 1st. Currently, the bylaw lacks any penalties for noncompliance, instead requesting that parents enforce it voluntarily.
前回の動画で簡潔に述べましたが、残念ながらその後、その条例は可決されてしまいました。3月18日に、香川県議会は多数決で香川ゲーム条例を可決し、4月1日から施行されました。現在、条例には刑罰がありませんが、両親は自発的に実施することを求められています。

Of course, the global COVID-19 outbreak drowned out most news on the topic, but there was still a strong reaction online in Japan, and to a lesser degree in the media. While there were numerous criticisms of the bylaw itself, more worrying were a series of suspicious irregularities surrounding the bylaw’s review committee and public comment period.
もちろん、報道ではゲーム条例関連のニュースがコロナウイルスのニュースですっかり霞んでしまいましたが、それでも、日本のネットユーザーから、そして一部のデジタルメディアからも、反響を引き起こしました。条例そのものに対する批判も十分ありましたが、しかしより気掛かりだったのは条例の検討委員会またはそのパブコメに関する不審な活動でした。

Firstly, the review committee drafting the bylaw apparently didn’t keep any record of the minutes of their meetings… an unusual oversight, given this is stardard practice for almost any governmental committee.
まず、検討委員会は何故か議事録の記載の保持を怠りました。このような委員会での慣例からかなり異例のことですよね…

Secondly, during the public comment period, an unusually high number of comments came in; 2615 opinions in total. (info about other public comment periods here).
次に、募ったパブリックコメントに2615件の意見が寄せられました…意外と多いと思われます。

And in addition to being unusually high, a disproportionate number of the comments supported the bill… 2269 in total, over 85%. Only 334 comments opposed the bylaw. In contrast, among the 71 comments solicited from businesses inside and outside Kagawa Prefecture, 67 were opposed, with zero comments in support. Put together, all of these numbers cast doubts on the entire public comment process.
意外と多すぎる上に、不釣り合いなほど多くの意見は条例を賛成しました…2269件、つまり85%以上でした。反対意見はただ334件でした。全く対照的に、県内外の事業者からも意見を募っており、寄せられた71件のうち、反対が67件も占めました。賛成はゼロでした。全てこのデータを考え合わせれば、パブリックコメントの過程には疑いが掛けられています。

It didn’t take long for those doubts to feel justified. Reports surfaced online that a member of Kanagawa’s Kannonji City municipal government, an associate of the Review Committee Chairman and supporter of the bylaw, handed out forms to his friends and colleagues, asking them to check “support” or “oppose” boxes before filling out their opinions. The Representative reportedly collected these papers and delivered them to the Prefectural government himself. The entire process not only unfairly narrowed the matter down to a simple yes/no vote, it also implied pressure to agree with the City Representative handing out the paper. In fact, one paper showed signs of an “oppose” vote being crossed out and changed to “support”.
その後間もなく、パブリックコメントに対する疑いが正当化されていたようでした。香川県の観音寺市議会の議員(検討委員会委員長の知り合い、そして条例の賛成者)が自分で「賛成・反対の有無」「ご意見及びその理由」などと書いた紙を作って、知人や後援会のメンバーらに配布したという疑惑が浮上していました。50枚がその議員によって集まれて、まとめられて県議会事務局に送られました。ニュアンスを付加した意見を単純な賛否投票に変える上に、紙を配った議員と同意する圧力も暗示します。しかも1つの紙に、反対意見はねじ込められて賛成に書き直された兆候を示します。

Even more concerning was a letter received by the digital news outlet Netorabo, published on their Twitter account. In the letter, an employee from a company in Kagawa Prefecture claimed their boss asked to use the names of employees to send pre-written public comments in support of the bylaw. The authenticity of the letter remains unconfirmed, but if true it would explain the unusually high number of comments received.
さらに不吉なことは、デジタルメディアサイト「ねとらぼ」に届かれたある手紙です。彼らのTwitterアカウントにも表示される手紙によれば、香川県の不特定の会社の社員が条例に賛成のパブリックコメントに名前や住所を記入するよう上司に頼まれた。手紙の真正性は確認されていませんが、本当の話ならパブリックコメントの驚くほどたくさんの意見を説明可能になるかもしれない。

Considering all of the above information, it certainly seems as though some people in Kagawa Prefecture were very eager to have this bylaw passed by any means necessary. But the question remains, why? What is it about video games that has Kagawa Prefecture’s politicians so worried?
以上の情報を考えると、香川県の一部の人達にとってゲーム条例の成立は非常に大切だったように見えます。しかし彼らがなぜゲームにそこまで心配するのかという疑問を提起します。

The answer to that question comes with a name… Susumu Higuchi, Director of the government-run Kurihama Addiction Center. Doctor Higuchi’s main area of research is treating alcoholism, but he’s branched out so-called “gaming addiction” as well. Higuchi is a frequent collaborator with the World Health Organization, and was one of the voices supporting their decision in May 2019 to add “gaming disorder” to their International Classification of Diseases. Doctor Higuchi’s opinions on this so-called “gaming disorder” come up frequently among supporters of Kagawa’s bylaw, and it’s fair to say that his research is the foundation upon which it was built.
疑問への答えはとある人物の名前という形でもたらされます…国営の久里浜医療中毒回復センターの院長である樋口進先生です。樋口先生の主な焦点はアルコール中毒ですが、多角化していわゆる「ゲーム症」にも進出していました。世界保健機関(WHO)との研究協力者として、去年5月の「ゲーム症」を国際疾病分類(ICD)に追加する判断の支援者でした。樋口先生の「ゲーム症」に関する研究は度々ゲーム条例の賛成者に引用されるので、その研究は条例の基礎となったと言ってもいいでしょう。

