アノニマスの見解 Ep.16:検閲屋からAdpocalypseまで

Hello everyone, and welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」にようこそ。

It’s been a while since the last episode. 2019 has been an eventful year, and we’ve been busy with various projects. But at long last, it’s time to talk about something very close to home…YouTube.
前回の動画からずいぶん長く間が開きましたね。今まで2019年は波瀾万丈な1年であり、我々は様々なプロジェクトで忙しくなりました。でもやっと、重要なトピックについて語る機会が来ました…つまり、YouTubeそのものです。

It’s no secret that the platform has many problems, and the ones feeling the worst of it are the Content Creators. ContentID and malicious copyright strikes were already problems for a long time, but recently YouTube has been much more aggressive about Demonitization. Japanese viewers are almost certainly familiar with the problem…it’s so ubiquitous it’s mentioned by VTubers and non-political Japanese YouTubers alike.
このプラットフォームには多くの問題があることはよく知られている、そして最も大きなダメージを受けるのはユーチューバーたちだ。ContentIDや知的財産システムの乱用はすでに問題でしたが、最近のYouTubeは「収益化の停止」に関して厳しくなりました。日本のユーザーの皆さんも、この問題についてよくご存知かと思います…人気のVTuberから一般的ユーチューバーまで、大勢の配信者が口にしたことでしょう。

Of course, in typical YouTube fashion, Demonitization is neither reasonable nor balanced. Videos are inexplicably demonetized for the smallest infractions, or sometimes no infractions at all, while certain channels can blatantly break the rules and suffer few or no consequences.
もちろん、いつものYouTube運営において、収益化停止の判断は公平とはいえません。例えば、あるチャンネルの収益化について、たった一つの小さな違反で停止処分が下されるにもかかわらず、一方で他のチャンネルは平気にルールを破っても何もお咎めなしという実態が見うけられます。

At the same time, the YouTube algorithm seems to promote large, corporate content more while burying small independent Creators. Meanwhile, the Media around the world seems to routinely demonize YouTubers, casting them in the most negative possible light at every opportunity.
同時に、YouTubeのアルゴリズムは、大メディア企業のコンテンツを後押し的に宣伝しながら、独立小クリエイターのコンテンツは押し下げているように見えます。それに加えて、世界中のマスコミがユーチューバーをバッシングして、ありとあらゆる機会で彼らに悪いイメージを植え付けようとします。

But is all of this unrelated, isolated cases? Or could there be a common thread connecting these problems, and if so, what is it? This is a puzzle with many pieces, and before we can put them together, we first need to study them individually.
しかし、こういう問題はお互いに関係のないケースでしょうか?あるいは、これにおける共通の要素がもしかしてあるのではないのでしょうか?仮にあるとしたら、共通の要素は何でしょうか?このパズルは多数の様々なピースから成り立っているので、これらを組み合わせる前にそれぞれのピースを個別に理解する必要があります。

A lot of what we want to talk about here won’t be new for our English-speaking audience. This topic has actually been covered extensively by a variety of English language channels. But it isn’t covered so extensively in Japan, or at least not that I’ve seen, so it’s important to provide this information for local viewers.
今回のトピックは、海外の登録者にすでによく知られているかもしれません。多くの海外ユーチューバーがこういう問題について語ったことあります。でも私の知っている限り、日本ではあまり知られていないので、日本の登録者のためにこの情報を広めたいと思います。

When talking about the YouTube situation, we need to understand five different groups; YouTube itself, Content Creators, Corporate Advertisers, The Media, and the NGO/Activists (or “the Censors” as we’ve referred to them in a previous video). All of these actors have their own goals, but as we’ll see, many end up pushing in the same direction.
YouTubeの実態について語る際、5つのグループを認識する必要があります。YouTubeそれ自体、クリエイター達、広告主、マスコミ、そして活動家/NGO達(これまでの動画で「検閲屋」と呼んでいました)。各グループはそれぞれ異なる目的を持っていますが、後で述べるように、ほとんどは同じ方向に進んでいます。

First, YouTube and the Content Creators. Many people think YouTube’s main purpose is to operate a video platform, but they’d be wrong. YouTube’s main purpose is to sell advertising space. The Creators are only useful to YouTube by giving them free content to advertise on, and attracting an audience to advertise to. This was more or less confirmed by a Washington Post report, where a former YouTube moderator claimed “our responsibility was never to the creators or to the users, it was to the advertisers”. Certainly, Content Creators can earn a small percentage through the Partner Program (unless they get demonetized), but in general the Creators are volunteer labor for YouTube’s bottom line.
まずは、YouTubeとクリエイターです。多くの人がYouTubeの主目的は動画ホスティング・サービスを運営することと思っておりますが、実は違います。主目的は広告スペースの販売です。広告スペースを与えるため、そして広告対象をプラットフォームに集めるため、YouTubeにとってクリエイターが有益な存在となります。元YouTubeモデレーターがワシントン・ポストの取材でこの事実を以下のとおり明らかにしました。

「(YouTube)はユーザー、クリエイターに対して責任を負っていなかった、広告主のみに対して責任を負った」

確かに、パートナープログラムであるクリエイターは広告利益の歩合を受け取ることができる(収益化が停止されなければ)、でも一般的にはクリエイターはYouTubeの利益のための無給労働者です。

Second, the Advertisers. Their goals are simple…they want to sell their products. YouTube provides them with a big audience of potential customers, but there’s one problem…not all of this content is “family friendly”. Having their ads appear next to controversial content creates the risk of bad press, which damages their brand. So they want to maximize their advertising benefit while minimizing their risk.
次は広告主です。彼らの目標は分かりやすい。製品を売りたいだけです。YouTubeは膨大な潜在的顧客基盤を提供しますけれども、1つ問題があります。YouTubeのコンテンツは全て「家族向け」とは限りません。広告が物議を醸すコンテンツに載れば、悪評を招き、ブランドを傷つけるリスクもあります。だからこそ、広告主はYouTubeのもたらす利益を最大化して、そのリスクを最小限にしたいと思っています。

Next, the Media. Whether print, broadcast, or digital media, they’re the dying remnants of an old era. Based on an informal survey, both online and off, Japanese people below a certain age seem far more likely to get their entertainment from YouTube than anywhere else, and I imagine that pattern will hold globally. While the Media does often USE YouTube, they don’t generally make content FOR YouTube, which makes it difficult for them to compete directly with Content Creators. Media companies have huge budgets, hundreds of staff, and expensive equipment…but in many cases, they’re outperformed by individuals with nothing more than free software and a webcamera. Independent Creators are also usually better at making a closer, more authentic personal connection with their audience, something that old-guard Media companies can’t easily do.
その次はマスコミです。活字や放送、たとえデジタルであれ、現在のマスコミは瀕死の状態であり、過去の遺物です。我々が行ったオンライン及びオフラインの非公式調査の結果によれば、娯楽の発信源の場合、一定の年齢歳未満の日本人は伝統的メディアよりもYouTubeを見ていると言われています。他の国にも同じパターンを見いだしそうと思います。マスコミはある程度はYouTubeを使いますが、多くの場合、YouTubeのための特別なコンテンツを作るとは言えません。つまりYouTube専用クリエイターと直接的に競争しづらい。メディア企業には膨大な予算、多くのスタッフ、そして高価な機器もあるにもかかわらず、よくフリーソフトやウェブカメラのみを持っている独立小クリエイターに負けています。さらに、そういう独立小クリエイターはマスコミより上手くフォロワーと個人的なつながりを構築できています。

Finally, the Censors…working through NGOs and activist groups. As discussed in ANONYMOUS NO KENKAI 13, these are people fixated on identity politics who want to force their worldview on others against their will, and for all opposing viewpoints to be silenced. They have connections inside YouTube and the Media, and exploit both to deplatform opponents and critics alike.
最後に、活動家団体やNGOを装って働くいわゆる「検閲屋」。アノニマスの見解の第13回で述べたとおりに、彼らはとりわけアイデンティティ政治に夢中であり、そういう世界観を周りの人に無理やり押し付けたいと活動し、反対意見を黙らせようとしています。彼らはYouTubeそしてマスコミの中にコネを持っており、それを用いて政敵や批判者を中傷しようとします。

So how do all these pieces fit together? What’s the chain of events that led us to the present situation?
それでは、このピースはどのようにつなぎ合わされているのでしょうか?現在の状況につながる一連の出来事とは何なのでしょうか?

First, it starts with the Censors. For whatever reason, they decide a target needs to be deplatformed. This target could be an individual, or a group, but the tactics are the same. Using their contacts in the Media and NGOs, the Censors carry out a smear campaign of their target.
最初に、検閲屋から始まっています。どのような理由であれ、彼らは潰したい標的を見つけます。標的は個人であれグループであれ、用いられる戦術は同じです。マスコミやNGOのコネを利用して、彼らは標的に対する組織的中傷を行います。

One famous example is Pewdiepie. Just one naughty word during a stream was enough for him to become the target of every major newspaper, branding him a neo-Nazi or worse. Another example is the so-called “Alternative Influencer Network”, or AIN. The AIN is a network of YouTubers outlined in a report by Rebecca Lewis, member of a left-leaning NGO called “Data & Society”. The report suggests that the “far right” uses this network of alternative media and opinion YouTubers to spread propaganda and radicalize people online.
有名な例は人気ユーチューバー「Pewdiepie」です。彼がゲーム実況ストリームの中の単なる1つの下品な発言のせいで、主要新聞に「ネオナチス」や「レイシスト」というレッテルを貼られました。他の例はいわゆる「オルターナティブ・インフルエンサー・ネットワーク」(別名:AIN)。AINは左翼系NGO「Data & Society」の会員「Rebecca Lewis」が作った報告書に述べられている政治的ユーチューバーのネットワークです。Lewisの報告によれば、このネットワークは人々を右翼系団体に採用するため、そして極右思想の宣伝するために使われていると思われます。

Naturally, the AIN report is plagued with bad data and massive leaps in logic. It made connections between YouTubers that didn’t make sense, and grouped all opposition to progressive talking points as “far right” for the purpose of problematizing it. The report was carefully analyzed and debunked by Software Engineer Mark Ledwich in a Medium post in late 2018, but by that point the damage had already been done, and arguably the AIN had fulfilled its purpose.
当然、AIN報告書は誤ったデータや論理の飛躍だらけです。Lewisは関係の全くないユーチューバーを無理やりにお互いに結び付けて、問題にするために広範囲の異なった批判の意見を「極右過激派」という誤ったラベルを貼りました。AIN報告書はソフトウェア・エンジニア「Mark Ledwich」のMediumブログで徹底的に分析され、暴露されました。とはいえ、その頃には、被害は既に与えられてしまっており、AINの本当の目標は達成されました。

