アノニマスの見解 Ep.18:香川県の静止する日

Hello everybody, and welcome back to Anonymous no Kenkai.
皆さん、こんにちは。アノニマスの見解にようこそ。

Sadly, 2020 has turned out to be a more difficult year than anybody expected. We hope all of you are safe and taking care of yourselves out there.
残念ながら、今年はいささか辛い年始めとなってしまいましたね。皆さんのご健康を祈ります。

The Coronavirus has been dominating the headlines for weeks, and while it’s certainly newsworthy, it’s also made it easy for several other stories to get lost in the shuffle, one of which we’d like to address today.
最近、何週間も新型コロナウイルスが主な見出しを占めています。確かに報道価値のある状況ですけれども、おかげで他の注目すべき出来事が影に隠れてしまっています。実は今回、その影の出来事の1つに注目したいと思います。

In late 2019, the Kagawa Prefectural government proposed creating a bylaw which would set legal limits on the amount of time minors could spend playing video games. Under this proposal, children under 18 would be allowed to use their smartphones and play games for only one hour per day on weekdays, and 90 minutes on weekends. Additionally, Junior High School students will be forbidden from using their smartphones or playing games after 9pm, while High School students will have a curfew of 10pm.
昨年末に、香川県議会は未成年に関するゲームやスマホの使用に法的時間制限を提案しているところでした。この条例案によれば、18歳未満の人は平日にスマホやゲームの使用が60分に、そして週末に90分に限られていました。その上、中学生の場合は21時後に、高校生の場合は22時迄にスマホやゲームの使用は禁じられていました。

We mentioned this briefly in our last video, and unfortunately in the time since then, the proposal has become law. On March 18th, the Kagawa Prefectural Assembly approved the proposal with a majority vote, to go into effect starting April 1st. Currently, the bylaw lacks any penalties for noncompliance, instead requesting that parents enforce it voluntarily.
前回の動画で簡潔に述べましたが、残念ながらその後、その条例は可決されてしまいました。3月18日に、香川県議会は多数決で香川ゲーム条例を可決し、4月1日から施行されました。現在、条例には刑罰がありませんが、両親は自発的に実施することを求められています。

Of course, the global COVID-19 outbreak drowned out most news on the topic, but there was still a strong reaction online in Japan, and to a lesser degree in the media. While there were numerous criticisms of the bylaw itself, more worrying were a series of suspicious irregularities surrounding the bylaw’s review committee and public comment period.
もちろん、報道ではゲーム条例関連のニュースがコロナウイルスのニュースですっかり霞んでしまいましたが、それでも、日本のネットユーザーから、そして一部のデジタルメディアからも、反響を引き起こしました。条例そのものに対する批判も十分ありましたが、しかしより気掛かりだったのは条例の検討委員会またはそのパブコメに関する不審な活動でした。

Firstly, the review committee drafting the bylaw apparently didn’t keep any record of the minutes of their meetings… an unusual oversight, given this is stardard practice for almost any governmental committee.
まず、検討委員会は何故か議事録の記載の保持を怠りました。このような委員会での慣例からかなり異例のことですよね…

Secondly, during the public comment period, an unusually high number of comments came in; 2615 opinions in total. (info about other public comment periods here).
次に、募ったパブリックコメントに2615件の意見が寄せられました…意外と多いと思われます。

And in addition to being unusually high, a disproportionate number of the comments supported the bill… 2269 in total, over 85%. Only 334 comments opposed the bylaw. In contrast, among the 71 comments solicited from businesses inside and outside Kagawa Prefecture, 67 were opposed, with zero comments in support. Put together, all of these numbers cast doubts on the entire public comment process.
意外と多すぎる上に、不釣り合いなほど多くの意見は条例を賛成しました…2269件、つまり85%以上でした。反対意見はただ334件でした。全く対照的に、県内外の事業者からも意見を募っており、寄せられた71件のうち、反対が67件も占めました。賛成はゼロでした。全てこのデータを考え合わせれば、パブリックコメントの過程には疑いが掛けられています。

It didn’t take long for those doubts to feel justified. Reports surfaced online that a member of Kanagawa’s Kannonji City municipal government, an associate of the Review Committee Chairman and supporter of the bylaw, handed out forms to his friends and colleagues, asking them to check “support” or “oppose” boxes before filling out their opinions. The Representative reportedly collected these papers and delivered them to the Prefectural government himself. The entire process not only unfairly narrowed the matter down to a simple yes/no vote, it also implied pressure to agree with the City Representative handing out the paper. In fact, one paper showed signs of an “oppose” vote being crossed out and changed to “support”.
その後間もなく、パブリックコメントに対する疑いが正当化されていたようでした。香川県の観音寺市議会の議員(検討委員会委員長の知り合い、そして条例の賛成者)が自分で「賛成・反対の有無」「ご意見及びその理由」などと書いた紙を作って、知人や後援会のメンバーらに配布したという疑惑が浮上していました。50枚がその議員によって集まれて、まとめられて県議会事務局に送られました。ニュアンスを付加した意見を単純な賛否投票に変える上に、紙を配った議員と同意する圧力も暗示します。しかも1つの紙に、反対意見はねじ込められて賛成に書き直された兆候を示します。

Even more concerning was a letter received by the digital news outlet Netorabo, published on their Twitter account. In the letter, an employee from a company in Kagawa Prefecture claimed their boss asked to use the names of employees to send pre-written public comments in support of the bylaw. The authenticity of the letter remains unconfirmed, but if true it would explain the unusually high number of comments received.
さらに不吉なことは、デジタルメディアサイト「ねとらぼ」に届かれたある手紙です。彼らのTwitterアカウントにも表示される手紙によれば、香川県の不特定の会社の社員が条例に賛成のパブリックコメントに名前や住所を記入するよう上司に頼まれた。手紙の真正性は確認されていませんが、本当の話ならパブリックコメントの驚くほどたくさんの意見を説明可能になるかもしれない。