Interestingly, the WHO’s connection to this matter has some sinister implications, given how blatantly supportive of China they’ve been lately. As we noted in our last video, Kagawa’s bylaw is almost a carbon copy of a similar law passed in China last year. Seeing China, the WHO, and the Kagawa Prefectural government walk in lockstep in this matter is worrying, even if there’s not necessarily reason to believe they’re overtly coordinating at this time. But even putting the WHO and China aside, there’s more than enough to criticize in Kagawa’s bylaw itself.
興味深いことに、最近の中国贔屓(びいき)の立場を考えると、この件についてWHOの繋がりには気掛かりな「暗示」があります。前回の動画で述べた通りに、香川のゲーム条例は中国のゲーム法に驚くほど似ています。必ずしもお互いに協力しないと考えても、中国、WHO、そして香川県議会がこんなに足並みをそろえて移動するなんて懸念をもたらすべきだ、と我々は考えています。しかしWHOや中国をおいといて、ゲーム条例そのものに対する批判すべきことが十分あります。

For one, there isn’t broad agreement in the medical community that “gaming disorder” is even real, and the research on it is far from conclusive. In 2019, critics of the decision to add “gaming disorder” to the ICD cited fears that doing so would only spark a moral panic. If we look to Kagawa as an example, that criticism seems very valid.
まずは、「ゲーム症」というものが本当に存在するかどうか、医学的な統一見解がありません。そしてその研究は決定的というには程遠い。「ゲーム症」をICDに追加する判断の批判者はモラルパニックをもたらす恐れを持ち出しました。香川県の条例を見ると、その恐れは無理もなかったように見えますね。

But beyond that, the bylaw represents an unwelcome intrusion by government into the private lives of citizens. Does the Kagawa Prefectural government believe parents aren’t capable of making their own decisions without government instruction? If the bylaw has no penalties, and parents are expected to enforce it voluntarily, why should the bylaw even exist? Why should legal activities have arbitrary time limits set by the government?
しかしそれより、この条例は地方政府による市民の私生活への介入を示します。政府の介入を要するほど、香川県議会は市民の育児能力への信用がそんなに低いのでしょうか?どうせ条例には刑罰がなく、両親は自発的に実施する必要があれば、そもそも条例など不必要ではないのでは?他の点では合法的行為に対し政府が制限時間を定める権利があるのでしょうか?

Will penalties be added to the bylaw in the future? This could create an opening for even more authoritarian government overreach into the private lives of citizens. And with Kagawa setting this precedent, other Prefectures may find it easier to create similar laws of their own.
今後、条例には刑罰が追加されるのでしょうか?これがきっかけで、さらなる権威主義的な統治機構が出現し、市民の私生活への過剰な干渉をもたらすではないでしょうか?そして香川県がこの前例を作ってしまったおかげで、他の県議会が同じような条例を作りやすくなってしまうのではないでしょうか?

Will software or hardware makers be asked to modify games or smartphones to comply with the bylaw? The ability to track users by age and usage time would create more opportunities to expand the survillance state.
ソフトウェアやハードウェア開発者は条例に従うために、これから技術を修正する必要性に差し迫られるのでしょうか?ユーザーの年齢や利用履歴を収集できる機能は、さらに確実に監視社会を拡大することでしょう。

Lastly, why is this bylaw so narrowly focused on games and smartphones? If children watch TV or read comics, is this more acceptable than doing the exact same activity on a phone? If so, why?
最後に、何故この条例はゲームやスマホだけに焦点を絞るのでしょうか?未成年がゲームやスマホの代わりにテレビを見たり読書をしてもOKなのですか?何故でしょうか?

It is interesting to note how this law only seems to target new and alternative media…favoring established legacy businesses like TV stations and book publishers over their online rivals. In an era where young people in Japan are favoring YouTubers over TV stars, and independent creators over corporate mouthpieces, is this bylaw an attempt to prop up legacy media companies?
興味深いことに、この条例は新しい、「オルタナティブ・メディア」だけを狙っているように見えます。オンラインのライバルより、テレビ放送局または書籍出版社という旧来のメディアを依怙贔屓(えこひいき)しているように見えます。未成年がタレントよりユーチューバーを、企業より独立クリエイターを好む時代に、この守旧的な条例は旧来メディアを守るために成立されたのでしょうか?

The fact is, no matter what motivations are behind this bylaw, it’s a worryingly authoritarian encroachment on the freedom of Kagawa’s citizens. The government has no business mandating how parents are meant to raise their children, and they have no right to place arbitrary limits on otherwise legal activities. This bylaw needs to be challenged in court and overturned as soon as possible, before it becomes the new normal.
実際に、この条例の本当の目的は何であるかとしても、恐るべき香川県市民の私生活への侵害にすぎません。両親の育児方針は政府の関知するところではなく、また合法的行為には政府は制限時間を定める権限がありません。香川県のゲーム条例が人々にとって普通の事として新たに定着する前に、法廷で異議を唱え争われるべきです。

If you’re a resident of Japan, in or out of Kagawa, the best thing you can do is talk about this problem with as many people as possible. If you’re outside Japan, spreading awareness of Kagawa’s draconian new bylaw with others can still help. There are many out there who don’t know about this, or if they do, they don’t fully understand just how authoritarian the Kagawa Prefectural government is being. It may not be the most important thing in the world compared to the Coronavirus, but it still deserves to be talked about. And if ever there was a time for Gamers to Rise Up, it would be now.
この動画を見ているそこのあなた!もし日本にお住まいならば(香川県の内外でも)、どうかできるだけ多くの人々とこの問題について話してみて下さい。海外にお住まいの方でも、まわりの人々に香川県のゲーム条例について教えるだけでも助けになります。まだ、多くの人々が知らされておりません、たとえ知っていたとしても、香川県議会の権威主義を理解しない人々が多いのです。新型コロナウイルスパンデミックと比べると、今世界で最も重要なことではないと皆さんはお考えであるかもしれません。とはいえ、まだ取り扱うべき問題であると我々は考えます。世界中のゲーマーが立ち上がる時があるとしたら、今がまさにその時です。

This was ANONYMOUS NO KENKAI… and until next time, MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.17:資本主義ふりをする中国