While these sorts of tactics are seen less often in Japan, they do exist…Huffington Post Japan posted an article in early August talking about the “Intellectual Dark Web”, an almost identical smear campaign against academics who dared to disagree with liberal orthodoxy. HuffPo Japan ridiculously claims the members of this “Dark Web” are a “Dark Renaissance” that stands in opposition to human rights and democracy…claims that are as laughable as they are false.
こういう戦術は海外と比べて日本ではあまりあまり用いられませんが、全くないという意味ではありません。8月初旬に、ハフポスト日本は「インテレクチュアル・ダークウェブ」に関する記事を発行し、進歩主義政治観に同意しない学者達に対して同じような組織的中傷が行われました。ハフポスト日本によれば、この「ダークウェブ」の学者たちは人権または民主主義に反対する立場を取る「暗黒啓蒙」である。間違っている上に、ばかばかしいほどに誇張しています。

Censors in the Media and NGOs push these smear campaigns, but the Media in general has every reason to help them. To mainstream Media, popular YouTubers are their competitors on this new platform. As such, every YouTuber that gets shut down decreases the market share of that competition. Business is war, after all.
マスコミやNGOに働いてる検閲屋はこういう中傷を広めているが、一般的なマスコミがこういう戦術と協力する理由もあります。主要メディアにとって、人気ユーチューバーは新プラットフォーム上のライバルである。つまり、そのユーチューバーがつぶられたら、ライバルの市場シェアが下がるという意味です。結局、ビジネスは戦争なのです。

Once the Censors and the Media have pushed their smear campaign far enough, eventually the Advertisers take notice (or are made to notice). Wanting to minimize the risk of brand damage, the Advertisers threaten to pull funding from YouTube if their ads appear next to all the “far right” content they’re hearing about in the news. Whether these reports are true or not, whether they’re fair or not is unimportant. The only thing that matters to them is brand image.
検閲屋とマスコミが中傷を十分に広めていた後、いずれは広告主は気付きます(あるいは気付くようにされます)。ブランドを傷つけるリスクを最小限にするため、広告主はYouTubeがマスコミで取り上げられた「極右チャンネル」に対処しなければ広告を取りやめると脅します。マスコミの報道は本当かどうか、公平かどうかは関係ありません。広告主は単にブランドイメージを保護したい。

As major brands are a big source of income for YouTube’s advertising market, the site is quick to respond to their complaints. The rules suddenly become stricter, and channels find themselves mass demonitized for reasons that are hard to understand. This is what’s called an “Ad-pocalypse”…a name that should be familiar to English YouTubers, but may not be so familiar to Japanese audiences. An article on the site “Nuts & Freaks” is perhaps the best Japanese-language write up of the subject, and I encourage all viewers to read it to better understand this phenomenon.
大手ブランドはYouTubeの広告市場において最高の収入をもたらすので、YouTubeが素早く苦情に対応します。ルールはいきなり厳しくなり、分かりにくい理由で大量の動画の収益化は突然に停止されてしまいます。これは「Adpocalyspe」と呼ばれています。英語のユーチューバーの知ってる単語だと思いますが、日本では知られていないかもしれない。「Nuts&Freaks」と呼ぶサイトに分かりやすい記事がありますので、この状況をより理解するために日本の登録者の皆さんは、是非お読み下さい。

While it sounds like YouTube is a victim in all of this, the fact is YouTube also has an interest in helping this process along…and not just because of the Censors within their own ranks. With thousands upon thousands of videos uploaded to YouTube daily, the supply of advertising space on the site is huge, which keeps the market value of advertising low. Reducing the supply of available advertising space means driving the market price of that advertising up…something YouTube would definitely be interested in.
YouTubeはこの問題の被害者のように見えるかもしれませんが、実はYouTubeにもこの問題を悪化させる動機があります。そして、それはYouTube社員の中の検閲屋だけの動機ではない。説明すると、何百もの動画は毎日のように投稿されるからこそ、広告スペースの供給はものすごく高いのです。すると、逆に市場価格は低くなります。広告スペース(収益化される動画)の供給を減らしたら、市場価格は上がります。大局的に見れば、YouTubeの経済的な利益のためになりますよね。

Similarly, smaller independent YouTubers are harder to control and more likely to do or say something controversial, which upsets Advertisers. But big corporate channels don’t have that problem. And so the YouTube algorithm favors big corporate “family friendly” content while shutting out the smaller Creators, in order to keep the Advertisers happy.
それに関して言えば、多数の独立小クリエイターの管理も難しいです。彼らが物議を醸すコンテンツや発言をする可能性があって、広告主との問題になりやすい。しかし一方で、大企業のチャンネルにはそのような問題はありません。だからこそ、YouTubeのアルゴリズムは広告主を怒らせないように、独立小クリエイターよりも企業のコンテンツあるいは「家族向け」コンテンツを推奨します。

In fact, YouTube may be going a step further in their desire to control their platform…by propping up YouTubers of their own creation. A YouTuber by the name of Jennelle Eliana has recently become wildly and inexplicably popular, getting thousands of views, likes, and followers seemingly out of nowhere. Many YouTube users have reported finding themselves automatically subscribed to Jennelle Eliana without having done so themselves.
実は、YouTubeは自身のプラットフォームをより直接的に管理するためにさらに一歩進めているのかもしれません・・・、Youtube運営側が自ら創ったユーチューバーを支援することによって・・・。というのも、最近「Janelle Eliana」という名前のアメリカ人ユーチューバーが、驚くほど早く人気になっています。短期時間にもかかわらず、異様に多くの視聴数や「いいね」、そして登録者数まで上がっています。多くのYouTubeユーザーがアカウントは何の確認・承諾なしに、自動的にJanelle Elianaのチャンネルと登録されたと述べました。

There’s too much to go into here and now, but in a nutshell it appears that YouTube is artificially generating Jennelle Eliana’s popularity…and given that YouTube is one big black box system, it’s certainly possible. But if it’s true, it would finally give YouTube total control over the ad space on their platform. And it would finally complete the transformation of YouTube from an open platform for the average everyman…into Cable Television 2.0.
話が長く成るので、今回は詳しい説明を割愛させてもらいますが、手短に言えばJenelle Elianaの人気は人工的に生じさせられている可能性が十二分にあります。YouTubeのアルゴリズムはブラックボックス・システムなので、視聴者の反応データを簡単に改ざんできます。でも、もしこれが本当の話であれば、YouTube上の広告スペースの完全な支配の最終段階の到達を意味します。そして、ようやくYouTubeの変化は完了されます。民主的ユーザー生成コンテンツのプラットフォームから、単なるケーブルテレビの第二世代に変化されるでしょう。

At the end of the story, once all the dominos have fallen, everybody has gained something. The Censors deplatform their targets. The Media weakens their competition. The Advertisers protect their brands. And YouTube drives the price of ad space up while reducing the risk of rogue users. The only party who loses in this scenario is you…the users and the Content Creators.
最後に、ドミノ倒しが終わったら、皆が利益を得ました。検閲屋は標的を潰すことができました。マスコミがライバルを排除できました。広告主はブランドを保護できました。そしてYouTubeは広告スペースの市場価格を上がることができ、さらに広告スペースをより完全に管理できました。貧乏くじを引くことになるのは、私たちだけ…一般ユーザとクリエイターです。

Of course, there will always be cases of demonetization that aren’t based on smear campaigns from the censors. Some Content Creators will take things too far on their own, and YouTube or Advertisers will respond on their own. But at the same time, the cycle of activist smears leading to Adpocalypse has happened too often to ignore.
もちろん、全ての収益化停止が必ずしも検閲屋の組織的中傷によるものではありません。あるクリエイターがやり過ぎて、そしてYouTubeや広告主自身が対応することはもちろんあります。でも、検閲屋の中傷からAdpocalypseまでの連鎖は、あまりにも明白で無視しようがありません。

So what do we do? In truth, the source of this problem is simple…YouTube’s near total monopoly over the video hosting space online. A monopoly that’s only made possible by the deep pockets of Google, or rather Alphabet Inc. And by the daily use and attention of us, the users and Content Creators.
では、私たちはどうすればいいのでしょうか?一言で言えば、この問題の原因は単純…YouTubeの動画ホスティング独占です。その独占はGoogle(つまりAlphabet社)から莫大な投資によって、そして私たちの日々の利用により可能になっています。

The most painfully accurate thing said to me about YouTube was this: “the worst thing Google ever did is convince us that hosting video online was free”. At great expense, Google has provided us free space to host our videos, free services, and even free money in the form of the YouTube Partner Program. In exchange, they set our standards so high that no other company on Earth can possibly satisfy them.
YouTubeに関する直面しなければならない一番辛い事実はこれです。「Google社の一番ひどいイタズラは、コンテンツ・ホスティングは無料だということを私たちに納得させることです」。多額の費用で、Google社は無料で動画投稿スペースや様々なサービスを与え、さらにパートナープログラムで利益分配も与えました。引き換えに、Google社は、ライバルに対するハードルをあまりにも高く設定してしまいました。

Any competitor to YouTube will be unable to afford the same quality of service. So unfortunately, if we want to weaken Google’s grip on power we need to learn to settle for less.
他企業がYouTubeのライバルになろうとしても、同じサービスのレベルを提供できる余裕のある企業は世の中に存在しません。なので残念ながら、Googleの権力を弱くしたければ、私達の求める基準自体を低くしなければなりません。

PeerTube, a decentralized alternative we’ve promoted, does not offer advertising space or monetization for users. Individual instances need to pay for hardware or hosting, and for domain registration.
PeerTube,我々が推進しているこの分散動画投稿ネットワーク、は広告スペースと収益化システムが全く存在しません。各インスタンスは自分で、機材やホスティング、ドメイン登録料等のサーバー関連の維持費を支払わなければなりません。

But what PeerTube does offer is true creative freedom and autonomy. No advertisers can complain about you, no YouTube staff can delete your channel. You and you alone control your experience online. That’s a price worth paying.
でも他のサービスよりも、PeerTubeは提供できるのは真の独立性と創造的自由です。広告主は自分勝手な要望を行う権利などない。自分のチャンネルや動画はいきなり消されることもない。いかなる他者、他組織もクリエイターのコンテンツを支配できません。これは値段に見合うのではありませんか。

If you’re a Content Creator on YouTube, consider learning how to set up a PeerTube instance, or else creating an account on one that exists. If you’re a user, make the effort to seek your favorite Creators on alternative platforms, or encourage them to expand to those platforms if they haven’t already. For those who move to decentralized alternative networks, make the effort to support them financially if you can.
YouTubeコンテンツのクリエイターなら、PeerTubeインスタンスの作り方を勉強することをお勧めします。またあるいは既存インスタンスにアカウントを作ることを真剣に検討して下さい。単に一個人ユーザーなら、好きなクリエイターをPeerTubeで探そうと努力して、それともPeerTubeを使うよう奨励して下さい。好きなクリエイターがPeerTubeみたいな分散ネットワークに移動する場合、できればクラウドファンディング・リンクで金銭的援助をお願いします。

It won’t be easy, and it won’t happen overnight. But if real change is ever going to happen at all, it needs to start with you and me from the bottom up.
簡単とは言えない、そして一晩でできるものでもない。しかし、世の中に真の変化を作り出したいなら、草の根の取り組みしか他の道がない。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time…MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解PeerTubeへようこそ!