Considering all of the above information, it certainly seems as though some people in Kagawa Prefecture were very eager to have this bylaw passed by any means necessary. But the question remains, why? What is it about video games that has Kagawa Prefecture’s politicians so worried?
以上の情報を考えると、香川県の一部の人達にとってゲーム条例の成立は非常に大切だったように見えます。しかし彼らがなぜゲームにそこまで心配するのかという疑問を提起します。

The answer to that question comes with a name… Susumu Higuchi, Director of the government-run Kurihama Addiction Center. Doctor Higuchi’s main area of research is treating alcoholism, but he’s branched out so-called “gaming addiction” as well. Higuchi is a frequent collaborator with the World Health Organization, and was one of the voices supporting their decision in May 2019 to add “gaming disorder” to their International Classification of Diseases. Doctor Higuchi’s opinions on this so-called “gaming disorder” come up frequently among supporters of Kagawa’s bylaw, and it’s fair to say that his research is the foundation upon which it was built.
疑問への答えはとある人物の名前という形でもたらされます…国営の久里浜医療中毒回復センターの院長である樋口進先生です。樋口先生の主な焦点はアルコール中毒ですが、多角化していわゆる「ゲーム症」にも進出していました。世界保健機関(WHO)との研究協力者として、去年5月の「ゲーム症」を国際疾病分類(ICD)に追加する判断の支援者でした。樋口先生の「ゲーム症」に関する研究は度々ゲーム条例の賛成者に引用されるので、その研究は条例の基礎となったと言ってもいいでしょう。

Interestingly, the WHO’s connection to this matter has some sinister implications, given how blatantly supportive of China they’ve been lately. As we noted in our last video, Kagawa’s bylaw is almost a carbon copy of a similar law passed in China last year. Seeing China, the WHO, and the Kagawa Prefectural government walk in lockstep in this matter is worrying, even if there’s not necessarily reason to believe they’re overtly coordinating at this time. But even putting the WHO and China aside, there’s more than enough to criticize in Kagawa’s bylaw itself.
興味深いことに、最近の中国贔屓(びいき)の立場を考えると、この件についてWHOの繋がりには気掛かりな「暗示」があります。前回の動画で述べた通りに、香川のゲーム条例は中国のゲーム法に驚くほど似ています。必ずしもお互いに協力しないと考えても、中国、WHO、そして香川県議会がこんなに足並みをそろえて移動するなんて懸念をもたらすべきだ、と我々は考えています。しかしWHOや中国をおいといて、ゲーム条例そのものに対する批判すべきことが十分あります。

For one, there isn’t broad agreement in the medical community that “gaming disorder” is even real, and the research on it is far from conclusive. In 2019, critics of the decision to add “gaming disorder” to the ICD cited fears that doing so would only spark a moral panic. If we look to Kagawa as an example, that criticism seems very valid.
まずは、「ゲーム症」というものが本当に存在するかどうか、医学的な統一見解がありません。そしてその研究は決定的というには程遠い。「ゲーム症」をICDに追加する判断の批判者はモラルパニックをもたらす恐れを持ち出しました。香川県の条例を見ると、その恐れは無理もなかったように見えますね。

But beyond that, the bylaw represents an unwelcome intrusion by government into the private lives of citizens. Does the Kagawa Prefectural government believe parents aren’t capable of making their own decisions without government instruction? If the bylaw has no penalties, and parents are expected to enforce it voluntarily, why should the bylaw even exist? Why should legal activities have arbitrary time limits set by the government?
しかしそれより、この条例は地方政府による市民の私生活への介入を示します。政府の介入を要するほど、香川県議会は市民の育児能力への信用がそんなに低いのでしょうか?どうせ条例には刑罰がなく、両親は自発的に実施する必要があれば、そもそも条例など不必要ではないのでは?他の点では合法的行為に対し政府が制限時間を定める権利があるのでしょうか?

Will penalties be added to the bylaw in the future? This could create an opening for even more authoritarian government overreach into the private lives of citizens. And with Kagawa setting this precedent, other Prefectures may find it easier to create similar laws of their own.
今後、条例には刑罰が追加されるのでしょうか?これがきっかけで、さらなる権威主義的な統治機構が出現し、市民の私生活への過剰な干渉をもたらすではないでしょうか?そして香川県がこの前例を作ってしまったおかげで、他の県議会が同じような条例を作りやすくなってしまうのではないでしょうか?

Will software or hardware makers be asked to modify games or smartphones to comply with the bylaw? The ability to track users by age and usage time would create more opportunities to expand the survillance state.
ソフトウェアやハードウェア開発者は条例に従うために、これから技術を修正する必要性に差し迫られるのでしょうか?ユーザーの年齢や利用履歴を収集できる機能は、さらに確実に監視社会を拡大することでしょう。

Lastly, why is this bylaw so narrowly focused on games and smartphones? If children watch TV or read comics, is this more acceptable than doing the exact same activity on a phone? If so, why?
最後に、何故この条例はゲームやスマホだけに焦点を絞るのでしょうか?未成年がゲームやスマホの代わりにテレビを見たり読書をしてもOKなのですか?何故でしょうか?

It is interesting to note how this law only seems to target new and alternative media…favoring established legacy businesses like TV stations and book publishers over their online rivals. In an era where young people in Japan are favoring YouTubers over TV stars, and independent creators over corporate mouthpieces, is this bylaw an attempt to prop up legacy media companies?
興味深いことに、この条例は新しい、「オルタナティブ・メディア」だけを狙っているように見えます。オンラインのライバルより、テレビ放送局または書籍出版社という旧来のメディアを依怙贔屓(えこひいき)しているように見えます。未成年がタレントよりユーチューバーを、企業より独立クリエイターを好む時代に、この守旧的な条例は旧来メディアを守るために成立されたのでしょうか?