Hello everybody, and welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

It’s been far too long since our last episode, but there’s been no shortage of projects to keep us busy, and my English-language Bitchute series, “No One Cares” has been eating up a lot of my time as well. But a topic has finally emerged that needs our attention, because today we’re going to talk about China. More specifically the Communist Party of China, and their foreign policy.
お久しぶりです。前回の動画から随分と長い間が経ってしまいました。プロジェクトが山のようにあるおかげで、いつも忙しくなってしまいます; 特に、英語のBitchuteシリーズ「No One Cares」には多くの時間費やしてしまいました。とはいえ、ついに我々の注目に値する新たなトピックが現れました…「中国」です。具体的に申しますと、「中国共産党」、そして彼らの「外交政策」についてです。

China made headlines several times throughout 2019, for a variety of reasons. Their Social Credit system has earned our attention in previous videos, and earned revulsion and horror from people the world over. China’s behaviour in response to protests in Hong Kong has also earned the world’s attention and criticism, even if more in the independent media than the mainstream.
様々な理由で、中国の行動は2019年に世界中で大きく報道されました。我々の動画にも「中国の社会信用システム」が取り上げられました、もちろん世界中が嫌悪感を抱きました。香港での抗議に対する中国の行動は世界中の注目と批判を浴びています。(主流よりも独立系メディアでより多く批判を受けましたが…)

But it was actions regarding their financial stake in foreign businesses that made the most waves. In October of 2019, two major incidents caught the public’s attention. First, the Chinese government demanded an apology from the NBA when General Manager Daryl Morey of the Houston Rockets tweeted in support of Hong Kong protestors, causing China to cut off broadcast of their games as punishment. Almost within the same week, Activision Blizzard punished E-Sports player Blitzchung after he spoke in support of Hong Kong independence during a Hearthstone tournament livestream.
しかしながら、先程述べた問題よりも中国における対外投資の方が、実際のところ最も注目を引きました。2019年10月に、2つの事件が世間の注目を集めました。ヒューストン・ロケッツのダリル・モーリー・ゼネラルマネジャーが香港デモを応援するようなツイートを投稿しました原因で、中国政府は米NBAに謝罪を要求しました、そして罰としてNBAゲームの放送を停止しました。その週の後になって、ハースストーンの世界大会に、eスポーツプレイヤーBlitzchungは同じく香港デモを支持する声明のせいで、米ゲーム大手のBlizzard Entertainmentからペナルティを受けました。

In both cases, Chinese investment in a foreign company was used as leverage to pressure them into censorship in line with Chinese policy. In essence, China exported its censorship to other countries through its foreign business ties. The phenomenon became public enough that it garnered a response from President Trump, and even an episode of South Park.
両者のケースでは、中国の対外投資を武器に海外諸企業は中国の政策に沿った自己検閲するよう圧力をかけられました。基本的に、ビジネス上の関係を介して中国政府はアメリカへ検閲政策を輸出しました。事態があまりにもあからさまだったため事が大きくなり、トランプ大統領からの批判を招きました、そしてサウスパークのとあるエピソードで、この検閲騒動がネタとして使われました。

Of course, this is hardly new. It’s already common knowledge that Hollywood has been designing its movies to maximize marketability in China for several years. Google briefly planned to design a censored search engine for the Chinese market, before (at least ostensibly) abandoning the plan in 2018 due to internal protests.
もちろん、このような出来事は今に始まったことではありません。ハリウッドにおいて、映画の脚本が何年間にも渡り中国政府の意向及び中国市場の動向に沿って書かれていることは、よく知られています。グーグル社は、中国市場のために検閲機能付きの検索エンジンを用意しようと画策しましたが、2018年に自社社員からの抗議の原因でプロジェクトを打ち切りました(少なくとも表向きは)。

But even considering that, the recent growth of Chinese foreign investment (particularly in the video game industry) has been notable. As of late 2019, the Chinese entertainment giant Tencent has acquired stakes in over a dozen different gaming companies ranging from 5 to 100%, including well known names like Riot, Epic, Ubisoft, Activision, and Discord. Early 2020 even saw Japan’s Platinum Games accept a capital investment from Tencent as the basis of a partnership. While Platinum’s CEO assured fans that the partnership had no effect on the independence of the company, the news nonetheless raised some eyebrows.
とはいえ、これらのことを考慮するとしても、中国の最近の対外投資の拡大(特にゲーム産業に対して)は非常に目立ちます。2019年末期において、中国の娯楽産業の巨大企業Tencentは12社を越える企業に、5%から100%までの株を取得していました。Riot、Epic、Ubisoft、Activision、そしてDiscordなどの大手企業も含まれています。今年初頭、日本のプラチナゲームズ株式会社はTencentから資本投資も受けました。プラチナゲームズの独立性に影響をもたらさないという社長からの発表にもかかわらず、そのニュースは多くのゲームファンの不安をかき立てました。

And with good reason. Chinese investment in the gaming sphere has come with several strings attached in the past. Tencent’s 5% stake in Ubisoft, for example, came in exchange for being a silent partner with no option to expand its voting rights. But in Novermber of 2018, Ubisoft tried to change the visual elements of its game Rainbow Six Seige globally in line with Chinese standards. This was quickly reversed after fan backlash, but regardless Tencent’s lack of voting rights in the company didn’t seem to have any effect on its ability to dictate changes.
そして、不安を感じる理由は十分にあります。これまでに、ゲーム産業における中国から条件付き投資の例は数あります。例えば、TencentがUbisoftの5%の株を取得した時、Tencentを経営における議決権の一票として数えない、従って経営方針に口出ししない「サイレント・パートナー」として投資することを条件として株主として認められました。それにもかかわらず、2018年11月にUbisoftは「レインボーシックス シージ」というゲームのビジュアルをグローバルに中国の政策にかなうように変更しようとしました。ファンからの反発のおかげで決定は撤回されましたが、Tencentはサイレント・パートナーであるにもかかわらず、それでもUbisoftの決定を左右できるに見えます。

In July of 2019, Taiwanese game maker Red Candle was forced to pull their latest game offline after the Chinese government revoked the business license of their Chinese distributor. The reason? The game featured an image of a Winnie the Pooh meme mocking President Xi Jinping.
2019年7月に、中国政府は中国国内のとある流通業者の事業免許を取り消した後、台湾のゲームスタジオRed Candleの最新ゲームの発売を完全に停止しました。その原因は、習近平国家主席を「クマのプーさん」に見立て嘲笑うといった内容のミームがゲームの中に仕込まれていたことです。