Hello everyone, Chano-san here.
はい、皆さん、こんにちは。チャノさんです

Welcome to the アノニマスの見解 PeerTube instance. I’ve spent the last week or so getting this set up, but it’s finally ready. So I thought I’d make a formal announcement along with an explainer video for just what the hell this thing actually is, and why I set it up.
アノニマスの見解PeerTubeインスタンスへようこそ。ここ一週間にインストールやセットアップをしていましたが、やっと出来上がりました。まあそんなわけで公式な発表と紹介動画を作った方がいいと思った。PeerTubeは一体何だということ、そしてこのインスタンスを作った理由を説明したいと思います。

First of all, what the hell is PeerTube?
先ずは、PeerTubeって何?

If we refer to the project’s own About page, “PeerTube is a federated video streaming platform using P2P (WebTorrent) directly in the web browser. It is a free and open-source software, under the AGPLv3 licence.”
プロジェクト自体の紹介ページによれば、「PeerTubeはブラウザ内にP2P(WebTorrent)を利用する連合される動画ストリーミングプラットフォームです。AGPLv3ライセンスを使うフリー・オープンソース・ソフトウェアです」。

This might sound familiar to Bitchute users, and that’s because it’s essentially the same thing. Both Bitchute and PeerTube use WebTorrent to serve streaming video and distribute the burden of hosting.
BitChuteユーザにとって聞き覚えがあるかもしれない。実はだいたい同じものです。BitChuteとPeerTube両方はWebTorrentを使って動画ファイルをホスティングする重荷を減らします。

So what’s the difference between Bitchute and PeerTube?
では、BitChuteとPeerTubeは何が違う?

For comparison, think of Plemora or Mastodon versus Twitter. Twitter is a single company running a single service. Users need Twitter’s permission to make an account and communicate with others. Plemora/Mastodon, on the other hand, allow anybody to create a server (called an instance) which can communicate with all other instances running the same software. No permission is necessary.
比較のために、PlemoraやマストドンとTwitterを考えて下さい。Twitterは単一つのサービスを管理する単一つの企業です。アカウントを作るそしてユーザーとやり取りするには、Twitterの許可が必要です。それに対してPlemoraやマストドンには、誰でも自分のサーバー(インスタンスと呼ばれる)を管理でき、他のインスタンスと連合できます。誰かの許可がいりません。

YouTube or Bitchute are like Twitter; one company, one service, permission is needed. PeerTube is the alternative. Anybody can make a PeerTube instance, and it can communicate with all other instances running the same software. No permission is necessary.
YouTubeやBitChuteはTwitterのようだ。単一つの企業であり、単一つのサービスであり、そして許可が必要。PeerTubeはそれに対する代わりものです。誰でも自分のインスタンスを管理でき、他のインスタンスと連合できます。誰かの許可がいりません。

Why did you create a PeerTube instance?
PeerTubeインスタンスを作った理由は?

Recently, the internet has become an unfriendly place for free speech. And I’m not a fan of Google’s monopoly on video hosting, among other things. I was happy to diversify onto Bitchute when it appeared, but the developer has been slow to communicate changes, and the development of the platform is sporadic at best. The thought occurred that if Bitchute’s money dried up or the platform was taken down, we might not hear about it until after it was gone.
最近のインターネットは言論の自由に対して敵対的な環境になってしまいました。そしてとりわけグーグル社の独占があまり好きでないね…BitChuteが始まった時に、新たなプラットフォームへ広がってうれしく思ったが、開発者からのお知らせは残念ながら不規則すぎて、開発そのものが不安定です。もしかしてBitchuteの会社が破産したら、それともプラットフォームは閉鎖されてしまったら、事前の警告は来ないだろうなあと思った。

Ultimately, as much good as Bitchute did to create an alternative to YouTube, I realized I was still depending on a third party to be able to publish videos. And I’d rather have more direct control over the hosting and serving of my own content. So I decided to give PeerTube a try.
BitChuteはYouTubeに対する代わりものとして役に立っても、結局私は第3者に依存しすぎたと理解しました。そして私自身のコンテンツに対する直接管理がある方がいいと気付きました。だからこそ、PeerTubeをはじめました。

Are you still going to use YouTube and Bitchute?
YouTubeとBitChuteを使いつづきますか?

Of course, all videos will still be going up to the usual platforms. This PeerTube instance is kind of an tertiary backup. YouTube might ban me, and Bitchute might go down, but the videos will all be available here no matter what.
もちろん、全ての動画はいつものプラットフォームにアップロードする予定です。このPeerTubeインスタンスは三次のバックアップに使われます。YouTubeアカウントはBANされちゃうかも、そしてBitChuteは閉鎖されちゃうかも、でもどんなことが起こっても動画はここに保存されます。

Can I make an account and upload videos to your instance?
このインスタンスにアカウント作って、動画をアップロードできますか?

Right now, I’m afraid not. Server space is limited, and managing users is difficult. I’m not confident I can do a good job. So this is going to be a single-user instance for now. I might change my mind in the future, and I might make special exception for people I know, but registrations are currently closed.
申し訳ないけど、今のところは不可能です。サーバーの容量には限定あるし、ユーザーの管理は難しいと思います。上手く管理できるかどうか自信がなくて…とりあえず単一ユーザーのインスタンスです。いつか気が変わるかもしれない、そして知り合いのためのアカウントを作るかもしれないが、今のところインスタンス登録は無効にされます。

My lust for cyber-shekels is my greatest weakness, though, so I’m considering uploading videos on request or even making accounts for people who throw money at me on Bitbacker. I’m a little hesitant to even suggest it, but on the other hand I doubt anybody will go for it anyway, so whatever.
でもやっぱり仮想通貨への渇望が私の最大の弱点ですので、Bitbackerの支援者の要求に応じて動画をアップロードしたり、アカウントを作ったりなどを考えている。それほどいい考えか迷ってるけど、実は応じる人は誰もいないと思う…まぁ、どうでもいい。

Final Thoughts
最終的な考え

The wave of censorship sweeping across the internet right now is made easier by the fact that most of the net is built on centralized services. A few companies and individuals hold the power to decide if information can exist or not.
最近のネット上の相次ぐ検閲攻撃は集中型サービスの優勢によって悪化すると思います。少数の企業や人間は情報を支配する力を持ってしまいます。

Alternatives have popped up…Bitchute in response to YouTube, Gab in response to Twitter, but many of them fall into the trap of simply being another centralized service. If we want to innoculate the internet against censorship, it’s important to decentralize as much as possible. PeerTube is, in my opinion, the best decentralized alternative to video hosting right now. And while this instance is just a tertiary backup for now, it’s my hope that one day software like PeerTube will be the standard for a free internet.
代わりものが現れた…YouTubeに対してBitChute、Twitterに対してGab…でも結局同じ集中型サービスです。本当にネットを検閲から防衛したいなら、できる限り分散化しなければなりません。私見では、PeerTubeは分散的動画ストリーミングにとって最良の選択肢だと思います。今のところこのインスタンスは三次のバックアップですけど、いつかPeerTubeみたいなソフトウェアは自由なインターネットの標準になると願います。

For Japanese users, I’m sorry to say that PeerTube hasn’t beeen localized into Japanese yet. Though we might do something about that in future. And for mobile users, good news…there is a PeerTube viewing app called “Thorium” that’s still in development, but otherwise pretty usable.
日本人のユーザーに、残念ながらPeerTubeはまだ日本語にローカライズされていない。でも我々はそれに関して何かしたいかもしれない。そしてスマホのユーザー、幸いなことに「Thorium」というPeerTubeアプリがあります。まだ開発中ですが、使いものになります。

Anyway, look forward to more content here, on YouTube, and on Bitchute. And until next time…待ち受けなさい.
それでは、YouTubeに、BitChuteに、そしてここにもこれからのコンテンツを楽しみにして下さい。そして次回まで…待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.12: 公開ブロックチェーンの落とし穴

Hello everyone, and welcome back to アノニマスの見解. It’s been a while since the last episode. My apologies for the long delay.
皆さん、こんにちは。「アノニマスの見解」へおかえりなさい。前回の動画からご無沙汰でしたね。遅れて申し訳ありません。

Unfortunately, the forces of censorship and surveillance didn’t take a break during this period, and there’s a lot to catch up on.
残念ながら、監視そして検閲勢力はその間に休息を取っていませんでした。今まで伝えきれなかったニュースがたくさんあります。

As you might already know, Site Blocking has taken a turn for the worse, with DoS attacks against alleged pirate sites being proposed in government run study groups. CIRO and the Directorate for Signals Intelligence haven’t gone anywhere, and there’s no shortage of new hardware AND software vulnerabilities that threaten your privacy.
すでにご存知かもしれませんが、政府の勉強会は著作権侵害と疑われるサイトへのDoS攻撃を提案していました。サイトブロッキングの状況が悪い方向に向かってしまいますよね。監視機関である「CIRO」と「DFS」は近いうちに消えそうな気配はありません。そしてプライバシーを脅かすソフトウェアとハードウェアの新しい脆弱性は次々と現れています。

But today, we’re going to talk about something different; cryptocurrencies, and how they related to the idea of financial privacy. But first, some background.
ただし今回は違うトピックに集中したいと思います…仮想通貨、そして金銭面のプライバシーとの関係について。まずは背景を説明しましょう。