The fact is, no matter what motivations are behind this bylaw, it’s a worryingly authoritarian encroachment on the freedom of Kagawa’s citizens. The government has no business mandating how parents are meant to raise their children, and they have no right to place arbitrary limits on otherwise legal activities. This bylaw needs to be challenged in court and overturned as soon as possible, before it becomes the new normal.
実際に、この条例の本当の目的は何であるかとしても、恐るべき香川県市民の私生活への侵害にすぎません。両親の育児方針は政府の関知するところではなく、また合法的行為には政府は制限時間を定める権限がありません。香川県のゲーム条例が人々にとって普通の事として新たに定着する前に、法廷で異議を唱え争われるべきです。

If you’re a resident of Japan, in or out of Kagawa, the best thing you can do is talk about this problem with as many people as possible. If you’re outside Japan, spreading awareness of Kagawa’s draconian new bylaw with others can still help. There are many out there who don’t know about this, or if they do, they don’t fully understand just how authoritarian the Kagawa Prefectural government is being. It may not be the most important thing in the world compared to the Coronavirus, but it still deserves to be talked about. And if ever there was a time for Gamers to Rise Up, it would be now.
この動画を見ているそこのあなた!もし日本にお住まいならば(香川県の内外でも)、どうかできるだけ多くの人々とこの問題について話してみて下さい。海外にお住まいの方でも、まわりの人々に香川県のゲーム条例について教えるだけでも助けになります。まだ、多くの人々が知らされておりません、たとえ知っていたとしても、香川県議会の権威主義を理解しない人々が多いのです。新型コロナウイルスパンデミックと比べると、今世界で最も重要なことではないと皆さんはお考えであるかもしれません。とはいえ、まだ取り扱うべき問題であると我々は考えます。世界中のゲーマーが立ち上がる時があるとしたら、今がまさにその時です。

This was ANONYMOUS NO KENKAI… and until next time, MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

NICT、NOTICE、と「特定アクセス行為」について

(1) 2018/08電気通信事業法及び国立研究開発法人情報通信研究機構法の一部を改正する法律(平成30年法律第24号)の施行に伴う省令の制定について(NICT法の一部改正に伴う識別符号の基準及び実施計画に関する規定整備関係)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000571077.pdf

(2) 2018/09/26国立研究開発法人情報通信研究機構の中長期計画の変更案に対するサイバーセキュリティ戦略本部の意見(案)
https://www.nisc.go.jp/conference/cs/dai20/pdf/20shiryou01.pdfhttps://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/iken20180926.pdf


(3) 2018/11/01国立研究開発法人情報通信研究機構法附則第八条第四項第一号に規定する総務省令で定める基準及び第九条に規定する業務の実施に関する計画に関する省令案に係る意見募集の結果新旧対照表
https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179654
意見募集結果
https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179653


(4) 2019/01/25国立研究開発法人情報通信研究機構法(平成11年法律第162号)附則第8条第2項に規定する業務の実施に関する計画の認可申請の概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000595925.pdf
http://www.soumu.go.jp/main_content/000595927.pdf

(5) 2019/02/01IoT機器調査及び利用者への注意喚起の取組「NOTICE」の実施https://www.nict.go.jp/press/2019/02/01-1.html

(6) 2019/02/14IoT機器調査及び利用者への注意喚起の取組「NOTICE」で使用するIPアドレスについて
https://www.nict.go.jp/info/topics/2019/02/13-2.html
(7) 2019/06/28IoT機器調査及び注意喚起の実施状況について
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00033.html
http://www.soumu.go.jp/main_content/000630525.pdf

NICTが「IoT機器調査及び利用者への注意喚起の取組「NOTICE」で使用するIPアドレスについて」で公示しています。
https://www.nict.go.jp/info/topics/2019/02/13-2.html

NOTICEの総当たりアクセス調査に使用するIPアドレス
150.249.227.160/28
153.231.215.8/29
153.231.216.176/29
153.231.216.184/29
153.231.216.216/29
153.231.226.160/29
153.231.226.168/29
153.231.227.192/29
153.231.227.208/29
153.231.227.216/29
153.231.227.224/29

ポートスキャンを仕掛けているのは、ポート番号で21(FTP)、22(SSH)、23(TELNET)、80(HTTP)、443(HTTPS)、その他では 8000、8080 です。単発ではなく、短時間に集中的&連続的にスキャンしているようです。


Let’s imagine a scenario together. Imagine a world where, in a crowded urban metropolis, nobody locked their doors. As a result, burglaries are skyrocketing. This problem could easily be solved by everybody just locking their doors, but for some reason they don’t.
一緒にとある物語を想像してみましょう。混雑した都市部であっても、住人達が家のドアの鍵を掛けない世界を想像してみて下さい。結果として、強盗、窃盗事件の数を大幅に増やしてしまうことでしょう。家のドアの鍵を掛けるだけで問題を簡単に解決できるのにも関わらず、住人達は何故かドアに施錠をしません。

Why not? Maybe they’re too lazy, maybe they’re stupid, or maybe their just don’t believe they’ll be targeted. Whatever the reason, the problem isn’t getting better.
施錠しない理由は何でしょう?もしかしたら、住人達は怠け者かもしれない、あるいはここの人々は無学だから?それとも無関心?理由が何であれ、この強盗の問題はだんだん広がってしまいます。

The police, of course, are overwhelmed. They put out notices asking people to lock their doors, but it doesn’t have much impact. So finally, they come up with a more extreme plan.
もちろん、警察は強盗、窃盗事件が増えたせいで、てんてこ舞いです。人々にドアを施錠するよう警告を発していますが、大勢には影響がありません。そしてついに、思い切った手段に訴えます。