But why does any of this matter? Well, game fans certainly don’t want to see their favorite games censored by China. But even people who’ve never played a video game have reason to be worried.
それにしても、なぜこの件が重要なのでしょうか?もちろん、ゲームファンは贔屓のゲームを中国によって検閲されるところを見たくはないでしょう。しかしながら、この件に関してはゲームファンはもちろん、ゲームを一回もプレイしたことがない方でさえ心配すべき十分な理由があるのです。

In 1978, China’s economic reform was hailed as a first step in making the country more free. The theory was that economic incentives would encourage the government to allow greater liberty for all. The degree to which this has been successful is open to debate, but it all hinges on the assumption that China’s motives for participating would be just to make more money.
1978年に、中国の改革開放はさらなる自由化における最初の第一歩として歓迎されました。一般的見解は、経済的誘因は政府が市民に自由を与えるよう促すことでした。成功の度合いについては議論の余地のある問題ですが、中国が参加する理由は経済的利益を得るためであるという前提にかかっています。

But what if that wasn’t the main reason? Money, after all, is just an abstraction for access to resources. Control over resources equals power. And if there’s one thing an authoritarian government wants a monopoly on, it’s power. I would argue China’s real motive for participating in the global economy was more about exerting power over others; make as much money as possible through State controlled companies, and then invest that money in foreign businesses, or attract them into the country. Afterwards, the threat of withdrawing those resources can be used to manipulate those companies into toeing the Chinese line.
とはいえ、中国の《真意》とは一体何なのでしょうか? マネー(お金)は基本的に資源へのアクセスの抽象的目安にしか過ぎません。資源の支配権こそが権力への鍵なのです。そしてまた、独裁政権は飽くなき権力の独占を渇望するものです。世界経済に参加する中国の真の動機は、「他の国にも中国内の権力を及ばせる」ことであると考えられます。国営企業を利用しできる限り利益を得て、さらに対外の企業に投資することで、中国市場に惹きつけます。そして、その時に「投資の撤退」という選択肢が、対外企業を中国政府の方針に従わせるのです。

And if we use Hollywood and the gaming industry as an example, it’s obviously working. Large companies often cite the need to access the Chinese market to ensure future growth. And for small game studios, employees speaking off the record have admitted that access to the Chinese market can be the difference between staying afloat or going under.
例えば、ハリウッドとゲーム産業が良い例です。そして、それはかなりの効果を発揮しているように見えます。大企業は組織の成長を確実にするために、しきりと中国市場への参入の重要性を説きます。また消息筋によれば、中国市場が事実上、全世界の売上の成否を分ける分水嶺となってしまっているという忌まわしい事実を、某零細ゲームスタジオの従業員も(オフレコのインタビュー)で暗に認めています。

Some would argue that this isn’t exclusive to China… and they’d be right. Any nation with enough market power can play the same trick, and some have. And no matter who’s doing this, it’s a problem. It uses the economy as a weapon to subvert the free will and agency of individuals, and left unchecked it also undermines the sovereignty of nations. Japan is already starting to imitate Chinese Social Credit with things like Line Score and J-Score, and the recent move by Kagawa Prefecture to set legal time limits on playing video games sounds uncomfortably similar to a Chinese law passed just last year. And the last thing any country needs to do is be more like China.
何も中国に限った問題ではないという反論もあります。正にその通りです。十分に市場を支配できるマーケット・パワーさえあれば、どのような国でも同様のことができます。実際にこれまでにも同じような先例があります。とはいえ、たとえ、どのような国が加害者であったとしても、これは由々しき問題です。個人の自由意志がねじ伏せられますし、吟味がなされないままでは国家主権が損なわれてしまうでしょう。日本はもう既に、「LINEスコア」や「Jスコア」で中国の社会信用システムを《模倣》しているのです。というのも、昨今の香川県におけるゲーム規制条例は、去年可決されたとある中国の法律に驚くほどよく似ています。間違いありません!中国と似たような行動は絶対に避けなければなりません!!

So what can we do about it? There are no easy answers, of course, but there are a few things we can at least keep in mind. As individuals, we can withdraw our financial support from companies that bend the knee to China, and give our support to companies that resist. On the national level, countries should keep their sovereignty and independence in mind when crafting trade policy. The United States, for example, has been criticized for engaging in a trade war with China… but the fact is, US trade restrictions can actually help smaller nations wean themselves off dependence on the Chinese economy. Japan in particular would do well to use this opportunity to shift away from China and cooperate with other nations in the region instead.
では、どのようにすれば良いのでしょうか?確かに安直な答えなどありませんが、いくつか覚えておくべきことがあります。一個人として、私たちは中国の検閲と協力する企業への(商品購入という名の)財政支援を止めて、検閲を拒否する企業へ支援先をチェンジすることができます。国家レベルにおいては通商政策を発案する際、主権と独立性が適切に保障されているか吟味することができます。近頃アメリカは、中国との貿易戦争で批判されていますが、実際にアジア近隣諸国はこの機に乗じて、中国への依存度を軽減させることもできます。特に日本は中国から距離を置き、他のアジア諸国との絆を深めるべきです。

Companies caught in this conflict have an ever harder decision to make. Money is the lifeblood of a business, and few would voluntarily choose to make less of it. But chasing short-term profit makes it easier to be manipulated into self-destructive choices by bad actors. And if the only way for a company to succeed is to play by the CPC’s rules, then perhaps the only winning move is not to play at all.
とはいえ、この状況に巻き込まれてしまう企業はかなり難しい決断を迫られています。利益獲得はビジネスでの成功に不可欠です、そしてビジネスチャンスを自ら棒に振る企業はまず存在しないでしょう。ただ、短期的利益を至上とする企業は簡単に騙されて、自らの利益をふいにすることでしょう。ゲームに勝つための唯一の手が中国政府の押し付ける不当なルールへの屈従のみならば、唯一の最善手は「最初からゲームプレイ自体に参加しない」ことなのかもしれません。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time… MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.13: 「グローバルの基準」という嘘

Hello again everyone. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」へおかえりなさい。