In June of this year, Coincheck, one of Japan’s largest cryptocurrency exchanges, announced that it was suspending all trading in Monero, Zcash, Dash, and Auger… all currencies that are designed around the idea of user privacy. This was after the Financial Services Agency threatened stricter regulation of cryptocurrencies in Japan, strongly implying this was a response to government pressure.
今年の6月に、日本最大の仮想通貨取引所の一つ「コインチェック」がMonero、ZCash、Dash、そしてAugurという仮想通貨の取引を一時停止することを発表していました。これらの仮想通貨は全てプライバシー保護の考えに基づいて設計されました。これは金融庁がもっと厳しい規制を仮想通貨市場に課すと脅した後でしたから、政府からの圧力を受けてしまったことを強く暗示しています。

Later that same month, the National Police Agency arrested multiple website operators for putting “Coinhive” into their websites. Coinhive is a distributed program that uses the computing power of website visitors to mine for Monero. But the NPA arrested them for violating a law banning computer viruses, implying they believed Coinhive to be a virus, even though there is no official judgement that this is accurate.
同月の後半、警察庁は様々なウェブサイト運営者を「コインハイブ」の利用で逮捕しました。「コインハイブ」はMoneroを稼ぐ分散的な仮想通貨マイニングプログラムです。ただし、警察庁によればウェブサイト運営者はウイルス規制法に違反したとのことです。つまり、その判断の適法性は不透明にもかかわらず、警察庁がコインハイブそのものはウイルスだと判断しました。

Finally, just last month, the National Police Agency announced their budget for 2019, including 2.7 billion yen to fight cyber threats. In that budget was a plan to purchase a blockchain surveillance system from overseas which would allow the NPA to gain a “bird’s eye view” of all transactions on the blockchains of major cryptocurrencies, including Bitcoin and Ethereum, and possibly others. While no information on this system has been announced, there is a high possibility that this surveillance system will be “Elliptic”, one of the most well-known and popular blockchain surveillance tools.
最後に、ちょうど先月に警察庁が2019年の概算要求を公表しました。その中にはサイバー空間の脅威に対処するため計27億円が含まれていました。概算要求の中に、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムが盛り込まれました。このシステムはビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨の取引履歴の全体が見渡せます。システムの詳細は発表されていませんが、海外からの最も有名な仮想通貨監視ソフトウェア「Elliptic」だとの可能性が高いでしょう。

Based on all of this news, it’s easy to understand that the Japanese government is struggling to assert control over the world of cryptocurrency in Japan. Privacy-focused cryptocurrencies like Monero are attacked, while surveillance tools to watch open blockchains are installed. The media talks about these measures as necessary to fight criminal money laundering. But as we’ve said in previous videos, empowering an authority to protect you doesn’t protect you from the authority itself. And government surveillance over individual finance can create many negative and unintended side effects.
このニュースに基づいて、日本政府が日本における”仮想通貨の世界”に対する支配を確立しようとしていることは明らかです。Moneroのようなプライバシー保護の仮想通貨を攻撃しながら、公開ブロックチェーンを監視するインフラを整備しています。マスコミによれば、このような対策は犯罪やマネーロンダリングを防ぐためですが、前の動画で言った通り…当局は犯罪からあなたを守れるかもしれませんが、誰も当局からあなたを守りはしません。そして政府があなたの財務を監視する力を手にすれば、それは意図せぬマイナスの結果をもたらします。

Firstly, it’s important to remember that historically, total surveillance and central control over individual finance was not the norm. Whether through cash or barter, individuals have been able to privately exchange value for centuries. Regulations evolved over time as a means to counter abuse, but total surveillance and control over finance is a relatively recent development. However, many developed nations now favour credit or electronic payment systems over cash. Some countries, like India, have even tried to eliminate cash entirely, though often with disastrous results.
先ずは、歴史的に見れば、個人の財務に対する監視と集中管理は基準ではなかったと理解すべきです。現金にせよ、もしくはバーター取引(現金を使用しない取引)にせよ、個人間の価値交換の歴史は何世紀も昔に遡ります。乱用を防ぐために規制は時代が進むと共に進化しましたが、現在のような監視やコントロールは最近の動向です。ただし、様々な先進国は現在、現金よりクレジットや電子マネーを優遇しています。インドなどの国は貨幣の通用を完全に廃止しようとしていました。とはいえ、悲惨な結果を招いてしまいましたが・・・

While a cashless society seems convenient, it comes with one very big problem; it takes power away from individuals and gives it to large, centralized institutions. With cash, two individuals can exchange value freely. I can invite my friend over for dinner, give him cash in exchange for something, and nobody can really interfere in our transaction. But with cashless electronic payment, the company running the system can monitor every transaction, and even deny transactions it doesn’t approve of. In a worst case scenario, it could even cut a user off from the system entirely. We saw a vivid example of this in 2010, when multiple banks and credit card companies arbitrarily and simultaneously cut Wikileaks off from donations. The power of centralized financial institutions to crush dissent is very real.
キャッシュレス社会は一見便利に見えますが、重大な欠陥が含まれています。個人から力を奪って、中央管理的制度に力を与えてしまいます。現金を利用すれば、個人間で自由に価値交換ができます。我々は友達を自宅へ夕食に招き入れ、現金を支払ってとある品物を私的に交換することができます。自宅という密閉されて私的な空間では、その取引に対し第三者は誰も干渉することができません。しかし、中央管理的なタイプの電子マネーの場合、システムを管理する企業が全ての取引を監視でき、何らかの理由で取引を拒絶することもできます。最悪の場合、ユーザーをシステムから完全に切り離すこともできます。2010年にウィキリークスへの寄付金はVisaとMastercardに恣意的に封鎖された時、この力の生々しい実例を見せてくれました。反対者を潰せる中心的な金融機関の力は極めて現実的な脅威です。

The threat of this power is two-fold; on the one hand, government pressure can have critics arbitrarily cut off from all finance. But on the other hand, the threat of being cut off also discourages dissent, and encourages self-censorship.
この脅威には2つの側面があります。一方では、政府からの圧力は批判者への金銭の流れを断つことができ、他方では、資金が絶たれてしまう恐れが反対意見を萎縮させ、自己検閲を助長してしまいます。

This is where cryptocurrencies like Bitcoin enter the picture. Being a peer-to-peer system, cryptocurrencies have no central control. Much like cash, they allow individuals to trade freely with each other. But unlike cash, cryptocurrencies allow these trades to happen at any distance. Two users in different countries can freely exchange value, as long as both are connected to the internet. Certainly there is the possibility of criminal abuse, just as with cash. But it also creates a check against the abuse of centralized power.
この状況に、ビットコインなどの仮想通貨はビジョンを持っています。P2Pシステムだからこそ、中央管理とは無縁です。現金のように、個人間に自由な価値交換を可能にします。でも現金と違って、距離に影響されていません。2つの仮想通貨ユーザーは別々の国にいても、インターネットと接続できれば、価値交換できます。確かに、犯罪に用いられる可能性はありますが、権力乱用に対する施策としても役立ちます。

However, there is one massive Achille’s Heel to many cryptocurrencies; the public blockchain. The blockchain is a completely public ledger of every transaction on the network. Every detail of every transaction is recorded and shared publicly. This means your wallet address, your IP address, account balance, and every transaction are public knowledge. Not even bank accounts or credit card companies share this much information about their users.
でも仮想通貨にはアキレス腱もあります。それは公開ブロックチェーンです。ブロックチェーンは仮想通貨ネットワークの全取引の公開された台帳です。ブロックチェーンは全取引のあらゆる詳細を記録し、公表されます。つまり、ウォレットのアドレス、IPアドレス、勘定残高、そして全取引の詳細が世間一般に知れ渡ります。銀行でもクレジットカード会社でもそこまでユーザーのプライバシーを侵害していません。

So, while cryptocurrencies allow free exchange of value between individuals, the total panopticon of the public blockchain means the association between individuals can still be policed. Cryptocurrencies still need to be exchanged for cash via exchanges, and if the government can monitor every transaction on the blockchain, they can still order exchanges to cut off users they don’t like. If you donate Bitcoin or Ethereum to an opposition party, or a government critic, your account can be flagged by the authorities. If you use Bitcoin or Ethereum to pay for anything personal or embarassing, this can be used to blackmail you. Knowledge of perfectly legal but private activities can easily become a tool of control.
では、仮想通貨は個人の自由な価値交換を可能にしながら、公開ブロックチェーンがユーザー間の結社を監視することを可能にします。仮想通貨はまだまだ取引場で現金への換金が必要であり、そして政府が全取引を監視できれば、取引場へ圧力をかけることができます。もし仮想通貨を野党や批判者へ寄付したら、政府が当該アカウントをマークすることもできます。そして仮想通貨を使って個人的にあるいは羞恥心を伴う種類のものを購入すれば、脅迫のターゲットになる可能性すらあります。法的に何ら問題ないにもかかわらず、誰にも知られたくないプライベートな行動についての知識は結局社会統制の道具になってしまいます。

It’s worth noting, this isn’t only a problem from the government. A total public blockchain means anybody can find all of this information easily. But, with specialized surveillance tools like Elliptic, the speed and scope of government surveillance is a much bigger threat.
注目すべき問題点は、政府の監視だけではありません。公開ブロックチェーンのせいで、誰もが同じ情報を収集できます。ただし、「Elliptic」みたいな専門的な監視ツールを利用して、政府による監視の範囲と速度はより脅威となるのです。

So what can we do about it? First, we need to understand that totally public blockchains are bad for individual users. Unfortunately, this means that using Bitcoin or Ethereum will always be a risk. We need to start using, promoting, and fighting to normalize cryptocurrencies that embed privacy into their infrastructure, like Monero, ZCash, Dash, or Augur. If you have cryptocurrency in public blockchains, consider moving some of it to more private cryptocurrencies. And finally, reject centralized corporate control and build markets and businesses that respect the privacy of their users. No one person can change the world alone, but each individual can change the way they do business. And if we all change together, then maybe the world can change with us.
では、我々はどうすれば良いのでしょうか?先ず、完全な公開ブロックチェーンというものは、個人ユーザーにとって良いものではないという事実を認めなければなりません。残念ながら、これではビットコインやイーサリアムの利用はプライバシー的に危険だという意味です。Monero、ZCash、Dash、またはAugurみたいなプライバシー保護という考えで設計される仮想通貨を利用、奨励し、正常化するために闘わなければなりません。もし、あなたが公開ブロックチェーンの仮想通貨を保有している際は、プライベートな通貨に替えることを検討して下さい。そして最後に、中央集権的な企業のシステムを拒否して、ユーザーのプライバシーを尊重するビジネスや市場を築いて下さい。一人の人間だけではこの世界を変えることができませんが、ビジネスのやり方を変えることができます。そして私たち皆が共に変えるとしたら、世界も我々と共に変わるかもしれません。