The police hire people to go door to door in every neighborhood, testing each door to see if it’s locked. If they find an unlocked door, they enter the house and leave a warning note. They then write down a list of all the addresses that don’t lock their door and keep it at the police station.
警察が戸別訪問してドアの施錠を確認する人を雇います。施錠されていないドアを見つけたならば、彼らが家の中に入って警告メモを残します。そして彼らが施錠されていない家の住所を記録して、そのリストを警察に送ります。

Naturally, this plan has one problem…entering somebody’s house without permission or a warrant is illegal. But the police solve that by having the government pass a law that makes it temporarily legal for the police to perform “specified access” to unlocked houses.
当然、この計画にはひとつの障壁があります…裁判所の許可あるいは令状なしで、勝手に人の家に入るのは違法です。でもその障壁を乗り越えるため、警察が新しい法律を作ります…施錠を確認するための不法侵入を「特定アクセス」と見なして、一時的に合法化する法律です。

Does this sound like a terrible idea filled with potential for abuse? We agree! Unfortunately, Japan’s NICT does not.
抜け穴だらけのとんでもないアイデアだと思いませんか?我々も同意します。残念ながら、NICTはそう思ってはいません。

The National Institute of Information and Communications Technology announced a plan in February of this year, called NOTICE…”National Operation Towards IoT Clean Environment”. NOTICE is a plan to improve the national level of IoT security. Unfortunately, many hundreds (if not thousands) of IoT devices are either poorly secured, or not secured at all. Many use default passwords, which makes them easy targets for malicious programs like 2016’s Mirai virus.
情報通信研究機構(NICT)が今年の2月に、「NOTICE」という計画を実行しました…”National Operation Towards IoT Clean Environment”。NOTICEは日本国内のIoTセキュリティーを高めるための計画です。残念ながら、多くのIoTデバイスにはセキュリティ上の脆弱性があり、さらにはセキュリティー対策自体が全く施されていないデバイスすら存在します。多くのデバイスはパスワードがデフォルトのまま設定されており、ウィルスにとっていいカモになっています(例えば2016年のMiraiウィルス)。

The NICT wants to encourage better security practices, which is good. Unfortunately their method of doing this is very bad. Under NOTICE, the NICT plans to run brute-force dictionary attacks on all IoT devices in Japan, testing default passwords to try and access them. If the attack is successful, they will notify the owners and advise them to change their password. It’s also likely they’ll be keeping records of which devices were successfully accessed.
NICTはより良いセキュリティーを奨励したい、これ自体については良いことだと思います。しかし残念なことに、NICTのやり方はあまり良いものであるとはいえません。NOTICEの下で、NICTは全日本のIoTデバイスにいわゆる「総当たり辞書攻撃」を行って、デフォルトパスワードのデータベースを利用しアクセスしようとしています。攻撃が成功しデバイスにアクセスできる場合、NICTがパスワードを変えるよう勧めるためにデバイスの管理者に連絡します。NICTはどのデバイスをアクセスできたかのログも記録する可能性も高いと思います。

Of course, this plan had one problem…the type of brute-force attack the NICT wants to use under NOTICE is considered unauthorized access, and is illegal under Japanese law. Which is why, in 2018, the Japanese government created amendmends to the Telecommunications Business Law and the National Research and Development Institute of Information and Communications Technology Law. These amendments stipulated a class of “specified access” as an exception to unauthorized access, essentially making it temporarily legal for the NICT to perform unauthorized access to private networks.
当然、この計画にはひとつの障壁があります…NICTがNOTICEの下で行おうとする「総当たり攻撃」は法律に基づいて「不正アクセス」に抵触し犯罪です。であるからこそ、2018年に日本政府は「電気通信事業法及び国立研究開発法人情報通信研究機構法の一部を改正する法律」を通過させ、NICTの攻撃を「特定アクセス」と見なし合法化させました。

There are thankfully some limits on the NICT’s new “specified access” powers…for now. Legal targets are limited to those that meet the criteria set forth by the Ministry of Internal Affairs. The NICT’s brute force attacks will employ only passwords less than 8 characters, those used in past cyber attacks, and those using only identical or consecutive characters. Sadly, these limitations are of little comfort. More on that later.
幸いなことに、NICTの「特定アクセス」権限には制限が設けられています(少なくとも今のところは)。「特定アクセス」の合法的侵入目標群は、総務省令で定める次のような基準を満たされるものに限られます。

・8文字未満パスワード
・これまでサイバー攻撃のために用いられたもの
・同一の文字のみ又は連続した文字のみを用いたもの
・その他の容易に推測されるもの


以上、NICTの総当たり攻撃の基準に関しては、これらの制限が適応されます。
しかしながら、こういった制限は何の救いにもならないお慰めにしか過ぎません。後ほど、さらに詳細を述べましょう。

While the goal of improving Japan’s network security is commendable, the NICT’s plan under NOTICE may have a number of unintended consequences.
確かに、日本のネットワークセキュリティーを高めるのは立派な目的ではありますが、NICTの計画は思わぬ結果をもたらすであろうと思います。

Firstly, legalizing government hacking of private networks opens to door to abuse by other branches of government. We already know that CIRO and the Japanese Directorate for Signals Intelligence are monitoring the Japanese internet, and cooperating closely with America’s NSA. There’s potential that they might be tempted to deputize the NICT to perform “specified access” to a private network on their behalf, protected by the legal shield created by the 2018 amendments.
第一に、政府によるプライベートネットワークのハッキングを合法化することは、他の政府機関による悪用への扉を開いてしまうこととなるでしょう。CIROと防衛省情報本部電波部(DFS)が、米NSAと協力して日本の通信を監視していることは、すでに明らかにされています。NICTはそういう政府機関の手先としてプライベートネットワークをハッキングするよう頼まれる可能性があり、そしてそういう行為は2018年の電気通信事業法の改正により法的保護されるでしょう。