I apologize for another long delay. Our “OFFLINE” game needed a lot of time to organize, so there was less time to focus on this series. Congratulations to the winner in Tokyo, by the way. Osaka and Nagoya are still unfinished, so if you’re in the area and want to participate, please do. I’ve also been working on the “No One Cares” series over on Bitchute, which is unfortunately English-only. I wish I could translate those into Japanese, but they’re more casual videos so it’s difficult to transcribe and translate on my own. But recently, a new topic appeared that I thought needed to be addressed, so we created this video. This is a topic related to the foreign world, but it affects Japan so Japanese people need to hear about it. But first we need to start with some background.
投稿が遅れて、また頻度が低すぎて申し訳ございません。「OFFLINE」のゲーム管理に時間がかかってしまいまして、ここ最近、動画制作に集中できませんでした。そして東京の勝者の方、おめでとうございます。大阪と名古屋はまだ解決されていないので、該当地域の方は是非ご参加下さい。Bitchute独占シリーズ「No One Cares」も時間がかかるけど、残念ながらそれは英語のみです。訳すことができれば良かったのですが、台本なしの動画なので自分で翻音して訳す時間がありませんでした。しかし最近、何としてでも取り扱うべきトピックがあらわれたので、この動画を作りました。このトピックは海外に関するものですが、日本にも影響を与えるので、日本の皆さんがこれについて知っておくべきことだと判断しました。というわけで、まずはこのトピックの背から説明することにしましょう。

Starting in mid-October 2018, a number of Japanese adult game makers publishing through Sony on the Playstation 4 announced that some of their content would either be censorsed, or outright removed. On October 13th, Developer XSeed Games announced that the “Intimacy Mode” from Senran Kagura Burst Re:Newal needed to be removed from the PS4 version of the game, leading to delays. Later on Octorber 15th, website “OneAngryGamer” reported that this was due a new policy by Sony Interactive Entertainment that restricted fanservice content.
始まりは10月中旬、ソニーを通してPlaystation 4向けに発売している多くの日本のアダルトゲームメーカー各社が、自社コンテンツの検閲、または徹底的な削除を発表しました。10月13日に、パブリッシャーのXSEED Gamesは「スキンシップモード」をゲームから削除するため、PS4版『閃乱カグラ Burst Re:Newal』の発売日を延期すると発表しました。10月15日に、ゲームニュースサイト「OneAngryGamer」がその削除はソニーのアダルトコンテンツに対する新しい政策によるものだと報告しました。

From there, the news got worse. In late October, it was reported that all PS4 versions of “Nora to Oujo to Noraneko Heart” had their fanservice scenes lazily and obviously censored not only in the Western release, but the Japanese release as well. Furyu’s “Yuragi-sou no Yuuna-san” had its fanservice scenes similarly censored across all releases. In early November, it was reported that adult-oriented features in the PS4 version of “NekoPara” were being removed while Switch and PC versions remained unchanged.
それから、状況がさらに悪化しました。10月下旬に、「ノラと皇女と野良猫ハート」のPS4版に、成人向けシーンがずさんなやり方で検閲されたとの報がありました。海外版だけでなく、日本版にもです。また、フリューの「ゆらぎ荘の幽奈さん」も同じく日本版まで成人向けシーンを検閲されてしまいました。さらに、11月上旬に、PC版とSwitch版では全く同じ内容であるもかかわらず、「ネコぱら」のPS4版から成人向けコンテンツも削除されたとの報もありました。

It wasn’t until early December that SIE Japan president, Atsushi Morita, commented on the policy, stating that “it’s simply a matter of matching global standards. As for the freedom of expression… we have to think about what might be unpleasant for children and shield them from those things while also thinking and assessing ways to find a balance”. A particularly confusing comment, given that none of the above listed games were targeted at children, nor likely be to be bought or played by them, barring highly irresponsible parents.
12月上旬になった初めて、ソニー取締役盛田氏はその成人向けコンテンツの政策についてコメントしました:「表現規制に関してはグローバルの基準に合わせただけ。表現の自由と子供への安全とのバランスを考えると難しい問題であるとは考えている」 意味不明なコメントですね …以上のゲームは子供向けの作品ではありません。その上、子供がこのゲームを買って遊ぶ可能性は低いと思われます(無責任な両親でなければ)。

Compouding this issue is the fact that developers of Japanese games now need to submit their games for inspection and approval through SIE’s headquarters in America. In English. And not just for Western releases; all games, even Japanese language games for the Japanese market. This is a punishing move for many smaller studios, some of which will have little or no English ability. Combined with the censorship policy, this will have the effect of discouraging ecchi and ero games on the PS4 globally, creating financial stress for a lot of companies, and for no real reason.
問題を悪化させる原因は、ゲームを発売する前に日本の開発会社はSIEアメリカ本部の最終承認を得らなければならないことです。英語でね。海外版のゲームだけでなく、日本版も。ビジネスを目的とした英語を使えない弱小メーカーには手厳しい政策でありましょう。検閲政策と結合して、これはPS4版の成人向けゲームの開発を妨げる効果をもたらすでしょう。理由もなく、様々な開発会社に財政的圧迫がかかります。

Needless to say, most Japanese fans reacted with anger and disappointment, many asking themselves why this was happening. Some might blame the 2020 Olympics, and it’s certainly true that many Japanese businesses and politicians want to sterilize Japan’s image ahead of the event. But the reality is, Sony and Japan may have found themselves caught up in a culture war they don’t fully understand.
言うまでもなく、日本のファンは失望と反感で反応しました。多くの人は検閲が起きている理由を不思議に思うでしょう。2020五輪のせいにする人もいます、そして確かに五輪に先立って企業と政治家は日本のイメージを無理やり綺麗にしたいのだと思っていることでしょう。しかし実を言うと、ソニーと日本が知らないうちに海外の文化戦争に引き込まれてしまったのではないかというのが本当のところでしょう。