This was アノニマスの見解, and until next time… 待ち受けなさい。
以上、アノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

アノニマス:日本政府へ、サイトブロッキングを許さない

Hello People of Japan.
日本の皆さん、こんにちは。

We are Anonymous.
我々はアノニマスです。

In March 2018, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga announced that, to combat the rise in manga piracy, the government was “considering all measures including site blocking”.
2018年3月に、内閣官房長官の菅義偉が、日本政府は漫画の著作権侵害に対処するために、あらゆる可能な手段を検討することを発表していました。

In early April, the Japanese government announced, in spite of the clear violation of Article 21 of the Japanese Constitution, that it would seek the cooperation of Japanese ISPs to block suspected pirate sites,
さらに4月初旬、日本政府は明らかに憲法第21条に違反するにもかかわらず、いわゆる「海賊版の漫画共有サイト」をブロックするためにインターネットプロバイダーからの協力を求めると発表しました。

The government’s justification for this is to regard content piracy as a “present danger” under Article 37 of the Penal Code, which states “An act unavoidably performed to avert a present danger to the life, body, liberty or property of oneself or any other person is not punishable”.
政府は正当化の根拠として、刑法の第37条の規定により漫画の著作権侵害を「現在の危難」にあてはまると見なしていることが明らかになりました。刑法を引用すると、「…財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は罰しない」とのことです。

Indeed, we can recognize a “present danger” here, but not in the form of manga piracy.
我々は確かに「現在の危難」を認識しています。しかし、その危難は漫画の著作権侵害などではありません。

Government censorship, violation of Constitutional law, breach of communications privacy…these “present dangers” are right before us.
政府による通信の秘密の侵害及び検閲すなわちこれらは憲法違反にあたり、このような危難は明らかに目の前にあります。

We do not speak in favor of piracy sites, nor do we defend them. That is not the reason we are speaking out on this issue.
我々は著作権侵害サイトの味方をしません。もちろんかばうこともしません。これらのサイトを擁護するために、この問題について述べるわけではありません。

But justifying government-ordered site blocking under Article 37 of the Penal Code is not only ludicrous, it’s also dangerous.
しかし、刑法の第37条の規定によるサイトブロッキング正当化には無理があります。また、危険な前例となるでしょう。

No matter what impact pirate sites may or may not have on the manga industry, the loss of profits can never be a considered a “present danger” in any way. Widening the definition of Penal Code Article 37 to such a ridiculous degree only invites further abuse, as other information and activities can easily be judged as more harmful than mere copyright infringement, and worth blocking.
海賊版の漫画共有サイトは漫画産業の利益に影響があるかどうかにもかかわらず、利益の損失を「現在の危難」と見なすことは全くできません。刑法の第37条の定義をそこまで広げてしまうと、さらなる濫用を招くでしょう。単なる著作権侵害と比べたら、多くの行為や情報はもっと危険であると判断され、ブロックすることを正当化できます。

The use of Penal Code Article 37 that allowed the blocking of child pornography sites raised concerns about a slippery slope of widening censorship. We were told that this was only a limited exception to Article 21, and there was no need for such fears. And yet now we are witnessing the slippery slope in action.
刑法の第37条の規定により、児童ポルノサイトのブロックが「危険な先行き」の懸念を引き起こしました。「憲法第21条に対する限られた例外であるからその心配はいらない」と言われていましたが、結局その「危険な先行き」が始まってしまいました。

Even without a binding law, requests for voluntary cooperation to ISPs by the police or government are a form of pressure. The position of power government holds effectively coerces cooperation, making any such requests de-facto demands.
拘束力を持った法律が存在しないとしても、警察あるいは政府からの「協力依頼」は明らかに圧力です。権力の座から「お願い」が来るということで、結局プロバイダーは萎縮してしまい、実質的には政府からの強要による協力ということになってしまうでしょう。「協力依頼」は事実上の「命令」に過ぎません。

Further, asking ISPs to block access to certain sites encourages them to track the browsing habits of Japanese internet users more generally, which violates privacy of communications and expands the surveillance state.
さらに、政府からブロッキングを求められることで、インターネットプロバイダーにユーザーの閲覧履歴を一般的に監視するよう奨励されることになります。その際、憲法が保障する通信の秘密に抵触します。その結果、監視社会を拡大させてしまいます。

We strongly condemn any site blocking requests from the government, and urge Japanese ISPs to refuse these requests and defend users’ Article 21 rights to privacy, and against censorship. These are actions we would expect from authoritarian countries like China and North Korea, not a Constitutional Democracy like Japan.
我々は、政府によるサイトブロッキング協力依頼を強く非難します。日本のインターネットプロバイダーにそういう依頼を拒否するよう強く求めます。憲法第21条が保障する通信の秘密の権利を守って下さい。中国あるいは北朝鮮のような独裁国家においてはこうした行動が予期されますが、日本のような立憲民主主義国がするようなことではありません。

However, merely asking the government and ISPs to stop is not enough. It is necessary for Japanese users to secure their own privacy and freedom from censorship. To make this possible, we strongly recommend the use of Tor or a VPN. We will escalate our work to provide Tor and other VPN software in Japanese, as well as information on how to use this software to bypass site blocking.
ただし、サイトブロッキングを止めるよう政府とプロバイダーに求めるだけで十分ではありません。日本のネットユーザーは自ら通信の秘密を保護しなければなりません。これを可能にするために、TorやVPNソフトを用いることを強く提案します。我々は日本の皆さんにTorまたはVPNソフトをより一層広める努力をしたいと思います。そしてそのようなソフトを利用してサイトブロッキングを擦り抜ける方法に関する知識を広め共有していきたいと思います。

We urge all Japanese internet users to begin using Tor and VPNs now. The more people can easily bypass site blocking, the more ineffective government censorship becomes. And as for the politicians who desire to violate their own Constitution in the name of censorship powers….
日本のネットユーザーの皆さんへ、今からTorやVPNの使用を強く推奨します。簡単にサイトブロッキングを擦り抜ける人が多くなる場合、行政による検閲はますます非効果的になります。そして検閲する権限を強化するために日本国憲法を踏みにじる政治家への伝言があります。

Please learn how to feel shame.
恥を知りなさい。

We are Anonymous.
我々はアノニマス。
We are Legion.
我々は大群です。
We do not forgive.
許しはしない。
We do not forget.
忘れはしない。
Expect Us.
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.10: フィッシング・バカ日記

Hello again, Internet. And welcome back to ANONYMOUS NO KENKAI.
ネットのみなさん、こんにちは。最新の「アノニマスの見解」にようこそ。

Almost exactly one year ago, in March of 2017, we talked about surveillance and the cost of enforcement in Episode 3. At the time, the Japanese government was steamrolling through the Conspiracy Law and giving the Police worrying new powers to spy on the population.
2017年の3月、ほぼ一年前に、第3話で監視社会と執行費用について語りました。その当時は、日本政府は国会で共謀罪法案を強引に押し通していました。その結果として、警察庁と公安部の監視能力は憂慮すべきほど拡大されました。

Since then, we’ve heard very little about the Conspiracy Law, or government surveillance in Japan. But no news is not necessarily good news. Covert surveillance being what it is, we often only hear about it when it’s already too late, and rarely through mainstream channels. In fact, there’s reason to believe that the Japanese government is actively involved in monitoring its citizens right now. But as usual, to understand how, we need to look at some other news.
それ以後、共謀罪や監視についてのニュースはほぼありません。でも便りのないということが必ずしもよい便りであるとは言えません。ひそかな監視の世界にあって、手遅れになってからようやく真実を見いだすことは余りにも多いのです。実は、今この瞬間に日本政府が一般市民のオンライン活動を監視しているということを信じるだけの十分な理由がありますが、もちろん理解するには先ず背景を知っておく必要があります。

In October of 2017, Kaspersky Labs discovered a new breed of Android malware, which it named “SkyGoFree”. When news about SkyGoFree started appearing in early 2018, it was obvious this was a cut above your common Android trojan. Rather than serving up spam or installing crypto miners, SkyGoFree gave the attacker full control of the device. It could track location, record audio and keystrokes, and exfiltrate all data, including from the clipboard. It even had the ability to use “geofencing”; If GPS data showed the device was inside a target location, the microphone could automatically start recording and send the data to a remote server.
「SkyGoFree」と名前を付けられた新アンドロイドマルウェアが2017年10月にカスペルスキーによって発見されました。2018年初頭にSkyGoFreeのニュースが広まるにつれて、それは他のマルウェアよりも一段優れたものだったということが明らかになりました。SkyGoFreeはアフィリエイトスパムや仮想通貨のマイニングのためではなく、むしろ標的アンドロイドデバイスを完全にコントロールするために使うことができます。デバイスの場所を追跡して、ひそかにマイクを起動でき、キーボードで入力される内容もコピーできます。すべてのデータ(クリップボードも含まれる)をデバイスからこっそり抽出できます。さらに「ジオフェンシング」の機能もあります。GPSデータからデバイスは指定地域に入ったことが検出されたら、マイクを自動的に起動して、録音されるデータをリモート・サーバーまで送信できます。

SkyGoFree also had custom payloads that targeted specific Social Media applications, including Facebook, WhatsApp, Viber, and (of particular interest to Japanese users) LINE. It could also secretly connect to malicious wifi hotspots, even if the user had wifi deactivated, making it easier to monitor targets.
人気SNSアプリを監視する機能もSkyGoFreeに含まれています。その機能はFacebook、WhatsApp、Viber、そして(日本のユーザーにとって特に興味深い)LINEを含みます。設定にもかかわらず、通信を盗聴するためにデバイスをひそかに悪質な無線LANに接続できます。

Fortunately, SkyGoFree can’t very easily install itself on a target device. The usual method for infection is to direct a target to a fake website that imitates their mobile carrier, then trick them into downloading and installing an infected APK. SkyGoFree victims were almost exclusively found in Italy, so this isn’t a worldwide phenomenon. But the capabilities of this malware suggested it wasn’t some low level criminal operation. SkyGoFree was very likely developed as a Lawful Intercept tool for government and corporate use.
幸いなことに、SkyGoFreeは勝手にデバイスにインストールされることはありません。典型的な感染方法は携帯プロバイダーに見せかけた偽サイトからの感染したアプリです。SkyGoFreeの被害者は全てイタリア在住者なので、世界的な現象ではありません。でもこのマルウェアの機能を考えると単なる犯罪グループの仕業ではなさそうです。SkyGoFreeはおそらく政府あるいは企業向けのスパイウェアとして作られました。