The ability of the NICT to successfully contact the owners of private network to warn them is also an issue, as is the likelihood that those owners might not notice (or might ignore) this contact. As a result, the NICT will end up maintaining a list of unsecure IoT devices in Japan…a list that will itself become a target for hackers, who will have faster and easier access to victims. In this way, the NICT might make Japanese networks less secure rather than more.
第二に、NICTがIoTデバイスの管理者と連絡を取れるかどうか、そして管理者は連絡に気付くか、そしてそれを受け取るかどうかという問題もあります。結果として、NICTは効果的に日本国内にあるセキュリティーの弱いIoTデバイスのリストを保持し続けることになります。被害者をより早く見つける手段として、リストそのものはハッカーのターゲットになるでしょう。つまり、NOTICEが日本のネットワークを攻撃への暴露につながる可能性もあり、逆に日本のセキュリティー状態をさらなる悪化へと招くことになります。

Finally, the limits on the “Specified Access” exemption is no guarantee of limited powers. The Japanese government has a long history of creating “temporary” or “limited” powers, and then expanding or extending them after the fact when they find a reason to do so. As far as the Japanese government is concerned, a promise and 100 yen couldn’t buy a can of coffee.
最後に、「特定アクセス」の制限が実際に権力乱用を抑制できるとは全くもって期待できないでしょう。日本政府は「一時的」あるいは「特定」権力の延長のための狡猾な自己正当化をし続けた長い歴史があります。政府の約束は露程も価値がありません。


To be clear, the goal of improving IoT security is a good one, and we certainly encourage all users of IoT devices to stop using default passwords. One visit to Insecam-dot-org and you’ll see why it’s dangerous to leave network devices unsecured. But the plan under NOTICE is not a good solution, and will very likely create more problems than it solves.
はっきり申しまして、日本のIoTセキュリティーを高めることこそが良い目標だと思います、そしてIoTユーザーにデフォルトパスワードのままデバイスを使わないことを強く勧めます。Insecam.orgというサイトを見るだけで、危険性を理解できます。しかしNOTICEの行為は良い解決策とは言えず、より多くの新たな問題を発生させてしまうと我々は考えています。

So what can we do about it? Well, one thing network operators can do is block the NICT from accessing their networks entirely. In fact, the NICT has helpfully provided a list of the IP addresses they’re using under NOTICE, and which ports they intend to scan. If they find some or most of their “specified access” attempts being blocked outright, that might send a message to the NICT about the popularity of NOTICE.
それでは、NICTへの対応として何をすべきでしょうか?プライベートネットワークの管理者がただ一つできることは、NICTからの攻撃を初めから完全にブロックすることです。実は、NICTはNOTICEの下で攻撃のIPアドレス範囲と目標ポート番号を発表していました。「特定アクセス」が多くのネットワークによってブロックされ未遂案件が続出すれば、NICTとNOTICEに対する世論の反発という明確なメッセージを伝えられるかもしれません。

A list of these IP addresses, as well as a timeline of information about NOTICE, are provided above. Please feel free to use this information as you see fit.
このIPアドレスのリスト、そしてNICTのNOTICEについての発表年表はこのポストにアクセスできます。どうぞ、ご自由にこの情報をご利用下さい。

And for the love of God, please change the passwords on your IoT shit.
そして後生ですから、IoTデバイスのデフォルトパスワードを変えて下さい。

アノニマス:日本政府へ、サイトブロッキングを許さない

Hello People of Japan.
日本の皆さん、こんにちは。

We are Anonymous.
我々はアノニマスです。

In March 2018, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga announced that, to combat the rise in manga piracy, the government was “considering all measures including site blocking”.
2018年3月に、内閣官房長官の菅義偉が、日本政府は漫画の著作権侵害に対処するために、あらゆる可能な手段を検討することを発表していました。

In early April, the Japanese government announced, in spite of the clear violation of Article 21 of the Japanese Constitution, that it would seek the cooperation of Japanese ISPs to block suspected pirate sites,
さらに4月初旬、日本政府は明らかに憲法第21条に違反するにもかかわらず、いわゆる「海賊版の漫画共有サイト」をブロックするためにインターネットプロバイダーからの協力を求めると発表しました。

The government’s justification for this is to regard content piracy as a “present danger” under Article 37 of the Penal Code, which states “An act unavoidably performed to avert a present danger to the life, body, liberty or property of oneself or any other person is not punishable”.
政府は正当化の根拠として、刑法の第37条の規定により漫画の著作権侵害を「現在の危難」にあてはまると見なしていることが明らかになりました。刑法を引用すると、「…財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は罰しない」とのことです。

Indeed, we can recognize a “present danger” here, but not in the form of manga piracy.
我々は確かに「現在の危難」を認識しています。しかし、その危難は漫画の著作権侵害などではありません。

Government censorship, violation of Constitutional law, breach of communications privacy…these “present dangers” are right before us.
政府による通信の秘密の侵害及び検閲すなわちこれらは憲法違反にあたり、このような危難は明らかに目の前にあります。

We do not speak in favor of piracy sites, nor do we defend them. That is not the reason we are speaking out on this issue.
我々は著作権侵害サイトの味方をしません。もちろんかばうこともしません。これらのサイトを擁護するために、この問題について述べるわけではありません。

But justifying government-ordered site blocking under Article 37 of the Penal Code is not only ludicrous, it’s also dangerous.
しかし、刑法の第37条の規定によるサイトブロッキング正当化には無理があります。また、危険な前例となるでしょう。

No matter what impact pirate sites may or may not have on the manga industry, the loss of profits can never be a considered a “present danger” in any way. Widening the definition of Penal Code Article 37 to such a ridiculous degree only invites further abuse, as other information and activities can easily be judged as more harmful than mere copyright infringement, and worth blocking.
海賊版の漫画共有サイトは漫画産業の利益に影響があるかどうかにもかかわらず、利益の損失を「現在の危難」と見なすことは全くできません。刑法の第37条の定義をそこまで広げてしまうと、さらなる濫用を招くでしょう。単なる著作権侵害と比べたら、多くの行為や情報はもっと危険であると判断され、ブロックすることを正当化できます。