What many Japanese people might not know is that the Western world, particularly the English speaking internet, is in the middle of a culture war right now. There’s far too much to talk about on this topic than can be accurately summarized. Any number of good videos, blogs, and articles have been written on the subject, nearly all of them English, and there just isn’t enough time to translate them all…even though I wish I could. So for now, a very brief and incomplete summary will have to do.
多くの日本の方々はおそらく知らないのかもしれませんが、西洋世界(特に英語圏のインターネット社会)が文化的内戦の真っただ中にあります。残念ながら、この内戦の歴史は一つの動画だけで説明するにはあまりに複雑多様です。このトピックに関する様々な良い動画、ブログ、そして記事がありますが、残念ながら全て英語です。そして全部を訳す時間がありません(できればどんなに良い事でしょう)。今回のところは、不十分ではありますが簡潔に要約しましょう。

One side of this war is the so-called “Social Justice Warriors” or “SJWs”, though for my purposes I’ll just call them the Censors. These are people who obsess over race, gender, sexuality, hate speech, and political correctness in all things at all times. These people have always existed, but in recent years they’ve become more aggressive and authoritarian, trying to force their vision of a better world on everybody around them whether they like it or not. Many of these people are activists or NGO workers, but a good portion also work in big tech firms and media, whether mainstream or digital.
内戦の片側に、いわゆる「SJW」すなわち「ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー(Social Justice Warrior)」と呼ばれる「活動家」が存在します、でも今回のトピックのために以下「検閲屋」と呼びます。この人たちは常に人種、性差、性的、ヘイトスピーチ、そして社会正義が気になって仕方ない。こういう人たちが常に存在していましたけれど、最近はいつもより攻撃的、そして権威主義的になってしまっており、よく自分の意見を他人に押し付けてしまっています。多くの「検閲屋」は活動家またはNGO関係者ですが、アメリカの大手テック企業またはマスコミ(主流もデジタルも)に対して影響力を持つ人々もいます。

The other side lacks a catchy name I like, so we can either call them the Shitposters or the Free Speech Axis. These are people who like the idea of free speech, and want the freedom to speak openly and post content online, even offensive or controversial content. Most people associate this with imageboard culture, which is at least partly accurate. To the Shitposters, hurt feelings or political correctness are not a good enough reason to censor or restrict free expression, and they’ll be happy to oppose that censorship wherever it appears.
「検閲屋」から通路を隔てて向かいの人々には心を引く名前がないですが、「クソカキコ野郎(Shitposters)」あるいは「言論自由連合(Free Speech Axis)」と呼んでもいいでしょうか、この人たちは言論の自由に賛成です。そしてネット上で自由に話し、情報を共有したい方です(攻撃的および論争の的な言論も含めて)。「ネット掲示板文化」と同じように考えられ、それは部分的に正しい。「クソカキコ野郎」によれば、傷ついた感情やポリコレは検閲や言論の統制を正当化できない。検閲システムがどこに現れても、彼らはそのシステムを転覆させようとします。

Between these two sides there is an ocean of largely indifferent, politically neutral people who don’t care about free speech or political correctness. They usually have few strong opinions, and just go with the flow, giving them very little influence in this struggle.
両側に挟まれる形で、政治に無関心な人々がたくさんいます。こういう人々がポリコレでも言論の自由でも気にせず、いつもどおりに生活したい。特に強固な意見を持っていおらず、流れに身を任せてしまうタイプです。つまり、この文化的内戦にほとんど影響しない人達です。

Unfortunately, as mentioned before, the Censors have influence in tech and media, which they use to push narratives that suit their ideology. Whether it’s pressuring YouTube and Twitter to ban certain types of content or using smear tactics to misrepresent people in the media, the Censors try to silence and marginalize people who criticize them or their ideology. Recent tactics include “Deplatforming”, where angry mobs pressure platforms into kicking a person off, whether online or off. Even worse, there’s Financial Deplatforming, where the same mobs try to cut their target off from any income. This can include getting people unjustly fired from their jobs, or getting their online ad revenue cut off. It’s also very common for them to associate their critics with the so-called “alt-right”, calling everybody a racist and a Nazi, no matter how nonsensical the accusation is in some cases.
残念ながら、前に述べた通り「検閲屋」は大手テック企業またはマスコミに対して影響力を有しています。そういう影響力が世論を方向づけを容易にします。YouTubeやTwitterに圧力をかけて相手のアカウントをBANさせることができ、あるいはマスコミで中傷戦術と扇情的ジャーナリズムを利用してその名誉を傷つけることが可能です。正当な手段であれ不正な手段であれ、「検閲屋」が批判の声を抑えこもうとしています。最近の手段にはいわゆる「deplatforming」が含まれます。魔女狩りのように、プラットフォームに圧力をかけて相手を追い出すという手段です。この圧力はインターネット上のオンラインの世界だけではなく、オフラインすなわちリアル生活上でも行われています。さらに悪いことに、「金融のdeplatforming」もあります。同じような手段ですが、圧力で相手への資金の流れを断つ。相手を不当な理由で解雇させたり、オンラインの広告収入を断つなど。いかにばかげた事になろうとも、批判者を「オルタナ右翼」に分類することも多く、そして誰もが「レイシスト」や「ナチス」とレッテルを貼られてしまいます。

What does this have to do with Japan? The Censors HATE Japanese games and anime, particularly fanservice games with ecchi or ero content. This isn’t just a matter of taste and different opinions to these people, either. To them, games and anime are misogynistic or sexist, and thus nobody can be allowed to enjoy them. The Free Speech Axis, on the other hand, usually likes games and anime. Even the ones who don’t, they believe in free speech enough that they wouldn’t want to censor them anyway.
でも日本と何の関係が?実はそういう「検閲屋」は日本のゲームとアニメ(特に成人向け作品)が好きではない。これは単なる好みの問題ではありません。彼らにとって、成人向けゲームやアニメは女性嫌悪または性差別と同等だから。つまり、誰にも楽しむ権利がありません。逆に、ほとんどの「言論自由連合」の人々は成人向け作品が好きです。好きではない人だとしても、言論の自由に賛同しているので検閲に加担したくないでしょう。