Who made SkyGoFree? That remains unknown, but Kasperky’s analysis of the source code found two things. First, comments were written in Italian. Second, certificates and control servers repeatedly used the word “negg”. Most media outlets talking about SkyGoFree have been careful to avoid making any accusations…it’s good way to get in legal trouble, so that’s understandable. But the fact is, there is an Italian IT company called “Negg International”, which offers cyber-security and mobile app services.
誰がSkyGoFreeを作ったかまだ不明です。でもカスペルスキーによるソースコードの分析に基づいた2つの手掛かりがあります。まず第一に、ソースコードのコメントはイタリア語で書かれました。第二に、「negg」という名前は認証と指令管制サーバーで用いられます。法的責任を恐れ、ほとんどのニュースサイトは非常に用心してSkyGoFreeについて報告していましたが、実は「Negg International」というイタリアのITセキュリティーとモバイルアプリ企業が存在します。

Attribution in cyber-security is notoriously difficult, and while the evidence pointing at Negg is compelling, it could just as easily be a red herring to throw off investigation. However, Italy is no stranger to spyware manufacturers. The now-infamous “Hacking Team” was an Italian company, after all. And after their fall from grace, it’s hardly impossible to imagine others would try to fill the gap.
サイバーセキュリティの世界にあって、責任帰属は非常に難しい問題です。Negg Internationalを示す証拠は有力ですが、真犯人は発覚を避けるための煙幕を作ったという可能性もあります。しかしそうは言っても、イタリアはマルウェア開発企業になじみがあります。評判の悪い「Hacking Team」はイタリアの企業でした。Hacking Teamが信用を失墜した後で、他の企業が市場の隙間を埋めると思ってもおかしくはないでしょう。

Now on to our second story. In March of 2018, The Citizen Lab reported that Egyptian and Turkish ISPs were redirecting non-HTTPS traffic to phishing sites that infected them with FinFisher brand government spyware, as well as cryptomining malware. This redirection was made possible by a piece of equipment called a “middlebox”, which transforms, inspects, filters, or otherwise manipulates traffic that passes through it.
次の話に進みましょう。2018年3月に、Citizen Labという人権団体の報告によると、エジプトとトルコのプロバイダーはユーザの暗号化されていないウェブトラフィックを偽サイトまでリダイレクトし、FinFisherという政府向けスパイウェアまたは仮想通貨マイニングマルウェアを感染させたという新事実が明らかにされました。これは「ミドルボックス」というネットワーク装置によって可能となりました。プロバイダーはミドルボックスを使って通信を傍受し、リクエストに応じて変更を加えることができます。

The middleboxes in question were PacketLogic brand devices, manufactured by a Canadian company, Sandvine (which was merged with an American company, Procera Networks, in 2017). Among other things, PacketLogic middleboxes are capable of something called “deep packet inspection” or “DPI”. This lets them study the contents of user web traffic, and change, redirect, or block it as desired.
問題になっているミドルボックスは「PacketLogic」というブランド名の装置でした。メーカーは「Sandvine」というカナダの企業です(そして2017年にProcera Networksというアメリカの企業と合併されました)。他にも多数の機能がありますが、Packet Logicのミドルボックスにはディープ・パケット・インスペクション(DPI)の機能があります。DPIを利用すれば、プロバイダーが通信の内容を傍受、変更、リダイレクトが可能で、思うがままにブロックすることができます。

Using Sandvine equipment, ISPs in Turkey and Egypt would detect unencrypted web traffic and redirect it to phishing sites, most likely at the request of the government, who could use spyware infected phones to spy on their citizens, and use cryptominers to fund their own black budgets.
Sandvineの装置を利用して、エジプトとトルコのプロバイダーは暗号化されていない通信を発見して、スパイウェアに感染させるために偽サイトまでリダイレクトしました、おそらく政府の要請によって。そうやって市民に監視する能力を広げて、仮想通貨マイニングで闇予算に資金を提供できます。

So why is this important? What do Italian Android spyware and Turkish ISP middleboxes have to do with surveillance in Japan?
では、なぜこのニュースが重要なのでしょうか?イタリアのスパイウェアやトルコのミドルボックスは日本における監視と、どのような関係があるのでしょうか?

First of all, it’s already known that the Bureau of Public Security was in the market for Italian spyware in 2014. At the time they were buying Hacking Team’s “GALILEO” software, but it’s unknown whether they actually purchased it, or whether they used any other suppliers.
先ずは、2014年に日本の警視庁公安部がイタリアのスパイウェアの購入を希望していたことは既に知られています。あの時に彼らはHacking TeamのGALILEOスパイウェアを買おうとしましたが、結局Hacking Teamまたは他の供給者のスパイウェアを買ったかどうかは知られていません。

Regardless, the fact that they want spyware makes it safe to assume they intend to use it, and that they’ll seek to keep their spyware arsenal up to date. It is well within the mandate of Public Security to monitor anti-war, anti-globalism, and other social movements. The Conspiracy Law only makes it easier for them to do so.
それにもかかわらず、彼ら警視庁公安部がスパイウェアを購入しようとしたことから、彼らがスパイウェアを利用したかったこと、そしてまたスパイウェア技術の進歩に追随していきたいことが推測できます。公安部の目的の中には、市民活動、反グローバリズム運動、そして反戦の活動を監視することも含まれています。共謀罪法案につれて、監視するのはこれまでになく容易になってしまいました。

Secondly, the same PacketLogic devices used in Turkey and Egypt also exist in Japan. In July 2015, Procera announced that Softbank would use PacketLogic middleboxes for their LTE network. It’s unknown whether these devices are deployed on other telecom carrier networks, but it’s likely they have similar equipment.
次は、エジプトやトルコに利用されたPacket Logicミドルボックスは日本にも利用されています。2015年7月に、Procera Networksは、ソフトバンクがPacket LogicをLTEネットワークに使用すると発表しました。他のテレコム会社が使うかどうかは知られていませんが、類似の装置は利用されている可能性は少なくないでしょう。

So, to recap: Public Security is responsible for monitoring social movements. Public Security almost certainly uses spyware. At least one Japanese telecom giant uses equipment that can infect smartphone users with spyware. And the Conspiracy Law makes it legal to use spyware on civic groups. Is the Japanese government actually doing this? Maybe. But doo they have the ability to do it? Absolutely.
それでは、要点をまとめましょう。公安部が日本における市民活動を監視しています。公安部はスパイウェアを利用していると考えるのは至極当然であります。少なくとも一つの日本モバイルプロバイダーはスパイウェアを感染させるネットワーク装置を使っています。そして共謀罪法案につれて、市民団体を監視するためのスパイウェアの利用は合法化されてしまいました。さて、それらは実際に使われているのでしょうか?可能性もなくはありません。では、使う能力は存在するのでしょうか?はい!もちろんそれは疑いもなく存在します。

We said this one year ago, but it bears repeating: if you are part of any social movement in Japan, you cannot afford to assume you are not a target. Even one lapse of judgement with your smartphone can turn you into a walking wiretap. Cyber-security is everyone’s problem, and it only takes one person to compromise the security of an entire group. So if you don’t want to be the weakest link, here’s some advice for you to follow:
この件については一年前に伝えましたが、どれだけ誇張してもし過ぎることはありません。日本における市民活動に参加する方々へ。あなた方はスパイウェアから標的にされていることを当然だと思って下さい。セキュリティでたった一度でもミスをすれば、スマホは盗聴装置になってしまいます。サイバーセキュリティはみんなの問題です。1人のメンバーだけのミスが、全員のセキュリティを低下させてしまいます。あなたがセキュリティの輪の最弱点にならないように、以下のアドバイスに従いましょう。

Always check the URL of a site you visit, especially if you need to enter passwords or other sensitive data. Phishing sites often use similar-looking URLs, so if you feel something is suspicious, check carefully. Also, make sure the site is using HTTPS. You can usually see a green lock icon next to the URL. If a site that looks like your mobile provider or internet company is pressuring you into downloading an “update” or “virus cleaner”, consider that it might be a trick and do some research first.
ウェブサイトに行く時に(特にパスワードなどの個人情報を入力する場合)必ずURLをチェックして下さい。偽サイトは誤解を招くようなURLをよく使いますので、不審に思ったらじっくりチェックして下さい。それに加えて、サイトがHTTPSを使うかどうかもチェックして下さい。通常はブラウザに、URLの隣に緑色のロックアイコンがあります。モバイルプロバイダーのように見えるサイトから「アップデート」などを無理やりにダウンロードさせられたら、それはペテンかどうかを考えてから検索してみて下さい。

If possible, use different devices for your activism and your daily life. If you have a smartphone you use for casual web surfing and social media, do not use it to communicate with your activist group. You’re more likely to visit infected sites or click on links during personal web surfing, so using the same device for both increases your risk considerably. It’s easy to go to a used electronics shop and buy a seperate laptop, phone, or tablet cash and carry. For bonus points, install a non-commercial OS like Qubes, Copperhead, or at least Lineage.
可能なら、活動と日常の利用に別のデバイスを使いましょう。普通のネット・サーフィンやSNSのために使うスマホやタブレットがあれば、活動グループのために使用は避けて下さい。日常のウェブサーフィンでは偽サイトあるいは怪しいURLにアクセスする可能性が非常に高いので、両方のために同じデバイスを利用するとスパイウェアのリスクが高まります。中古電化製品店から現金でノートPCやスマホを買うのは簡単なことです。さらにセキュリティを高めるため、Qubes、Copperhead、あるいはLineageのような別OSをそのデバイスにインストールするといいでしょう。

Don’t use the same accounts either. Even if you have to use the same device, using personal e-mail or social media accounts for activism is dangerous for the same reasons. Ideally, you should be using non-commercial open-source services hosted outside the country for things like e-mail and cloud storage.
活動と日常の利用に別のアカウントも使いましょう。同じデバイスを使うしかなくても、さっきと同じ理由で、活動のために同じアカウントを使うのは危険です。理想を言えば、活動のためのメールやクラウドサービスに国外のオープンソースものを使う方が好ましいでしょう。

Using a pocket wifi device is better than using an internal SIM card, or public wifi. Personal pocket wifi gives you more control over when your device is connected or not, as well as how many people are using the connection.
SIMカードや公衆無線LANよりポケット無線LANの方が良いでしょう。自分のポケットワイファイの場合、ネットに接続するかどうか、そして誰が使ってるかどうか両方をコントロールできます。