The use of Penal Code Article 37 that allowed the blocking of child pornography sites raised concerns about a slippery slope of widening censorship. We were told that this was only a limited exception to Article 21, and there was no need for such fears. And yet now we are witnessing the slippery slope in action.
刑法の第37条の規定により、児童ポルノサイトのブロックが「危険な先行き」の懸念を引き起こしました。「憲法第21条に対する限られた例外であるからその心配はいらない」と言われていましたが、結局その「危険な先行き」が始まってしまいました。

Even without a binding law, requests for voluntary cooperation to ISPs by the police or government are a form of pressure. The position of power government holds effectively coerces cooperation, making any such requests de-facto demands.
拘束力を持った法律が存在しないとしても、警察あるいは政府からの「協力依頼」は明らかに圧力です。権力の座から「お願い」が来るということで、結局プロバイダーは萎縮してしまい、実質的には政府からの強要による協力ということになってしまうでしょう。「協力依頼」は事実上の「命令」に過ぎません。

Further, asking ISPs to block access to certain sites encourages them to track the browsing habits of Japanese internet users more generally, which violates privacy of communications and expands the surveillance state.
さらに、政府からブロッキングを求められることで、インターネットプロバイダーにユーザーの閲覧履歴を一般的に監視するよう奨励されることになります。その際、憲法が保障する通信の秘密に抵触します。その結果、監視社会を拡大させてしまいます。

We strongly condemn any site blocking requests from the government, and urge Japanese ISPs to refuse these requests and defend users’ Article 21 rights to privacy, and against censorship. These are actions we would expect from authoritarian countries like China and North Korea, not a Constitutional Democracy like Japan.
我々は、政府によるサイトブロッキング協力依頼を強く非難します。日本のインターネットプロバイダーにそういう依頼を拒否するよう強く求めます。憲法第21条が保障する通信の秘密の権利を守って下さい。中国あるいは北朝鮮のような独裁国家においてはこうした行動が予期されますが、日本のような立憲民主主義国がするようなことではありません。

However, merely asking the government and ISPs to stop is not enough. It is necessary for Japanese users to secure their own privacy and freedom from censorship. To make this possible, we strongly recommend the use of Tor or a VPN. We will escalate our work to provide Tor and other VPN software in Japanese, as well as information on how to use this software to bypass site blocking.
ただし、サイトブロッキングを止めるよう政府とプロバイダーに求めるだけで十分ではありません。日本のネットユーザーは自ら通信の秘密を保護しなければなりません。これを可能にするために、TorやVPNソフトを用いることを強く提案します。我々は日本の皆さんにTorまたはVPNソフトをより一層広める努力をしたいと思います。そしてそのようなソフトを利用してサイトブロッキングを擦り抜ける方法に関する知識を広め共有していきたいと思います。

We urge all Japanese internet users to begin using Tor and VPNs now. The more people can easily bypass site blocking, the more ineffective government censorship becomes. And as for the politicians who desire to violate their own Constitution in the name of censorship powers….
日本のネットユーザーの皆さんへ、今からTorやVPNの使用を強く推奨します。簡単にサイトブロッキングを擦り抜ける人が多くなる場合、行政による検閲はますます非効果的になります。そして検閲する権限を強化するために日本国憲法を踏みにじる政治家への伝言があります。

Please learn how to feel shame.
恥を知りなさい。

We are Anonymous.
我々はアノニマス。
We are Legion.
我々は大群です。
We do not forgive.
許しはしない。
We do not forget.
忘れはしない。
Expect Us.
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep. 4: 芸能界の闇

インターネットのみなさん、こんにちは。
Hello internet.

アノニマスの見解にようこそ。
Welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI

いつものパターンとちょっと違って、今回のトピックはアノニマスの中の一員からの要求です。そして今回のテーマは「芸能界による性接待強要」なんです。なぜこのテーマにしたかというと、芸能界が一般人には理解できない異常な性質であることを知っておくべきだからです。実際に少女達が語った事実だけではなく、私たちが持つべき意識のあり方についても語っていきましょう。
Things are going to be a little different from usual this time, as this episode’s theme comes by request from another member of our collective. And the theme today is “sextortion in the entertainment industry”. Why you ask? Because it’s an aspect of the entertainment world in Japan that few ordinary people know or hear about. So, let’s go over not just what’s been said around the issue, but also about the sort of mindset we need to properly deal with it.

2017年2月12日、人気上昇中のタレント清水富美加が「幸福の科学(HAPPY SCIENCE)」に出家するというニュースが世間の注目を集めた。この「幸福の科学」という宗教はいったい何なのか、気になるかもしれないが今本筋には関係無い。肝心なのは彼女がなぜ事務所を辞め出家したのかということだ。
On February 12th 2017, Fumika Shimizu, actress and rising star, announced that she was quitting showbiz and joining the infamous religious cult “Happy Science”. There’s a lot that can be said about Happy Science, little of it good, but that’s not the main issue here, so we’ll have to leave that for another time. What is important is the reason she decided to walk away from her career and her contract in the industry.