When we think about all this, the changes in Sony’s policies become easier to understand. Sony Interactive Entertainment recently moved their headquarters to California, a state home to the same Silicon Valley tech giants that support Deplatforming and censorship. While Censors within SIE try to force their ideology on the business, outrage mobs, activists, and NGOs apply pressure from without. As a business, SIE will try to avoid controversy, and thus they’ll try to appease the Censors. The result? Exactly the sort of censorship we see now. Japanese developers being forced to censor their Japanese games, made for Japanese fans, according to the standards of self-appointed moral guardians in a foreign country. These are the “global standards” Atsushi Morita referred to…except they aren’t really “global” at all.
こういう情報を考えると、成人向けコンテンツに対するソニーの新しい政策に対する理解が容易くなることでしょう。SIE(Sony Interactive Entertainment)は最近、本社機能をカリフォルニア州に移転しました。検閲とdeplatformingに賛成なシリコンバレー大手テック企業と同じ州ですね。企業内の検閲屋が会社に意見を課しながら、企業外の激高した群衆、活動家、そしてNGOは圧力をかけます。企業としては、当然SIEは論争を避けようとします、つまり検閲家を鎮めようとするでしょう。その結果は?面前にある検閲政策です。日本のファンのために日本のゲームを作っている日本のゲームメーカーは海外の道徳的基準に従って自社のゲームを検閲しなければなりません。これが盛田氏が述べた「グローバルの基準」です。しかしながら、全く本当の意味での「グローバル」ではありません。

As we stated before, the majority of people are indifferent to this topic, and have no strong feelings about Japanese games, positive or negative. The Censors represent a fringe minority of opinion. But because they’re a very loud minority, with influence in tech and media, they can coerce the majority to follow their ideology. And Japanese media tends to echo the media overseas, so the same lies get copy-pasted into Japan without any critical assessment or alternative view.
先に述べたように、大部分の人はポリティカル・コレクトネスに無関心です。日本のゲームには強固な意見を持っていない、肯定的も否定的も。検閲屋は非主流派ですが、テック企業やマスコミに対して影響力を持つ口うるさい少数派であるので声なき大衆に自分の意見を強要できます。そして日本のマスコミは代替的見解を無視しながら海外ニュースを無批判に放送するので、真っ赤な嘘でも日本の世論にコピペされてしまうことになります。

The tragedy is, Japanese fanservice games and anime have a huge audience overseas. These fans don’t want anything censored, or changed from the Japanese version. They want Japanese developers to make Japanese games for Japanese audiences, then translate those games and share them with the rest of the world. Only Sony, and the Censors influencing them, are forcing these rules on everybody against their will.
真に残念なことに、海外では日本のアダルトゲームファンは大勢います。彼らは日本版のゲームに検閲や変更は欲しくありません。日本の開発会社が日本のファンのために日本のゲームを作って、そしてそのままに翻訳して海外にも販売して欲しいのです。しかしながらソニーと彼らを操れる検閲屋だけが邪魔になって自分のルールを押し付けているのが現状です。

So what can we do about it? First, this whole situation illustrates what we’ve said time and time again; centralization is bad. Large companies like Sony are vulnerable to pressure, and their monopoly control of their platforms mean a small group of people can enforce unpopular rules on everybody. If you are a Japanese game maker, big or small, avoid platform exclusives, ESPECIALLY on the Playstation. Some people might point out that Nintendo is being more reasonable than Sony, and this is true…for now. But Nintendo can change their policies in the future, just like Sony did.
では、私達に何ができるでしょうか? まずは、この状況は我々が繰り返し唱えたことを示します。集中制御化(centralization)は良くない。ソニーみたいな大企業は圧力に対して脆弱です。そしてプラットフォームに対する独占力のおかげで一握りの人々が恣意的なルールを施行できるようにします。大手であれ、中小であれ日本のゲームメーカーなら、特定プラットフォーム専用のゲームを作らないことをおすすめします、特にPlaystationは。任天堂はソニーよりマシだと言う人がいます、そしてそれは確かに事実です…今のところは。しかしソニーと同じく、任天堂も何時か将来ある時点で政策を転換することもないとは言い切れないでしょう。

If possible, you want to release on any many platforms as you can. But if you do have to focus on one platform, consider focusing on the PC. While Sony and Nintendo have total control over their platforms, PC games are much harder to block or censor. Supporting different operating systems is also helpful…a Japanese game maker that includes Linux support will win a lot of goodwill.
可能であれば、できるだけ多くのプラットフォームで発売する方が良いでしょう。とはいえ、1つのプラットフォームに集中しなければならない場合、PCで発売することも検討しましょう。ソニーや任天堂は自分のプラットフォームに対する独占力を持ってますが、PCゲームを検閲するのはより難しい。できるだけ多くのOSをサポートすることもおすすめします。Linuxをサポートする日本のゲームメーカーは海外ファンとかなり友好関係を築くことでしょう。

Even with PC, beware of centralized distribution platforms like Steam. Valve’s policy on adult content is notoriously inconsistent, and they’re currently in the process of banning games with high school settings and even demanding that games cut out characters that appear too young. Alternatives like GOG or Hat Rack are good, but it’s still unwise to trust any one platform. Distributing the game from your own website is the best way to avoid platform censorship, but ideally you want to put your games on as many different platforms as possible, including your own website to ensure your customers always have options.
PCで販売しても、Steamみたいな集中型配信プラットフォームには気を付けた方が良いでしょう。Valveの成人向けコンテンツ政策は一貫性のなさで有名です。現在、Valveは学校内の環境でのゲームを拒絶しているし、ゲームから若過ぎるように見えるキャラクターの削除を要求しています。GOGHat Rackみたいな代わりのプラットフォームはいいですが、実を言うと1つのプラットフォームを信用しない方が良いでしょう。自分のサイトで発売することは検閲を避けるための一番の方法ではありますが、できるだけ多くのプラットフォームで発売することをおすすめします(自分のサイトも含めて)。それによって顧客は豊富な選択肢を得ることができるでしょう。