Use Tor or a out-of-country VPN for all online activism. When connecting your devices to the internet, you need to remember that your ISP is probably helping to spy on you. An encrypted tunnel to an out-of-state VPN makes it harder to monitor or tamper with your traffic.
全ての活動には、Torや国外VPNを必ず利用して下さい。デバイスをネットに接続するたびに、プロバイダーも監視に協力する可能性があることを忘れないで下さい。国外のVPNサーバーまでの暗号化トンネルは通信の監視と不正使用を難しくします。

Don’t use Apple products for activism. iCloud may be safe against most criminal hacking attempts (usually), but Apple has been happy to cooperate with government spying requests in China and elsewhere. iPads and iPhones are also harder to modify and change OS on. Android is far from perfect, but at least it gives you more options.
活動には、Apple社の製品を使わない方が良いでしょう。iCloudアカウントは第三者からの不正アクセスから守られているかもしれませんが、Apple社は喜んで中国やその他の国の政府の監視に協力しています。しかもiPadやiPhoneのOSは設定を変更しづらいです。Androidは完璧ではないが、より柔軟性があります。

Similarly, don’t use big name social media for activism. Find and use an open source platform that does not rely on the central control of a commercial entity. Like Apple, Facebook, Twitter, and LINE will share your information with the police if ordered to.
それに関して言えば、活動には大企業のSNSを使わないで下さい。企業による集中型システムに頼らず、オープンソースプラットフォームを使う方が良いです。Facebook、Twitter、LINE、これらもApple社と同じく政府の監視に協力するでしょう。

Encrypt. Everything. Always. Never ask yourself if it’s necessary. It’s always necessary. It costs you nothing but time, and a little effort in the short term can save you a lot of trouble later on.
何から何まで暗号化しなさい!そして必要があるかどうかを悩まないで。必要性は常にあります。かかるコストは時間のみ。そしてトラブルは未然に回避することができます。

And finally, encourage all your members to share the same security practices. You can have the best security in your group, but if everybody else is infected with spyware, it doesn’t matter.
最後に、他のメンバーを同じレベルのセキュリティを採用するよう奨励して下さい。活動のメンバーがスパイウェアに感染されたら、自分のセキュリティは高くしても役に立ちません。

As the world spins deeper and deeper into dystopia, cyber self-defense becomes more and more a crucial life skill. If you get lazy about your security now, you might find it’s far too late when you come to regret it.
世の中がだんだん完全なディストピアに陥って行くにつれて、サイバー自己防衛はますます不可欠な能力になります。もし、短期的な視野でセキュリティの手を抜いたら、おそらくあなたは後になって後悔することになることでしょう。

This was ANONYMOUS NO KENKAI, and until next time… MACHIUKENASAI.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。

分散的動画サイト「SPKOUT」 :日本語のユーザーガイド

YouTubeはすごいプラットフォームで、世界中のみんなさんが自分のコンテンツを共有できます。でも最近、YouTubeには問題があります。幸いなことに、その問題に役に立つ新しいプラットフォームがあります。言論の自由と分散化に焦点を合わせるプラットフォーム、「SPKOUT」を紹介したいと思います!日本のユーチューバーやクリエイターの皆さん、ぜひ見て下さい!

https://www.anonymous-japan.org/spkoutjp/

お知らせ:冬コミ参加、チャンネルニュース

みんなさん、こんにちは。
Hey everyone. It’sa Me!

多少のお知らせがあります。
This is just a couple of quick announcements:

先ずは、我々は今月、冬コミに参加します。サークルはいつも通り「チャノロジー」という反サイエントロジー批判の活動に集中します。「Disconnect」シリーズの4冊全部をまた販売します。
First, we have a Circle at Winter Comiket this year. As usual, this circle is focusing on “Chanology”, our anti-Scientology project. We’ll be distributing all four volumes of our “Disconnect” comic series.

知らない人のために、Disconnectは(大部分に)実話に基づいているコミックシリーズです。2人の友達、サラとアンジェラは危険なカルト団体であるサイエントロジーに巻き込まれて、カルトの支配から逃れなきゃ。
If you don’t already know, “Disconnect” is a fictional comic series based on true stories, largely, following the adventures of best friends Sara and Angela as they get caught up in the dangerous cult of Scientology.

Disconnectはサークルの主な焦点だけど、他のグッズや情報を配るかもしれないからぜひ会いにきて下さい。我々は東ホール、ツ53a、3日目(12月31日)です。
Disconnect will be the main focus of the circle, but we might have some other material too, so feel free to come down and visit us! We’ll be in East Hall, Booth ツ53a, on Day 3 (that’s December 31st).

来れない場合は心配がいらない。全ての本のPDF版は我々のサイトから無料ダウンロードできます。つまり、会いにくる必要が特にない!それでも会いにきて下さい!友達が少ないから、頼むよ!
If you can’t make it, no worries. All of our comics and literature are available as free PDF downloads from our website. You don’t even need to visit us at all, but please do! I need to pretend I have friends for an afternoon.

このチャンネルのニュースに関して、500人のファンという節目にもうすぐ達しそうです。500人になったら、その節目を記念するビデオを作りたいと思います。YouTube、Twitter、マストドン、そしてその他のファン、本当にありがとうございます。見たいコンテンツがあれば、ぜひコメントに書いて下さい!
In channel news, our YouTube channel has almost reached 500 subscriptions. If we actually manage to push over the 500 mark, I’ll be making some kind of subscriber special to celebrate. I’d like to thank everybody who’s subbed and enjoys our content, and please let us know in the comments what you like and want to see more of.

残念ながら、悪い知らせもあります。YouTubeのライバル、代替プラットフォーム「VidMe」は12月15日に閉鎖されました。もちろん、我々のVidMeチャンネルは削除されました。でも幸いなことにBitChuteのチャンネルはまだあります。全てのYouTubeビデオはそこにバックアップされています。
Unfortunately, there is some small bad news. Vid.me, the alternative video hosting platform, has shut down as of December 15th, so our channel there is gone of course. Fortunately, BitChute is still up, and copies of all our videos will be hosted on our channel there.

実は、BitChuteは最近YouTubeアップロードのバックアップを自動的に取れるようになりました。なんと便利だね!非常にそうなので、使うよう日本人のユーザーにアピールしたいと思います。
In fact, BitChute has started automatically copying all our YouTube uploads, making it even more convenient and easier to use. So much so that we’d like to promote and recommend BitChute to Japanese users.

日本語にローカライズするのがまだBitChuteのスケジュールに入ってないけど、その間のために我々は日本語の使い方ガイドを作りたいと思います。コミケの後にこのプロジェクトを始めるから、来年にお楽しみにして下さい。
Unfortunately, localization into Japanese isn’t on the schedule for BitChute’s creators yet, so we’re planning to put together a Japanese How-To guide to fill the gap until then. Work on that will probably start next year after Comiket is over, so look forward to that in the future.

もちろん、「アノニマスの見解」シリーズもつづきます。面白いトピックを思いつく時に次のビデオを作りますね。リクエストがあれば、ぜひコメントに入れて下さい。興味をそそれば、使うかもしれない。
And of course, ANONYMOUS NO KENKAI will continue just as soon as I think of a good topic for the next video. As always, leave a comment if you have a request and I might go with it if I like it.

フォローしてくれてありがとう!またコミケでね!新年のお喜びを申し上げます!
Thanks again for watching, hope to see you at Comiket, and have a Happy New Year.

オペレーション・KASRAC

ネットのみんなさん、こんにちは。
我々はアノニマス。

音楽と文化は自由であるべきと信じています。でも残念ながら、文化の思想への理解が得られないかたが世の中に居ます。音楽学校から免許料を徴収するジャスラックの計画は音楽文化のためではない。教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

JASRACの最近の行動はこれまでになく音楽文化に損害を与えている。彼らは時代遅れだからこそ実態を把握していない。代替著作権システムを検討しないといけません。

「オペレーションKASRAC」は日本音楽家間にクリエイティブコモンズに対する意識を高めるプロジェクトです。クリエイティブコモンズとは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための著作権ライセンスシステムです。
https://creativecommons.jp/

クリエイティブコモンズを利用して、著作権は音楽家とファンの間の契約となる、そしてJASRACみたいな団体は今のようにたかりを働けない。

我々は日本と世界中の音楽家がJASRACの行為に抗議する歌を作ってクリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースすることを募集します。こういう作品へのリンクを我々のサイトに発行して、様々なSNSアカウントで推奨します。

他の音楽家がオーペレーションKASRACそしてクリエイティブコモンズについて聞くにつれて、彼らは参加する気になるということを願っております。その際に、できるだけ多くな人々がJASRAC的な著作権に対する代替案を発見すると願います。

我々と共に参加するように招待したいと思います。
参加するのに、以下のステップに従って下さい:
1) JASRACを批判する曲や音楽著作物を作る
2) クリエイティブコモンズ作品としてネット上にリリースする [指示]
3) [任意] 我々にリンクを送って下さい。我々はサイトにまとめます

もちろん、我々と関係せず自発的に参加もできますが、我々との活動を調整したいなら、あるいは何か質問があれば、どうぞメールを送って下さい。

https://www.anonymous-japan.org/opkasrac/ ‎
https://eggs.mu/home?en=Op_KASRAC
https://music.pawoo.net/@OpKASRAC

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

JASRACへのメッセージ

音楽教育を守る会:
嘆願書 – https://tinyurl.com/fuckjasrac
ツイッター – https://twitter.com/musicgrowthorg
ホームページ – https://music-growth.org/

アノニマスに参加のに: https://anonymous-japan.org/join/
===============================================
JASRAC様、

残念ながらあなたたちの言う「著作権の思想」とやらはとんでもない誤解だけだ。
教室での演奏は著作権は及ばないことは誰の目にも明らかだ。
あなたたちの最近の見苦しい行為は音楽文化のためではない。
教室から金を巻き上げることは公衆の利益になりません。

音楽文化にとって不利益ながら、利益を得るのはJASRACだけだ。
今まで、あなたたちの失礼な振る舞いを我慢しましたが、これはさすがに忍耐の限界です。
こうした行動を許せない。

我々は企業と組むのは珍しいけど、この場合は例外とします。
アノニマスは「音楽教育を守る会」への全面的支援を宣言します。
我々は音楽教育を守る会の嘆願書に署名するよう人々に強く呼び掛けます。
記録的な数で支援を示しましょう。

でも問題は嘆願書で決着するわけではない。
我々はJASRACに対抗するさらなる行動を計画したいと思います。支持するなら、次の指示を待って下さい。あるいは我々のオンライン会議に加わって、一緒に行動を計画しましょう。