彼女は自身に弁護人をつけ、事務所との交渉を行った。2017年2月1日、幸福側の代理人弁護士から内容証明が届く。〈契約を2月20日で終わらせたい。月5万、連続で31日も働かせるような劣悪な労働環境に置いたこと、本人が嫌がる水着の仕事や教義に反する映画出演をさせたのは問題がある〉幸福側はさらにこう指摘した。「解約後も本名の使用すら許さない契約内容や、病気でも医師の診断書すら疑って仕事を強要するかのような事務所側の奴隷的支配体制を指す」すなわち、幸福側は事務所が彼女に課した劣悪な労働契約をいわゆる”奴隷契約”と批判したのだ。
Naturally, in order to quit, Ms. Shimizu had to lawyer up and negotiate with her employer to get out of her contract. On February 1st, the Happy Science legal team made formal contact, stating that Ms. Shimizu wanted to quit as of February 20th, citing unreasonable working conditions, including a 31-day work month for a salary of 50,000 yen, and being forced to participate in swimsuit shots and movie appearances that went against her personal values. Above that, certain terms in the contract stipulated that Ms. Shimizu was forbidden the professional use of her own name even after cancellation, and even demanded the right to ignore medical orders if they interfered with her ability to work. The terms seemed more suited to a slavery agreement, not an employment contract. In other words, a notorious cult group was expressing shock at the labor practices of an entertainment industry company. Let that sink in.

そしてついに事務所が清水富美加本人に枕営業をさせていたのではないかという証拠まで発覚した。これは漫画家西原理恵子の描く漫画「ダーリンは70歳 LOVE007」の一節だ。西原理恵子の彼氏高須克弥氏が事務所からの枕営業を断る様子が描かれている。この漫画の登場人物の見た目、当時の年齢、すべてが問題の人物とぴたりと一致するのだ。この本の内容がすべて事実であれば、清水富美加は望まない性接待の強要を苦にして事務所を引退したと考えるのが妥当だろう。
As the case wore on, information surfaced that suggested Ms. Shimizu may have been pressured into sex for the sake of her career. These pages are from the “My Darling is 70 Years Old, LOVE 007”, a manga by cartoonist Rieko Saibara. In it, Rieko Saibara’s boyfriend Katsuya Takasu is depicted objecting to demands for sexual favors from an entertainment industry office. The appearance of the characters in the manga, the ages, everything matches exactly with Ms. Shimizu’s situation. Assuming that the manga is in any way based on facts, it wouldn’t be unreasonable to assume that Fumika Shimizu decided to walk away from her contract because of similar demands by her employer.

我々は、不当な権力で彼女たちの人権を踏みにじる卑劣な芸能界を許さない。今回明らかになった問題は氷山の一角でしかない。ほかにも芸能界では、タレントに対する性接待強要のような卑劣な行為が腐るほど行われているのだ。
None of us are happy with, or willing to tolerate, sleazy entertainment executives abusing their power to trample the rights of their employees. But the situation with Fumika Shimizu, unfortunately, is just the tip of a very large, very ugly iceberg. And sexual exploitation is an endemic problem in the entertainment industry.

2017年2月8日にはアイドルグループ私立恵比寿中学のメンバー松野莉奈さんが18歳の若さで急死。病死と発表されたが、同月の清水富美加さんの件も相まって、こちらもまたボロボロになるまで無理な仕事を強要されていたのではないかという疑念がぬぐえない。
On February 8th 2017, Rina Matsuno, a member of the idol group “Ebichu”, died tragically and suddenly at the age of 18. Although her death was reported as due to illness, considering the terms of employment brought to light in Ms. Shimizu’s case, the thought that it might be due to extreme pressure from unreasonably working conditions is hardly out of the question.

2015年にオリコン週間シングルランキング1位を獲得したアイドル「仮面女子」。このグループに対する、運営会社社長からの性接待強要疑惑が、同年1月8日発売の「週刊文春」に報じられた。元メンバー4人が同紙にメールや写真、音声などの証拠を提示し、このうち2人が運営元社長の池田せいじ氏から性行為を強要されていた事実を生々しく語っている。告発は性関係にとどまらず、NHK民放各局での事務所によるヤラセ演出、グループ脱退時に違約金として実際に100万円を払わされたメンバーの存在も明かした。また、同年7月9日にはメンバーだった月宮かれんさんが自殺している。
This is the idol group “Kamen Joshi”, first place winners of the Oricon Weekly Single Ranking in 2015. On January 8th of the same year, “Shuukan Bunshun” reported allegations of sexual misconduct by the president of Kamen Joshi’s management company towards members of the group. Four former members provided evidence to the paper in the form of e-mails, photos, and audio recordings, and two members gave vivid accounts of Seiji Ikeda, former president of the company, coercing members into sexual relationships against their will. Beyond just sexual coersion, further allegations surfaced of manipulative editing by NHK commercial broadcast stations, and absurd financial penalties levied on members trying to leave the group. On July 9th of that year, Karen Tsukimiya, a member of the group, committed suicide.

また、そのような芸能界の卑劣な実態の中でも、見過ごすことのできない最も大きな”闇”がある。AKB48グループだ。すでに同グループを卒業した元メンバーの何人かが、関係者による性接待強要の事実を語っている。
And finally, among all the despicable practices of the entertainment industry, we come to a group no less tainted by controversy for its size and popularity. I am referring, of course, to AKB48 group. Some former members who have already “graduated” from the group tell of forced sexual exploitation by stakeholders in the AKB franchise.

1.2008 年にAKB48を卒業した中西里菜は、「週刊大衆」に自身の性接待強要の経験を語っている。アイドルデビューから間もない17歳の頃に30-40歳くらいの業界人に無理矢理ホテルに連れ込まれ関係を持たされたそうだ…しかもこれが初体験だったというから非常に気の毒だ…
2.16歳でAKBに加入した高松理恵も、AKB加入後間もない17歳の時に年上の知 らない人に強引にホテルに連れ込まれ初体験を奪われたと、雑誌のインタビューで語っている。「私の初めてを返し て~!」という彼女の言葉が悲痛さを物語っている…明記はされていないがこれも業界人による性接待強要だろう。ほぼすべての枕営業が強姦まがいなのかもしれな い…
3.同グループ元SKE48の佐藤聖羅も業界人に枕営業に誘われホテルの部屋まで連れ込まれた経験を暴露。そのときは「今日は気分じゃありません」と断りどうにかその場を逃げ出せたという。
1. Nakanishi Rina who graduated of the idol group in 2008 told weekly newspaper “Shuukan Taisyuu” about her experience with such exploitation. Reportedly, almost immediately after her idol debut at the age of 17, she was forced to have sex…her first experiences, no less… in random hotel rooms with men as old as 30 or 40.
2. Rie Takamatsu, who joined AKB at the age of 16, told a very similar story in a magazine interview, stating that she was forcibly taken to a hotel room by a stranger against her will at age 17, shortly after joining the group. Her own words, “give me back my first time”, are painfully telling.…Although not explicitly stated, there’s ample reason to believe this is sexual coersion by members of the entertainment industry, and nothing less than rape…
3. Sato Seira, former member of a related idol group “SKE48”, related similar experiences of being brought to a hotel room by entertainment industry executives. Though thankfully, she was able to refuse by claiming to feel unwell and escape abuse at the time.