Beware of Financial Deplatforming. The Censors have not been shy about attacking people who resist them, and if you trust payment platforms like PayPal, Patreon, or others they will come under pressure from activists. This is a more difficult problem to deal with, but the best answer is to use as many methods as possible. Use PayPal or Patreon if you must, but always have alternatives ready. While cryptocurrency isn’t a silver bullet for all your problems, it is a useful backup plan that’s difficult to censor. Accounts on BitFlyer or other exchanges are easy to make, and platforms like Bitbacker.io make it easier to crowdfund without having to worry about the Censors.
金融のdeplatformingも気を付けましょう。検閲屋は平気で非賛同者を追い詰めます。そして単独の支払処理会社(PayPal、Patreon等)にあまりにも頼り過ぎたら狙われるでしょう。これは扱いにくい問題ですが、再度できるだけ多くのプラットフォームを使うことが最も効果的です。PaypalもPatreonも使ってもいいけど、前もって良い代替案を用意しておく方が良い。仮想通貨は技術上の特効薬ではないですが、良い代替手段として役立ちます。しかも検閲し辛いです。BitFlyerなどの取引場にアカウントを作るのがそれほど難しくなく、そしてBitbacker.ioみたいなクラウドファンディング・プラットフォームを利用して検閲屋を心配せず資金供給を確保できます。

Avoid DRM and strict copyright policies. This is difficult for many Japanese studios to accept or understand, but while you might think that strictly controlling the flow of your work will protect your income, it will always have the opposite effect. It may seem counterintuitive, but if you build goodwill with your audience, they will reward you with success. Piracy is a market problem, not a criminal problem. If you make your work easy to find, easy to get, and reasonably priced, the majority will choose to support you.
DRM(すなわちデジタル著作権管理)や厳しい著作権保護を回避しましょう。日本のゲームメーカーには理解し難いかもしれませんが、作品を厳密に管理して収益を守れると思っても、ほぼ必ず逆の効果をもたらすことでしょう。直観と相いれない考えと思われるが、ファンと友好関係を築いたら報酬として金銭的な成功が与えられる。海賊版及び著作権侵害は刑事問題よりマーケティングの問題と思えば良い。作品を見つけやすくして、入手しやすくし、そして手頃な価格にしたら、ほとんどの人は財政支援します。

Finally, and most importantly, don’t believe media or companies that badmouth your games. There are thousands of fans of your work across the globe who want to buy what you make, and it’s only a fringe minority trying to censor you. They have a loud voice because of their influence in media and tech, but they won’t support you even if you censor your games. There’s a saying in English…”Get Woke, Go Broke”…which is going to be very difficult to translate into Japanese. But basically, even if you pander to the Censors they will not buy your games. They don’t want to support you, they just want to put you out of business. So ignore them. Focus on your real fans, in all parts of the world, and remember that the Free Speech Axis always has your back.
最後、最も重要なことに、成人向けゲームの悪口を言う企業やマスコミを無視しましょう。世界中にあなたのゲームを買いたい多くのファンがいます、そしてそれを検閲しようとするのが非主流派だけです。その非主流派がテック企業やマスコミに対して不釣り合いな影響力を及ぼすけど、ゲームは検閲されても彼らは支援しません。英語ではことわざがあります…「Get Woke, Go Broke」…はっきり言ってこのフレーズは直接日本語に翻訳するのが難しいです。しかし一言で言えば、検閲屋に迎合してもユーザー達がゲームを購入してくれることはないでしょう。検閲屋は日本のゲームメーカーを支援する気はさらさらなく、倒産させたいだけなのです。だから彼らを無視すればいい。世界中にある本当のファンに集中することにしましょう。そして「言論自由連合」が最後まで応援するということを忘れないで下さい。

I’d like to give a shout out to YouTuber appabend, whose videos on this subject formed the bulk of my sources. He’s a good source of information, and you should subscribe to him if you want to hear more. His videos are in English, but any bilingual Japanese who can help subtitle his works, you’d be helping Japanese audiences a lot. Check him out.
これを機に「appabend」というYouTuberに敬意を表したいと思います。彼の動画は今回の研究発表の出典の根幹を成しました。ゲーム業界に関する信頼できる情報源ですし、もっと知りたいなら彼のチャンネルに登録して下さい。動画は全て英語ですが、字幕を作れるバイリンガルの方がいれば、日本のゲームファンに役立ちます。ぜひappabendのチャンネルをチェックして下さい。

Moving into the new year, the future of the internet is looking pretty rough. It’s going to take all of our efforts to carve out islands of free speech that can survive this wave of censorship, but if we keep our eyes open and plan ahead, together we can weather this storm.
新年が近づくにつれて、インターネットの将来は厳しくなると思われます。検閲の攻撃を生き延びる自由の島を切り開くことに皆が全力を傾けないといけません。でも目を見開いておいて前もって計画しておけば、この嵐を乗り切れることができるでしょう。

This was アノニマスの見解, and until next time… 待ち受けなさい。
以上、アノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

「OFFLINE」開幕、by アノニマス

Ours is an online world.
我々の世界は、オンラインである。

We work online.
我々はオンラインで仕事をし、
We shop online.
オンラインで買い物をし、
We play online.
オンラインで遊んでいる。

But sitting in front of the computer all day…
しかし、だからといってずっと家の中に引きこもり、
機械の前に座っているのは…

…isn’t always so good for you.
…健康に悪い。

Sometimes it’s a good idea…
たまには…

…to go OFFLINE
…OFFLINEに行こう。

Go outside and get some fresh air…
すなわち、外に出て、新鮮な空気を吸い…

Get some exercise…
少しばかり体を動かし…

…and play outside for a bit….
そして外で遊ぶのが良いだろう。

Towards that end, we’ve devised a game.
そのために、我々はとあるゲームを用意した。

A game to exercise both mind and body.
これは肉体だけではなく、頭脳も鍛えられるゲームである。

Those who are interested, please find these clues placed in Tokyo, Osaka, and Nagoya.
興味のある者達は東京、大阪、そして名古屋にあるこの手がかりを探せ。

The first person to solve the puzzle in each city will be awarded a special prize.
各街のパズルを最初に解決した人に、特別賞が授与される。

Well then, everyone…good luck.
それでは諸君、幸運を祈る。

東京
35.645410, 139.701302

大阪
34.6978596, 135.4913056

名古屋
35.16048, 136.90124