そしてもちろん、アノニマスへの参加には許可が必要ないので、自らの決断でJASRACに対抗する行動を計画することを強く働き掛けます。 日本のアーティストや音楽ファンが彼らのことをどう思っているか、JASRAC側に経験させましょう。

我々はアノニマス。
我々は大群です。
許しはしない。
忘れはしない。
我々を待ち受けなさい。

アノニマスの見解 Ep.1: JASRACクソ食らえ

Hello internet. Welcome back.
インターネットのみなさん、こんにちは。

And holy shit, I was not expecting to have so very many things to talk about. I was actually planning to use this first video to talk about Thailand and OpSingleGateway, and a little bit about Japan’s Conspiracy Law. But then JASRAC decided to go full retard.
話のネタがこんなに現れると思わなかった。実は初のトピックビデオでタイのネット検閲の問題と日本の共謀罪の立法について話そうと思ったが、
突然JASRACの頭がおかしくなってしまいました。

For those not familiar, JASRAC is the “Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers”. It’s a “copyright collection society”, which describes its purpose as “protecting the copyrights of musical works, and facilitating the utilization of musical works, thereby contributing to the dissemination and development of music culture.”
知らない人のために言うが、JASRACは「社団法人日本音楽著作権協会」。著作権料取立代行業者です。
JASRACは自らの目的を「音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に寄与すること」と記述する。

How well they accomplish the development of music culture is pretty fucking questionable, but they “protect the copyright of musical works” with great enthusiasm. Back in 2006, YouTube had to fly to Japan to have a special meeting with JASRAC after being forced to delete nearly 30,000 videos due to copyright claims. In the meeting, JASRAC apparently asked YouTube to set up screening and other measures to block posting of copyrighted works, laying the groundwork for the modern ContendID system that everybody hates.
JASRACはどれほど音楽文化に寄与するかのは極めて疑わしいが、あいつらは著作権の保護に関して特に熱狂的になっている。
2006年に、JASRACがYouTubeへ3万近くの削除要請を申請した後に、YouTubeの幹部が日本に来てJASRACとの会議に出席しました。
その会議で、JASRACはYouTubeからコンテンツ特定システムを要求しましたと言われます。ある程度、現在のContendIDに影響をもたらしたと考えられます。

In spite of their supposed love of law and order when it comes to copyright, JASRAC has a lot less respect for a free and open market in their own industry. JASRAC was raided by the Fair Trade Comission on suspicion of violating Japan’s Anti-Monopoly Law in 2008. In 2009, a cease-and-desist order was issued against JASRAC for its blanket fee system where radio and TV stations paid 1.5% of their yearly revenue to not get sued if they accidentally played copyrighted music. The order was withdrawn in 2012, but in 2013 the Tokyo High Court declared, again, that JASRAC’s fee system prevented fair competition in the industry and made it difficult for other organizations to enter the market.
JASRACは著作権に関する法の支配を支持するにもかかわらず、独占禁止法をあんまり支持しない様子だ。2008年に、JASRACへの
公正取引委員会の手入れは起こりました。2009年に、JASRACの年間固定費システムに停止命令を課しました。2012年にその命令
は撤回されたが、また2013年に東京高裁がその料金徴収システムは反競争的行為だと判断しました。

For most people on the internet in Japan, this has nothing to do with why they hate JASRAC though. The group is despised for their heavy-handed approach to copyright enforcement, shutting down music remixes and fan videos everywhere from YouTube to NicoDouga. Unlike the US, Japan doesn’t have any Fair Use doctrine in copyright law, and any infringing use is enough for the lawyers to attack.
でもほとんどの日本ネットユーザーにとって、あれはJASRACを憎む理由とは関係ない。著作権保護に対する強引なやり方のせいで嫌悪されている。
ファンが悪意なく楽しむだけなのに、JASRACはリミックス動画などをYouTubeやニコ動から削除しています。
米国と違って、日本の著作権法に従って公正使用の理論がないので、無邪気な利用でも著作権侵害として見られます。

But this time, JASRAC has taken their enforcement efforts to a ridiculous new extreme. On February 2nd, 2017, JASRAC announced that they were expanding the scope of copyright fee collection to include music classrooms. Under existing rules, any venue for public performance of music had to pay a licence fee to JASRAC. This includes live houses, concert halls, even bars and restaurants that play music. Any venue caught playing JASRAC protected music without a license is subject to stiff penalties, so most just pay the licence fee to be safe.
でも今回はひどいよ。ひどすぎる。2017年2月2日に、JASRACが音楽教室での演奏について、著作権料を徴収する方針を明らかにした。
現行規則に基づき、ライブハウスや音楽堂などの公演会場はJASRACにライセンス料を払うべき。
ライセンス無しで音楽を演奏すると重い罰金を科される可能性があるので、ほとんどの公演会場は念のためにライセンス料を払います。

But with this new scope of collection, practicing JASRAC protected music in a classroom setting is considered a “public performance”, and subject to the same penalties. Given that JASRAC protects a lot of pop music, this means any school band that practices anything popular could be sued for copyright infringement if they aren’t paying JASRAC a fee.
でもこの新しい方針に基づき、音楽教室での演奏は「公衆の興行」だと考えられます。そして同じようにライセンス料あるいは懲罰金を支払うことを条件とされます。
例えば、学校がライセンス料を払わない場合、楽団は単なる練習のための流行歌を演奏したら重い罰金を科される恐れがあります。

Now I’d like to take a moment here and just speak to JASRAC directly, if you don’t mind.
さぁ、よろしければ、少し時間を取ってJASRACに直接話し掛けましょうか。

Hey, JASRAC. I don’t like you. I’ve never liked you, in fact. You say that your goal is to “promote music culture”, but as far as I can tell you’re just a bunch of lawyers and suits. You don’t give a fuck about music. And you obviously don’t give a fuck about music culture, because collecting fees from music classrooms, or levying fines on them for “copyright violation” for practicing copyrighted music is fucking ridiculous. YOU are fucking ridiculous.
やぁ、JASRAC。お前らあんまり好きじゃない。実は気に入ったことは一度もない。
目的は「音楽文化の普及発展に寄与すること」だと言ってるけど、分かる範囲では、JASRACは音楽ファンではなく事務職員に過ぎない。
お前たちは音楽文化なんて少しも気にならないことは完全に明らかだ。
もし音楽文化を大切にしたら、音楽教室での演奏から著作権料を徴収するのは全くばかげた見解だということを理解できる。

If you cared about music culture, you’d want people to be able to enjoy music. You’d want people to be able to practice music freely. If you gave a shit about music culture, you wouldn’t create an atmosphere of fear and legal red tape in a place where people are supposed to be learning and feeling passionate about music. Instead, you’re using fear and your monopoly power to squeeze music classrooms to make a few extra pennies. You are actively damaging music culture to make money for yourselves, what the FUCK is wrong with you?
もし音楽文化を大切にしたら、多くの人に音楽を楽しんでもらいたいはず。自由に音楽を練習してもらいたいはず。
もし音楽文化に関心があったら、学習の場で不愉快な雰囲気を生みたくないはず。
でも実際にお前たちは独占力を行使して音楽ファンからもう少しお金を搾り取ろうとしてるだけです。
儲かるために音楽文化に故意に害を及ぼしてる。何かがおかしいと思わないかい?

Nobody likes you JASRAC. Nobody needs you. You’re not a valuable part of society, you’re the music mafia. You sit on other peoples’ work and use your power and position to extort money out of them. You treat music fans like criminals. You think people in Japan don’t like musicians? Of course they like musicians. They share their music online BECAUSE they like musicians.
実はJASRAC,お前らは大衆から嫌われてるぞ。その上、お前らは不必要です。JASRACは社会にとって価値がありません。むしろ、ミュージック・マフィアみたい。
権力と地位を利用して金をゆすり取るだけ。音楽ファンを犯人のように扱うんだ。日本の人々は音楽家を好きじゃないと思ってる?
音楽家を好きって決まってる。好きだからこそその音楽を共有したい。

Are you worried about file sharing, JASRAC? Here’s some advice. Stop treating file sharing as a criminal problem and start treating it as a market problem. Make music easy to download and pay for online. Make it legal to copy music from your CD to your MP3 player. Stop treating fans like criminals because they want to enjoy and share their passion for music. The more difficult you make it to use music legally, the more people will use it illegally.
ファイル共有に心配してる、JASRAC?アドバイスが一つあるよ。ファイル共有を犯罪の問題ではなくマーケティングの問題のように扱って下さい。
音楽をオンラインで法的にダウンロードしやすくして下さい。CDからMP3プレイヤーにファイルを転送するため、個人用のリッピングを合法化して下さい。
音楽に対する情熱を犯罪のように扱うのを止めなさい。法的に音楽を楽しむのを難しくするたびに、不法に楽しむ人々が増える。

You see, people in Japan like music, JASRAC. They like musicians. What they don’t like, JASRAC, is you. Fuck you JASRAC, you greedy, tone-deaf fucks. One day your monopoly will collapse, and you’ll be replaced by an organization that understands free culture, and the value of a free internet.
日本の人々は音楽が好きだよ、JASRAC。音楽家を好きです。好きじゃないのはJASRACだ。クソくらえ、JASRAC。欲深いクソ野郎。
いつの日かあんたらの独占が終わる。そして代わりにフリーカルチャーと自由なネットを尊敬する団体が立ち上がります。

Until then, people like us are going to oppose you every step of the way.
If you’re a musician, or a music fan, or just a fucking decent human being… don’t let JASRAC get away with this. Contact any musicians you know, big or small. If you’re a fan of a band, ask them to speak out about this. And don’t just wait for them, speak out about it yourself. E-mail them, phone them, talk about it online. If you don’t push back against this now, it won’t stop here. Make some noise. Fight back. In any way you can.
その日まで、我々はお前らにあらゆる面において反対します。
もしあなたは音楽家、音楽ファン、あるいはまともな人間なら、JASRACを許さないで下さい。
音楽家の知り合いにこの件について話して下さい。音楽家のファンなら、彼らにこの方針の排除を呼び掛けて下さい。そして自らJASRACを非難して下さい。メールして、電話して、ネット上にコメントするだけでも良い。
今すぐ反対しなければ、終わりを見るわけではない。騒ぎ立て下さい。可能な限りのあらゆる手段を使って抵抗して下さい。

As for us, well…we have a few ideas of our own.
我々はどうかと言えば、まぁ…自分なりの考えがあります。

This is Anonymous no Kenkai, and until next time, 待ち受けなさい.
これはアノニマスの見解でした。次回まで、待ち受けなさい。