これらの話がすべて本当だとすれば、暴露された性接待強要の事実は氷山の一角に過ぎず、AKB48グループ運営は全ての若いメンバーに性接待を強要していると考えてまず間違いない。純粋に夢を追って芸能界に飛び込んだ少女が、家族にも友達にも相談できずに気持ちを自分の内にとじこめ、泣き寝入りさせられている。そんな卑劣なことは絶対にあってはならない。AKB48グループの少女達は、悪い大人に屈し耐え続けることを「努力」とはき違えてはいないだろうか。
If these stories are true, there’s little doubt that these are only the tip of the iceberg, and that the AKB48 group’s management is forcing its young members into sex not as an exception, but as a rule. Young girls who jump into the entertainment industry in pursuit of their dreams can find themselves trapped within it, unable to seek help from friends and family, forced to suffer in silence. And as vile and depraved as this practice is, the victims may feel they have no choice but to tolerate it.

あなた方一般人は、AKBグループ運営による少女達に対する卑劣な性接待強要の実態を知って、それを見過ごすことができるだろうか。一般的な感覚を持っている人には、そんなことは絶対にできないだろう。また、我が子をAKBに加入させようとしている親は、最初から我が子が枕営業を強要されることをわかっていて我が子をAKBに加入させられるだろうか。そんなことができる外道な親はいないだろう。今すぐその愚かな考えを辞めるべきだ。また、AKBグループのメンバーを応援するファンは、運営による少女への性接待の強要は見て見ぬふりをして、アイドル活動を頑張れと言い続ける。そしてほぼすべてのファンは自分の推しメンの自由な恋愛を認めないのだ。それはあなた方のエゴと変わらないと思わないだろうか。
Knowing the depths and the nature of the sexual depravity at work within the bowels of AKB48’s management, and that of other idol groups, if you have a shred of human decency in you, can you stand to overlook this? If you’re a parent with children who dream of one day becoming idols themselves, and you know the kind of sexual coersion at work in the industry, can you truly allow your children to fall into the hands of men like these? We would hope nobody would be foolish enough to say Yes. If you’re a fan of AKB48 or any idol group, knowing the nature of the abuse in the industry, can you really ignore it and simply ask your precious idols to soldier on for the sake of your entertainment? Or for the sake of your own one-sided egotistical love affairs with them?

こんな事例もある。東京地裁(野山宏裁判長)は2005年12月21日、元アイドルグループ「フォーラッシュ」のメンバー3人が、所属事務所に売春を強要されたとして損害賠償を求めた訴訟で、事務所側に320万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決によると、所属レコード会社社長らは、CD制作費の一部を個人負担させ、1999年11月ごろ1回3万円で売春させようとした。社長らは「芸能界では当たり前」と開き直ったが、野山裁判長は「一般社会では通用しない感覚で売春を強要しており、不法行為だ」と戒めた。
Then there are cases like this. On December 21st 2005, the Tokyo District Court (presiding Judge Hiroshi Noyama) awarded damages of 3.2 million yen to three former members of the idol group “Four Rush” related to charges of forced prostitution by their management company. According to the ruling, the president of the affiliated record company made the members bear a part of CD production costs, and tried to sell sexual services by the members for 30,000 yen in November of 1999. Executives in the entertainment industry tried to claim that this was “normal in the entertainment world”, but Judge Nooyama rebuked this argument, stating that “in our society, forced prostitution isn’t just offensive to public morals, it’s illegal”.

自殺者まで出している芸能界による卑劣な性接待強要の実態。この問題は当事者の少女一人ではどうすることもできない。だが、少女たち一人ひとりが今置かれている環境が異常だと気付き、私たち一般人が彼女たちに同調し告発する勇気を持てば、芸能界の”闇”の暴走を止められるだろう。我々のように仮面で完全に自分を隠して構わない。今こそ芸能界、アイドルグループ運営による卑劣な枕営業強要の事実を批判し、抗議行動を起こすことから始めるべきだ。
Sexual coersion in the entertainment industry is very real, and very harmful, resulting in broken lives and even driving some to suicide. This is not an issue to be dealt with on a case-by-case basis, with each new tragedy existing in a vacuum. If we understand that the very environment created by the entertainment industry is abnormal, if we have the courage to join our voices together and accuse the industry as a whole, we…all of us…can begin to put a stop to this. Join us. If you feel scared for your safety, then use anonymity as a shield like we do. But either way, it’s time to start criticizing the entertainment industry and the idol business for what it is, and to start moving against it.

ここまで聞き遂げてくれた方々へ、この大義を支援するなら、このチャンネルに「芸能界の闇」という別シリーズを分社化します。そこにもっと詳しい情報が放送されます。
If you’ve made it this far and want to support this cause, we’re starting a side series on this channel, “GEINOUKAI NO YAMI”. There’ll be more information on the issue coming from there.

これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。
This was ANONYMOUS NO KENKAI. And until next time… MACHIUKENASAI.